« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

大晦日の夜は

大晦日の夜は
酒とサラミです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

稚内は

稚内は
風が強くて大変です!で、飛行機が欠航して、帰れません(^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旅先よりいろいろ…

今日は居酒屋でいろいろ飲み食いbeer
ホテルでPCを借りて書き込み・・・いや~便利な世の中になったもんだ(^^)/でも、旅に出てまで、ふだんと同じような生活ができてしまうのも、いかがなものか?本来PC貸し出しサービスなんてものは、ビジネスユーズで利用するもんだろう。
20年ほど前の学生時代の旅行、いや10年前ですらも、ホテル・旅館にも泊まらず、夜行列車や「駅寝」を繰り返し、金がもったいないので新聞も買わず、私ゃ世間の情報から隔絶されていたもんだ。でも、そうゆうときにに限って、たまに目にする…たとえば駅の待合室で流れるニュース番組等の…「世間の情報」がありがたかったり、印象に残ったりする。高速道路が青森から人吉まで開通したのも、JALが御巣鷹山に墜落したのも、泉重千代さんが亡くなったのを知ったのも、旅先だった(と思うよ)今はイスラエルがガザを空爆している。許せん!(ところでオバマ新大統領は、パレスチナ問題についてはどのようなスタンスを取るのであろうか?)

それはそうと、28日の北日本の天気は荒れて、東北本線でも列車の大幅な遅延があった。雪はたいしたことはなかったのであるが、地域によっては強風が吹き荒れ、これも台風のように全線区、全県にわたって強風が吹いているのならわかりやすいのだが、地域の一部で強風が吹くと、その区間で徐行ないしは運転見合わせを行うため、1本の路線に遅延がつながってしまうのだ。まあ、強風下を強行突破して列車がひっくりかえってしまう、羽越本線事故のようなことを防ぐためにも、「自然には逆らわない」のが賢明な方法でしょうね。
本格的に雪が積もるところの旅行も久しぶりだから、プラットホームや道路も凍りついて、滑ってころばないようにするのが大変だった。北海道はこの季節、午後4時を過ぎると暗くなってきて、写真撮影にはホント、適さないのですね。このようなことも、実際に行かないとなかなか体現できないものだ。

あと、今回の旅では「青春18きっぱー(青春18きっぷを愛好して旅をする人を、こう呼びたいtrain」)」には、ますます旅が大変になってきたなぁ~と思ったぞい。なぜなら「東北本線全線ロングシート」やないかcrying。各駅停車に12時間近く(待ち合わせ時間含まず)乗車する者にとって、景色を見るのに体をストレッチングよろしくひねるのは、もう苦行でしかないsign03今回は強風の影響で途中に新幹線を使ったぶん救われたが(それも5千円以上の追加出費・・・痛いよ~ん)、東北本線、奥羽本線はおろか、海峡線(津軽線)青森-蟹田間ですらも、700系ロングシート車だったとは・・・東海道線も、豊橋より東は基本的にロングシート車だった。今回の旅のロングシート率は、いったいどのくらいなんだろう???札幌近郊でもロングシート車がある!あーしんどかったsign04

またおいおい、写真も込みで、記事を上げようと思う。また「秋田内陸縦貫鉄道完乗闘争」も別途報告する予定。
では、2008年もあと1日、がんばりませうupwardright

| | コメント (1) | トラックバック (0)

小樽にて

小樽にて
駅前の長崎屋地下で塩ラーメンを食す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の夕食は

今日の夕食は
イカ系駅弁+酒でしょ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北海道上陸!

北海道上陸!
蟹田〜木戸内特例区間を「スーパー白鳥」に乗車して、北海道に上陸〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まだ北海道につかん

まだ北海道につかん
秋田内陸縦貫鉄道完乗闘争を貫徹したため、今だ弘前。りんごジュース販売機が無い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旅館です

旅館です
新幹線も使ってやっと旅館で熱燗をいただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

足止めです〜

足止めです〜
東北本線は宮城県北部で風が強いため、大幅にダイヤが乱れております。
キハ58 28の修学旅行色です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東へ東へ

東へ東へ
東へ東へ
各駅停車を乗り継いで、東へ東へ棱
湘南新宿ラインで宇都宮へ。
もちろん餃子でしょ榭

| | コメント (0) | トラックバック (0)

80年代学生運動と韓国民主化運動

たいそうな題名で記事をはじめてしまったが、薩摩長州さんやなのなの勢力さんのコメント・TBに励まされたので、たいしてことは書けないけれど、80年代中盤の風景を書くねheart
たしか84年だったか、チョン・ドゥファンが訪日した。目的はズバリ、自民党反動中曽根政権とのパイプを作り、自己の支配は磐石化させる・・・民主化を求める韓国人民弾圧体制のお墨付きをもらうということだ。で、某大学と境内前で集会が行なわれるのであるが、その街宣ビラを私が通っていた高校にまきにきた人達がいた。
私は直接に目撃していないのだが、クラスの友人が「おいGO!アジアの平和のために○○大学の時計台まで行って来い!」と言われた。その当時から左の雰囲気はただよわせていましたからねぇ~。

大学に入ってから、いわゆる黒系統の方たちが主催した「光州蜂起」の記録映画を見たことがある。
小さな画面であったが、すごかった。特に戒厳軍とのたたかいのなかで、バスやタクシーの運転手が、ボンボンとバスなんかを軍にぶつけに行くシーンは、これが民衆のたたかい方なんだと、後でずいぶん納得した。(なお、「光州5・18では軍にバスを直接ぶつけるシーンは出てこないが、バスはたたかいの有力なアイテムとして使用されている。また、主人公がタクシーの運転手であることも象徴的である。)
また、光州蜂起についての本も読んだ。短い期間ではあったが光州市は民衆が直接自治を行い、「光州コミューン」と呼ばれたこと、光州の動きをできるがきり外に伝えようと努力していたこと(このへんは煩雑になるので、映画ではほとんど描かれていない)、戒厳軍が「同胞」を弾圧する士気を高揚させるため、薬物を与えられていたこと、「同盟軍」であるアメリカが、戒厳軍が動くこと(韓国軍はアメリカの了承なしに勝手に軍を動かすことはできなかった。)を認めたこと・・・など、国家・軍・米帝についてここから学んだことも大きいと思う。

大学では在日の学生や留学生たちが、軍事独裁政権に逮捕、拘禁され「死刑判決」がだされたりしていた。80年代には「指紋押捺拒否闘争」が始まり、大きなたたかいとなった。当時の学生運動は「日韓連帯」をかかげ、激しく闘っていた。

白系の人達も、韓国の民主化運動との連帯は、三里塚二期決戦と、国鉄分割民営化阻止・中曽根打倒がその答えであるとしていた。私をオルグにきた人といろいろ話をしたあげく、「前進をとってくれ、月2000円」、「いや、2000円は高い!」「何を言っているんだ!韓国の学生が自分の体に火を付けて闘っているのに、君はたかだか月2000円の金を惜しむのかsign03」てなわけで、「前進」を定期購読することになった次第である。

単なるノスタルジーで済ますことは絶対にできない、韓国民主化闘争・・・

あと、蛇足、韓国や韓国人の悪口を言ったり書き込んだりして悦に入っているネトウヨ諸君は、韓国の自由と民主主義が、いったいどれだけの血と涙が流されて勝ち取られたものであるのか、全く知らないし、自分たちが自由と民主主義をどんだけ血を流して勝ち取ろうとする意志も気概も、ないのだろうな(^^)(^^)(^^)///

| | コメント (5) | トラックバック (1)

여러분(ヨロブン)!

では、私の見た08年のBEST1は・・・A・ソクーロフがレーニン・スターリンを描いた「牡牛座」ではなくて、ズバリ
「光州5・18」(キム・ジフン監督)だいsign02
民主化を求める韓国・光州の学生・民衆を武力弾圧したチョン・ドゥファンの戒厳軍に対し、民衆が市民軍を結成してたたかい、戒厳軍を追い出し「光州コミューン」を作り出したが、再び武力によって鎮圧されたあの「光州蜂起」を題材にした映画である。
光州蜂起について本ブログの読者の多くはご存知のことだと思うので、私が詳細を語ることはおこがましいのだが、これを期に、韓国民主化運動は軍事独裁政権のみならず、アメリカ(米軍が韓国軍の移動→戒厳軍による弾圧を認めた)に対しても激しいたたかいを開始し、80年代の日本の学生運動も多かれ少なかれ、韓国民主化運動との連帯を叫んでいたのである。

扱われている題材は非常に重たいのだが、作品はエンターテイメントとしても成功している。絶対にいい!保障しよう。とりあえず私がレビューするよりも映画「光州5・18」公式HPを見よ!DVDもレンタル開始されている(見るときはハンカチ・ティッシュの類が必要)。

で、私が特に印象に残っているシーンをば・・・
デモが学生のみならず、市民まで広がった5月21日、道庁前でデモする民衆の上からヘリコプターで「戒厳軍は正午に撤退する」と呼びかけられた。民衆は戒厳軍の前に並び、彼らをからかいつつも、全てが平和に終わるかに見えた。正午前に韓国国歌が流れ、皆が唱和する。「東海から白頭山まで、神が護りし・・・」と歌っている間に、戒厳軍の兵士が銃を構え、市民に向かって発砲する。国歌の流れる中で、阿鼻叫喚の惨劇が繰り広げられる。主人公ミヌの弟ジヌもここで殺されてしまう。
この後、市民は武器を取り、多くの犠牲者を出しながらも、戒厳軍を道庁から撤退させるのだ。

001
主人公の勤めるタクシー会社の社長で退役将校のパク・フンス(アン・ソンギ)が市民軍のリーダーとなる。これがすごくかっこいいのだsign02皆の前で「ヨロブン(皆さん)」と呼びかける姿なんぞ、最高!すごくサマになっているぞ。(このへんもぜひ見て欲しいとしか言いようがない、なお写真はパンフよりスキャンしたもの。)

なお話はそれるが、徴兵制というのは国家にとっても危ない制度である。なぜなら民衆が武器の扱いを知り、武器の有り場所を知ることになるからだ。光州でもそれが証明されており、軍隊経験のあるパク・フンスが、徴兵等で武器の扱いを知っている人達に武器を渡し、扱いを再度教え、実際に撃っているのだ。だから、徴兵制を敷くと同時に、思想教育・・・韓国の場合は、反共・反北だし、日本の場合は天皇制や大和民族の優秀論とかになる・・・が必要とされるのだ。

戒厳軍を一度は追い出したものの、光州を包囲し、再び戦車を率いて攻めてくる。光州の市民軍は孤立無援であるが、皆、何かを守るために死ぬ決意をかため、道庁に篭城する。家族のために一度は家に帰った主人公の同僚インボンも、チンピラのヨンデも、高校教師も牧師さんも、そしてパク・フンスの娘シネに恋するミヌも、一度は道庁をでたものの、皆といっしょに闘うことを決め、シネと分かれて戻ってくる。そして、5月27日午前4時・・・

私はこの映画を劇場で2回も見た!まだの人はぜひ、DVDをsign03

| | コメント (3) | トラックバック (1)

クリスマス粉砕闘争

Photo

晩飯にチーズカレー+野菜サラダ800円を食し、
風呂にはいって、スミルノフアイス240円と、105円のシューアイスで
けっこういける、ひとり身労働者の聖夜(^^);;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「アメリカばんざい」はおもろない

そろそろ今年の総括を・・・と言っても、映画の話。
本当に映画が好きでたまらない(かつ、ヒマと金がある人)は、毎週何本か見て、ブログ記事をあげたりしているが、私にゃそんな余裕もない、とはいいながらも映画はけっこう見るほうだと思う。
シネコンのような大きな映画館で大資本が作ったものを見るより、なぜか小さな映画館でシコシコといい映画を探して見ることが好きだ。ただ、最近は「大資本」の作る映画も偏見なく見るようにはなったが(^^);

で、2008年私の見た映画の中で、BEST1とWORST1は?
Photo
今年の夏、藤本幸久監督の「アメリカばんざい crazy as usual」が上映された。藤本監督は、「Marines Go Home―辺野古・梅香里・矢臼別」で有名な人であり、またこの映画の内容が「ニュース23」で、先行的に公表、それはブートキャンプでいかに普通のアメリカの若者が「殺人マシーン」に変えられるのかが描かれていた(私は見ていないが…)とゆうことで、前評判は非常に高かった。前売りチケットがまわってきたので購入し、初日に見た。そこそこ満員である。しかし…「なんじゃこりゃ~」…「おもろねぇ~」ブツブツ……「ぷぎゃ~あ!」wobbly
 まず、ブートキャンプのシーンがほとんどない!わずか2シーンのみ。前評判で期待していたものが、全然見られない。それにまずいのは、そのうちの1シーンは、予備知識…すなわちパンフレットのたぐいを読んでいないと、全く分からん!(ちなみにそのシーンは、初日、ブートキャンプにたどり着いた若者たちが、強制的に親元に「決別の電話」をさせられるシーン、電話する内容・文言もあらかじめ決められており、それ以外のことを告げるのは一切ダメ!「殺人マシーン」を製造する最初の「工程」であり、それは非常に重要な場面である)パンフレットだって、ちゃんとしたものが作られておらず、A4のペーパーをそれなりの厚さにしてホッチキス止めしただけのものが「500円(集会の資料代かい!)」である。
 後の内容は、アフガニスタン、イラク戦争によって傷つき、体や心を病み、肉親を失った、あるいはホームレスになった人達、そしてその人生を取り返そうと、反戦運動をし、若者に「経済的徴兵」に行かないよう説得し、またホームレスを支援する人達のインタビューが主になる。個々の内容については、非常に良いのだろうが…いかんせん色々と盛り込み過ぎ、何が主なのか分からない、いや物足りない。出来るならば、一人に絞って行動や言動を追跡したほうが良かったのではないだろうか? 
インタビューが主体の映画は、よくあるし、確かに退屈だ。しかしそれはあらかじめインタビュー主体映画だと分っていることが多い。今年見たのでは「パレスチナ1948 NAKBA(広河隆一 編)」がそれにあたる。少し寝てしまったが、それはそれで理解したし、考えることができた。だが、「アメリカばんざい」は、インタビュー映画であることが前宣伝では分らず、それどころか、チラシやHPには、ブートキャンプに入ったばかりの、丸刈りの若者達がならんでいる写真を使うなぞ「詐欺もいいところじゃないかいangry」ブツブツ…あと、「ばんざい」なのだから、戦争を翼賛し、積極的に参加しよう(させよう)とする(しかも自分は決して行かないような)人達も写したほうがよかったとも思うぞ。

で、仲間うちでも「アメリカばんざい」は散々である。「インタビューだけだったら、なんで大金かけてアメリカ行ったんだ!」ただ、漏れ聞くところによると、藤本監督が取材した厖大なフィルムを、別途学習会等にも使えるよう、1時間×6本に編集しなおしているそうだ、で、それを支援するために、連帯労組なんかが多くの金をまた出している「らしい」
また人によっては「Marines Go Home・・・よりも面白かった」と言う人もいたが・・・
藤本監督の「学集会用映画」(おそらくDVDかなんかで、労組や反戦団体を中心に出回るハズだ)に期待しよう(^^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

外国人労働者のたたかいも始まった!

浜松で日系ブラジル人をはじめとする外国人労働者のデモが行われた。
派遣切り:真っ先に影響、外国人労働者 浜松や広島で訴え毎日jpより 読みやすくするため、斜体にせず。
>自動車産業や電機産業を中心に派遣・請負労働者といった非正規社員の人員削減が続くなか、日系ブラジル人をはじめとする外国人約3万人が住む浜松市で21日、雇用継続を訴える今不況下で初のデモがあった。非正規社員のうち、言葉が不自由なため真っ先に影響を受ける外国人労働者。突然、理由も不明確なまま訪れる「派遣切り」の実態を訴えた。
 デモに参加した日系ブラジル人のセイチ・トメ(43)さんは5年前に単身で来日。愛知県豊橋市や長野県佐久市などで働き、同県飯田市にあるレタスやピーマンの栽培農家へ移った。だが、約3カ月前に解雇され、就職先を求めて、外国人が多く住む浜松市にやってきた。
 「浜松ならすぐに仕事が見つかるだろう」。そんな思いはすぐに打ち砕かれた。自動車やその関連産業も不況の波が襲っていた。10月からはとうとう、JR浜松駅前の地下道で寝泊まりする日々だ。
 洋服を何枚も着込み、日系ブラジル人の僧侶にもらったという寝袋をかかえたまま、デモに参加した。1日の食事はパンとコーヒーだけ。「ブラジルの人材派遣会社にあと70万円を送金しなくてはならない。それまでは帰れない。何でもいい、仕事がほしい」とつぶやいた。
 12月に入り、勤務先の静岡県湖西市の自動車部品工場で同僚40人が解雇されたというブラジル人のフェレイラ・ジルさん(32)は「自分はまだ仕事があるが、いつ解雇されるか分からない。そのときに備えて労働組合に入った」と話す。
 13歳の息子がいるブラジル人のメロウ・ブラジミルさん(36)は1カ月前、同県磐田市の自動車部品工場で、夫婦そろって雇用を打ち切られた。「帰国するのは簡単。でも今、ブラジル人社会に自分が何か役立てないか。もう少し日本で頑張ろうと思っている」と話していた。
 この日、浜松市中区の公民館でデモに先立つ集会が開かれ静岡、愛知、岐阜県などから外国人を含む約200人が参加した。「企業は雇用を守って」「政府は雇用の創出を」などを盛り込んだアピールを採択、今回の不況で職を失った外国人労働者が状況を説明した。その後、JR浜松駅周辺を約1時間にわたりデモ行進した。【平林由梨】
 ◇広島では相談会 行政支援も言葉の壁
 広島市安芸区で21日「派遣切り」などで職を失った日系南米人の相談会が開かれた。「日本が人手不足だった時、呼び掛けに応じて来日したのに。日本政府も会社も無責任だ」と憤る声も聞かれた。
 組合員約150人のうち約100人が外国人労働者という同市の労組「スクラムユニオン・ひろしま」が、ポルトガル語が出来る組合員を配置して公民館で開いた。相談に訪れたのは15人で、大半が自動車メーカー、マツダ(本社・広島県府中町)など自動車産業の下請けや関連会社で派遣社員として働いていた。
 15人は大半がブラジル人でペルー人もおり20~50代。片言の日本語で「仕事がなくなったら、どう暮らせばいいのか分からない」などと訴えた。派遣会社から説明がなく「雇用保険を受け取れるのか」と聞く人や、派遣会社から労働契約書を受け取っていない人もいた。
 同県には約5200人の日系ブラジル人や日系ペルー人らがいる。「派遣切り」対策で行政は12月から、離職者向けに住宅あっせんなどの支援を始めたが、応募のビラが読めないなど言葉の壁があり外国人労働者まで届いていないという。【上村里花】・・・記事終わり

 イラク戦争が始まる前、反戦署名のお願いに地域まわりみたいなことをしたのだが、改めて外国人労働者が身の回りにずいぶんいるなぁ~と感じたものだ。印象に残っているのは、昼メシ前に訪問して、いいにおいの料理をしていた日系ブラジル人とおぼしきお方で、署名はしてくれなかったがずいぶんいろいろ話し込んだ。近所の集合住宅では、これまた日系ブラジル人とおぼしき方たちが、非常階段で涼みながら酒盛り?をしていたのを覚えている。
 土木の現場でも、外国人作業員がたまにいて、監督に行った同僚なんかは「オイ(あるいはオラか)○○さん!」と呼びかけられるものだから、「オレはあんたの友だちとちゃう!」と心の中で叫んでいたそうな。

 まじめな労働者を賃金を抑制できるからといって派遣で雇い入れ、不況になったらハイそれまで、住宅も保障しませんというのは、日本人でも外国人でも同じなのだが、外国人であればさらに言葉の問題や、滞在期間・資格の問題等が発生する。母国でのピンはね組織の介在も問題だ。日本も不況だから帰ってくれというわけにはいかない。
 南米系の労働者が決起しはじめた。この動きは、あらゆる外国人労働者、特に中国やベトナムといったアジア人労働者にすぐに伝わるだろう。そして、日本人労働者の動きと交わりながら、やがて手をとりあって共通の敵にあたってゆくことになるだろうし、また、そうしなければならない。
 
 それにしても、合同労組や社会改革を志す党派は、外国語専従班が必要となってくるのだろうな。英語のみならず、中国語、広東語、スペイン語、ポルトガル語・・・わしゃ~ロシア語ぐらい(それもちょっぴり)しかできん(He Maгу)

 おまけトヨタ営業赤字1500億円 通期予想を大幅下方修正毎日jp
トヨタ自動車は22日、世界的な販売不振を背景に09年3月期の連結決算(米国会計基準)の業績予想を下方修正した。売上高を前期比18.2%減の21兆5000億円(従来予想23兆円)としたほか、営業損益は1500億円の赤字(同6000億円)、最終(当期)利益は同97.1%減の500億円(同5500億円)となる

 

| | コメント (2) | トラックバック (1)

青春18きっぷ

アラフォーでも有効!青春18きっぷ
買っちゃったもんね~(^^)(^^)(^^)///
18001

皆さんの復習のため、ご案内を記述
・5回(人)までご利用できます。(複数人数でもご利用できます。なお、複数人数の場合は同一行程となり、入出場の際には必ず青春18きっぷ本券が必要です。)
・普通・快速列車の普通席乗車券及び宮島航路がご利用できます。
・ご乗車時に改札口で(無人駅からの乗車は車掌から)乗車航日の記入を必ず受けてください。
・乗車船日が翌日にまたがる場合は0時を過ぎてから最初に停車する駅まで(東京及び大阪近郊の電車特定区間では終電車まで)有効です。
・特急(新幹線含む)・急行列車・グリーン車に乗車する場合は特急券・急行券・グリーン券等のきっぷのほか、普通乗車券が別に必要です。ただし、普通・快速列車のグリーン車自由席に限り、グリーン券を別にお求めいただければご乗車できます。
・自動改札機はご利用できません。
・津軽海峡線木古内~蟹田間、石勝線新得~新夕張間は普通列車が運行していないため、特例として当該区間相互発着の場合に限り、このきっぷのみで特急列車の普通車自由席に乗車できます。ただし、特例区間にまたがって乗車する場合は、乗車全区間の乗車券及び特急券が必要です。
・旅客鉄道会社線(JR線)以外の会社線を経由する列車をご利用の場合は別に会社線に有効な乗車券類が必要です。
・払いもどしは、ご利用期間内で未使用に限り発売箇所で取り扱います。
・列車の運行不能・遅延等による払い戻し及び有効期間の延長はいたしません。
・お客様ご自身で下記連絡先にお申し込みいただき、きっぷ利用時にチェックインされる場合、JRホテルグループにて宿泊料の割引等が受けられます。【JRホテルグループ東京予約センター】03-3216-0489(土休日休業)
・「青春18きっぷ」で「ムーンライトながら」号等をご利用になる場合で乗車中に0時を過ぎてから「青春18きっぷ」を利用するときは、0時を過ぎて最初に停車する駅までの乗車券が必要です。なお、併用して利用した乗車券は、お乗りにならない区間の営業キロが100キロを超えない場合、列車の遅延等に関わらず払いもどしいたしません。


鉄ちゃん基本の、18きっぷ・・・こいつで今冬は、北海道を攻めるぜsign03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブルトレ富士・はやぶさ廃止弾劾!

昼休みに今日の朝日新聞を見て、ぶったまげた・・・というか、とうとう来るべきものが来たというか。
ブルトレ、東京駅から消える 3月に富士・はやぶさ廃止 Asahi.com鉄道より
JR旅客6社が来年3月14日に行うダイヤ改定の概要が18日わかった。東京と九州を結ぶ唯一のブルートレインが無くなるなど、夜行列車衰退の流れに拍車がかかる内容となった。
 JR関係者によると、ダイヤ改定で寝台特急「富士」(東京―大分)と「はやぶさ」(東京―熊本)が廃止され、東京駅発着のブルートレインは姿を消す。
 毎夜運行している夜行快速「ムーンライトながら」(東京―大垣)と「ムーンライトえちご」(新宿―新潟)は臨時化され、乗客が多い夏休みや春休み、年末年始などに限定する。安い運賃で長距離を移動できることから重宝され、「青春18きっぷ」の利用者も多かったが、深夜バスなどに押されて乗客が減っていたという。
(以下略)

あーあ、これで寝台列車も東北・北海道方面以外は、全滅じゃ~
東京ー九州間なんか、距離があるから、そこそこ豪華列車でも走らせれば、なんとかなったかも知れんのに・・・
これも「分割・民営化」が悪い!
東日本・東海・西日本・九州と、4社もまたがる列車なぞ、非効率的で、運用の勝手が悪くて、おまけに足の遅い客車列車は、東京や北九州の通勤列車ダイヤを編成する上でも、ネックになるし、邪魔なんかよsign01angry

それにしても、最初の赴任地は、西の果てだった。
東京で数ヶ月の研修の後、辞令を交付され、配属。赴任にはフツーの人なら新幹線(もしくは飛行機か?)であるところを、私は迷わず寝台特急を選んだ。乗車したのは、今はなき「あさかぜ」だった。
いちおう赴任旅費は会社から出るのであるが、当然寝台の金なんて出ない。自らの給料から払った。自分の自由になるまとまったお金(お給料ですね)を使って、初めて乗った寝台特急・・・B寝台であっても、最高の夜であった。
広島を過ぎると、空が明るくなって目が覚める。柳井のあたりの瀬戸内海がすがすがしい。朝日を浴びながら、やがて始まる新しい生活に期待と不安を心地よく味わったものだ。
飛行機や新幹線だと、こうはいかん。やはり旅立ちは、夜行列車でしょ!

軽挙に走るJRを弾劾するため、さよなら闘争に決起しよう・・・4/四半期にカネのヒマが☆~いやいや、事務所長に新年早々から、闘争への決意表明をして、とっとと年休を取る体制を組めば・・・かっ金が(^^);;

それにしても、Asahi.comに鉄道のコーナーがあったとは、う~ん世の中まだまだ鉄道ブーム、もう少しこれが早く来ておればsad


| | コメント (0) | トラックバック (2)

金融資本は万能ではない(その3)

さて、資本として投下される貨幣は、資本であるがゆえにG―W-G´の連関を通じて、また貨幣となって戻ってくる。ここで剰余価値を含んでG<G´となっている。G-W-G´の連関に何度も放り込まれることで、Gはドンドン増加するのだが、ここで、金融資本(利子生み資本)ではGは一旦連関の中から引上げられ、同じ、もしくは別の連関に投下されることで増殖する。
いったん連関から引上げられるというのが、利子生み資本の特徴である。ゆえに現実の生産と関係なく、投下先を絶えず探す必要がある。一方、GはGであるがゆえに、ドンドン増殖するから、これまた現実の生産に必要な貨幣よりも大量の貨幣が世の中に出現する。この大量の貨幣が、投下先を探してウロウロし、他の金融資本(これらに証券、さらには生産物や生産手段といったモノをとりあえず含む)に直接投下される。この投下を仲介するような別の資本(剰余価値から得られた利子から、さらに手数料という形で自己の資本を増殖する)が現れたりする。なお、増大した貨幣は現在では、実際の金属貨幣や紙幣で現されず、帳簿における数字で示される。
こうして、実生産とは関係のないところで、大量の貨幣がG-G´―G´´とやりとりされるわけだが、資本主義ではGの増大分は、あくまでも剰余価値の搾取分からしか生まれない。ところが金融資本の世界のみ連関を繰り返すうちに、G<G´=G+⊿Gの、⊿G部分が、実生産における⊿Gよりもドンドン増殖してゆく。これを架空性という。また、この架空性によって増大した貨幣が大量にある時には、その一部が消費に回ること(回るであろうと期待すること)で、実生産のG-W-G´の連関がより大きく動く。ところで金融資本内の連関がうまく行っているうちはよいのだが、うまくいかなくなった、例えばサブプライムローンのように利子も元本も返せない労働者階級をだまくらかして大量の貨幣を貸し付けてしまった場合(このときGはGであるがゆえに、労働者への貸し出しをも自己増殖の手段にするのである)、この連関が断ち切られると同時に、実生産の部門から⊿Gにあたる部分を取り戻そうと働く。そこで実生産が回らなくなり、恐慌とあいなるわけだ。
まあ、何が言いたいのかよう分らん文章になってしまったが、要するにG-W-G´の連関があって剰余価値を搾取するうちからしか、金融資本分の⊿Gは得られないのだということ、架空的に増大した価値は、無くならざるを得ないということである。

あーしんど・・・このシリーズ、もう止めsign01
あと、恐慌とは直接関係はないが、「金融立国」というのは、実生産をやっているところから剰余価値の上前をはねて生きることである。現代社会では、多くの発展途上国が生産したら上前をはねて生きる道ということで、ホント、ほめられたものではないことも理解できると思うが、いかがか?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

風邪ひいてしんどー

第二次忘年会闘争は、事務所のソファーのある場所までもつれ込み、激しいバトルとあいなった後、そこで夜明かし、お寝んね・・・とあいなった(^^)(^^)/
で、風邪ひいたようだ。グスンsad

マル共連の掲示板に、この時期ちょうどぴったりの替え歌が投稿されていたので、転載(マル共はよく掲示板が飛ぶので、保存もかねて・・・)

と、思ったら、マル共にアクセスできんpout
もう知らん、寝るsign02

で、翌日追記、マル共へ
聞け万国の労働者(メーデー歌)
闘う酔っ払いさん投稿

聞け万国の労働者
とどろきわたるカラオケと
ハシゴに起こる千鳥足
未来をつぐるぐだをまく

何時に夜が明けたのか
何時に鳴ったか目覚ましは
全一日の大遅刻
社会の虚偽をうつものぞ

永き頭痛に悩みたる
無産の民よ我慢せよ
今や二十四時間の
二日酔いは来たりたり

起て労働者、起床せよ
寝過ごしさられしこの時間
正義の手もて顔洗え
髭剃らずとも何ものぞ

われらが店の軒先に
掲げられたる赤提灯
守れメーデー労働者
集え酩酊労働者


元歌がわからんと言う方は以下のサイトを。メロディーも流れます。
http://utagoekissa.web.infoseek.co.jp/kike.html

私的には、「飲め万国の労働者」のほうがいいと思います。しんどー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第二次忘年会闘争

第二次忘年会闘争
やっぱり冬は、鍋でしょ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蟹工船が映画化されるらしい

2008年度の重要な話題は、やはり「蟹工船」!
映画化がなされるようだ。
asahi.comより
映画「蟹工船」、ロケで暗い船内再現
 若い世代に脚光を浴びる昭和初期のプロレタリア文学「蟹工船」(小林多喜二作)が映画(SABU監督)になる。栃木県足利市で30日、ロケが始まった。09年初夏の一般公開を目指す。
 倉庫を借り切ってカニ加工場や工員が寝泊まりする船室のセットを組み、カムチャツカ沖の船上生活を再現。地元市民も工員姿のエキストラで参加した。
 倉庫内の雰囲気が暗い船内のイメージとぴったりだとしてロケ地に選ばれた。同市は内陸で海はないが「アンバランスさがいい」とスタッフ。

ただなぁ~、今現在「蟹工船」状況は、本当にたくさんあるわけで、昔の「蟹工船」を映画化するよりも、現在の「蟹工船」を映画にするほうが、よほど大切なことだと思うのだが・・・
日本に「ケン・ローチ」はおらんのかいangry

85年の、動労千葉2波にわたるストライキと、そのいきさつを撮ったほうが、より反貧困運動・労働運動にとってはいいと思うぞ。このころ、内田裕也が雑誌「平凡パンチ(あ~なつかしー)」で、動労千葉の中野委員長にインタビューをしている。そしてその生き様とたたかいを映画にしたいと思ったそうな・・・。

ドキュメンタリー映画だと、あまり人は入らないかもしれない、キャノンやトヨタ、およびその下請け、孫受けの派遣労働者のたたかいを撮って、世の中に広めるほうが先じゃろう。

あるみさんは、闘うぞ!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

金融資本は万能ではない(その2)

世の中には預貯金から株式、さらにはFXやらなんらやと様々な「金融商品」があふれているが、金融というのは文字通り「金を融通する」必要なお金・・・貨幣を用意することだ。貨幣が何のために使われるのか?流通過程で貨幣は交換を媒介し、商品取引の決済に使用される。この商品取引そのものは資本主義以前からあったので、金融業というのも資本主義以前から存在した。大量の商品を買い付けるのに、貨幣を直接やりとりするのは不便であるので、手形のようなものも存在したし、事業を始めるには、そのための資金・・・生産手段や原料を買い付ける、交易なら、その場所まで商品をかついで移動するための貨幣が、取引以前に必要になったであろう。農作物の収穫はできるだろうが豊作か不作かわからない、でも前もって貨幣が必要な場合には先物取引のようなものもあったであろう。そして視債権者は取りっぱぐれのないように担保をとり、また債権者に別途貨幣が必要になった場合は、自分の持っている債権を売買し・・・というようなことは連綿と続けられてきたわけだ。これが、生産力の向上・資本主義の成立→さらに生産力の向上→・・・ということで、商品取引の規模が拡大すると同時に、複雑化することで、金融業の比重も増す。一方、工業的な資本主義の発展は生産手段の高度化をおしすすめ、あらたに生産を開始するための設備投資…これも設備を提供する企業者から商品を購入するという形をとるので、これまた莫大な貨幣を短い期間に調達しなければならなくなる。よって金融業の役割は益々大きくなるわけだ。銀行などの金融業が業として成り立つためには、当然利潤すなわち儲けることができないといかんわけだが、銀行は利子という形でそれを受け取ることになっている。利子とは剰余価値から、貸し付けた貨幣量に応じて適当な率だけ受け取る、貨幣を貸し出すときに銀行は借主とそのような契約を交わすのである。
設備投資をするために必要な貨幣を調達するにあたり、多くの貨幣を持っているものから調達する方法の他に、小口で貨幣を持っているものをたくさん募り、そこから調達する方法がある。前者の代表例が銀行(ただし、多くの貨幣を預金という形で集積しているにすぎない)であり、後者の代表が株券である。株券のようなものも、資本主義以前からあったのであるが、やはり資本主義の登場・発展とともに発達してゆき、大量の貨幣を調達する有効なこの方法をとる株式会社ができる。レーニンの「帝国主義論」でも展開されているが、生産手段をそろえるのに必要な設備が巨大化し、沢山の貨幣は必要になる帝国主義段階において、株式会社は代表的な資本のあり方になったわけだ。株式の所有者がず~っと固定的であるならば、株式は単なる属人的な、配当(剰余価値)を受け取る権利でしかないのだが、この権利を市場で大々的に売買すれば、より多くの人から貨幣を集めることができるであろう。よって株式・証券の取引市場が成立する。市場だから、その株式がより多くの配当が期待される、すなわちより剰余価値を搾り取る能力があると見なされると、欲しがる人が多くなるのでその株式の値段が上がり、逆だと値段は下がる。このような市場が成り立つと、それを売買することで手数料をかせぐ証券業というのが現れる。証券業は金融業とはもともと違うのであるが、貨幣を融通するためになくてはならないものとなって私たちの目の前に現れる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金融資本は万能ではない(その1)

非国民通信さんのブログ記事「極左党公約」
のコメント欄にて、次のようなやりとりを行ったのだが・・・
(はlはl)
2008-11-29 12:16:11
もうずいぶん前ですが、管理人様は日本の製造業を中心とする産業の利益率の低さを取り上げ、日本が豊かになるには利益率の高い、特に金融業を強化したほうがいいとおっしゃっていたように思います。今も金融業の強化に賛成ですか?
Unknown (非国民通信管理人)
2008-11-29 13:35:05
>はlはlさん
 勿論賛成ですよ。頑なに製造業原理主義を信奉し続けたところで、日本一国で完結することは出来ない、日本がいくら金融に背を向けたところで、世界からの影響から免れることなど出来ませんし。食糧自給率云々もそうですが、徒に後ろ向きになるのではなく、積極的にコミットする姿勢がリスク回避の面でも必要なのです。
(GO)
2008-11-29 22:29:06
金融業で「大もうけ」できるか(少なくとも全ての民衆が『豊かに』暮らすことができるか?)の回答は、先般のアメリカ発金融恐慌で明らかになったことだと思います。金融業であっても、作ったモノやサービスが「売れない」と金利をかせぐことはできません。
農業や製造業や、必要な金融を「ほどほどに」やって行くのが生き残る道だと思っています。
(非国民通信管理人)
2008-11-29 22:56:15
>GOさん
 それを言うなら、製造業原理主義それを言うなら、製造業原理主義で、あくまで金融業を下位に位置づけてきた日本の経済政策を肯定しなければいけませんね。勿論、その結果も含めてです。製造業では世界を席巻しながら欧米諸国の経済成長には追いつけず、国民一人当りの所得では順位を下げるばかり、それでも「自分はのやり方は正しい」とふんぞり返って満足できるなら、どうそ旧態依然としたモデルにしがみついていればいいでしょう。そこに私を巻き込むのは勘弁願いたいですが。

と、まあ、私の言いたい事がきちんと伝わっていなかった。そこの管理人さんと思想のバックボーンが違うので、いたしかたあるまいし、討論するつもりはないのでそのままにしておいた。もっとも、ここの読者であれば、およそ私の言いたかったことはつかんでいただけるのではないだろうか?と思い、こんな記事にしてみた次第である。
 とりあえず製造業とかの産業資本は、原料及び工場等の生産設備と労働力を使い、G-W-G‘の連関の中で剰余価値を搾取し、自己を増殖してゆくのに対し、金融資本は産業資本に資金を融通・・・貸付にしろ、信用取引にしろ・・・投下することによって、産業資本が搾取した剰余価値から利子という形で合法的に奪い取って自己を増殖してゆくものである。要するに産業資本が作った物(サービスというのは、工場製品なんかは労働の価値が、使用価値を持つ物体に転化してそのまま残るものであるのに対し、理髪店の理容師の労働のような、その労働の価値がその場で消費され、なくなってしまうものと考えてもらえばよかろう)が市場で売れてG’に戻らないと、そこから利子を取ることは絶対にできないし、増殖もできない。金融資本の取り分は、剰余価値からしか生まれないのだ。マルクスが「賃金、価格、利潤」や「資本論」で剰余価値が地代、利子、産業利潤(ここが産業資本の取り分)に分割されるわけである。
 ところで現代社会は、金融業=金融資本が大きな位置を占め、非国民通信さんが指摘するように「利益率の高い」産業になっているのもまた現実である。金融業の利益が高いということは、産業資本のかせいだ剰余価値の大半が利子(あるいはそれに準ずるもの)で持っていかれているということを意味する。それでも産業資本は、トヨタやキャノンを見ても分るように、労働者を強搾取しながら莫大な利益を上げている(もっとも、利益を上げられないような業種・企業も多く存在するが)。
 ところが今年の9月で一気に金融危機が爆発した。これは産業資本がこれ以上剰余価値を生み出すことが出来ない・・・従って利子も生まれないことが最終的に判明した結果に他ならない。いくら金融資本が上・・・と言っても、無いソデは振れません!ということである。
 もっとも、今回の金融危機の始まりは、アメリカのサブプライムローンの破綻が発端であり、一見すると産業資本が作る商品が売れなくなったから…ではない。ここのところの説明や、金融資本が上になった経緯その他を、ボチボチしていかんといかんなぁ~ということで、金融資本・・・利子生み資本とも言う・・・について、ごしゃごしゃと述べていきたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

余部鉄橋のトレッスル橋脚が残るぞ~

会社で日経コンストラクションなんぞ読んでいたら、現在架け替えのための工事が進められている、余部鉄橋のトレッスル橋脚が3基、現地で保存・活用されるような記事が載っていたので、調べてみた。
ケンプラッツ・土木より兵庫・余部鉄橋の橋脚3基を現地に保存、展望台などを加えて観光エリアに
兵庫県は、2010年秋に架け替えを終える同県香美町の余部(あまるべ)鉄橋について、一部を土木遺産として保存しつつ、観光資源としても活用していく基本計画案をまとめた。2008年9月30日から10月31日までの期間で、同計画案に対する意見や提案を募集している。
 基本計画案は地元住民や学識者、JR西日本の職員などからなる余部鉄橋利活用検討会(座長:京都大学大学院の川崎雅史教授)がまとめた提言を県が具体化したもの。11基の橋脚のうちの3基を撤去せずに保存し、その周囲に新たな施設などを加え、記念・観光エリアとして整備する。(中略)
一方、県は撤去する8基の橋脚も有効に活用していく方針だ。橋脚に使用された鋼材の撤去後の活用方法について、具体的な方法を一般公募するアイデアコンペを実施している。応募期間は2008年9月16日から10月24日までだ。
 余部鉄橋は、JR山陰本線の一部で長谷川に架かる鋼トレッスル構造の鉄道橋。1912年に完成した。橋長は約310m、長谷川の河床からレール面までの高さは約41.5mある。
 余部鉄橋では1986年、走行中の列車が突風にあおられて転落。死亡者を出す事故が発生した。以来、強風時の運行規制が強化されて列車の定時性も低下した。安全性と定時性の回復のために、防風壁を備えた新橋への架け替え工事を2007年3月から始めている。施工は清水建設・銭高組JV(共同企業体)が担当している。
奥野 慶四郎=フリーライター[日経コンストラクション])

で、兵庫県のこのHPにいくと、こんなPDFファイルで計画の概要も分る。
ケンプラッツの記事に掲載されたイラスト(県の基本計画のPDFと同じ)を引用すると・・・
Figa
こ~んな感じなのだ。
Figb
完成予想イラスト(^^)(^^)
Figd
餘部駅(ちなみに地名は余部なのだが、駅名がなぜか餘部なのだ。よって餘部鉄橋とも記載されることも多い。)側から展望施設に行くことができる。ちなみに新しい橋梁は現鉄橋の奥に建設されるので、海の景色がコンクリート橋でさえぎられることはないhappy01

86年に起こった事故は、お座敷列車の客車が墜落したのだが、突風に加えて乗客がいない回送列車で客車の重量が軽かったために起こった。2005年には羽越線特急が突風であおられて脱線事故を起こしているが、両者とも旧国鉄タイプの車両・・・すなわち今あっちこっちで走っているJRや私鉄の軽~いステンレス車両よりも「重たい」車両だったのだ。それでも突風が吹けば、列車はこける。突風が吹くとき、安全のためには「止まる」しかないわけだ。(よって、羽越線事故というのは、86年の余部事故の教訓を忘れたJR東に大きな責任がある!)
それはともかく、安全のために86年の事故以来、風速20m以上の風が吹けば止める規則を設けたのだが、今度は冬季の運休・バス代行が多くなってしまい、橋梁に防風さくを設けて規制を緩和しようとしたのだが、直接さくを設けると橋梁自体が構造的に持たないことが分り、やむなく新しく架け替えることになったのだ。

で、昨年の夏の終わりに、撮影に行ってきました(^^)/
Img002
手前に夏草がかかってあまり出来のいい写真ではないのだが、特急「はまかぜ」です。
たくさんの「にわかテツ」?がケータイカメラも含めて、写真を撮っていました。なお、餘部駅には特急は止まりません。
このあたりは、山陰本線京都―出雲今市間の山陰本線ではもっとも遅い1912年に開通した区間であり、列車本数も少なく、行きにくいところであります。
Img001
海岸まで行って、普通列車が来るのを待つこと1時間(ぐらいだったカナ?)パシャcamera

| | コメント (5) | トラックバック (0)

リストラ時代に労働者階級の反撃が始まった!

世界経済が金融恐慌に突入する中、名だたる大企業でもリストラの嵐が吹きまくっているtyphoon。毎日jp内記事非正規雇用:雇い止め3万人超に 内定取り消しは331人によれば
 厚生労働省は28日、非正規雇用労働者の期間満了・途中での雇い止めが3万人を超えるとする初の調査結果をまとめた。また来春の新卒者の内定取り消しは331人、高卒者求人数は前年同期比の3.8%減で6年ぶりに減少した。金融危機による世界的不況の中、雇用を巡る厳しい情勢が浮かんだ。
 調査結果によると、派遣労働者や期間作業員など非正規雇用労働者の雇い止めを10月~09年3月に実施・実施予定の事業所は、全国で延べ477事業所、3万67人に上った。うち派遣労働者が1万9775人と65.8%を占め、次いで▽期間作業員など5787人▽請負労働者3191人▽パートなど1314人--となった。
 契約期間中に雇い止めにされるケースは1万8573人(不明を含む)で6割超に及んだ。業種別では、製造業が2万8245人と大部分を占め、次いで卸小売業(725人)、運輸業(155人)などが多かった。都道府県別では、愛知県が4104人で最多。岐阜(1986人)▽栃木(1680人)▽長野(1616人)--と続く。自動車など大規模製造工場がある地域が目立つ。調査は全事業者が対象ではなく、厚労省はさらに多くの雇い止めが行われているとみている。
 厚労省は28日、期間満了での雇い止めは事業主に雇用維持の努力を求めること、中途解除では仕事の紹介など雇用安定の措置を取ることを事業者に指導するよう、都道府県労働局に通達を出した。
 舛添要一厚労相は28日の会見で「労働者の雇用維持などに対応する緊急雇用対策本部を設ける。内定取り消しは違法なので、企業、大学などに周知徹底する。学生諸君は泣き寝入りするな」と述べた。
 一方、09年3月卒業予定の新卒者の内定取り消しは25日現在、87事業所で331人に上った。内訳は大学生・短大などが302人、高校生が29人。87事業所のうち8事業所が倒産、10事業所は民事再生法が適用された。
 調査は93年から実施、過去最多は証券会社が破綻(はたん)するなどした98年の1077人。これまではハローワークへの届け出件数をまとめたが、今回は大学への聞き取りも実施した。調査手法は違うが、今回は4番目の規模となった。厚労省は全国の学生職業センターなどに特別相談窓口を設けるとともに「合理的な理由のない内定取り消しは無効」とした指針を企業に周知する。
 来春高校卒業予定者の就職内定率(9月末現在)は、51%(08年同期比1.3ポイント増)で98年以来の高い数字となった。男子が57.7%(同2ポイント増)、女子42.6%(同0.5ポイント増)。だが、求人数は前年同期比で3.8%減の29万3000人。6年ぶりの減少となり、好調が続いてきた就職状況に陰りが出ていることを裏付けた。【東海林智】

 景気の調整弁として、真っ先に切られるのが派遣労働者などの、非正規雇用の人達である。特に会社の寮や借り上げアパートに入っている人達は、仕事が無くなると同時にそこを出なければならないので、住居も失うという切実な問題となっている。派遣ユニオンブログから派遣切りホットライン 結果報告に掲載された、相談に寄せられた労働者の声を引用すると

車のマフラーの製造の仕事で4年間、派遣されてきた。
 同僚の派遣は『明日で終わり』と言われて次々に切られて行った。
 自分は勤続が長いので今まで切られなかったが、『12月いっぱいで終わり』と言われた。
 契約は3月まであるが、『もう関東に仕事はない。自分で探せ』と言われた。
 会社の寮も『出て行ってくれ』と言われているが、行くところがない。
 もうどうしていいかわからない」
 (50代・男性・群馬県)

「自動車工場に派遣されている。
 3月まで契約があるが、『12月末で終了』と言われた。
 『1月5日に退寮しろ』と言われている。
 住まいを探しているが、蓄えなく、敷金もない。
 職安にも行っているが、仕事のめどが立たない。
 不動産屋では『定職がないと保証人代行は難しい』と言われた」
 (30代・男性)

今の派遣先(自動車部品製造)に約4年派遣されている。
 3月までの契約があるが、11月27日に『12月で辞めてほしい』と言われた。
 会社の寮(レオパレス)も出て行かなくてはいけない。
 そんなに急に言われても、どうやって食っていったらいいか…。
 郷里に帰っても住むところがない。
 家賃4万8000円を天引きされていて手取りで10万以下だったから、貯蓄も全然ない。
 市役所に電話したが、『生活保護は無理』と言われた。もうパニック状態…」
 (50代・男性・栃木県)

このように、住に関する問題が非常に切実であることが、良く分る。
しかし、非正規労働者は、決起を始めた。
多くの人がご存知だと思うが、12月4日に日比谷野外音楽堂で集会が行われた。
毎日jp派遣切り:許すな・・・法改正訴え集会 東京・日比野より

派遣労働者を契約期間中に雇い止めとする「派遣切り」が社会問題化する中、東京・日比谷野外音楽堂で4日、作家や弁護士、労働組合などが呼びかけた「派遣法の抜本改正をめざす12・4日比谷集会」が開かれた。約2000人が参加した集会では派遣労働者が「派遣切り」の厳しい現状を報告し、労働者派遣法の抜本改正を求めた。
 集会は、政府案として提出された派遣法改正案が「実効性に乏しい」と危機感を持った、評論家の佐高信さんや作家の雨宮処凛さん、ルポライターの鎌田慧さんら文化人15人が呼びかけ、労働組合などが参加して開かれた。

個々の資本に対する反撃も始まっている。大分キャノンでも派遣労働者が組合を作り、闘いが開始された。レイバーネット・写真速報より
住むところがなくなる!~大分キヤノンユニオン派遣社員が本社に申し入れ
12月4日午前10時、キヤノン東京本社に対して、結成したばかりの大分キヤノンユニオン(日研総業ユニオン大分キヤノン分会)が申し入れを行なった。大分キヤノンでは、10月末から大量の派遣・請負社員の中途解約(首切り)通告が続いている。この日は、現地ユニオンメンバーの2名を含む約10人で本社を訪ねた。会社側はガードマンを配置し、受付にも入れない態度だったため、組合側はやむなく街宣車のマイクを通して申入れを行なった。デジタルカメラの製造ラインにいる34歳の派遣社員(写真下)は、 12月10日付で解約を通告されており「このままでは寮から追い出されて、住むところがなくなる。どうしたらいいのか」と訴えた。一行はその後、国会・経団連をまわって要請を続けた。(M)

キャノンのあくどい所は、派遣切りを行いながら、一方で就職情報誌やハローページで期間社員100人の募集を行っていることだ。毎日jp当該記事御手洗打倒!

バブル後のリストラは、主に企業の正社員を減らし、採用を抑制することで押し進められた。国鉄分割・民営化攻撃による国家による不当労働行為と総評解体の結果、「不況ならば労働者の首が切られるのも、しかたがない」という考え方が蔓延したこともあって、労組による有効な反撃ができなかった。その時代に正規職を失ったり、正規職にありつけなかった人達が、非正規雇用となることでなんとか食いつなぐことができたのだ。
しかし、「景気が回復した」といわれている時代から、ワーキングプアーの問題がクローズアップされ、労働者達の困窮は続いていた。だが、少なからぬ労働者がユニオン・合同労組を立ち上げ、反撃を開始しはじめた。この立ち上げた労組が、新たにやってきた金融恐慌の時代のたたかいを牽引しつつあるのだ。

今回は本当の恐慌である。1930年代の世界恐慌の時代は、労働運動が激しく闘われた時代でもある。30年代の教訓を学びつつ、現代のたたかいを押し進め、究極は労働者が主人公となる時代を作らなければならない。

 

| | コメント (8) | トラックバック (1)

忘年会闘争に決起

忘年会闘争に決起
忘年会闘争に決起
やっぱり肉でしょ!
濁り酒がワイングラスです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

代用監獄「東拘」を解体せよ!

法大文化連盟のブログを見たら、とんでもないことが東京拘置所で行われていることがわかったangry
法大弾圧の真実より引用、なお、読みやすさを考慮して斜体にはしない。

>5・29デモ弾圧被告の後藤玲子さん(大阪市立大学)が、11月21日(金)15時すぎから11月24日(月)14時前まで、東京拘置所内の「保護室」に監禁されました。
 「保護室」への連行の時には、頭から床に落とされ、さらに小窓から出した手を窓ではさむ、ひねるなどの暴行を加えました。
 「保護室」に入れられている間は、弁護士を呼ぶこともできない。歯みがきをさせない。上着とくつ下、メガネをはぎとられ、寒い中を薄い毛布だけで放置され、裁判資料さえ見ることができない。さらに、食事をこぼされる、トイレの水を流さないなどの虐待を受けました。「保護室」とは、東京拘置所が被告人を拷問にかけるための人権など一切無い隔離された監禁部屋そのものです!
 19人の闘いに追いつめられた拘置所の虐待・拷問は絶対に許せません! 19人をただちに奪還しよう! 公判を傍聴して後藤さんを激励しよう!

◆後藤さんに対する、許すことのできない制裁
 後藤さんが「保護室」から出た翌日、弁護士あての手紙で報告してきた事実は、以下のとおりです。
 21日(金)15時すぎ、「所長への苦情申立て」の回答のため、後藤さんの房に区長らが来ました。後藤さんの「申立」の趣旨は4点でした。
 ①コンタクト保存液など、新宿留置から持ってきたものを部屋に入るか、差し入れできるようにすること。
 ②裁判時にエレベーターに男性職員がすしづめ状態で入りこんできたり、足を持ち上げられたりした。セクハラをやめろ。点検などで男性職員が入ってくる時は前もって合図して、トイレ、着がえ、部屋で干している下着などを片付けれるようにしろ。
 ③区長面接の時に要求した「裁判の時にけがさせられたところをカルテにとる」ことを重ねて要求する。
 ④拘置所と裁判所を往復する際のバスのスピードを落とせ。
 以上の「苦情申立」に対する所長の答えは、「いずれも希望を述べたものであり、決定を行うことなく処理を終結する」というものでした。区長がその答えを読み上げ、「何かあれば、また願箋で申し出るように」と言って帰ろうとしたため、後藤さんが「答えの意味がわからん」と質問したところ、係長が「辞書をひいて調べなさい」などと対応。さらに「何もしませんってこと」と言って帰ろうとしたため、後藤さんが「ドアを開けて話せ」と強く抗議したところ、区長は「静かにしろ!」と大きな声で怒鳴りちらしたあげく、「保護室!」と叫びました。
 すると、ドアの外に待ちかまえた職員約8人が後藤さんの両手両足を持ち上げて房から運び出し、さらにその様子を区長がビデオに撮影。最初は仰向けで運ばれ、廊下の真ん中で「うつぶせ!」と言われると同時に、頭から廊下に落とされました。さらに、驚きのあまり無抵抗だった後藤さんの腕を後ろにひねりあげ、「保護室」に連行したのです。

◆靴下と上着を脱がされて、寒い中に放置
 拘置所職員は、後藤さんを力ずくで「保護室」に連行し、「痛いやろ! やめろ!」と抗議すると、のどにひじを押しつけて首を絞めました。さらに体を押さえつけられて上着を脱がされ、服を破られ、メガネと靴下が奪われ、服は長袖Tシャツとズボンだけで、裸足のまま寒い中に置き去りにされました。「救援連絡センターに連絡しろ!」と叫んでドアをたたいても、職員は一切対応しませんでした。
 しばらくして医者が来たので、「頭から突き落とされ、上に馬乗りになられて、体中が痛い」と申し出ましたが、医者は「それは、自分でドンドンやったからじゃないですか?」という対応。「メガネをよこせ」という要求にも、「それは私の範疇でない」と無視して帰っていきました。

◆食事を投げ落とし、小窓から出した手をひねるなど暴行を続ける
 保護室の入り口の小窓から食事を入れる時には、係長が「ごはん入るから取ってねー。取らんかったら落ちるよー」と言いながら、ご飯の入った黒い箱をバチャンと落とし、中の牛乳がこぼれ、白飯の器も落とされてひっくり返されました。床も牛乳でベチャベチャ。うどんを紙スプーンで食べろと強要し、「なんや、まだ食べてんのかいな。じゃあ、そのままフトン入れるよー。」と言って、ご飯の上にフトンを落とされました。
 後藤さんは、無視し続ける係長に対して、小窓から手を出して、「弁護士を呼べ! 診察を受けさせろ!メガネをよこせ!」と要求しました。すると、係長を含め2、3人の職員が腕をひねる、手首をひねる、指をひねるなどの暴行を続け、「痛い!!!」と悲鳴を上げる後藤さんに対して、区長も加わって、窓でぎゅーぎゅーはさんだり、手を引っ込められない方向に力を加えたりして、毛布を無理やり入れられて窓を閉められました。
 そのうち、トイレのボタンと思って押したのが報知器とわかりました。報知器で職員を呼んで、メガネと歯ブラシ、上着と靴下、弁護士を呼ぶことと、診察を要求しました。弁護士の連絡のために「紙とペンをよこせ」と要求したが、「そういうことできないの。ここ、そういうお部屋だから」という対応でした。
 医者2人が来ましたが、「頭や体が痛い」という訴えは無視して帰り、毛布2枚と枕、キルティングの敷き布団だけで、寒い中で放置されました。

◆トイレの水を流さないなどの虐待を続ける
 「保護室」に入れられた1日目に、看守が「今日は寝るだけで明日」と言っていたので、2日目の朝、後藤さんは裁判資料と服と靴下を改めて要求。通常は、朝の「願い事」(職員が部屋を回ってきて手紙とか買い物とかの要求をする)があるが、それが「保護室」にはありません。後藤さんは、通常はもらっている「しもやけの薬」も要求したが、「ここを出てからの話でしょう」とすべての要求を拒否されました。後藤さんは「裁判資料を入れないのは裁判の妨害やで!!!」と抗議しましたが、「そういうお部屋なの」と拒否されました。
 「保護室」では、トイレの水も自分で流せません。にもかかわらず、報知器を押しても1時間たっても誰も来ない。「トイレを流せ、水道を流せ、ちり紙をよこせ」とドアをたたいて要求しても、部屋の外に人がいる(いすの音でわかる)のに、無視されます。「おるのはわかってるんじゃ! シカトすんな! ただの嫌がらせやんけ! 四六時中、流してへんトイレと向き合わせられるこっちの身になってみろ! 衛生上どーやねん」と抗議して、しばらくしてトイレだけ流れる。「水道も流せ、ちり紙よこせ」については無視です。
 職員に「うちは、何のためにこの部屋に入れられてんの?」と聞いても、「それは出てから聞きなさい」という対応。「この部屋は何の目的でつくられたん?」と聞いても、「そういうこと今は関係ないよね?」。別の職員に尋ねたら「あなたを保護するため」と言うだけ。法律無用の部屋が東京拘置所の中につくられているということです。
 4日目の25日13時40分、職員が「出るぞ。ここに入れられたことは、また後日調査するから」と言ってきました。4日間も入れておいたうえで、さらに「懲罰」を狙っているのです。「所内生活の心得」という冊子にも「保護室」のことは書いてありません。
 「保護室」に入れられている間は、どんな人権侵害も正当化され、職員の態度も豹変すます。「保護室」こそ、東京拘置所の正体です。言うことを聞かない、気に入らないヤツはそこに入れて痛めつけて、言葉でなく、暴力でもってわからせる場所をつくっているということです。
 すべての責任は、不当な勾留を続ける東京地裁の裁判長にあります。団結の力で裁判所を包囲し、19人を奪還しましょう!(引用終わり)

怒りなしに読むことができないくらい、ひどいものだが、これが「法治国家」日本の現実である。最低でも拘置所に拘留されるのは23日間と決まっている(それでも欧米諸国に比べれば異常に長い)のだが、例えば鈴木宗男のような保守政治家であれ、一旦「否認」すると「逃亡や証拠隠滅の恐れアリ」とされてカンタンには保釈してもらえず、本当に拷問のような苦しみを味わうことになる。冤罪も、この拘置所の代用監獄的な使われ方で起こっているのが大きい。「裁判でホントのことを言えば分ってもらえる」と警察の作ったウソの調書どおりのストーリーをしゃべってしまい、それが肝心の裁判で「証拠」として採用されてしまうのだ。まして左翼関係になると、そこに転向強要が加わる。国労の闘争方針をめぐる「5・27弾圧」でも、関西生コンの武委員長への弾圧も、1年以上の長期にわたる不当な拘留が続けられた。(そこは「完黙」によって個々の弾圧をはね返す必要があり、よって長期の完黙を勝ち取った全ての被弾圧当該者には敬意を表する)
それにしても、食事をちゃんと渡さず投げ入れて床を汚し、トイレの水も流さないなど、人間の尊厳を踏みにじる、まさに虐待のための、拷問のための行為ではないかpoutあるみさんは、絶対にゆるさんぞ!

法大弾圧の当該たちの多くは、運動的には革共同中央派ということになっているのだが、弾圧に関しては党派がどうのこうのと言っておるわけにはいけない。多くの人にこの事実を知ってもらい、怒りの声をあげよう。代用監獄・東京拘置所を解体しようsign01


| | コメント (7) | トラックバック (0)

高速道路会社とは本当に民間会社なのだろうか?

 小泉改革による道路公団民営化(佐高信氏の言葉では、会社化)の内容がまとまってマスコミに報道された時、世論は4つに分かれた。軸は、評価するかしないかと、道路建設ができるかできないか、である。曰く
「(無駄な)道路が作られなくなるので評価する。」
「(無駄な)道路の建設が進むしくみはそのままなので、評価しない。」
「(必要な)道路が作られるしくみが残ったので、評価する。」
「(必要な)道路の建設が進められなくなるので、評価しない。」
である。割合も、私が見た新聞報道の円グラフでは、ほぼ1/4ずつだったと思う。では、実態のところどうなのか?
実は、全て正しいとしか言いようがない。有料道路建設のしくみ・・・借金で建設・維持管理をして、その借金は通行料金で返済する、借金を返済(45年)したら、高速道路は晴れて無料となる・・・は要するに「何も変わっていない。」のだ。では、民営化・・・会社化の意義は?そう「自由に商売が出来る」よーし、じゃぁガンガン商売をして、借金を早く返済してもらおうじゃないの・・・と思いきゃ、商売で儲けた金は、ぜ~んぶ会社のものになって、ただ、料金収入から、日々の維持管理費や職員の給料なんかを除いた分のみが、借金返済に廻されるだけである。
こういったことは、高速道路会社が全て、独立行政法人 日本高速道路保有・債務返済機構(ふぇ~長いお名前、以下「機構」と略す)と協定をとり結んでおり、毎年いくら借金を返済するかが決定されている。もう少し詳しく言えば、機構は高速道路の資産を保有し、債務を負うとともに、その資産を高速道路会社に貸し出す。高速道路会社はその賃料を支払い、機構はそこから債務を返済する。また、高速道路会社が建設した道路は、それを作るための債務といっしょに、機構が引き受ける、という仕組みである。
なんでこのようなややこしい仕組みにしたのか、JRのように直接、稼いだ金を返済しないのか?これは「固定資産税」の問題がでてきたからだ。高速道路会社が道路資産を持ち、営利事業をするならば、これまでかからなかった固定資産税がかかることになる。固定資産税の負担をしつつ、借金を返済するのは大変だ!ということで、道路は公的機関が所有し、高速道路会社はそれを借りて、料金収入は借金返済のみに使うということになったのだ。
固定資産税の問題は過去にもあって、十数年前に第二東名・名神なんかを建設するために、高速道路料金を値上げした時に、東京の日野市だったか、中央道が通過するだけで、(日野市にはインターチェンジが無い)騒音などの被害があるのに料金を上げるとは何だ!ということで、固定資産税をかけようとした。本来は道路のような基本的なインフラストラクチャーは税金で整備し、無料で(税金で)維持されることが基本なわけだが、40年前に日本の高速道路を急いで整備しなければならない、金が要る、よって有料道路制度で、高速道路を整備してきたのだから、「高速道路事業」が営利企業になってはイケナイのである。もっとも、発展途上国では同じような有料道路制度で高速道路整備を行っているところが多いし、道路先進国である欧米でも、昨今の財政事情を反映して、有料道路制度を導入し、道路整備、維持管理をしていこうという動きがあるので、有料道路制度そのものがイレギュラーな制度ではない。
だが、問題は機構と結んだ協定によって、経営の自由が利かないということだ。高速道路で商売をする・・・これで通行量が増え、料金収入が増加する分にはまだよかろう。だが、今回のような「世界恐慌」状況で交通量が落ち込み、料金収入が減ると途端に壁にぶち当たる。実は、建設のための工程や資金計画・・・借金計画も協定でしばられており、たとえば交通量が落ち込んで収入が減ったmoneybag場合、普通の民間企業であれば「ちょっと設備投資はやめよう」ということをスグに決められるが、高速道路会社ではそうはいかない。「作るといったら、作るんだい!」と突き進むしかない(協定は5年毎にしか見直されない)のだ。
その結果どうなるか?必要な経費を切り詰めるしかない。職員の賃金を下げるとともに、維持管理の費用を切り詰めて・・・パーキングのトイレが汚くなり、路面にゴミが放置され、舗装は穴ボコだらけ・・・どひゃどひゃ~安全性が確保できなくなるのではないかcoldsweats02
経営の自由が利かない・・・のは民営化前もそうだったのだが、「公的機関」であれば必要な税金の投入(小泉はそれを止めて「改革だ」と言っていたのだが)も発動できようが、民間会社に税金を投入なんて・・・ビック3かい、高速道路会社はsign02

とりあえず、今日はここまで(^^)

| | コメント (3) | トラックバック (1)

高速道路が安くなる道が切り開かれる

どうも他の左翼・リベラル系ブログとの違いを出さんがために、このネタに拘泥しているようですが(^^);;
11月30日の毎日jpより
民主党:延長国会に7法案 地方高速道路無料化など
民主党が延長国会で参院に提出する緊急経済・金融危機対策7法案の全容が29日、明らかになった。景気対策としての即効性を重視し、09年2月から実施を目指す措置として高速道路無料化と、揮発油(ガソリン)税などの暫定税率廃止の2法案を目玉に据えた。12月3日の「次の内閣」会議で正式に決定する。
 地方の高速道路を無料化する高速道路無料化法案は、10年4月の完全実施を目標に一部を前倒しする。ガソリン価格を25円引き下げる暫定税率廃止法案は、値下げ時にガソリンスタンド側で一時的に生じる自己負担分への支援対策と併せて提出する。
 このほかに提出するのは▽09年4月からの完全実施を目指す子ども手当(中学卒業までの子ども1人当たり月2万6000円)創設▽フリーターの安定就労のための住宅支援や雇用保険給付要件の見直し▽中小企業いじめ防止▽地域金融円滑化▽中小企業の法人税率半減などの税制改正--の5法案。08年度に必要な財源は、財政投融資特別会計の金利変動準備金(2・6兆円)と07年度決算剰余金の半分(0・3兆円)を見込む。法案が成立して実施可能となった政策に順次充てる。【小山由宇】
毎日新聞 2008年11月30日 東京朝刊

去年の参議院選挙における民主党のマニュフェスト(PDF)を見ると(小沢氏のデカイ顔が表示されるので、少し気合を入れて見ましょう)、高速道路の無料化のために、様々な政府の”無駄遣い”を見直してお金を捻出し、1.5兆円/年で地方の高速道路を無料化し、地方のあまり利用されていない高速道路を有効活用し、経済を活性化させるとともに、物流コストを下げるそうな。
で、1.5兆円/年の根拠が、これ日本高速道路保有・債務返済機構のHP内にある、この収支明細(今年の10月のね)。これによれば、毎年1.5~1.7兆円ぐらい、現在の高速道路会社から貸付料、すなわち料金収入から支払われる賃料がはいってくるので、これを税金で肩代わりすれば、高速道路を無料化してもつじつまが合うということなんだろう。ちなみに、高速道路の借金の返済は2050年まで!だそうな。
無料化の範囲は、おそらく今の通勤割引制度が効く範囲・・・すなわち関西だと近畿道や名神高速、および阪神高速なんかは対象外になるんだろうな。

本件に関する評論は、また後ほど・・・

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »