« 16日米領事館前緊急行動! | トップページ | ひさしぶりにお布団を干す闘争 »

麻生に宣戦布告だとよ

所要で大阪市内に行き、帰りの電車でスポーツ新聞チラ見
なんだか政局が大変なことになりそうだ(^^)(^^)/
ZAKZAKより
ケンカ売られ、潰しに動く…小泉“急襲”政権非常事態
麻生に宣戦布告
麻生首相を痛烈に批判し、宣戦布告をした小泉元首相=12日夕(クリックで拡大) 小泉純一郎元首相が突如、麻生太郎首相に“宣戦布告”をしたことで、自民党内で「麻生降ろし」の動きが活発化してきた。小泉氏は首相が早期成立を求める定額給付金の財源に関する補正予算関連法案についても、衆院再議決での造反を示唆するなど、血みどろの抗争が勃発するのは間違いなさそうだ。
 郵政民営化や構造改革路線の堅持を訴え、小泉氏を支持してきた議員でさえ、突然の“宣戦布告”には驚きを隠せなかった。(中略)
小泉氏の麻生潰しの本気度は、麻生首相が早期成立を目指す定額給付金を盛り込んだ2008年度第2次補正予算関連法案に関する発言からも伺える。
 衆院再議決をすべきではないとの考えを示したばかりか、再議決をした場合、造反することさえ示唆したのだ。
 再議決の場合、自民党議員16人以上が造反すれば再可決はできず、麻生政権は追い詰められることになる。
 それだけに、民主党は小泉発言を「神風が吹いた」(幹部)と大喜び。 輿石東参院議員会長は13日午前の参院議員総会で、「(小泉氏は)わたしたちの声を代弁している」と評価。同時に小泉氏が14-20日の間、ロシアを訪れることに触れ、「その帰りを待って、この法案を扱えばいい」と指摘。来週想定している同法案の参院採決を再来週以降に先送りする意向を示した。
 鳩山由紀夫幹事長も「法案が通らないと麻生政権は行き詰まる。もはやこれまでだ」と意気込んだ。
当然、首相批判を展開し続けてきた中川秀直元幹事長も勢いづいている。
 12日夜には都内の日本料理屋で、町村派の2回生議員と懇談。出席者からは、小泉氏を支持する意見が相次いだと言い、中川氏は「(小泉氏の発言は)みんな正論だ」と記者団に語った。(以下略)

ま、スポーツ紙の報道だし、小泉なんぞに期待をかけてもしゃ~ないやろ。しかし、政権がグラグラなのは確実で、小泉がぎゃーぎゃー言うのも、もはやブルジョワジー政治勢力が、この危機を乗り越えられないことの表れである。
革命期には、麻生のアホ発言のような、案外しょーもないことで情勢が動いたりするもんだ。
郵政・定額給付金問題を軸に、米軍再編協定問題もからめて責めれば、麻生を打倒できる情勢がきたのだ。

皆さん、がむばりましょうrockrock


|

« 16日米領事館前緊急行動! | トップページ | ひさしぶりにお布団を干す闘争 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

次は何かorz

投稿: TAMO2 | 2009年2月15日 (日) 22時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1094529/28055310

この記事へのトラックバック一覧です: 麻生に宣戦布告だとよ:

« 16日米領事館前緊急行動! | トップページ | ひさしぶりにお布団を干す闘争 »