« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

ほんじゃロシアへ

ほんじゃロシアへ
行ってきます〜
PCにアクセスできないので、更新が止まります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どうしたジャッキーチェン

前にがんばれジャッキーチェンというエントリーでジャッキーにエールを送ったのだが、どうも失言続きのようで(^^;;;

niftyニュースより
<ジャッキー失言>今度はシンガポール人相手にひと悶着―シンガポール紙

2009年4月26日(日)0時48分配信 Record China
23日、中国海南省で開催されたボアオ・アジアフォーラムで「中国人には管理が必要」「自由が台湾を乱した」などと発言し問題となっているジャッキー・チェンが、今度はシンガポール人を批判する発言をしたと伝えられた。2009年4月23日、シンガポール華字紙「聯合晩報」によると、中国海南省で開催された「ボアオ・アジアフォーラム」に参加した香港のアクションスター、ジャッキー・チェン(成龍)氏が「中国人には管理が必要」「自由が台湾を乱した」などの発言をして問題となっているが、今度はシンガポールを批判する発言をしたと伝えられた。
記者から「文化活動の自由」について質問されたジャッキーは「シンガポールでガムをかんではいけない理由は、シンガポール人がだらしないから」と答えた。「ガムを渡したら、彼らはテーブルや椅子の上にガムを捨てる」というジャッキーは、「米国人や日本人はきちんとしている。だらしない人々には政府の厳しい管理が必要」と発言した。
彼の言葉を神経質に受け取れば、「シンガポール人は米国人や日本人のようにきちんとしていないから、政府の管理が厳しい」ということになり、さらにジャッキーは「シンガポールを訪れたらシンガポールの法律に従うべき。ゴミを落としたら、すぐに刑務所だよ」と同国の法律の厳しさを誇張して話した。
この発言にシンガポール国民は激しく反発。「一映画俳優が政治的発言を繰り返すこと自体がおかしい」「良く知りもしないで他国のことを話すな」など、ジャッキーに対する批判が集まっている。(翻訳・編集/本郷)

>「中国人には管理が必要」「自由が台湾を乱した」
おいおい、天安門のときにふりあげた君のこぶしは、なんだったんだpout
>「シンガポールでガムをかんではいけない理由は、シンガポール人がだらしないから」
だらしないヤツは、どこにでもいる。

ま、もっともシンガポールが”超管理社会”であるのは有名な話で、>ゴミを落としたら、すぐに刑務所 とは誇張であるものの、地下鉄内で飲食は厳禁!見つかると高い罰金が取られたりする。
”超管理社会”であるシンガポールでは、地下鉄だったか新交通システムだったかが開業したとき、何らかの措置をとって、その新路線に絶対に乗るようなことをした・・・ということがあったのだが、詳細を今調べているヒマがない。大昔の「鉄道ジャーナル」の記事にあったから、それをひっくり返さないといけない。

”超管理社会”を皮肉ったりしたつもりなんだろうが、シンガポール人の資質に原因を求めることではないだろ。
ま、映画でいい仕事をしてもらいたいものだ(^^)(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GO TO ロシア準備編

005
10年前のウラジオストック駅前の、レーニンたん(^^)/
あのときゃロシアは、ハイパーインフレが収まってデノミをやったと思ったら、経済危機の真っ只中sign02
おまけに行き先は、情報の少ないロシア沿海州→シベリアtyphoon
で、食料調達に少し不安があったので、日本からおやつやカップスープ、みそ汁を買い込んで行った。シベリア鉄道の列車内では、最低サモワールにお湯は沸いている。
008
ウラジオストックの街の丘に上がるケーブルカー、ガラスが割れたまんまだった。とりあえずウォッカを購入。
シベリア鉄道に乗車後、ちょっと大きな駅には沿線の住民がいろんなものを売りに来ていたので、食料はなんとか手に入った。
001
コンパートメントにて、ぺリメニ(ロシア風水餃子)のようなものと、ウォッカでお食事。

ま、今回は100年に一度の不況とはいえ、今やロシアはお金持ちになった。で、モスクワとかは物価が高いらしい。ドルをなんぼもって行ったらいいのやら??昔は銀行の営業時間内に赴き、ドルと円を交換してきた(ちょっと円安だったのでちょっと損した)今や大阪駅で円から直接ルーブルに両替できるのですな。(いちおうドルにしておいたが)
着替えは最小、カメラは必需品(^^)(^^)けっこう荷物がでかくなる。
北極圏まで行くから、いちおうセーター等の冬装備も準備。

今回はひこーきに10時間以上乗っていることになる。
で、読書タイムということに・・・
Photo
ドストエフスキー先生の「カラマーゾフの兄弟」、亀山郁夫の新訳・・・エピローグもいれて、5巻clock
ま、トロツキー御大の「ロシア革命史」5巻でもいいんだけど、カラマーゾフのほうは、既訳も含めて未読なため、こっちを持ってゆくことにしよう。
Photo_2
とりあえず、「ロシア革命史」と並べてみる(^^)(^^)(^^)///


| | コメント (2) | トラックバック (0)

入管問題についての関西での取り組み

二週間以上前の話になるのだが、埼玉県蕨市で「在日特権を許さない市民の会」が「不法入国」したから強制送還されたフィリピン人の娘さんに対する「追い出しデモ」なる、ホント恥ずかしくなるようななさけないデモ・・・というより一市民、それも未成年者に対する恫喝・・・を行い、それに対向する市民デモの中から逮捕者が出るというトンでもないことが起こっているのだが
 例えば、プレカリアートさんのこれとかここ
旗旗舎(東京)中野由紀子さんのこれとか、
アッテンボローさんのこんなのとか・・・(あと、TAMO2投手のこーゆーやつも触れている)・・・とにかくいろんな人が論評しているので、私から新たに述べることなどありませ~んsign03

で、関西における、在日・滞日外国人にたいるす排外主義と抗する取り組みを紹介・宣伝する、全力を挙げて決起せよpunch

まず入管法改悪に反対する(火)(金)夕暮れ行動pdf
28日と5月1日は、大阪市役所近辺で17:30~19:00まで

ビラまきなど、情宣活動を行ないます。横断幕・ゼッケン・プラカードなど、思い思いに!駆けつけて下さい。

とのこと・・・
今国会に上程されている改正入国管理法は
◆ 在日コリアン等特別永住者以外の「合法」外国人に常時携帯ICチップ付き「在留カード」!?
①法務省は、外国人の在留管理に必要な情報を一元的に把握する。すなわち法務省は、外国人の「入国・再入国・出国情報」だけではなく、「在留情報」も一括して集中管理する。
②法務省は、在留期間90日以内の短期滞在者や在日コリアンなど特別永住者を除く中長期在留外国人に対して、在留許 可を「化体するもの」として在留カードを交付する。16歳以上の外国人には、在留カードの受領・常時携帯・提示義 務を、刑事罰をもって課す。
③法務省は、外国人から「身分事項」と「所属機関・派遣先等」を地方入管局に届けさせ、同時に「居住地」については市町村を経由して届けさせる。これらの情報提供を担保するために、不申請・申請遅延または虚偽申請をした外国人に対して刑事罰を科す。
◆ 学校、企業、自治体は外国人の就労、研修、就学状況等の「通報、状況報告」義務!?
①法務省は、外国人が所属する機関(私企業や公共団体、研修生、技能実習生受け入れ機関、日本語学校、大学、専門学 校など)に対して、個人単位で「就労状況、研修状況、就学状況」を定期的かつ随時報告させることを義務づけると共 に、情報提供をしなかった機関あるいは虚偽の情報提供をした機関に対して、今後は外国人の受け入れを認めないなど の措置をとる。
②法務省は、外国人が届け出た情報と、その外国人の所属機関や関係行政機関から提供を受けた情報とを照合する。そして法務省は、これらの照合作業と職権調査によって得た「在留情報」を、在留期間更新や在留資格変更の審査、あるいは新設する在留期間の「途中審査」においてさらに在留資格取消手続きや退去強制手続きにおいて活用する
◆ 「特別永住者」やその2、3、4世などにはICチップ付き「特別永住者証明書」!? それは罰則付き常時携帯、7年切替、提示義務。日本の戦後処理問題でもある「在日韓国・朝鮮人・中国人」に対する処遇が戦後65年経過しても「管理・監視」なのか!歴史認識の無さに唖然。
(関西共同行動HPのここより)
のだそうですrock punch

もひとつ、5月の入管集会のご案内・・・毎年京都大学でやるヤツ・・・

入管問題を考える'09関西集会
5月17日(日)午後二時開会(5時閉会)
京都大学本部構内 法経4番教室(京阪出町柳駅下車 東へ徒歩10分)
格差と貧困、差別と戦争を打ち砕こう!在日・滞日外国人と労働者民衆との共同闘争で侵略戦争と憲法改悪を阻止しよう!排外主義と入管体制を打ち砕こう!
●ガザ攻撃と「派遣切り」ではじまった09年
●「海賊対策」を口実にソマリア沖派兵を許すな!
●大規模な「派遣切り」
●真っ先に切られる外国人労働者
●戦争責任を居直り、差別と排外主義を強める日本政府を許さない!
●日本の労働者民衆と在日・滞日外国人の共同闘争で日本社会を変えていこう!

しかし・・・「排外主義」と言う言葉は革命的左翼ぐらいしか使わない言葉だからなぁ~
なんかもっと、一般民衆にぱっと分る言葉が、できんもんか???これは運動の側の貧困を現していると思うぞ(^^)


| | コメント (2) | トラックバック (1)

法大逮捕弾劾!

職場の人達と酒を飲み、カラオケを歌って「草なぎ状態になるなよ^^)」とか冗談言って帰ってきたら、
法政大学でまた逮捕かよ!
2.24速報 恩田/倉岡、逮捕

激闘の一日だった。
今日、4月24日に開催された、法大解放総決起集会は尋常一様でない結末を迎えた。
集会の最中、目算300名超の警官隊が動員され、文化連盟副委員長・恩田亮、社会科学研究会・倉岡雅美が逮捕されたのである。
当連盟からの逮捕者は恩田倉岡の2名だが、その他にも全国学生3名が集会中に、1名が集会後の麹町署前弾劾行動にて、獄入りとなった。
逮捕容疑は「東京都公安条例違反」ないし「公務執行妨害」である。
恩田倉岡両名は前者だ。

とにかく、異常である。
法政大学における2006~2009年の逮捕者数はこれで94名を数えるに至った。
・・・100名まであと6人。


マル共連でも話題になっている。
へっぷばーんさんの投稿

私は4・24集会に賛同した。カンパもした・・・
文化連盟のブログは、えげつない表現もある、しかし、法政大学当局はもっとえげつないことをやっている。

法政大学の闘争を支えている人達の中には、「中核派」という人達、現代における資本主義を打倒する「革命」なんぞは、到底「ふさわしくない」思想・路線で「ごまかされている」人達がいる。しかし

あるみさんは、絶対にこれを、許さない!

GWには個人旅行でロシアに行く、GW後も仕事で忙しい・・・しかし・・・もう黙ってはおられない。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

また飲み会かい

また飲み会かい
そおいうことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

赤い電車(本家?)

くるりの「赤い電車」を初めて聞いたときは、「名鉄のことか?」とも考えたのだが、実は京浜急行電鉄でした。
てなわけで、3・29三里塚に行ったときに、ちょこっと寄って撮ってきたもの(^^)
Pict0001
まずは品川駅にて・・・

Pict0003

急行乗って、京急川崎、階段下りて、大師線のりかえ

Pict0005

そのまま、終点まで

Pict0006
連続立体交差化の工事が行われています。地下化されるようです(^^)(^^)//

Pict0007
東門前にて、対向列車撮影

Pict0012
本線に戻って、六郷土手駅にてtrain

| | コメント (0) | トラックバック (0)

土木屋さんは倫理規定読め~

辺野古基地建設にともなう環境影響評価準備書批判のオマケ・・・
 土木技術者の倫理規定というのが土木学会で99年に制定されている。前文に

1.1938年(昭和13年)3月、土木学会は「土木技術者の信条および実践要綱」を発表した。この信条および要綱は1933年(昭和8年)2月に提案され、土木学会相互規約調査委員会(委員長:青山士、元土木学会会長)によって成文化された。1933年、わが国は国際連盟の脱退を宣言し、蘆溝橋事件を契機に日中戦争、太平洋戦争へ向っていた。このような時代のさなかに、「土木技術者の信条および実践要綱」を策定した見識は土木学会の誇りである。

とエラソーなことを書いているが、当時ゼネコン汚職なんかでさんざん叩かれたあげく、なんとか作り出したもので、時代の趨勢に遅れてでてきたものであることは確か。90年代から21世紀の今日にいたるまで、大学・高専・工業高校などで土木を志願する学生は減るばかり。ついに大学の工学部では「土木工学科」なる名称が消滅し、「環境なになに工学」「都市どこそこ工学」はては「地球なんぞや工学」という名称で学生をだまくらかして…だまされて入ってくる学生もけっこういるようだ…集めざるを得ない始末。
で、学会の基本認識として
1.土木技術は、有史以来今日に至るまで、人々の安全を守り、生活を豊かにする社会資本を建設し、維持・管理するために貢献してきた。とくに技術の大いなる発展に支えられた現代文明は、人類の生活を飛躍的に向上させた。しかし、技術力の拡大と多様化とともに、それが自然および社会に与える影響もまた複雑化し、増大するに至った。土木技術者はその事実を深く認識し、技術の行使にあたって常に自己を律する姿勢を堅持しなければならない。
2.現代の世代は未来の世代の生存条件を保証する責務があり、自然と人間を共生させる環境の創造と保存は、土木技術者にとって光栄ある使命である。

とあり、条文には
土木技術者は
1.「美しい国土」、「安全にして安心できる生活」、「豊かな社会」をつくり、改善し、維持するためにその技術を活用し、品位と名誉を重んじ、知徳をもって社会に貢献する。
2.自然を尊重し、現在および将来の人々の安全と福祉、健康に対する責任を最優先し、人類の持続的発展を目指して、自然および地球環境の保全と活用を図る。
 ・・・以下略・・・
とある。
先の「ジュゴンはどこに行ったのか?」
全国の土木屋・地質調査屋さんへ告ぐ。辺野古基地建設に、技術者の良心をして、かかわってはならない。

てなことを書いたが、基地建設なぞ、「美しい国土」、「安全にして安心できる生活」、「豊かな社会」とは正反対の事業であることをかんがみても、そうでしょ(^^)
ついでに、2の「自然を尊重し」という点についての補足。
辺野古のような自然度の高い場所で、最高の技術を使って、ジュゴンの住むような最高の自然環境に悪影響を及ぼさないような施工ができるか・・・と聞かれたら「ウン、ヒマと金をかければ、なんとかできる。しかし実際、やってみんと分らん。」というのが良心的な技術屋のあり方だろう。
辺野古への基地建設工事に、そこまで時間とカネをかけることが許されるのか?2014年まで、地形測量・土質調査・設計を含めて、5年で完成させないといけない。おそらくこまかな環境に配慮した工事など、できはしないだろう。

てなことを先のエントリーで書いたが、「自然の尊重」だとか環境との調和を行うには、あと地元に住む住民の協力も必要なんですね。実際、地元のことは地元が一番良く知っている。(逆に地元の人がいちばん地元の自然の大切さに気づかないところも、またあるのだが・・・)地元住民の知恵と協力がなければ、土木構造物なんて完成しない。

Narita_2

醜悪な事例が、これ・・・あ~ヤダヤダ 成田空港、廃港sign03

オマケ・・・土木工学は英語でcivil engining civilian(文民)と同じ語で、military(軍事)と対立するものだと大学時代に言っていた友人もいたが、その哲学はともかく、土木技術そのものは豊臣秀吉の水攻めの例をひくまでもなく、軍事に使える。ちなみにロシア語ではcтроительная техникаで、строительнаяは建築とか構造とかを意味する。ちなみに日本語の「土木」は明治期における造語で、中国の「淮南子(えなんじ)」という書にある、「築土構木」と言う言葉からきとるらしい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

GO TO ロシア

旅行会社から、ロシアのビザが張り付いたパスポートが、帰ってきた(^^)/
やっほー今年のGWは、ロシア行きじゃ~snowウォッカ飲み放題sign02(やめときましょう、体を壊します)
自ら、9条改憲阻止!5・3共同行動に決起せよ!と書いといて、自分はロシアに「退却~^^;;;」
もっとも、毎年5月3日は、辺野古に基地を絶対つくらせない大阪行動が中之島まつりで店出す、ところが他の人達は憲法集会や他のピースイベントなんかに参加するから、私がだいたいお店番をしていたので、憲法関係の集会には行ったことが無い。

ロシアには、98年にウラジオストックからイルクーツクまで、シベリア鉄道に乗りにいったのが、最初。
はじめての海外旅行が、ロシアそれもシベリアだいsign01
シベリア鉄道は、鉄ちゃんの究極のアコガレ・・・いずれ乗ることを考えていたから、大学ではロシア語を第二外国語としたもんだ。(ぜ~んぜん勉強しなくても、単位が取れるというオマケ付きsign02

それにしてもロシアとベラルーシは、外国人が旅行するシステムはソ連時代のまま。すなわち、航空機やホテル、鉄道等全て手配・予約して「バウチャー」を発行してもらい、それが無いとビザを発給してくれない。
バックパッカーが「思い立ったが吉日」でロシアに行こうと思っても、まあ無理。また、バルト3国なんかに一旦行き、そこからロシアビザを発給してもらうことも可能だったが、最近はそれもダメになったそうだ。
また、鉄道や橋なんかは、原則撮影禁止!観光客が記念撮影するくらいは、見逃してくれるが、取り鉄はロシアでは成り立たない。(ウクライナでは、蒸気機関車を撮影するツアーなんかが組まれたりするが・・・)
であるから、ロシア個人旅行をしようと思ったら、ロシアに強い旅行会社に頼んで、これこれのところに行きたいと相談してコースを決める。予約とかにも時間がかかるため、2~3ヶ月前から準備をしておかないといけない。
 長いことロシア再訪を考えておったのだが、転勤がありそうだったり、沖縄に行ったり(もちろん辺野古・・・去年は都合3回訪沖した)していろいろ行機会もなかったのだが、とりあえずカネを貯めて、行くぞ~ロシアへsign03

 今回の旅のテーマは「鉄道で行ける所まで、北に行くwave」ということで、行き先はムールマンスクとりあえずこんなところもっとも、ムールマンスクより北に鉄道がのびているのですが、そこはセヴェラモルスクという閉鎖
都市・・・まあ、軍都ですね、入ることができません。かつて1992年までウラジオストックも外国人は立ち入りできませんでしたが・・・。
モスクワや、サンクトペテルブルク(レニングラード)にも、足を運びます(^^)(^^)(^^)///
そーいえば、サンクトペテルブルクのレーニンたんの像が、何者かによって爆破され、穴が開いたとか・・・
サンクトペテルブルクのレーニン像、爆発で破損

[サンクトペテルブルク 1日 ロイター] 
ロシアで最も有名な銅像の1つであるレーニン像に1日、強力な爆発で約1メートルの穴が開いた。
 傷つけられたのは、サンクトぺテルブルクのフィンランド駅にある巨大なレーニン像。なぜ、この銅像が狙われたのかは明らかになっていないが、サンクトペテルブルクは、1917年にレーニンが革命によって権力を掌握した場所。銅像はレーニンが1917年4月に亡命先から戻ったことを記念して建てられた。
 警察はこの事件の背後関係を捜査していると発表。また、市当局は銅像を解体して復元する予定だとしている。

こんなんなってますcoldsweats02
Photo

で、あるからして、5月にピーテル(サンクトペテルブルクの愛称)に行っても、レーニンたんには会えないかも知れない、でも、赤の広場があるsign02革命的ミーハー主義者は、レーニン廟に、行くのだhappy01

003
で、98年にイルクーツクで撮った、レーニンたんの像
でかいですよ(^^)(^^)//

おまけ・・・
004
映画「東京ゾンビ」(原作 花くまゆうさく 監督 佐藤佐吉)ノベライズ(竹書房文庫)より、アフロのフジオ(浅野忠信)が、亡き柔術の師匠ハゲのミツオ(哀川翔)に今日のゾンビファイトの報告をするシーン・・・前の紙には「男なら、GO TO ロシア」と書かれている。

ゾンビで壊滅した東京から逃げる、フジオとミツオの会話・・・

「けど、どうして北なの?別に南でもいいじゃん」
「いや。北じゃなきゃダメ」「北ってどこ行くの?青森?北海道?」
「ロシア」「ロシア?」
「新潟にロシアへ行く船がある。向こうはサンボとかやってる強いのがごろごろいるらしい。あっちでもまれて強くなるんだ。」
「ロシアなんて行きたくないよ。どうせだったらアメリカ行こうよ。」
「アメリカに何がある。」
「何があるって、何でもあるじゃん。」
「アメリカには何もない。男ならロシアだ。」

だそうです・・・


| | コメント (3) | トラックバック (0)

ジュゴンはどこに行ったのか?

さて、辺野古新基地建設のアセス準備書批判の続きである。
アセス準備書の厖大な文書をダウンロードされて熱心に検討されている人もいて、彼らによると内容は写真や図表でやたら水増しされたシロモノなのだそうだが、「概要書」では出てこない重要なものも入っているとのこと。いやーやはりまじめにちゃんと研究する人は、エライsign01
で、SDCC(ジュゴン保護キャンペーンセンター)の、ジュゴン掲示板より、次の図が公表されている。
Ade26835c77d521cfabc175cd0255b12
アセス調査における、ジュゴンの2008年3月から、2009年2月のジュゴンの移動の軌跡だそうで、これをみて、「ジュゴンは嘉陽で確認(よーするに辺野古にはいないし、来ない)」と結論づけたようなのだが・・・そもそも複数年の調査が必要と、方法書の段階で指摘があるにもかかわらず、1年ぐらいの調査で、このような結論を出していいのだろうか。
で、準備書の概要書にもどると、
Photo
環境省が2002年から2006年まで行った調査では、こんな広い範囲でジュゴンが「確認」されている。当然、辺野古をはさんで北と南に、ジュゴンが移動していることも十分考えられるわけだ。
辺野古の海を埋め立てて基地を作ることで、ジュゴンの移動が妨げられる・・・基地建設によってエサの藻場が無くなることも重要だが、むしろこちらの影響のほうが大きいのではないだろうか?むしろ建設工事中のドンちゃん騒動・・・自然にとっての・・・が、この海域からジュゴンを遠ざけ、それが餌をとったり、移動をしたり、さらには繁殖したりといった行動に悪影響を及ぼすおそれがあるだろう。特にジュゴンは繁殖能力が低く、絶滅が危惧されているのだが、工事期間中に繁殖が出来ないheart03となると、あっという間に「絶滅」ということにもなりかねない。

私も土木屋の端くれである。もっとも、山の中でトンネル掘ったり道路つくったり・・・という経験はあるが、海洋土木というのはやったことがない(ウチの会社も、不得意^^;)概要書を見ると、なるほど、委託されたコンサルタントがなんとか一生懸命、構造物を仮想設計(海中の地形や土質調査・・・ボーリング調査ですね・・・がまだ終わっていない以上、詳細な設計はできん)し、施工計画を作成し(現場を見ていない・・・ってか、常駐しないと、こまかなところまで施工計画を立てるのはムリ)ている姿が、良く分る。青函トンネルや明石海峡大橋を建設してきた、ニッポンの土木業界に、できないことは無いsign03ジュゴンのいる海にできるだけ影響を与えないで、大規模な埋立て工事を行うことは、図上では、あるいは頭の中では「可能」である。
実際のところ、山の中にトンネル掘る現場なんかで、地下水が湧きすので、水をくみ出すが、トンネルの壁を支える吹きつけコンクリートの影響で、その水は強いアルカリ性を示す。それを炭酸ガスなんかつかって中和してから、自然界に放出する、環境基準はもちろんクリアしたかたちで行う・・・その程度の「環境への配慮」なんか、とっくの昔に、土木業界ではやっている。
じゃあ、辺野古のような自然度の高い場所で、最高の技術を使って、ジュゴンの住むような最高の自然環境に悪影響を及ぼさないような施工ができるか・・・と聞かれたら「ウン、ヒマと金をかければ、なんとかできる。しかし実際、やってみんと分らん。」というのが良心的な技術屋のあり方だろう。
辺野古への基地建設工事に、そこまで時間とカネをかけることが許されるのか?2014年まで、地形測量・土質調査・設計を含めて、5年で完成させないといけない。おそらくこまかな環境に配慮した工事など、できはしないだろう。

全国の土木屋・地質調査屋さんへ告ぐ。辺野古基地建設に、技術者の良心をして、かかわってはならない。あるみさんは、許さないからねvirgo

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ソマリアP3C派遣策動弾劾!

海賊対策として、P3C哨戒機がソマリアへ派遣される計画が明らかになった。Asahi.comより
P3C哨戒機の派遣準備を指示 海賊対策で防衛相

田防衛相は17日、ソマリア沖・アデン湾の海賊対策として、P3C哨戒機2機を派遣することを決め、折木良一統合幕僚長や陸海空各幕僚長らに派遣に向けた準備を進めるように指示した。ソマリアの隣国ジブチを活動拠点とする。駐機場などの警護のために陸上自衛隊の部隊も合わせて派遣する。5月中にも派遣する方針だ。
 P3Cが、実際の任務で海外に派遣されるのは初めて。防衛省によると、日本関係船舶が航行するアデン湾(約900キロ)で哨戒活動を行う。民間のジブチ国際空港の一区域を借り上げ、駐機場などの活動拠点を整備する。P3Cの整備などを担当する部隊を含めて100人前後の海自要員を派遣するほか、周辺の治安状況を調査した上で警備に必要な陸自要員も加えて、計150人程度を派遣する。
 防衛省は、派遣に向けた装備品の調達や、ジブチ政府など関係機関との調整が整い次第、浜田氏がP3C派遣のための新たな海上警備行動を発令する見通しだ。

オイオイ、陸自まで派兵するんかいsign03これで「補給のため」と称して、航空自衛隊のC-130H輸送機でも派兵するとなったら、3軍そろってソマリア派兵ということにもなりかねない。
だからいわんこっちゃない。「自衛のため」と称して一旦軍隊を派兵すると、すぐにエスカレートしていく。あるみさんは許さんぞ~punch
30年代の「満州事変」以降の、あるいは日中戦争から太平洋戦争になだれこんでいく過程を、今の日本で批判することができるだろうか?

いみじくも、現憲法を審議する国会審議の中、共産党の野坂参三が、侵略戦争は放棄すべきだが、防衛的な戦争は認めるべきだとして、9条に反対したことに対し、ブルジョワ社会の代表者たる吉田茂首相が「近年ノ戦争ハ多クハ国家防衛権ノ名二於イテ行ナハレタルコトハ顕著ナル事実」「故二正当防衛権ヲ認ムルコトガ偶々戦争ヲ誘発スル所以デアル」と答弁している。時代背景もあるのだが、これが基本なのだ。(時代背景については、別途エントリーを上げるからね^^)

あと、今の情勢を30年代に例えたが、様相としては20世紀初頭、中国(清国)で義和団の蜂起が起こった時に、当時の帝国主義列強が「国益(という名の、中国における利権)」を守るために共同出兵している状況にも例えられる。今ソマリアで「新自由主義」の利益を脅かしているのは、海賊集団ではあるが、中国スターリン主義もまきこんだ形で各国が出兵している構図は、100年前と良く似ている。
また100年前は、義和団鎮圧後、ロシア帝国主義と日本(まだ帝国主義国として自己を確立しきっていなかったが)が朝鮮半島をめぐって戦争に突入し、帝国主義間争闘戦の時代が幕を上げた。我々は、イラクやアフガニスタンといったアメリカ帝国主義の行う「わかりやすい」戦争よりも、ソマリアの地から帝国主義戦争が起こることを警戒しなければならない、とも思うぞ。

とにかく、P3C派兵反対闘争が組まれる。全力を挙げて決起しようsign03


| | コメント (1) | トラックバック (0)

基地建設のためのアセス準備書粉砕!

14日、衆議院でグアム移転協定が自・公連立の多数によって批准承認され、参議院に送られた。条約の類は衆議院の議決が優先するので、参議院で承認されなくてもそのまま承認ということになる。asahi.comより・・
グアム移転協定の批准承認案、衆院通過
 

「沖縄駐留米海兵隊のグアム移転に関する協定」の批准承認案が、14日の衆院本会議で自民、公明両党の賛成多数で承認、参院に送られた。民主、共産、社民、国民新の各党は反対した。参院で否決される見通しだが、憲法の規定で衆院の議決が優先されて、今国会中に承認される。
 海兵隊のグアム移転は、海兵隊員8千人、その家族9千人が対象。日本側は約28億ドル(約2800億円)を上限に財政負担する。

ここで、28億ドルはあくまでも「真水」分だけであり、なんやかんやで日本が負担する上限は61億ドルだ!また、この協定は辺野古への基地建設とセットになったもので、沖縄でも反対の声が上がっている。県議会では反対の意見書が可決され、政府に提出されている。こんなもんは認めんぞ!
で、沖縄では4月に入ってもう一つ、新たな情勢が展開している。それは地元の抵抗を押しのけて無理やり・・・それこそ海上自衛隊の護衛艦まで動員して・・・行った環境アセスメント調査の結果がまとまり、アセスメント準備書として沖縄県に提出されたことである。こいつを迎え撃ち、粉砕するのじゃ~sign03
てなわけで、沖縄防衛局のHP内にある、普天間飛行場代替施設建設事業に係る環境影響評価準備書(要約書)をダウンロードしてみる・・・ひぇ~要約書にして、こんなに時間かかるの!手作業で何とかするも、ぜ~んぶ読めんぞ、こんなのsign02・・・ちなみに全文は5400ページぐらいあるそうで、時間のある方はここからダウンロードしてください、おススメはしません。

まあ、お役所の作成する資料なんて、こんなもんなですけどね(^^)(^^)
このブログが勝手にリンクしている防食どっとこむより

適当な取巻き業者や学者や、ロクに実務を知らぬコンサルタント等を掻き集め、当り障りの無い文献やグラフや数式や一般論や形式論を寄せ集めたパッチワークを作らせます。
そこに各自、自分の経験と技術レベルに応じた色んな事や、自分に都合のいい項目を押し込み、
仕上げに、大学教授、博士、有名企業の技術部長や主任研究員、役所の技術者等々の多数の肩書き(名前付き)を飾りつけて、権威と信用を演出します。・・「御異論がございましたら、かかっていらっしゃいませ。袋叩きにして差し上げます。」・・という威嚇にもなります。
報告書は薄いと軽く見られる関係上、少なくとも厚さ5cmは必要ですから、JIS規格等を引っ張り探して水増しし、内容のスッカラカン度を増幅させつつ厚みを稼ぎます。それで雑用は完了です。

とのこと・・・

ウン、いいよ、批判はざっとしたモンで・・・で結論の第6章を中心に、ナナメ読み・・・ひでーわ、こりゃsign02
とりあえず、建設される基地の全容は、こんなもん。うわ~ヘリパッドが4つもある。大浦湾には、全長180mもの船が横付けできるぞい!Photo
見え難いが、青のマルを追加、だいたいこのへんが、辺野古の集落・・・で、建設後、基地からの騒音なんかは、環境基準を超えるところは、集落にかからない・・・となっているのだが、
Photo_2
外側のオレンジ・グリーンのラインが、WECPNL(うるささ指数)70の、内側のブルー・ピンクのラインがWECPNL75の範囲、なおこの図は沖縄県知事が主張する、建設を是とした上で少し移動させた場合の検討をした部分からとっているので、ちょっと見にくい(が、要するに少し移動したぐらいでは、騒音の範囲なんてほとんど変わらないんですよね、仲井真君)。でも、これを担保しているのが、米軍が2本のV字型の滑走路をうまく運用して、集落にかからないよう演習・訓練を行うということ。ところが現在の嘉手納基地をみても明らかなように、一旦基地ができてそれが運用されると、米軍は地元おかまいなしに訓練をやらかす。未明の時刻に飛び立って100デシベルもの轟音を撒き散らしている嘉手納の現状をそのままにしておいて「ハイそうですか」と納得できるものではない。

その他にも、肝心のジュゴンは嘉陽の沖に3頭、確認されたが、辺野古には餌を食べにこない、だから影響はないし、海底の生物、サンゴなんかについては、移植・移動させる、あるいは専門家の指導・助言を得て、必要な措置を講ずるからいいんだという、ある意味無内容なことが書かれていて、「しゃーないなぁ」って感じだわい。唯一評価できるのが、大浦湾の奥を作業ヤードとして使うことを、サンゴの群落が見つかったから取りやめたことぐらいか(^^)
こまかなことはおいといて、こんな準備書についての学習会が大阪で持たれるので、ご案内。平日の夜なので私は参加しませんが、いろんなところでその結果が公表されよう、注目!
いち
ジュゴン保護キャンペーンセンターSDCCが主催するもの
大阪で4/21アセス学習会やります

◆「アセス準備書学習会 ~意見書を出そう~」 大阪で開催します。 ------------------------------------------------------------ ■日時:4月21日(火)午後7時~  ■大阪市中央公会堂大会議室(地下鉄・京阪淀屋橋駅下車) ■資料代 300円

準備書に対しては、どなたでも意見書を出すことができます。
できるだけ多くの方が、沖縄防衛局に意見書を提出することが重要です。

学習会では、準備書の問題点を学習し、意見書提出を広げるためのアイデアを参加者で出し合いましょう。
予約は不要です。皆さまのご参加をお待ちしています。

【問い合わせ】SDCC関西事務所 infoあっとsdcc.jp TEL&FAX 06-6353-0514

とのこと・・・
もうひとつは、MLで流れてきたものを加工して転載

沖縄県名護市辺野古への米軍基地建設に伴う「環境影響評価(アセスメント)準備書」の縦覧が、この4月1日から沖縄県内5カ所ではじまりました。
防衛省は5月11日までこのアセスに対する意見書を受け付けていますが、5400ページにもわたる膨大な資料を理解し意見を述べることが大変難しく、住民の意見を聞かない意図が推測されます。
沖縄とともに関西連絡会は、このアセスについてわかりやすく解説を受け、多くの方に意見書を出してもらうために学習会を開きます。
基地建設を許さないたたかいの輪を広げていきましょう。多くの皆さんの参加をお待ちしています。
日 時  2009年4月24日(金曜日)午後6時半~
場 所 総合生涯学習センター第1研修室
     大阪駅前第2ビル 5階
講師 安次富 浩 さん (ヘリ基地反対協共同代表)
国会報告 服部良一沖縄とともに関西連絡会共同代表
     (山内徳信参議院議員・秘書)
資料代 500円
主 催  沖縄とともに基地撤去をめざす関西連絡会
大阪市中央区内淡路町1-3-11-402 SORA内
     fenukaji_kansaiあっとyahoo.co.jp

とのこと・・・
また、意見書は直接、沖縄防衛局に郵送しても良いが、こんな取り組みもご紹介。
辺野古浜通信photo【重要】意見書提出の取り組みについて
どうか、みなさまの周囲に呼びかけをお願いします。

意見書は事業主体である沖縄防衛局に対して提出するものですが、直接提出してしまうと、概要だけが環境アセス審査会に提出されます。これでは一人ひとりの意見が取捨されてしまいますので、意見書そのものを私たちで集約し、審査会委員の方に直接読んでいただくようにします。

意見書の用紙は指定されてはいません。
「普天間飛行場代替施設建設事業に係る環境影響評価準備書に対する意見書」
という表題と、氏名・住所と共に、あなたの意見や想いを書いてください。

数行の短い文章でも結構です。

意見書は次のあて先までお送りください。
沖縄ジュゴン環境アセスメント監視団が、すべてコピーをとらせていただいた上で、責任を持って沖縄防衛局に提出いたします。

郵送 :〒905-2171 名護市字辺野古 座り込みテント村 意見書係
FAX :098-885-0866(アセス監視団)
メール:folkswindあっとyahoo.co.jp(アセス監視団)

意見書を沖縄防衛局に提出する期限は5月15日です。出来るだけ4月中にお送りくださるようお願いします。

とのこと・・・
みなさん、がむばりましょうrock

| | コメント (2) | トラックバック (0)

間抜けである・・・

現場の事務所に「お~い今週の工程、どうなってんの?」と電話したら、「生コンがストやってるんで、予定が立たん!」とのことsign02
「え~っ!」で、連帯ユニオン関生支部のHPへ・・・第6回集団交渉決裂/業界再建に向けて無期限のストライキに突入」pdf とある。

政策協議会の3労組は、上記5項目の履行確認によって賃上げの原資が確保できる見込みに係らず、回答が前進しなかったことから交渉が決裂し、48時間の反復ストライキ(実質無期限)を4/10から行うことを確認した。

うむ、春のやわらか洗車で呑気に>生コン屋さんの入り口に、連帯労組の旗が掲げられ、風ではためいていました、綺麗ですよsunなどと書いていた私が、なんと間抜けなことなのだろうかsad
会社のネット環境では、ブログの類はブロックされるので、帰ってからKU会通信 生コン09春闘・第6回集団交渉を確認
交渉決裂 生コン・10日より無期限ストへ
 4月8日(水)、ホテル大阪ベイタワーにおいて、生コン産業政策協議会(交通労連生コン産業労働組合、全日本港湾労働組合大阪支部、連帯ユニオン関西地区生コン支部)と大阪兵庫生コン経営者会加盟31社との09春闘第6回集団交渉が開催された。
以下略・・・しかしいつもながらこのブログ、やたら写真がでっかくて見にくい・・・圧縮しろよ、写真!

うちの上司なんかは、「このご時勢にストライキなど、自分の首をしめるようなもの」と言ってはいた、なるほど、大阪はおろか、日本全国、建設業界はとっくの昔に、青息吐息、生コンの出荷なぞ、大規模公共事業が無いと、やっていけんsign01仕事は無くて無いソデ振れんのはよ~く分るが・・・
それでも労働者がまとまって組合つくって「ストライキじゃ~」ってやると、ある部門では社会が止まってしまうのも、また事実・・・で、労働者はそれに、勝負をかける・・・賃金・生活・保障もろもろ・・・

とりあえず私ゃ”直接”困りませんので、ストライキを支持するぞ~(オイオイ、そんな軟弱な支持でいいのかsign02

どこぞの党派みたく「団結・ゼネスト」と空騒ぎしてるヒマがあるんやったら、影響力のある現場の労働者を大きく組織して、「革命」のみ叫ぶのではなく、「賃金、生活、保障もろもろ・・・」を語ろうではないか。
もちろん、関生労組は、「賃金・生活・・・」云々だけでなく、産業の民主化、協同組合運動をやっていることは皆さんもご存知のとおり、で、これが中小企業における「社会主義」の萌芽だったりするわけだな。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

4・24法大集会に賛同したぞ!

法大弾圧救援会から封筒が何度もやって来る。4・24法大集会への賛同署名のお願いということで、返信用封筒まで送ってキタ―
 

昨年5・28~29弾圧をはじめとする、法政大学での88人逮捕―19人起訴という大弾圧に対して、釈放要求署名や救援カンパなどの多大なるご支援をいただいたことに心より御礼申し上げます。7ヶ月あまりの獄中闘争をたたかい、一回り成長して出獄をかちとった学生全員は、キャンパスで意気軒昂とたたかっています。(以下略)

・・・しゃ~ないなぁ~賛同だい、賛同しますよhappy01
001

法大文化連盟4名の不当処分撤回!監獄大学粉砕!
ビラまきで停学、デモで退学 抗議する学生には職員がビデオ片手にストーキング 監視カメラに有刺鉄線 デッチあげ逮捕者88名 こんな大学ぶっつぶせ!
われわれは一人の仲間も見捨てない!
「大学・教育を取り戻せ!」全世界学生連帯行動
法大解放総決起集会 4月24日(金)12:00 法政大学市ヶ谷キャンパス
呼びかけ 法政大学文化連盟 3・14法大弾圧を許さない法大生の会 5・28~29法大弾圧救援会

振込み用紙までついてる・・・よし、カンパじゃぁ~どーんと一発○○円!

カンゴク大学 法大を解放せよ!
Photo

あるみさん法大バージョン作成(^^)(^^)(^^)///

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春のやわらか洗車

昨日は遅くまで酒飲んだので・・・昼に起き・・・天気もいいけど、どこにも出かけず、布団を干して、半年ぶりに車を洗いました(^^)(^^)//
びふぉ~
090412_135101

あふたー
090412_142301_2
寮で大量に水を使う洗車は、ひんしゅくを買う・・・よって近所の洗車マシーンのあるところまでGOcar
生コン屋さんの入り口に、連帯労組の旗が掲げられ、風ではためいていました、綺麗ですよsun

| | コメント (0) | トラックバック (0)

堺市のLRT建設を支援せよ!

2006年に政令指定都市になった大阪府堺市では、LRTの建設計画が進められている。LRTというのは、Light Rail Transit(ライト レール トランジット)の略で、従来の路面電車をかっこよく高性能化させたものと思ってくれればよい。地下鉄を作るほどでもない輸送規模の中量公共交通機関として、地下鉄やニュートラムのような新交通システムよりも建設費が大幅に安くすみ、既存の鉄道システムとの親和性もいいから、欧米なんかでは地下鉄や既存の高架鉄道に乗り入れたりして、公共交通のネットワークの一部としても活躍している。また、基本的に「路面電車」なので、乗降がしやすい、まあ、階段の上り下りも少ないので、ゲタのように気軽に利用できるという、バリアフリーな交通機関である。
Lrt
 堺市はJRや南海電鉄のように、市を南北に貫く、あるいは大阪の都心からニュータウンへのアクセスの鉄道は整備されているのだが、東西の結びつきは弱い。また、新しい埋めたて地にはシャープの工場の進出計画や、サッカーナショナルトレーニングセンターなんかもあって、公共交通機関の整備が求められている。で、これらを結ぶ有力な公共交通機関として、LRTを建設し、とりあえず南海高野線の堺東駅と、南海本線の堺市駅を結ぶ路線を今年度中に着工しようというものだ。

Lrt

図は、堺市の鉄軌道推進室のHPの東西鉄軌道(堺浜~堺東駅間)基本計画(案)から。

で、2月に地域住民への説明会が行われたようで、asahi.comにこんな記事を見つけた。
LRT、足りぬ地元説明 堺市今年度着工へ

 堺市が400億円以上をかけて、「環境に優しい」とされる次世代型路面電車(LRT)を市街地に通す計画を進めている。大阪市とつながる南北の鉄道路線しかない堺市にとって、“明治以来の悲願”である東西の路線ができれば「にぎわいが生まれる」というのだが、本当に巨額投資にみあう効果があるのか、住民からは疑問の声が出ている。
 「良好な都市景観を形成し街のシンボルになります」「少しの努力でにぎわいが実現」「二酸化炭素の排出量は車の5分の1」――2月中旬、沿線の小学校で市が開いた説明会。市の担当者は、フランス・ニースの街を走るLRTの写真をスクリーンに映しながら利点を並べた。だが集まった約300人の住民からは疑問が相次いだ。
 市が10年度中の開業を目指す南海高野線堺東駅―南海本線堺駅間(1・7キロ)は現在、南海バスがラッシュ時は4分に1本のシャトルバスを走らせている。市の計画ではLRTの停留場はバスとほぼ同じ場所で、所要時間や運行間隔もバスと同程度。「ならばバスで十分。環境に配慮するなら電気バスにすればいいのでは」と住民。
 堺市がLRTにこだわるのは、大阪市を起点とする南海本線、南海高野線、JR阪和線の大動脈3路線が南北を貫いているのに、東西には鉄道がないことが「堺の経済的地位の低下を強めた」(堺市史)と考えているためだ。明治、大正、昭和と東西方向の鉄道建設計画がたびたび持ち上がったが、いずれも頓挫。府南部の住民が堺市を通過して大阪市へ流れるのを防げないジレンマがある。
 99年、市は欧米で普及しているLRT導入の検討を始め、有識者による市公共交通懇話会も04年、他の鉄道路線からの乗り入れができて、建設費も安いなどとしてLRT導入を提言した。
 これを受けて、市は本格的な計画づくりを開始。堺東駅―堺駅間のほか、相互乗り入れを予定する既存の路面電車「阪堺線」の線路や車両は市が整備し、運営は南海電気鉄道と阪堺電気軌道があたる。市は今年度予算に工事の前払い金など約10億円を計上。今年度末に着工する計画だ。「市街地の再開発や臨海部への企業誘致を進める起爆剤になり、政令指定都市にふさわしい町づくりに役立つ」
◆住民 投資効果に疑問も
 だが住民の合意形成は難航している。
 原因の一つは事業費の高さ。建設にかかる費用は、堺東駅―堺駅間が約85億円。延伸予定の臨海部までの区間(5・2キロ)や阪堺線への乗り入れを含めれば約425億円に上る。市は「他の交通機関より安い」と説明するが、採算は取れるのか、経済効果はどのくらいあるかは「評価は難しい」として具体的な数字を示していない。「バスで十分」という住民の声に対しても「LRTなら阪堺線に乗り入れできる」とメリットを強調するだけで、バスのままと、LRTをつくった場合のコストと効果の比較は示していない。
 車道が2車線から一方通行の1車線に減り、荷物の積み下ろしができなくなることも沿線の商店主の不安をあおっている。「LRTを通せば人が来る根拠はあるのか。通行量が減って売り上げが落ちたら市は責任を取るのか」。だが市は、駐車場や荷さばき所の場所や数についても「検討中」と答えるだけだ。
 LRTの導入構想は全国で浮上している。国土交通省によると、宇都宮市など全国で70以上の構想があるが、住民の合意形成や建設コストなど課題が多く、足踏みしているケースが多いという。

説明会の議事録については、ここ(pdfでA430ページ) これを見ると、なるほど、反対意見も良く分る。道が狭くなって、一方通行を強いられる。荷さばきはどうするのか、それに今も堺東―堺市駅間のバスはあんまり人が乗っていない、ホントに街ににぎわいがもどるのか?
もっとも導入に賛成する意見もあって、まあLRTのお手本、フランスのストラスブールでも最初は抵抗があったが、導入してみると非常によかったという評価がなされている。それにしても、建設費がたった1.5キロほどで85億は、う~んこれまで言われてきた”路面電車の建設費は1キロ2億”よりもウンと高いではないか・・・やはり新設はこんだけ金が、かかるのですねmoneybag
全国でLRTを整備したと「やっと」言えるのは富山ライトレールで、それもほとんどが、既存のJR富山港線を改造したものである。北陸新幹線の建設に伴い、富山駅を高架化するにあたって、赤字の富山港線にも金をかけて高架化するのはもったいない、廃止じゃ~となるところを、LRTとして残したものである。富山駅の南側には、富山地方鉄道の既存の路面電車があるのだが、将来的にはこれと結んで一体的な運行をしようとしている。(ちなみに富山地方鉄道の路面電車の終点に、全学連の北陸の拠点、富山大学がある)
路面電車が元気なのは、広島市で、広島電鉄㈱の様々な路面電車が縦横に走り、また鉄道線宮島線に直通している。(そのうち写真をアップするね~あと「鉄道むすめ」鷹野みゆきさんもヨロシク(^^)///)
広島にはアストラムラインという、新交通システムもあるのだが、既存の路面電車を活用できるシステムにしたほうが良かっただろうな・・・。
堺市にも阪堺電軌という路面電車が走っているのだが、これに乗り入れする楽しい計画もある。「鉄道が通る」メリットは、地図に載る・・・路線図に乗ることで、バス路線と違って、認知されやすい、それに全国から鉄ちゃんが来る!という経済効果もある。
わくわくどきどき・・・堺市のLRT計画を支持し、支援しようtrain

| | コメント (5) | トラックバック (2)

9条改憲阻止!5・3共同行動

ビラからそのまま転載・・・

麻生政権は、3月27日に朝鮮民主主義人民共和国の人工衛星打ち上げに対して「破壊措置命令」を発し自衛隊のMDシステムの実戦運用を開始しました。これは、ソマリア沖派兵に続く侵略戦争の具体的準備=憲法9条破壊であり、同時に「海賊対処法」案の制定を狙ったものです。この暴挙を許してはなりません。私たちはこれらに断固として反対します。
アメリカ発の世界恐慌の中で、派遣切り、首切りが100万人にも及ぶなど、リストラ・合理化、生産拠点の移転などが、全世界と日本の労働者・人民に激しく襲いかかっています。
イスラエルは、パレスチナ・ガザへ侵攻し、虐殺1300人以上、負傷者数千人以上を引き起こし、今なお、ガザの占領と封鎖を継続し、パレスチナ人民に対する皆殺し政策を強行しています。
小泉依頼の歴代政権、麻生政権と資本家階級は、大失業攻撃と社会保障制度の破壊を推し進め、日本社会に「憲法停止状況」を生み出しています。
私たちは、労働者・人民の「生存」の危機を打ち破ぶる闘いと自衛隊の海外派兵―戦争体制に向けた様々な政治反動との闘いを結びつけ、現在の「憲法停止状況」を根本的に変えるために、憲法9条改悪阻止闘争を中心とする広大な共同行動を生み出したいと思います。

労働者、学生、市民の皆さん!
世界的な労働者・人民の反失業闘争、イラク・パレスチナの労働者・人民の闘いと連帯して、9条改憲阻止!5・3共同行動に参加しよう!

9条改憲阻止!5・3共同行動 集会要項
5月3日(日)13:30 開会
会場 大阪市立中央会館 地下鉄堺筋線・長堀鶴見緑地線「長堀橋」駅下車(出口⑦)徒歩6分
●講演 憲法改悪は何をもたらすか?
     丹羽 雅雄氏(弁護士)
●アピール 服部 良一氏(予定)
●闘いの現場からのアピール
●集会後、難波へ御堂筋デモ

主催:5.3改憲阻止共同行動実行委員会
連絡先 大阪市北区西天満2-3-16絹笠ビル1階
大野協同法律事務所気付
℡ 06-6365-5699 FAX 06-6365-5550

・・・2,3年前から行われているこの集会、残念ながら諸事情より参加したことがありません(^^;;;今回も参加できません(しません、だろsign02)どなたか参加およびレビューをm(--)m

| | コメント (16) | トラックバック (2)

パレスチナの地ビールごっくん闘争

Photo
先日の「沈黙を破る」先行上映会にて、映画館のカウンターにて書籍の他、様々な品物が売られていた。とりあえず購入したのが、パレスチナの地ビール「タイベビール・ゴールデン」beer330mlで、500円
10分休憩の時に購入。冷えたのものもあったのだが、飲んで途中でトイレに行きたくなると困るので、我慢してお持ち帰り・・・冷蔵庫で冷やして、昨日「こっくん闘争」に決起sign03
すみませんねぇ~飲んだ後の空きビンの写真でm(- -)m
ちなみに、裏のラベルにはこう書かれている。

アラビア語でタイベは「美味しい」。タイベ村でつくられているパレスチナ唯一のビール ババリア産のホップ、ベルギー産の麦芽など、最高級の素材を贅沢に使用。サマリア山脈を源泉とするエイン・サミア泉から引いた新鮮な水で醸したアロマ豊かな上面発酵ビール。添加物や保存料は一切使わない、本物志向の手作りの逸品です。ゴールデンタイプは、清涼で新鮮な風味が特徴です。

商品名:タイベビール・ゴールデン
原産国:パレスチナ
原材料:大麦麦芽、ホップ
容 量:330ml アルコール分:5度
賞味期限:2009年4月
輸入者及び引取先:シャンパンハウス㈱ 東京都大田区南馬込1丁目47番8号

となっております。

味は・・・もちろん、旨かったですよhappy01麦芽と酵母のコクがありましたねぇ~
Photo_2

タイベビールのサイトがあったので、リンクを貼り付けておきます。
ではでは・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「沈黙を破る」先行上映会

昨日は十三の第七藝術劇場において、土井敏邦監督「沈黙を破る」先行上映会および、土井監督と岡真理さんのトークがあったので、参加してきた。
「沈黙を破る」というのは、占領地に赴いた経験を持つ元イスラエルの若い将兵たちのNGOで、占領地で自らが行った、あるいは経験した虐待、略奪、殺害等の加害行為を告白することで、イスラエル社会にパレスチナへの不当な占領に向き合うことを願っている。映画は、2002年の「ヨルダン川西岸」で起こったバラータ難民キャンプ包囲と、ジェニン難民キャンプ侵攻を追うと同時に、「沈黙をやぶる」元イスラエル将兵・・・ほんとうにみんな若い、20代の普通の若者だ。彼らがどんなふうに自分の良心を麻痺させ、絶対的な「権力」を持ってパレスチナ人に対して非人道的なことをやってきたかが「語られる」ついこの間までゲームで「戦闘」を体験してきた18歳ぐらいの若者が、本当の銃を持って人を「殺す」相手は人間ではないと感じるようにされてしまっているから、殺人ではなくなる。入植地に向かう道路に爆弾がしかけられないよう、両側の果樹を切り倒すこと・・・それはパレスチナ人にとっては、生活を破壊されることなのだが、イスラエルから見れば、軍事作戦を成功させただけにすぎない。
 これまで描かれてきたパレスチナは、破壊され、虐待され、殺され続けられてきた側からその悲惨さを描いたものが多いが、戦争というのは相手があり、イスラエルの側がどう苦しめている、あるいは自らを苦しめているのかが描かれている。多くのイスラエルの人たちは、パレスチナの占領に向き合おうとはしない。アメリカからの大量の軍事を含む援助をもってハリネズミのように武装しながら、なおパレスチナ人の「テロ」におびえ、憎しみ、相手を人間と思わない。「沈黙を破る」若者達がパレスチナの子どもを殺さないよう訴えると、「テロにおびえるイスラエルの子どものことを考えろ!」と怒鳴られる。「沈黙を破る」若者たちの親にも会って取材されている。このなかに小さなイスラエル社会がある。父親は息子を信頼するが、軍人には軍人の務めがあると主張する。母親は息子の苦しみを理解しようとするが、パレスチナの苦しみがあることが、息子を苦しめていることには気づかない・・・もっとも、気づいた母親たちは、自ら反戦のため、検問所の監視行動などを始めているが・・・。

映画は130分、終了後10分の休憩の後、土井監督(と言うよりジャーナリストなのですね)自らが今年ガザに赴き撮影してきた映像が紹介され、トークが始まる(メモとってないので、以下正確性に欠ける記述はお許しを・・・)まず初めに土井さんは、この映画をパレスチナ・イスラエル問題としては見て欲しくない。自らの加害性を問うことは普遍的な問題で、日本でも過去の戦争での残虐行為の問題があると切り出し、欧米の人達に見てもらいたいと言われた。
簡単な紹介の後、京都大学准教授の岡真理さんが始める。パレスチナ問題の本質・・・占領の不当性、占拠の不当性を語った後、日本ではイスラエルとは何か、イスラエル社会というのは何かというイスラエル学が成立していない。だからホロコーストを生き延びたユダヤ人がなぜ、パレスチナで残虐なことができるのかが分らないとした上で、イスラエルがアメリカの経済力・軍事力に支えられたシオニズム国家であることや、絶えず自分達がアラブ側からやられ続けているという意識を、教育やマスコミも使って浸透させている社会であることを指摘された。そして土井さんが日本の過去の加害性にふれたことを受けて、現在の日本の加害性について、たまたま北朝鮮ロケット発射問題があった日でもあり、日本では北朝鮮が怖い、恐ろしいとキャンペーンされ続けているが、北朝鮮側から見れば、日本はアメリカ軍が駐留し、その基地には核が持ち込まれているかもしれないわけで、この問題は現在の私たちの問題でもあると述べられた。(ここでちらほら拍手あり。私も過古だけでなく、現在の加害性に気づかないとあかんなぁと思ってたので、ちょっと拍手)
 あとは観客からの質疑応答に答える形で、例えばイスラエルの攻撃の前にはハマスのロケット攻撃があって云々については、ハマスのおもちゃのようなロケットとイスラエルの最新兵器による攻撃との非対称性の問題もあるが、その前に40年前、あるいは60年前の占領、難民化が問題なのであり、これをはっきりさせないで現象だけ見ても何もならないとか、占領というのは、真綿でジワジワと殺されてゆくこと、イスラエルは道路を自由に検問することが出来き、暮らしていくための移動でも何キロも迂回することを日常的に繰り返される、こんなことが何をもたらすのだろうか。戦争状態が終わると世界はまたパレスチナに対する関心を失うが、私たちはガザ(攻撃)の後を生きるのではなく、次のガザ(攻撃)の前を生きている、それがいつ、どのような形で起こるのか(起こらないのか)は、私たちのありようにかかっていること。占領にたいする抵抗とは、何も銃や爆弾を持って突っ込むことだけではない。そこで生き続けること・・・女たちは爆撃で家が壊され、家族を殺されても、家族のために料理や洗濯をしなければならないし、実際にしている・・・と、まあいろんな話を聞くことができ、非常に有意義な時間が過ごせた。
 映画「沈黙を破る」は土井さんの「届かぬ声―パレスチナ・占領と生きる人びと―」のシリーズ第4部にあたる。第一部は「ガザ―『和平合意』はなぜ崩壊したのか」第二部「侵略―イスラエル化されるパレスチナ」第三部「2つの“平和”―自爆と対話―」である。「沈黙を破る」は岩波書店から本が主出版され、また年末年始に様々なMLで回覧された、サイード・アブデルワーへド教授のメールをまとめた本「ガザ通信」(青土社)といっしょに、七藝のカウンターで販売されていた。最後、ずいぶん遅くなったが、サイン会なども開かれた。会場は劇場のイスの他、パイプ椅子も並び大盛況であった。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

サクラ サクラ

昼からお花見日和りなんですが・・・(^^;;

とりあえず、桜の花
001


写真は関西ではなく、何年か前の愛知県一宮市
景品でいただいた、横長写真が取れるカメラで撮影しました。

002_2

ホントは、鉄道+桜の「絵」が欲しい所ですが・・・
撮影に行くヒマが無いheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

土木屋さんは

やっは゜青函トンネルでしょ

・・・追記・・・
「激唱 青函トンネル」のことです。
生まれたからには死ぬまで生きて
誰にもやれないバカをやれと
燃える親父の心を継いで
トンネル掘って20年
津軽の海の今その下を
北海道の風が吹く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カラオケジャ〜

カラオケジャ〜
本文どおり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ときどき隣に三里塚

ブログ「旗旗」の速報―3・29三里塚に参加してきました(1)で草加さんが以下のように書かれている。

それから見逃せないこととして(多少手前味噌になるかもしれませんが)私のように「昔は三里塚にも行ってたんだよ」という人が、ぽつりぽつりと三里塚に戻りはじめていることです。その上に、今まで三里塚なんて知らなかったという新顔さんの参加も目立ち始めています。
 私は今回もネット上で知り合った人々といっしょに個人参加させていただいのですが、私のような完全な個人参加組ばかりでなく、周りに座った他の市民団体や労組さんと話してみると、実際にはそういうような新旧の「新参組」がたくさんそういうところに参加しはじめておられるんですよね。

うん、やはりこの流れを大きくして、広めてゆかねばup
3・15の関実の集会でも確認されたように、反戦の砦としての、三里塚闘争・・・米帝が日帝を動員して戦争を行う場合、真っ先に軍事空港として使われるのが、成田空港だ!・・・のみならず、食の安全や農業(と工業の関係)問題、巨大開発と闘う、全国のあらゆる「大きな」運動はもとより、
普段から、反戦運動や環境問題のような社会問題に興味を持っている人とか、空港行政・交通行政に関心のある人、いや単に新左翼やヘルメットおたくでも、友人が行くから・・・という理由でもいいから、一人でも多くの人が三里塚に来るような状況を作り出せねば、と思うぞ。
ただ、まだまだ三里塚は甘いところではないのも、また実情で、3・26でも一人の青年が逮捕されている。不当逮捕弾劾sign03
今の「勝手連」的な集団だと、万が一逮捕されたときの救援体制が、十分組めるかどうか・・・
でも、三里塚闘争は、発展させたい。
と、いうことで、日常に三里塚を時々もちこむのじゃ~happy01
いや、自らのできる範囲で、三里塚に係ることは可能だ。例えば、反対同盟にカンパするとか、市東さんの裁判闘争を支援するとか、地域で連帯する会を作るとか・・・いろいろあるハズ。
三里塚を知らない人のための、学集会をやってみるというのも、いいかもしれない。(萩原さんの本を使うと、いいかな)

派遣切りを語るときも、環境問題を語るときも、イラク反戦を語るときも、北朝鮮ミサイルを語るときも、ときどき隣に、三里塚を語る。
いいかもしれないな。実践実践sign03


| | コメント (1) | トラックバック (0)

新年度明けまして・・・

おめでとうござ・・・と、いうかお仕事の区切りで、今日から「新年度」ってのが始まる。
大昔は(今もそうか?)自治体とかが発注する公共工事・・・ホラ、年度末になるときまって行う?道路工事なんか・・・は。
契約上の工期が、3月末までなのだが、実はいろいろあって、それが工期内では終わらない・・・
で、どうするか。
工期までに「完成したsign02」ことにして、請負業者に自治体はお金を払ってしまう。「予算は完全消化しなければならないsign01」からね。

でも実際、モノは未完成spade
請負人は、金はもらっているのだから、責任もって完成させないといけない。
で、この業界では、3月が40日も50日も、あったのです(^^)(^^)//

まあ、とにかく、今の私のポジションはそんな場所ではなく、もっと「お気楽」な立場ですから
サイドバーの内容を充実させたり、自分のPCの「お気に入り」の整理をしたりしていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »