« 여러분(ヨロブン)! | トップページ | 東へ東へ »

80年代学生運動と韓国民主化運動

たいそうな題名で記事をはじめてしまったが、薩摩長州さんやなのなの勢力さんのコメント・TBに励まされたので、たいしてことは書けないけれど、80年代中盤の風景を書くねheart
たしか84年だったか、チョン・ドゥファンが訪日した。目的はズバリ、自民党反動中曽根政権とのパイプを作り、自己の支配は磐石化させる・・・民主化を求める韓国人民弾圧体制のお墨付きをもらうということだ。で、某大学と境内前で集会が行なわれるのであるが、その街宣ビラを私が通っていた高校にまきにきた人達がいた。
私は直接に目撃していないのだが、クラスの友人が「おいGO!アジアの平和のために○○大学の時計台まで行って来い!」と言われた。その当時から左の雰囲気はただよわせていましたからねぇ~。

大学に入ってから、いわゆる黒系統の方たちが主催した「光州蜂起」の記録映画を見たことがある。
小さな画面であったが、すごかった。特に戒厳軍とのたたかいのなかで、バスやタクシーの運転手が、ボンボンとバスなんかを軍にぶつけに行くシーンは、これが民衆のたたかい方なんだと、後でずいぶん納得した。(なお、「光州5・18では軍にバスを直接ぶつけるシーンは出てこないが、バスはたたかいの有力なアイテムとして使用されている。また、主人公がタクシーの運転手であることも象徴的である。)
また、光州蜂起についての本も読んだ。短い期間ではあったが光州市は民衆が直接自治を行い、「光州コミューン」と呼ばれたこと、光州の動きをできるがきり外に伝えようと努力していたこと(このへんは煩雑になるので、映画ではほとんど描かれていない)、戒厳軍が「同胞」を弾圧する士気を高揚させるため、薬物を与えられていたこと、「同盟軍」であるアメリカが、戒厳軍が動くこと(韓国軍はアメリカの了承なしに勝手に軍を動かすことはできなかった。)を認めたこと・・・など、国家・軍・米帝についてここから学んだことも大きいと思う。

大学では在日の学生や留学生たちが、軍事独裁政権に逮捕、拘禁され「死刑判決」がだされたりしていた。80年代には「指紋押捺拒否闘争」が始まり、大きなたたかいとなった。当時の学生運動は「日韓連帯」をかかげ、激しく闘っていた。

白系の人達も、韓国の民主化運動との連帯は、三里塚二期決戦と、国鉄分割民営化阻止・中曽根打倒がその答えであるとしていた。私をオルグにきた人といろいろ話をしたあげく、「前進をとってくれ、月2000円」、「いや、2000円は高い!」「何を言っているんだ!韓国の学生が自分の体に火を付けて闘っているのに、君はたかだか月2000円の金を惜しむのかsign03」てなわけで、「前進」を定期購読することになった次第である。

単なるノスタルジーで済ますことは絶対にできない、韓国民主化闘争・・・

あと、蛇足、韓国や韓国人の悪口を言ったり書き込んだりして悦に入っているネトウヨ諸君は、韓国の自由と民主主義が、いったいどれだけの血と涙が流されて勝ち取られたものであるのか、全く知らないし、自分たちが自由と民主主義をどんだけ血を流して勝ち取ろうとする意志も気概も、ないのだろうな(^^)(^^)(^^)///

|

« 여러분(ヨロブン)! | トップページ | 東へ東へ »

たたかいとかくめい」カテゴリの記事

コメント

おいどんは、今日、○タ屋で 「光州5・18」を借りてきたぞぉ。新作だったので1時間悩んだあげく一泊二日で借りた! いままで見ていた。のだが、ジヌが虐殺されたところでDVDプレイヤーがストライキ!全く動かなくなった。 同志ローザともども怒りが大爆発ぅうう。自ブログのネタはできたのだが。

厳戒態勢の韓国大使館にゲリラ的抗議行動(無届け)なんかしたのお。瞬間芸のように結集して速攻横断幕を開きシュプレヒコールを数発。写真をとることが第一の目的だったような・・・ まあ、それはありなんだが。

投稿: 薩摩長州 | 2008年12月27日 (土) 00時47分

私も映画が見たいのですが、プレーヤーが無いので、いつも書籍です。光州蜂起の書籍は、過去に読んだのですが、怒りで震えが止まりませんでした。
80年代は様々な闘争がありましたね…。
今の日本だと、過去の様な闘いは無理なんでしょうか?
日韓連帯・指紋押捺拒否など、積極的に協力しました。
ちなみに、高校中退時から「前進」手渡しで購読しておりました。80年代が懐かしいです。ブログ内容とスレ違いすみません。

投稿: KW | 2008年12月27日 (土) 01時16分

私の場合、韓国民主化運動を知ったきっかけは、岩波新書の「韓国からの通信」でした(これも『怒りの涙』無しには読めませんでした。)
「光州5・18」、レンタルで見てみます。
ところで、元明治大学全共闘の方が「野次馬日記」というタイトルのブログで、新聞記事で当時の闘争を紹介し、適宜記事の内容に対応する自分自身の体験も紹介する、ということをされているので私は隅々まで読んでいるのですが、80年代に党派やノンセクトで活動していた人達が純粋に「当時の思い出話を語りあう」、というブログなどか゛、出てきて欲しいと願っております(他力本願です。)
以前、アッテンボローさんが、「85・10・20三里塚」の詳細な体験記を披露されていましたが、そういうイメージです。

私は個人的には、訳あって参加したことがある、中核派の「菱田決戦行動隊の思い出話」等したいのですが。
20年も前の出来事ですから、害はないはずですから、「思い出話解禁」にしてもよいのでは?と思うのですが。

投稿: 他力本願の元黒ヘル | 2008年12月28日 (日) 00時12分

他力本願の元黒ヘルさん、コメントありがとうございます。私ごときの「ザコ」はなんら語れる80年代の面白くてためになる話なぞはありませんので、あまり期待しないでください。「思い出話掲示板」なんかあればいいですね。
KWさん、過去のような闘い…光州のような闘いも、現在の三里塚・辺野子や正規・非正規問わずの労働者・民衆の闘いも作り出してゆきたいものですね。2009年もがんばりましょう!
薩摩長州さん、DVDのストライキとは大変ですね、新しいのを「地デジ移行」に向けて購入するか、資本家どもの「洗脳」に抗して、今のものをだましだまし使い続けるか…あと、「ブログネタ」としてのレビュー、楽しみにしています。

投稿: GO@旅先 | 2008年12月30日 (火) 20時49分

2014年に中国軍が日本全土を占領、日・韓・台を中国へ併合する
 ―中国領釣魚諸島の対米売国奴野田による国有化から紛争が拡大
  ロックフェラー独裁下の米国は傍観してロスチャイルド支配下の中國による侵略に手を貸す

  長州の伊藤俊介(博文)によるすり替え明治天皇こと大室寅之祐の独裁支配下で、富国強兵の軍国主義路線を驀進していた軍国主義日本は、宣戦布告なき奇襲攻撃で開戦した1894-95年の日清戦争で勝利して、台湾、膨湖諸島と共に釣魚諸島を奪取した。
  自民と自公の歴代首相が承認し、民主党3代の内閣も承認したアジア侵略反省の「村山談話」で釣魚諸島に言及し忘れた手落ちが、今日の日中紛争を来たした。それが、日本の命取りになる。
  韓国も中国に侵略されて、占領され、中國へ併合される。韓国の学生よ、立ち上がれ。
2012.9.11
詳細は:
 http://gold.ap.teacup.com/tatsmaki/92.html

投稿: 前田 進 | 2012年9月12日 (水) 00時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1094529/26528302

この記事へのトラックバック一覧です: 80年代学生運動と韓国民主化運動:

» 郡山市のタクシードライバーの求人 [求人@ジョブカフェ]
福島県の郡山市でタクシードライバーの求人を探してみました。 [続きを読む]

受信: 2008年12月26日 (金) 23時39分

« 여러분(ヨロブン)! | トップページ | 東へ東へ »