« GO TO ロシア準備編 | トップページ | ほんじゃロシアへ »

どうしたジャッキーチェン

前にがんばれジャッキーチェンというエントリーでジャッキーにエールを送ったのだが、どうも失言続きのようで(^^;;;

niftyニュースより
<ジャッキー失言>今度はシンガポール人相手にひと悶着―シンガポール紙

2009年4月26日(日)0時48分配信 Record China
23日、中国海南省で開催されたボアオ・アジアフォーラムで「中国人には管理が必要」「自由が台湾を乱した」などと発言し問題となっているジャッキー・チェンが、今度はシンガポール人を批判する発言をしたと伝えられた。2009年4月23日、シンガポール華字紙「聯合晩報」によると、中国海南省で開催された「ボアオ・アジアフォーラム」に参加した香港のアクションスター、ジャッキー・チェン(成龍)氏が「中国人には管理が必要」「自由が台湾を乱した」などの発言をして問題となっているが、今度はシンガポールを批判する発言をしたと伝えられた。
記者から「文化活動の自由」について質問されたジャッキーは「シンガポールでガムをかんではいけない理由は、シンガポール人がだらしないから」と答えた。「ガムを渡したら、彼らはテーブルや椅子の上にガムを捨てる」というジャッキーは、「米国人や日本人はきちんとしている。だらしない人々には政府の厳しい管理が必要」と発言した。
彼の言葉を神経質に受け取れば、「シンガポール人は米国人や日本人のようにきちんとしていないから、政府の管理が厳しい」ということになり、さらにジャッキーは「シンガポールを訪れたらシンガポールの法律に従うべき。ゴミを落としたら、すぐに刑務所だよ」と同国の法律の厳しさを誇張して話した。
この発言にシンガポール国民は激しく反発。「一映画俳優が政治的発言を繰り返すこと自体がおかしい」「良く知りもしないで他国のことを話すな」など、ジャッキーに対する批判が集まっている。(翻訳・編集/本郷)

>「中国人には管理が必要」「自由が台湾を乱した」
おいおい、天安門のときにふりあげた君のこぶしは、なんだったんだpout
>「シンガポールでガムをかんではいけない理由は、シンガポール人がだらしないから」
だらしないヤツは、どこにでもいる。

ま、もっともシンガポールが”超管理社会”であるのは有名な話で、>ゴミを落としたら、すぐに刑務所 とは誇張であるものの、地下鉄内で飲食は厳禁!見つかると高い罰金が取られたりする。
”超管理社会”であるシンガポールでは、地下鉄だったか新交通システムだったかが開業したとき、何らかの措置をとって、その新路線に絶対に乗るようなことをした・・・ということがあったのだが、詳細を今調べているヒマがない。大昔の「鉄道ジャーナル」の記事にあったから、それをひっくり返さないといけない。

”超管理社会”を皮肉ったりしたつもりなんだろうが、シンガポール人の資質に原因を求めることではないだろ。
ま、映画でいい仕事をしてもらいたいものだ(^^)(^^)

|

« GO TO ロシア準備編 | トップページ | ほんじゃロシアへ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1094529/29339678

この記事へのトラックバック一覧です: どうしたジャッキーチェン:

« GO TO ロシア準備編 | トップページ | ほんじゃロシアへ »