ブログは移転しました!

 いろいろデカいサイズの写真等を載せすぎたため、容量がいっぱいになってにっちもさっちもいかないので、7月からライブドアブログに新しく移転しています。
たたかうあるみさんのブログMKⅡ

MKⅡは、「マーク2」でありますっ(^^)

リンク等の変更をお願いします。


| | コメント (0)

7月8日、新ブログ更新しました

たたかうあるみさんのブログMKⅡ更新しました。
記事でありますっ!

| | コメント (0)

7月8日新ブログ更新しました。

たたかうあるみさんのブログMKⅡ更新しました。
記事でありますっ!

| | コメント (0)

7月6日、新ブログ更新しました

たたかうあるみさんのブログMKⅡ更新しました。
今日は、快挙でありますっ!
野宿労働者に定額給付金を支払う道が開ける

| | コメント (0)

7月5日、新ブログ更新しました

たたかうあるみさんのブログMKⅡ更新しました。
記事でありますっ!

考えるあるみさんのブログ も、同じ記事上げました。

| | コメント (0)

7月4日、新ブログ更新しました

たたかうあるみさんのブログMKⅡ更新しました。
記事でありますっ!

| | コメント (0)

7月2日、新ブログ更新しました。

たたかうあるみさんのブログMKⅡ 更新しました!
記事でありますっ!

| | コメント (0)

最南端の駅から最北端の駅に行く闘争(番外編)と重要なお知らせ!

 前回の記事で、この企画が終わったわけではない…ひとつ検討するのを忘れていたのである。それは、新幹線・特急を使い、かつ道内で「山線」を通ると、どうなるか?というものだ。
 函館から札幌に抜けるのに、”特急街道”は函館本線→室蘭本線→千歳線経由という「海線」ではなく、各駅停車のみの旅で使った、倶知安、小樽まわりのルートである。
 とりあえず、2日目の宇都宮から…
 宇都宮6:54→やまびこ51号→7:59仙台
 仙台8:06→はやぶさ1号→10:53函館北斗
 函館北斗11:08→北斗8号→12:17長万部
 長万部13:18→2943D→14:58倶知安
 倶知安15:18→1945D→16:28小樽
 小樽16:38→231M→18:21岩見沢
 岩見沢で2泊目とする。
 3日目
 岩見沢7:56→宗谷→12:40稚内
 おお、ばっちりの行程だ。2泊目が、宗谷本線沿線でないというのもエエかんじ。
 で、かかる費用が、運賃計算キロ3083.6㎞で、28,930円+440円+770円で、30,140円。特急料金は27,780円となって、合計57,920円である。特急料金が若干、安くなるので、新幹線と特急を使う場合、これが一番安くなった!

ハイ、これで「最南端のJR駅から、最北端のJR駅に行く闘争」は無事、勝利したぞ!

というわけで皆さま、本「たたかうあるみさんのブログ」は、写真等でっかいの載せすぎたことによるブログ容量の逼迫をうけ、ライブドアブログにて新たにたたかうあるみさんのブログMKⅡ に移動します!
 リンクしている人は変更しておいてください

 

| | コメント (0)

設計変更を許すな!奥間政則さんの学習会

 昨日設計変更を許すな!大阪アクション学習会に参加してきた。講師は奥間政則さん、PLP会館4階の中会議室で、40人ぐらいの参加者であった。奥間さんは今日の昼に、西宮でハンセン病問題についての講演を行って来た…関西にしばらく滞在し、10箇所ぐらいで講演行脚を行うとのことである。
 奥間さんは配布された資料に、表紙がないことを詫びられた後(主催者側に送付し忘れたとのこと)、今年の2月に「高江の北部訓練場に侵入した」と言う容疑で「刑特法違反」逮捕されたいきさつについて説明された。この弾圧により、奥間さんの持っているパソコンや携帯が押収され、ごっそり資料を抜き取られている…奥間さんが様々な専門家と繋がり、どんな”情報”を共有しているのか、権力側はそれが知りたかったのでは?と観ているそうだ。パソコンとかは帰って来たのだが、どんな”細工”がされているか分からないので、新しいパソコンとかを揃え、メールアドレス等も変えたとのことである。もちろん高江での「刑特法」違反逮捕は、異例の「通常逮捕」でもあり(「刑特法」違反は通常、現行犯逮捕、米軍施設内に侵入したことを現認されて逮捕となる)、辺野古・高江で先鋭的に闘う部分への「萎縮」を狙ったものであるとの指摘もされていた。
 奥間さんは続いて、ドローンを使った基地建設現場などの空撮「沖縄ドローンプロジェクト」や、土木技術者としてのものの見方で、専門家と連絡を取り合い、基地建設反対運動を続けていることを説明した。ドローンで撮影した多くの埋め立て現場や土砂搬出現場の写真が紹介される共に、「ドローン規制法」では、日本の自衛隊施設26か所のみが”規制”されているだけであり、米軍施設は「米国領土」なので日本の法律で規制できずグレーゾーンになっていること、もちろん「基地建設現場」も規制されているわけではない。また、陸上からドローンを飛ばしていると、地元の人間が”通報”するのであろうか、警察が職務質問にやってくること。宮古島のレーダー基地を空撮していると、電波が強すぎてドローンが墜落したこと、また高江のG地区、H地区のヘリパッドがほとんど使われず、猪が地面を掘った後が見られることなどが紹介された。
 沖縄ドローンプロジェクトに関しては、「森の映画社」と共同で「ドローンの眼」という冊子とDVD(上映権つき)が発売されている。冊子は1冊千円、DVDは2部構成の1時間モノが1万円、14分の「辺野古新基地建設の問題点」が2千円である。冊子のほうは、すごく立派で内容も豊富であり、お買い得だ!
 奥間さんは、技術的なことについて理詰めで反対していく必要があるとして、得た情報を琉球大学の加藤名誉教授や、新潟大学の立石名誉教授など、多くの専門家に流している。そこから辺野古・大浦湾には活断層が2本あるのでは?ということが明らかになってきているのである。彼らは地質学の専門家であるが、彼らが編成した「辺野古調査団」には、名前等は出せないが軟弱地盤の専門家(土木技術者?)も存在しているとのこと。なお活断層の現地調査では、ドローンも活躍してどのくらいの地盤の隆起があるかも調べられている…凄いぞ、ドローン!
 こういったことがアメリカにも伝わり、ついに議会が動き出したことも紹介された。6月25日の琉球新報・沖縄タイムスの報道によると、米議会が辺野古の活断層や軟弱地盤を懸念し、国防長官に改善案などを盛り込んだ報告書を提出させることを「国防権限法案」に盛り込み、下院小委員会で可決したのである。

 奥間さんはパソコンに様々なデータを入れて持ち歩き、講演の際にはあっちこっちのフォルダを開いて説明を続けるので、いつものことながら際限がなくなる…とりあえず1時間半ほど講演していただき、その後の質疑応答の中で、辺野古で行われる地盤改良工事、サンドコンパクションパイル工法とサンドドレーン工法について説明された後、集会を終了した…終了にあたっては、8月23日(日)に大阪アクションでは北上田毅さんを呼んで、同様に辺野古埋め立て設計変更の問題点について講演する予定であること、沖縄県に提出された設計変更は公告縦覧されるから、そこに反対意見を送り、世論を盛り上げて辺野古新基地建設を止めよう!と主催者あいさつがあると、奥間さんは「南西諸島の自衛隊配備も止めましょう!」とクギを刺された。

| | コメント (0)

奥間政則さん学習会のお知らせ

 「STOP!辺野古新基地建設!大阪アクション」が企画する学習会のお知らせ
設計変更を許すな!大阪アクション学習会


2020年6月28日
時間:18:30
場所:PLP会館
資料代:500円
講師:奥間政則さん(土木技術者)
防衛局は3年間も海面下90メートルまでの軟弱地盤を隠し、沈下を見込んだ護岸工という形で今回変更したのだ!

・辺野古建設に係わる莫大な予算を、コロナ救済に回せ!
・コロナ危機を利用して、沖縄防衛局は設計変更を申請した。非常識なこの行為は許されない!
・辺野古新基地建設の設計変更申請に抗議し、工事の中止を求めよう!
・辺野古2区域の埋め立て工事費の契約変更重ね増額!政府の利権を許すな!
・辺野古断層は、活断層である可能性が非常に高く危険性が高い!無謀な計画だ!
・美ら海守れ!子孫に引き継ぐ責任を果たそう!
・Save the Dugong!ジュゴンを救え!
・Save the ocean ! Save the coral reefes!海を救え!サンゴ礁を救え!
・米環境NGOが選ぶ世界で最も重要な海域「ホープスポット」に、名護市辺野古・大浦湾一帯が認定された!

主催:Stop!辺野古新基地建設!大阪アクション

なお奥間さんはこの間、ハンセン病問題も含めてあちこちを行脚し、講演して回っているとのことです。

また、28日の昼間は京都円山野外音楽堂で、「基地のない平和な沖縄・日本 東アジアを!6・28京都集会」もあります。
ゲストスピーカーは
高良鉄美 参議院議員
Xバンドレーダー基地撤去 永井友昭さん
音楽 川口真由美さん
エイサー 月桃の花歌舞団

2020年6月28日(日)小雨決行
14:00開会 16:00終了予定
(オープニング音楽は13:30~)

お問い合わせ
京都沖縄連帯集会実行委員会事務局
電話 075-211ー4411
FAX 075-255ー2507

―以 上―

| | コメント (0)

«本日6月24日の市役所前行動