« 11・24九条憲法改正阻止の集い | トップページ | 11・24九条憲法改正阻止の集いに決起! »

田母神でも批判しておくか

2周回遅れぐらいで、あの田母神を批判・・・というか、罵倒しておこう。
ちゃんとした批判は土佐高知の雑記帳なんかでやっていますので(^^)/

あの事件が記事になったさい、もうネットの世界で「太平洋戦争は侵略戦争でなかった」説なんかを繰り広げる輩の言論を見飽きていた(それに対する批判サイトも、当然チェック済みね)私は、また同類のトンデモさんが論文(参考文献で渡部昇一を挙げているところで「アウト」だな)、それも地方保守の道楽(懸賞金300万は、でかいな、いよっ太っ腹、アパグループ!)に出しているものなんて、なんでニュースになるの?と軽~い気持ちでおった。アパグループが、石川のトンデモ保守・・・「神の国」森善朗ですね・・・と結びつき、航空自衛隊・田母神と「癒着」していたことをあばくきっかけにななったが、それでも「ふ~ん」だった。

だが、田母神氏が航空自衛隊内で、その「トンデモ史観」で隊内の教育を図り、航空自衛隊からアパの懸賞論文に多数応募いていたことが明らかになると、「いや~これはやはりトンでもないことだな~」と思うようになったわ。
 かなり大昔、NHKで自衛隊を扱っている番組を見たが、陸上自衛隊の兵士が、憲法9条の「平和主義」を教えられていたことを知り「へぇ~」と思ったもんだ。逆に言うと、軍隊という暴力装置をきちんとコントロールするのは、やはり憲法の役割であり、「自衛隊」がそれをないがしろにしようとすることは許されないことなのだ。
 しかるに田母神は、憲法の精神を規定する侵略戦争への反省を踏みにじる「教育」を、「集団的自衛権」が持てるようにするために隊内でやっていたということだ。これはあちこちで指摘されているが「クーデター」である。ここのところを「断固粉砕punch!」しておかなければならなかったのだ。
怒りが足らんかったのを、自己批判するものであるm(- -)m

その上で、2点ほど
まず、「あの戦争が侵略戦争ではない」という言論をマルクス主義的に見るとどうゆうことか?
日本が対米英戦争を行なったこと「のみ」を切り取って言うと、あながち間違いでもない。日本が中国侵略を続けすぎたゆえに、米英の権益と衝突し、「持たざる帝国主義」日本が「持てる帝国主義」米英に挑んだのが「太平洋戦争」の一面なのだから、米英に対しては一方的な「侵略戦争」とはならず、帝国主義国家同士、強盗同士の分捕りあいである。戦争の反省をきちんとできない、あるいはできなかった原因は、まず相手を米英のみの戦争として考える「太平洋戦争」という呼称そのものが持つ問題点だろう。(だからこの呼称は近年、あまり使われていないが、今回はあえて使ってみた。)
一方で、中国やアジアの国々・・・帝国主義から侵略をうけ、搾取される側から見れば、日本帝国主義なんて追い出すためには「何をやってもいい!」のだ。戦略・戦術的に、戦争的手段をとるか、「国際協調」的にやるのか、別の「帝国主義」と合従連衡するのか等、その現れ方が最後に歴史に刻まれるだけである。
帝国主義の側が侵略をするときは、「条約」を結び、「国際法」に則って、ようるすに他の「帝国主義国」から文句がでないように、用意周到に準備して「合法的」に行なうものだ。だが侵略をうけた民族、人々にとってそのような「条約」や「国際法」など、なんのためにあるのかねpout

つぎに問題なのは、「日本の軍隊」というものの持つ、情報能力の無さ・・・というよりも「トンデモ」で脳内武装?してことたれりとするトップの体質だな~。なにせ、自衛隊というのも発足時から「軍事」がわかる人間がいなかったので、旧軍の人間・体質がそのまま入り込んできて、しかも「幸いな」ことに戦争して負けたことが無いから、な~んにも学ばなかったことが、今回の件で露呈したわけだ。田母神自身、ネット世論調査結果を(こうゆうのは、興味がある人しか投票しないわけだから、バイアスがかかる。まあ、反戦団体がやる「シール投票」みたいなもん)を自身の支持と勘違いするリテラシーである。オイオイ。
かつて旧陸軍に牟田口廉也という中将がおって、補給が出来ないインパール作戦を強行・・・大本営にしろ、師団長だって止める機会はいくらでもあったのに・・・し、4万7千名以上、最大6万5千名もの、確定できないほどの戦死者、前線に出た3師団の損耗率は80~90%という、文字通り「全滅」させてしまったことがある。(数字は別冊歴史読本「日本帝国存亡の決戦」戦記シリーズ№16 1991年11月24日発行を参考にした)田母神のようなトンデモトップが率いる軍隊の兵隊さんこそ、悲惨である。「歴史は繰りかえす」前に、やはり帝国主義軍隊から「内乱」を起こさないといかんなぁ~。
全国の自衛隊の兵士の皆さん!あるみさんと一緒に、立ち上がろうrock

|

« 11・24九条憲法改正阻止の集い | トップページ | 11・24九条憲法改正阻止の集いに決起! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1094529/25600913

この記事へのトラックバック一覧です: 田母神でも批判しておくか:

» 昨夜の朝ナマ・田母神俊雄と田原総一朗 [罵愚と話そう「日本からの発言」]
「いまの政治に田母神論文を批判する資格はない。」について  昨夜の朝ナマは田母神論文だった。ほとんどの視聴者は気づかなかったとおもうのだが、番組の途中でおもしろい事実が発覚した。司会の田原総一朗が、ポロリと漏らしてしまったのだが、かれは社民党の辻元 清美に政治献金をしている。  くりかえすが、番組は現職の自衛隊幹部が政治信条を公表することの当否を話題にしている。司会者でありながら、田原総一朗は、あきらかに中立を犯して、田母神俊雄を批判するポジションを維持していた。ジャーナリストとして、あ...... [続きを読む]

受信: 2008年11月30日 (日) 18時05分

« 11・24九条憲法改正阻止の集い | トップページ | 11・24九条憲法改正阻止の集いに決起! »