« ひさしぶりにお布団を干す闘争 | トップページ | 90年代樽見鉄道の写真 »

領事館前抗議行動に決起!

ついつい飲んでしまったので、今日の記事アップとなってしまったが・・・いや~日曜日とうって変わって、メチャメチャ寒~い(ブルブル)
Pict0009
辺野古に基地を絶対つくらせない大阪行動(長いなぁ~この団体名)の呼びかける総領事館前抗議行動に決起したぞ。(あるみさんは不参加)
6時半に領事館前にいくと、公安デカや制服機動隊が固めていた
Pict0007


君たちは一体、いつも何を守るのだね?
Pict0010
Pict0002


こ~んな仰々しいもの、いらんわいrock

で、緊急の呼びかけであるにもかかわらず、主催団体も含め、5団体、30人程度の参加で勝ち取られたのだ。
Pict0004

横断幕を広げ、横一列に・・・けーさつ曰く「あんたらいつもやってるでしょ、通行の邪魔にならないように。」などと言ってくる。オイオイ、私ゃ領事館前に行くのは、初めてだいangry
主催者あいさつで始まり、抗議文が読まれる。あと、参加者から簡単なアピール
「労働者共闘」という団体さんから、一通りの日米同盟・協定批判の後、グアム・チャモロの先住民との連帯や、今年が薩摩の琉球侵略400年の年であること、天皇即位20年を弾劾するアピールが発せられた(この団体さんは、共産趣味的に非常に興味がわきます^^)
「3月行動を呼びかける実行委員会」はオバマ政権が一見、平和を愛するように見せかけているが、クリントン訪日でその正体を現したと弾劾。
あと、最後に個人的に訴えた女性のアピールは、すごくよかったですよ。(ICレコーダー持ってこなかったのが、残念だ)
Pict0006

「真っ暗な総領事館の前で訴えることを残念に思いながら、それでも訴えずにはおられません」というような言葉で始まったアピール、寒空の中、心に響いたのだ。繰り返しの調子が、実にうまい「演説」だった。
その後、シュプレヒコール
「日米同盟の強化を、許さないぞ!」
「辺野古新基地建設を、白紙撤回しろ!」
「アメリカはイスラエルを支援するな!」
抗議行動を貫徹して、大阪駅前でビラまき・・・
Pict0012
うう、さっ寒い!風も強い、ビラがぐしゃぐしゃになる~手がちべたいweep
それでもなんとか撒ききって、8時前にはお開き・・・
その後、夜の梅田の安居酒屋に、消えていったのでした。

さて、肝心の協定であるが、asahi.comより在沖米軍再編めぐる協定に署名 日米外相
就任後初めて来日したクリントン米国務長官は17日午前、東京都内の外務省飯倉公館で中曽根外相と会談した。両氏は、麻生首相が来週訪米し、24日にワシントンでオバマ大統領と日米首脳会談を開くことで合意。会談後、在沖縄米軍再編をブッシュ前政権下の日米合意通り進めることを確認する協定に署名した。
 麻生、オバマ両氏の首脳会談は初めてになる。クリントン氏は17日早朝、明治神宮に参拝後、外相会談に臨んだ。会談後の共同会見でクリントン氏は「外国の首脳として最初にホワイトハウスを訪れるのが麻生首相になる」と述べた。外相会談に続いて浜田防衛相と会談。夜には麻生首相主催の夕食会に出席する。日本側は、一連の会談を通じて、「日本が頼りがいのあるパートナーであることを示す」(外務省首脳)ことをめざしている。
 外相会談では、日米同盟が地域の平和と安定の基盤だという認識を互いに確認。両外相が署名した「沖縄駐留米海兵隊のグアム移転に関する協定」は、グアム移転と在沖米軍の普天間飛行場の代替施設建設を14年までに完了するとの合意を予定通り進める日本政府の強い決意を米側に示す狙いがある

中川財務相の辞任さわぎで、すっかり報道が少なくなっているのだが(まさかそれを狙って、わざとやったわけではないかいな?)こんな重要な案件が、誰も支持していない、支持されていない麻生政権と結ぶことなぞ、断じて許されない。グアム米軍基地建設にお金を出すなんぞ、右翼も含めてもっと怒るべきだsign03
まあ、まだ国会(それも一刻も早く解散されてしかるべき衆議院の自・公ニセ国民の代表でしかないところで可決後、30日で自動承認という危うさであるが)がある。そこに向かって、進撃~bullettrain

|

« ひさしぶりにお布団を干す闘争 | トップページ | 90年代樽見鉄道の写真 »

たたかいとかくめい」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1094529/28166595

この記事へのトラックバック一覧です: 領事館前抗議行動に決起!:

« ひさしぶりにお布団を干す闘争 | トップページ | 90年代樽見鉄道の写真 »