« 今週の血圧 | トップページ | 関西発ムーンライト全廃を弾劾する! »

堺市でLRTができるかどうか見に行く闘争

堺市のLRT建設を支援せよ!で紹介したLRT建設事業について、いささか旧聞ではあるが、続報を紹介。産経関西のWBより・・・
LRT開業延期 堺市、住民の合意得られず

平成23年春の開業を目指しているLRT(新型路面電車、南海堺駅~堺東駅間1・7キロ)事業について、堺市の同事業の責任者である松井利治市長補佐官は6日、現在の計画は住民の合意が得られないとして開業時期を延期する考えを明らかにした。時期については明言を避けた。
 この日、軌道を敷設する市(いち)小学校区の住民説明会が堺市内で開催され、約60人の住民が出席。市鉄軌道推進室担当者らが、堺浜~堺東駅(6・9キロ)の事業概要や開業後の交通規制などを説明した。
 ところが住民からは「一方通行にすると、周辺道路で渋滞が発生する」「電車でなく、電気自動車で十分」「(廃止予定の)路線バスを残してほしい」「果たして地元に還元できるのか」など事業を疑問視して「白紙撤回」などを求める反対意見がほとんどだった。
 松井市長補佐官は「厳しい意見が多く、集約すれば、計画を見直しせざるを得ない。今後の住民説明会に時間がかかり、平成23年春の開業は遅れそうだ。堺駅~堺浜ルートの先行着工や一方通行の変更なども見直しの対象になるかもしれない」と話した。(2009年6月 7日 09:43)

う~ん、こんな重要情報は「われら”鉄ちゃん”」特集に乗っけてよ、産経さんよ~
まあ、それはともかく、先週、堺市に赴き、南海堺東~堺間のLRT建設予定路線をちょっと見てきました。
Pict0002_2 改札を出てすぐ、「シャトルバス乗り場」の案内があります。エスカレーターを下りて・・・

Pict0003 駅前の通りは、にぎやかです。

Pict0004 シャトルバス乗り場は、歩道のところにあります。

Pict0005 その他の路線バスは、別途ロータリーのところ・・・

Pict0006 この商店街は、にぎやかです。キタやミナミの繁華街とは比べ物にならないでしょうが、地方の商店街としては、いい感じだと思います。

Pict0007 低床式のバスがやって来ました。ゴールドの外観に「南蛮貿易」をイメージしたイラストが描かれています。日曜の昼ですが、10分間隔ぐらいでやってきます。運賃は210円を、前払いです。

Pict0008
よっこらせっと後ろのほうに乗り込みます。イラストのせいで、外があまり良く見えませんcoldsweats01
ほどなく、発車・・・右折してすぐ、市役所の前へ。左側の奥に、商店街が続いています。このへんが、堺市の中心街でしょう。ほどなく阪神高速道路の下をくぐると、にぎやかな通りから外れます。
Pict0010こんな感じで、走行。交通渋滞等もなく、10分ほどで、堺駅に到着。

Pict0014 うっ、なんかあっけない・・・実際、阪堺電軌と交差するところにも気がつかなかった。堺駅前は、高架化・再開発されてこぎれいな感じですが、にぎわいには欠けるような気がします。

Pict0015 市街地の案内図・・・神社・仏閣等がけっこうあります。

Pict0013 構想では、LRTはここをまっすぐ行って、高架下をくぐり、海岸方面へ延伸されるようです。で、様子をさぐりに行ってみると・・・

Pict0017 こぎれいな船着場がありました(^^)

Pict0019 中世・堺は掘に囲まれた自治都市であると、学校で習いましたが、その堀川をクルージングする観光船が運航されているのです。NPO法人 観濠クルーズSakaiというところが、運営しています。
正直、船着場を見るまでこんなイベント的な事業をやっているとは、知りませんでした。船着場にスタッフの方が居られたので、お話を伺ったところ、18人乗りの舟を使い、もう4年ほどやっているとのこと。チラシもいただきました。土日を中心に、1日4便の運行、一人1000円。乗船できる人数が少ないので、あらかじめ電話もしくはHPから予約をしてくださいとのことです。
Pict0021 舟が戻ってきました。船着場にはよらず、旧堺港のほうに向かって、折り返してきます。お天気が良いのと、港で「とれとれ市」というイベントをやっているので、この日は人が多いそうです。

Pict0022 このように橋桁の下が低く、潮位の関係で舟に屋根がありません。雨が降るとクルージングは中止ということもあるそうです。また、夏の暑いときは熱中症になる恐れがあるので、7月、8月は運行されていません。もちろん冬の寒いときも、お休みですから、今年は3月28日から11月29日までです。
スタッフの方に、「いや~大阪の北のほうに居ると、なかなか堺市でこんなことやっているなんて知りませんでしたよ。」と言うと、堺市でも、海の近くに住んでいない人は知らなかったが、そうゆう人がこれまで乗船してくれた。地域の住民が、地域のよさを見つけることが大事だというようなお話をされました。

いいもの見つけた気分で、もう一度LRT路線を歩いてたどります。
Pict0027 シャトルバスは、こんな感じです。

Pict0028 広い歩道の整備された道路を通り・・・

Pict0031 大小路の、阪堺電軌との交差部を越えて・・・

Pict0033 あまりぱっとしない、商店街がありました。

Pict0034 う~ん、シャッター通りでんなぁ~

Pict0035 住民の合意のないLRTには、反対だそうです。
で、このあたりから引換えすべく、ちょっと奥に入ってみると・・・
Pict0036 城郭のような、立派な門構えです、どこのお寺さんかと思って入ってみると・・・
Pict0038 菅原神社でした(^^)(^^)// 神社の周辺は、飲み屋さんが集まって、それが先ほどのシャッター商店街に続いています。

Pict0042 阪堺電軌で帰ることにしました。

とりあえず、LRTの予定ルートをちょっと歩いてみた印象ですが、シャトルバスの乗車人員を見ても、それほど乗車しているわけでもない。もちろん日曜日の昼1日だけ見るのでは分らない、平日のラッシュ時や、また海岸部の開発による需要増も考えないといけませんが、お金をかけてLRTを「何がなんでも整備」というのは???な感じがしました。需要増に答えるだけなら、例えば連接バスの導入なんてのもありでしょうね。
その上で、「中心市街地の活性化」から、観光を起爆剤にした堺市の活性化のツールとして、LRTという装置を導入するというのは、十分ありでしょう。ただその場合でも。路面電車形式にこだわることなく、例えば阪堺の軌道敷にバスを乗り入れて周回させるという方法もあるだろうし、予定路線の住民の不安の中には、道路の一方通行化により、不便になるというのがあるのですから、例えば福井市でやったように、土日に「トランジットモール」の社会実験を、観光キャンペーンと一緒にやってみるという取り組みも必要ではないでしょうか。
堺eco観光という取り組みが、鉄道サイドからも行われておりますが・・・鉄道に「乗ってもらう」ためには、まだまだ宣伝不足の感じもしますし、特に阪堺電軌さんの取り組みが弱い・・・ソフトとしてのキモは「堺都心1日フリーきっぷ」(600円)だろうから、これを宣伝することなんですどねぇ~。
Pict0040 また、堺の街歩きもしてみたいと思いますが・・・

Pict0043 ここに直交、および乗り入れるレールが敷かれるのは、いつのことでしょうかsign02


  


|

« 今週の血圧 | トップページ | 関西発ムーンライト全廃を弾劾する! »

現在のテツネタ」カテゴリの記事

コメント

こんにちわsun
堺市へようこそいっらしゃいました。
市長選→LRT→このブログ でたどってきました。
確かに堺にはLRT必要ないですね。
バスを利用すれば十分な気がします。
ただ、堺市全体にいえることは、東西の交通機関が発達していない事です。

全然関係ないかもしれませんが、LRTに税金使うならもっと下水道整備にまわして欲しいもんです。
水道代高いです。

高いと言えば、南海高速鉄道の運賃も高いですよ。
ご存知かな

ところで堺には、おいしいものもたくさんあるのでまたお越し下さい。
氷のせくるみもち とか

投稿: dencyu_m | 2009年7月 2日 (木) 17時48分

dencyu_mさんコメントありがとうございます。
運賃が高いのは泉北高速鉄道ですね。大阪モノレールや京阪中之島線なんかもそうですが、後の方に作られる路線ほど、建設費が高くついて運賃が高くなってしまいます。LRT整備というのは、「地図に残る」公共交通機関としては、建設費は圧倒的に安いのですが、それでも新規に整備しようとすると400億円ぐらいかかってしまう。すると費用対効果の面とか、堺市のような大きな都市になると・・・というか、LRT整備を考えている地域はのきなみですが・・・LRTの恩恵を直接受けるところと受けないところとの税金の使い方に対する考え方の違いとか、いろいろあると思います。
阪堺電軌が生き残りをかけて?天王子と堺市を直通させることもあるので、また電車撮影もかねて街歩きをしたいと思います。

投稿: GO@あるみさん | 2009年7月 2日 (木) 20時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1094529/30213828

この記事へのトラックバック一覧です: 堺市でLRTができるかどうか見に行く闘争:

» 「堺eco観光」の取り組みがスタート [阪和線の沿線から]
いつもは堺市LRT計画が中心となってエントリーしている堺市関連の情報ですが、今回の情報は、「直接」には堺市LRT計画には関連していません。(間接的には影響しているのかも知れませんが・・・) JR西日本・南海電鉄・阪堺電鉄・堺市の4者が協同で、堺市を環境に優しく観....... [続きを読む]

受信: 2009年6月22日 (月) 07時59分

« 今週の血圧 | トップページ | 関西発ムーンライト全廃を弾劾する! »