« 憲法第9条改定を許さない6・14全国集会 | トップページ | 法大弾圧救援会よりお手紙 »

ロシアのメトロ

モスクワにもピーテルにも、地下鉄(メトロ)があります。どちらも地下深~い位置を走っており、延々と長~いエスカレーターに乗車しないと、乗れません。エスカレーターで急ぐ人は、ほとんどいません。中にはキスしたり抱きあったりしている連中もheart02います。それはさておき・・・
まず、運賃ですが、基本的に均一運賃です。モスクワでは22ルーブル(70円)ピーテルでは18ルーブル(57円)です。大阪市営地下鉄の「初乗り」200円に比べたら、なんと安いことかsign01
ロシアの街中で昼飯を食べる場合、まあ店にもよりますが、1食300~400ルーブル(960~1280円)程度・・・安くしようとすると、もっと安くできます・・・、これだと大阪ではそこそこのもんが食べられます。昼食の物価水準が、ロシアで少し高いとしても、公共交通機関の安いこと・・・やっぱ都市交通って、こうでないといかんでしょ(^^)/
窓口に行って運賃を払い、ジェトン(コイン)をもらって、それを自動改札に投入、緑のサインが付いたら、そのまま進みます。モスクワでは改札のバーはありませんが、ピーテルではバーを「よっこらしょ」と押して中に入ります。
001
回数券もあります。これがモスクワのもの。10回券で7日有効、200ルーブル(640円)なんかかっこいいデザインです。
003
ピーテルのメトロの回数券、モスクワは磁気カードなのに対し、ICカードです。JRのSuicaやICOKAのように、別途チャージが出来ます。10回券で170ルーブル(540円)

まあ、安いんですが、時々改札機をさっそうとsign02飛び越えて不正乗車をするフトドキ者もおります。
光量不足のため、写真でお見せすることができないのですが、駅内部はなかなか頑丈なつくりで、装飾も立派です(^^)(^^)//
エレベーターの下にはブースがあって、地下鉄職員(だと思う)がモニターを見て監視しています。また、運賃も自動券売機ではなく、人が直接窓口でジェトン・回数券を売っていること、さらには駅の建物内には、バス停と同じように、小さなキオスクがいっぱいあって人の目が行き届いていることもあり、治安も良く、安心して使えます(^^)(^^)(^^)///
日本の地下鉄にも劣らないくらい、大勢の人をさばいていて、それでも「人がいっぱいかかわっている」感があるというのがいいですね。日本じゃ「合理化、合理化」で鉄道システムも極限まで人を切り詰め、夜行列車のような、人手ばかり食う鉄道は、すたれるばかり。じゃ~合理化しつくした大阪地下鉄システムが万々歳かというと、さにあらず・・・
安全という点では、ピーテルの一部の駅には、ホームドアもありましたよ。鉄製の頑丈なヤツがsubway駅に着いてもホームは見えず、扉が開いて、ホームドアがガラガラと開いて、やっとホームとご対面!

あと、注意・・・進行方向どちらに向かっているのか迷うことがありますので、やはりロシア語は読めたほうがよいでしょう。駅の看板は小さくて、読みづらいです。ただ、乗り換えは東京や大阪と同様、ラインカラーを目印に案内どおり歩いてゆけばOK
地下鉄の駅は、日本のように通りのあちこちから侵入するのではなく、それ専用の建物があります。
012
これはモスクワ、パルチザンスカヤ駅の建物内にある(多分)パルチザンの像・・・です。

|

« 憲法第9条改定を許さない6・14全国集会 | トップページ | 法大弾圧救援会よりお手紙 »

あるみさんinロシア」カテゴリの記事

現在のテツネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1094529/29808005

この記事へのトラックバック一覧です: ロシアのメトロ:

« 憲法第9条改定を許さない6・14全国集会 | トップページ | 法大弾圧救援会よりお手紙 »