« 間抜けである・・・ | トップページ | ソマリアP3C派遣策動弾劾! »

基地建設のためのアセス準備書粉砕!

14日、衆議院でグアム移転協定が自・公連立の多数によって批准承認され、参議院に送られた。条約の類は衆議院の議決が優先するので、参議院で承認されなくてもそのまま承認ということになる。asahi.comより・・
グアム移転協定の批准承認案、衆院通過
 

「沖縄駐留米海兵隊のグアム移転に関する協定」の批准承認案が、14日の衆院本会議で自民、公明両党の賛成多数で承認、参院に送られた。民主、共産、社民、国民新の各党は反対した。参院で否決される見通しだが、憲法の規定で衆院の議決が優先されて、今国会中に承認される。
 海兵隊のグアム移転は、海兵隊員8千人、その家族9千人が対象。日本側は約28億ドル(約2800億円)を上限に財政負担する。

ここで、28億ドルはあくまでも「真水」分だけであり、なんやかんやで日本が負担する上限は61億ドルだ!また、この協定は辺野古への基地建設とセットになったもので、沖縄でも反対の声が上がっている。県議会では反対の意見書が可決され、政府に提出されている。こんなもんは認めんぞ!
で、沖縄では4月に入ってもう一つ、新たな情勢が展開している。それは地元の抵抗を押しのけて無理やり・・・それこそ海上自衛隊の護衛艦まで動員して・・・行った環境アセスメント調査の結果がまとまり、アセスメント準備書として沖縄県に提出されたことである。こいつを迎え撃ち、粉砕するのじゃ~sign03
てなわけで、沖縄防衛局のHP内にある、普天間飛行場代替施設建設事業に係る環境影響評価準備書(要約書)をダウンロードしてみる・・・ひぇ~要約書にして、こんなに時間かかるの!手作業で何とかするも、ぜ~んぶ読めんぞ、こんなのsign02・・・ちなみに全文は5400ページぐらいあるそうで、時間のある方はここからダウンロードしてください、おススメはしません。

まあ、お役所の作成する資料なんて、こんなもんなですけどね(^^)(^^)
このブログが勝手にリンクしている防食どっとこむより

適当な取巻き業者や学者や、ロクに実務を知らぬコンサルタント等を掻き集め、当り障りの無い文献やグラフや数式や一般論や形式論を寄せ集めたパッチワークを作らせます。
そこに各自、自分の経験と技術レベルに応じた色んな事や、自分に都合のいい項目を押し込み、
仕上げに、大学教授、博士、有名企業の技術部長や主任研究員、役所の技術者等々の多数の肩書き(名前付き)を飾りつけて、権威と信用を演出します。・・「御異論がございましたら、かかっていらっしゃいませ。袋叩きにして差し上げます。」・・という威嚇にもなります。
報告書は薄いと軽く見られる関係上、少なくとも厚さ5cmは必要ですから、JIS規格等を引っ張り探して水増しし、内容のスッカラカン度を増幅させつつ厚みを稼ぎます。それで雑用は完了です。

とのこと・・・

ウン、いいよ、批判はざっとしたモンで・・・で結論の第6章を中心に、ナナメ読み・・・ひでーわ、こりゃsign02
とりあえず、建設される基地の全容は、こんなもん。うわ~ヘリパッドが4つもある。大浦湾には、全長180mもの船が横付けできるぞい!Photo
見え難いが、青のマルを追加、だいたいこのへんが、辺野古の集落・・・で、建設後、基地からの騒音なんかは、環境基準を超えるところは、集落にかからない・・・となっているのだが、
Photo_2
外側のオレンジ・グリーンのラインが、WECPNL(うるささ指数)70の、内側のブルー・ピンクのラインがWECPNL75の範囲、なおこの図は沖縄県知事が主張する、建設を是とした上で少し移動させた場合の検討をした部分からとっているので、ちょっと見にくい(が、要するに少し移動したぐらいでは、騒音の範囲なんてほとんど変わらないんですよね、仲井真君)。でも、これを担保しているのが、米軍が2本のV字型の滑走路をうまく運用して、集落にかからないよう演習・訓練を行うということ。ところが現在の嘉手納基地をみても明らかなように、一旦基地ができてそれが運用されると、米軍は地元おかまいなしに訓練をやらかす。未明の時刻に飛び立って100デシベルもの轟音を撒き散らしている嘉手納の現状をそのままにしておいて「ハイそうですか」と納得できるものではない。

その他にも、肝心のジュゴンは嘉陽の沖に3頭、確認されたが、辺野古には餌を食べにこない、だから影響はないし、海底の生物、サンゴなんかについては、移植・移動させる、あるいは専門家の指導・助言を得て、必要な措置を講ずるからいいんだという、ある意味無内容なことが書かれていて、「しゃーないなぁ」って感じだわい。唯一評価できるのが、大浦湾の奥を作業ヤードとして使うことを、サンゴの群落が見つかったから取りやめたことぐらいか(^^)
こまかなことはおいといて、こんな準備書についての学習会が大阪で持たれるので、ご案内。平日の夜なので私は参加しませんが、いろんなところでその結果が公表されよう、注目!
いち
ジュゴン保護キャンペーンセンターSDCCが主催するもの
大阪で4/21アセス学習会やります

◆「アセス準備書学習会 ~意見書を出そう~」 大阪で開催します。 ------------------------------------------------------------ ■日時:4月21日(火)午後7時~  ■大阪市中央公会堂大会議室(地下鉄・京阪淀屋橋駅下車) ■資料代 300円

準備書に対しては、どなたでも意見書を出すことができます。
できるだけ多くの方が、沖縄防衛局に意見書を提出することが重要です。

学習会では、準備書の問題点を学習し、意見書提出を広げるためのアイデアを参加者で出し合いましょう。
予約は不要です。皆さまのご参加をお待ちしています。

【問い合わせ】SDCC関西事務所 infoあっとsdcc.jp TEL&FAX 06-6353-0514

とのこと・・・
もうひとつは、MLで流れてきたものを加工して転載

沖縄県名護市辺野古への米軍基地建設に伴う「環境影響評価(アセスメント)準備書」の縦覧が、この4月1日から沖縄県内5カ所ではじまりました。
防衛省は5月11日までこのアセスに対する意見書を受け付けていますが、5400ページにもわたる膨大な資料を理解し意見を述べることが大変難しく、住民の意見を聞かない意図が推測されます。
沖縄とともに関西連絡会は、このアセスについてわかりやすく解説を受け、多くの方に意見書を出してもらうために学習会を開きます。
基地建設を許さないたたかいの輪を広げていきましょう。多くの皆さんの参加をお待ちしています。
日 時  2009年4月24日(金曜日)午後6時半~
場 所 総合生涯学習センター第1研修室
     大阪駅前第2ビル 5階
講師 安次富 浩 さん (ヘリ基地反対協共同代表)
国会報告 服部良一沖縄とともに関西連絡会共同代表
     (山内徳信参議院議員・秘書)
資料代 500円
主 催  沖縄とともに基地撤去をめざす関西連絡会
大阪市中央区内淡路町1-3-11-402 SORA内
     fenukaji_kansaiあっとyahoo.co.jp

とのこと・・・
また、意見書は直接、沖縄防衛局に郵送しても良いが、こんな取り組みもご紹介。
辺野古浜通信photo【重要】意見書提出の取り組みについて
どうか、みなさまの周囲に呼びかけをお願いします。

意見書は事業主体である沖縄防衛局に対して提出するものですが、直接提出してしまうと、概要だけが環境アセス審査会に提出されます。これでは一人ひとりの意見が取捨されてしまいますので、意見書そのものを私たちで集約し、審査会委員の方に直接読んでいただくようにします。

意見書の用紙は指定されてはいません。
「普天間飛行場代替施設建設事業に係る環境影響評価準備書に対する意見書」
という表題と、氏名・住所と共に、あなたの意見や想いを書いてください。

数行の短い文章でも結構です。

意見書は次のあて先までお送りください。
沖縄ジュゴン環境アセスメント監視団が、すべてコピーをとらせていただいた上で、責任を持って沖縄防衛局に提出いたします。

郵送 :〒905-2171 名護市字辺野古 座り込みテント村 意見書係
FAX :098-885-0866(アセス監視団)
メール:folkswindあっとyahoo.co.jp(アセス監視団)

意見書を沖縄防衛局に提出する期限は5月15日です。出来るだけ4月中にお送りくださるようお願いします。

とのこと・・・
みなさん、がむばりましょうrock

|

« 間抜けである・・・ | トップページ | ソマリアP3C派遣策動弾劾! »

あるみさんの怒り!」カテゴリの記事

コメント

テント村発行NO BAESEより
意見書を意味は?
・この環境アセスメント手続きの中で国民誰もが意見を書ける最後のチャンスです。
・数がものをいいます。どれだけの人がこの問題に注目しているかの証明になります。
・書くことで自分も当事者という意識と今後の注目度が高まります。
・「何も出来ない」と言っている方こそ出来る事の一つとして関われます。

書き方に決まりはあるの?書いたらどこに出すの?
どんな用紙でも結構です。氏名、住所を必ず記入して意見、思いを書いて下さい。2〜3行の短文でも有効です。最終的には事業者である防衛局に提出しますか゛「沖縄ジュゴン環境アセスメント監視団」の方で集約して全てをコピーを取った上で、沖縄防衛局に持って行きます。この意見書に基づいて防衛局は概要書を作り知事、審査委員に渡しますが、私たちの「思い」は概要書には記載されないと予想されます。そういうわけで意見書の全文を知事や審査委員の方たちに読んで頂くためにも「アセス監視団」が責任持って全文の思いを伝えます。
(郵送)〒905ー2171 沖縄県名護市字辺野古 座り込みテント村 意見書係
(FAX)0980ー55ー3131

投稿: α | 2009年4月17日 (金) 19時46分

αさん、追加情報ありがとうございます。辺野古に心を寄せる人、反戦・反基地の意欲のある人は、積極的に意見書を出そう!

投稿: GO@あるみさん | 2009年4月17日 (金) 21時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1094529/29148494

この記事へのトラックバック一覧です: 基地建設のためのアセス準備書粉砕!:

« 間抜けである・・・ | トップページ | ソマリアP3C派遣策動弾劾! »