« 転び公妨による不当逮捕を弾劾し、警視庁と麻生内閣を打倒せよ! | トップページ | 撮りテツに朗報!高速料金一律1000円! »

叡電デオ600さよなら闘争に決起したい!

新幹線の0系車両が、11月で廃止されるのが話題となっているが、私ゃこちらの方に関心が・・・
叡山電鉄㈱・・・叡電のデオ600系が廃止となり、ラストランが11月1日に行なわれる。さよなら600~ラストラン

げー11月1日だけのイベントじゃないか~ 法大壊滅の日!?! ひぇ~ん、行きたいよう~ん
朝早いのは苦手だし、こないだ京都には行ったし、鞍馬山ではまだ紅葉の季節には早いし・・・でもなんとか決起するか!?(東京へ行きたいというのはどうなったんじゃい!)

引用
デオ600形(601号車~606号車)は、デナ500形(阪神電鉄より譲り受けた車両)の代替車両として、デナ500形の主要機器を流用し、1979年(昭和54年)から翌年にかけて登場しました。
平成9年から4両を900系に置き換えたため、現在では603・604号車の2両のみが残っております。
叡山電車の旅客車両で唯一の「つりかけ駆動方式」の台車で走るデオ600形はその独特な走行音が懐かしさを感じ、鉄道ファンには魅力いっぱいの車両です。
2004年(平成16年)からは全列車でワンマン運転を開始したため、運賃箱等のワンマン機器を設置していないデオ600形は通常の営業運転に使用せず、貸切列車等で活躍してきました。

関西の鉄道に疎い人に説明すると、叡山電鉄(叡山電車ともいう)は、出町柳を出発し、八瀬比叡山口(比叡山のふもと、叡山ケーブル・ロープウェイで比叡山に行ける)および鞍馬を結ぶ、100%京阪電鉄の子会社である。もっとも、昔は京福電鉄を名乗っており、なぜか福井にも路線があったのだが、福井の京福電鉄は2000年と2001年に列車衝突事故を起こし、国土交通省から運行停止を命ぜられ、収支悪化のためそのまま廃止になるところを、第三セクターの「えちぜん鉄道」がなんとか再生させた。今、京福を名乗っているのは、同じ京都にある、嵐山と大宮、北野白梅町を結ぶ路面電車と、先の叡山ケーブル、ロープーウェイだけである。

叡電の起点、出町柳(京大がわりと近い)は長らく他の鉄道と接続しておらず、ホント、出かけるのが不便だった。京阪三条から歩くか、バスを私はもっぱらの方法としていたが、1989年の京阪鴨東線が出町柳まで延伸したことにより、出かけやすくなった。

そうそう、古い写真があるかも知れない・・・家捜しをせねばなるまい(^^)(^^)

|

« 転び公妨による不当逮捕を弾劾し、警視庁と麻生内閣を打倒せよ! | トップページ | 撮りテツに朗報!高速料金一律1000円! »

現在のテツネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1094529/24875817

この記事へのトラックバック一覧です: 叡電デオ600さよなら闘争に決起したい!:

« 転び公妨による不当逮捕を弾劾し、警視庁と麻生内閣を打倒せよ! | トップページ | 撮りテツに朗報!高速料金一律1000円! »