« 関西発ムーンライト全廃を弾劾する! | トップページ | 阪堺電軌、起死回生の浜寺―天王寺直通か »

7・5三里塚現地闘争の前に、えらいことになっている

三里塚芝山連合空港反対同盟が7・5三里塚現地闘争へ結集をよびかけている。

■新誘導路の7月前倒し供用と対決する7・5三里塚現地闘争が近づいて来ました。大結集をお願いします。
■6月3日、地元の経済界で作る成田空港対策協議会が年次総会を行いました。そこで事業計画を採択し、次のような内容を盛り込んだのです。「2500メートル滑走路の再延長(南側に延伸しろということ=3500メートル化要求)」「横風用滑走路の建設」「年間飛行回数の30万回化」。
■ここで初めて「横風用滑走路の建設」が盛り込まれました。横風用滑走路は1990年代のシンポ・円卓会議で断念されたはずです。ところが円卓会議の最終合意=「地権者の同意なしに滑走路建設は行なわない」がホゴにされたのと同様、「横風滑走路」の要求まで持ちだして来ました。
■成田がハブ空港から陥落し、羽田の第4滑走路が来年開業する、という状況の中で、成田空港のさらなる地盤沈下は必至です。その危機感と私利私欲から上記の要求をし始めたのです。「3500メートル化要求」が「天神峰、東峰を更地にせよ」というとんでもない内容であることなど、考えたこともなく、横風滑走路の要求が、横堀団結小屋など反対同盟所有の建物・土地を奪わない限り、およそ非現実的な話だということすらまともに検討されていないのです。
■さらに、国土交通省、成田空港会社が意図的に地元経済界をあおっています。「成田空港整備は2500メートル化をもって終了する」などとコメントし始めたのです。もちろん、2500メートル化しても成田空港の完成を意味するわけではありません。空港のど真ん中に東峰部落と空港反対農民が住み、営農しています。誘導路は「へ」の字に曲がったままです。東側新誘導路は飛行直下を2回もくくらなければなりません……。2500メートル化すればするほど世界最悪の欠陥空港、危険空港である現実は暴露される一方です。
■にもかかわらず「成田の整備を終了する」などと言い出し始めた理由は、地元経済界、自治体の危機感をあおり、空港反対闘争への圧力を強めさせる意図にあります。1999年、暫定滑走路計画の発表を前後して「10万人署名運動」なるものを展開した過去の2番煎じを狙っているのです。
■しかし、三里塚闘争の43年間の闘いは、そのような私利私欲と強欲に基づく闘争破壊策動で揺るぐようなものでありません。逆に、成田空港ののど元をますます締め上げる巨大な物質力をもって立ちはだかっています。
■下に7・5集会への案内ビラを掲げます。大結集お願いします。
pdfファイルはこちら
時間は午後1時半 場所は東峰十字路北側開拓道路 →敷地内デモ とのこと。

ところでところでところてん・・・マル共連でも話題になているが、関西で「分裂」が起こっている・・・
関実の関空闘争に関する声明(6月5日)(もうだいぶ前じゃ~ん)より・・・

声  明  2009年6月5日
1.関西新空港闘争、そして三里塚闘争に想いを寄せてくださるみなさん。アメリカの新たな世界戦略のもと、日米両軍の一体的運用を前提とした米軍再編(トランスフォーメイション)が、2014年終了を目指して進められております。沖縄辺野古基地の建設や、岩国基地への空母艦載機部隊の移駐などを柱としつつ、朝鮮半島有事を想定した日米共同作戦計画5055によって、成田空港、そして関西空港が非常に重要な位置を持っていることがすでに明らかになっております。成田空港の暫定滑走路北延伸(最終的には4000メートル化)攻撃と、一昨年供用が開始された関空二期攻撃は、そうした枠組みの中で進められています。
2.そうであればあるほど、私たち関西新空港に反対してきた住民団体は、多くの労働者、市民の皆さんとともに「東西両軍事空港反対」の旗印も鮮明に、隊列を強化し、前進しなければならないと考えております。1966年、淡路空港案で始まった関西空港計画は、多くの市民の反対によって和歌山をも含むほとんどの大阪湾岸自治体による反対決議が勝ち取られることによって漂流し、1974年の航空審議会においても、候補地を決定できないという事態を生みだしました。この過程は、国によって各自治体個別に切り崩される事態の中で、住民による「大阪湾のどこにもいらない」とする湾岸住民共闘(以降、湾岸共闘とする)の陣形を生みだしました。しかもそれを基礎に、1977年三里塚鉄塔決戦に直面して、三里塚決戦勝利関西実行委員会(以降、関西実行委員会とする)運動をも生みだし、30年を経た今日に至っております。
3.関西空港は、泉佐野沖合に建設が強行され、1994年一期開港、2007年二期供用開始が行われましたが、私たちは泉州住民の会とともに、正に湾岸共闘の力をもって、空港絶対反対、建設阻止、開港阻止の闘いをやり抜いてきました。同時に、この湾岸共闘の「軍事空港反対」の根底的な怒りこそが、30年以上にわたる三里塚芝山連合空港反対同盟を支援し共に闘い続けてきた関西実行委員会運動を支え抜いたのです。
4.来春にも国民投票法による改憲攻撃、そして先述の米軍再編攻撃が進められようとしている現在、私たちが形成してきた湾岸共闘をますます発展させ、関西空港の軍事使用に反対する労働者、市民の大きなうねりと隊列を生みださねばならないと考えるところです。先日関西で開かれた「3・15米軍再編と闘う」集い(関西実行委員会・三里塚反対同盟共催)は、こうした想いによって企画され、大成功を収めました。
5.ところが去る4月28日の関西実行委員会世話人会において、国賀祥司事務局次長(関西新空港絶対反対泉州住民の会事務局長)から、「今年の関空反対全国闘争は、泉州住民の会が単独で主催したい」と湾岸共闘を拒否し、これを否定する提案が行われました。理由は、「泉州住民の会が成長し、すべて労働者の団体となったのでそれにふさわしい闘いとしたい」ということと、他の住民団体などとの間に発生した「昨年の7・13闘争をめぐる発言問題」ということでした。
6. この提案を受けて開かれた5月28日の関西実行委員会世話人会で、湾岸共闘を構成してきた泉州以外の、淡路、明石、東灘の各団体より、その趣旨に若干の差異をもつものの「湾岸共闘を維持して、関空闘争は持たれるべきだ」という主張が行われました。背景には当然のことながら、「関空闘争は自分たちの闘争だ」という各団体の結成以来の強い想いがあったことは言うまでもありません。しかし、出席していた国賀さんはもとより、中山さん、小林さんの3人からは、湾岸共闘、関空闘争をどういったものにしていくのかといった論議は一切されないまま、事務局への名指しの「怒り、不満」を口実とした泉州住民の会単独主催が主張されるだけでした。永井関実代表からの「一歩も譲ることはできないのか」という問いにも直ちに泉州の皆さんは「できない」と否定し、やむなく、永井代表から「泉州の言いたいことは聞いたので、今後、また再び共に闘う日が来ることを念じて論議を打ち切りたい」という判断が示され、討論を終えました。
7.加えて、関西実行委員会世話人会が、次の議題に入ろうとし、7・5三里塚現地闘争などの提起を受けて継続されようとしているにもかかわらず、国賀さんたち3名は席を立ち帰ったのです。「世話人会議は続いているではないか」「あなたは事務局次長でしょう」ととがめられた国賀さんは、「出ていこうと、出ていくまいと勝手だろう」という内容の捨て台詞を残して帰ってしまったのです。これは、関西実行委員会の事務局次長として会議の運営への責任を放棄する態度です。
8.重要な局面を迎えようとする現時点での関空闘争の泉州住民の会による単独主催への一方的強行は、関西空港闘争を米軍再編に抗して広く関西一円の労働者、市民に訴えて闘いを広げようとする湾岸共闘の持つ戦闘性を破壊し、関空闘争を後退させるものです。
9.同時に、三里塚闘争が、暫定滑走路北延伸攻撃、市東さんの農地強奪という正に決戦局面に入ったこの時に、関西実行委員会の統一戦線の基軸ともいうべき湾岸共闘を破壊することは、三里塚闘争に重大な打撃を与えることになりかねません。
10.以上の判断から、各住民団体と関西実行委員会世話人会の決定として、以下の点を明らかにいたします。
1) 湾岸共闘を破壊し、関西実行委員会運動に分断を持ち込むものでしかない関西空港反対全国闘争の泉州住民の会単独主催は認められない。ゆえに、私たちは、7月19日に予定されている「関空闘争」には参加しない。
2) 関西新空港絶対反対泉州住民の会が、関空闘争の今後を見据え、湾岸共闘にすみやかに復帰されることを強く要請する。
3) 新たな関空闘争を作ることと、三里塚闘争の決戦過程への決起を一体のものと考え、10月11日三里塚全国集会に先立って開く関西実行委員会主催の関西三里塚集会を、今年は、「東西両軍事空港反対」の集会として断固として開催することを決定した。そして、新しい関西空港闘争をつくっていくことを内外に明らかにするために総決起することを宣言する。
以上、声明といたします。
淡路町空港反対同盟
新空港反対東灘区住民の会
関西新空港反対明石住民の会
三里塚決戦勝利関西実行委員会世話人会

pdfはこちら

で、一方の側の、関西新空港絶対反対泉州住民の会の声明が国賀祥司事務局長名で出される。pdfはこちら・・・pdfしかないので、文章を起こそう(しんどーcoldsweats02ちなみに元はこくがブログより)

声明
1.関実から6月8日に送られてきた「声明」を読んで、泉州住民の会は大変驚きました。
 5月28日関実世話人会では、消極的ではあれ、「7・19関西新空港反対全国集会は泉州住民の会主催」で認められたと受け止めて帰ってきたのです。
 それが「声明」では、泉州住民の会が「湾岸共闘から脱退」したことになっており、「すみやかに復帰されることを強く要求する。」と命令調で言われています。
 泉州住民の会は「今年は泉州住民の会主催で開催したい。兵庫側は協賛という形で集会を支えてほしい」と要請したのです。その結論が「泉州住民の会主催」となったのであって、「分断を持ち込んだ」事実はありません。
2.事実について
 7月関西新空港反対全国集会について議論したのは、4月28日の世話人会です。国賀事務局長が「今年は泉州住民の会が主催したい。兵庫側は協賛でお願いします。これは私一人の意見ではなく、泉州住民の会役員会の意志です」と提案しました。これまで集会の準備、宣伝、動員、などなど全部泉州住民の会でやってきたことであるし、兵庫側は当日に参加するだけで、実質的に泉州住民の会が主催してやってきたからです。
 さらに昨年7・13集会では、プログラムをめぐって国賀泉州住民の会事務局長が、松原東灘区住民の会事務局長、安藤淡路町反対同盟事務局長、礒田淡路現闘から怒鳴られた事件がありました。集会には地元から44人が参加していましたが、これを見ていた泉州住民の会役員、会員が怒りました。「うちの事務局長が怒鳴られている。何するんや!」と怒ったのです。当たり前です。いったい関空闘争の主体は誰なのか!それで役員会で議論し今回提案したのです。
 「泉州住民の会主催」の提案に永井代表はじめ参加者は驚いたようでした。しかし常識的な提案だからわかってもらえるものと考えていました。
 「今日言われて、今日決めるのは無理だから、もう一度世話人会を開く」ということで、5月28日に再度世話人会を開くと決まりました。
 泉州住民の会は、その間に2回役員会を開いて「7月集会は泉州住民の会の主催」と決めました。また日程を「7月5日から7月19日に変更する」ことも決めました。
 5月28日世話人会には、国賀事務局長と役員の中山さん、小林さんが参加しました。そして泉州の意志を伝えました。泉州は湾岸共闘を否定する意見は何も言っていません。「泉州住民の会の主体が踏みにじられている」と、具体的に何に怒っているのか、何を問題にしているのか、3人ではっきり言いました。率直に反省してもらい、良好な湾岸共闘を維持していくために必要なことだと考えたからです。
 しかし「声明」では、泉州住民の会が「湾岸共闘を破壊し、関西実行委員会運動に分断を持ち込むもの」と断定しています。「泉州が主催、兵庫側が協賛」という提案がどうして「破壊」「分断」になるのでしょうか。
 そして議論があり「7月集会は泉州住民の会主催は止められないという意味で認める」「兵庫の住民団体の対応は協議して決める」と永井代表がまとめ、承認されたのです。
3.泉州住民の会は、湾岸共闘を維持していくために努力してきました。泉州住民の会役員は兵庫側住民の言葉、態度に疑問を持っていました。ある年に役員から「どうして標語側の人らに、あんなにえらそうに言われるのか。お互い対等ではないのか」という怒りが表明されました。国賀事務局長は「兵庫は運動の先輩だし、色々教えてもらっているから辛抱してください」と説得しました。他の役員も多かれ少なかれそういう感想を持って帰りました。その結果、次の年からは行きたがらなくなります。その繰り返しでした。
 国や府、市、民間資本らの様々な攻撃に対して闘っている主体は地元の泉州住民の会です。その中で運動を大きくしてきているのも泉州住民の会です。残念ながら兵庫側は毎年同じ顔ぶれです。それなのに「どうして泉州住民の会が指図されるのか」という思いが蓄積されてきた歴史です。
 特に7月21日関実研修会が決定的でした。7・13関空集会でおきたヤジの件で、泉州住民の会の4人には知らせずに、他の参加者全員に知らせて「動議」を松原さんが提案し、司会の安藤さんがそれを取り上げ、泉州をやっつけようとしたことです。そんな陰謀をしたときから信頼関係は完全に失われます。当然にも激しい議論になりました。泉州住民の会は、怒って帰りました。
 この日は、萩原進三里塚反対同盟事務局次長が参加されていましたので、事実経過はご存知と思います。
4.泉州住民の会は、毎年総会を開いて役員を選出し、方針を議論しています。今年の総会んは60名が参加し、30代の役員が2人増えました。関西合同労働組合泉州支部が住民の会に加入し役員を2人出しました。その結果、役員は14人になりました。役員は、それぞれ役割を担って総会を成功させました。
 付け加えて、毎年総会をやって役員、方針を決めている団体は、泉州住民の会以外にはありません。
 そういう意味でも泉州住民の会が関空反対集会を主催するというのは、ごく常識的なことであると考えています。
5.兵庫側住民団体および関実による「声明」は事実をねじ曲げた主張です。
 兵庫側住民団体には、「声明」を撤回されるように要請します。そして7・19関空集会に協賛して参加されるよう要請します。
2009年6月17日 関西新空港絶対反対泉州住民の会 事務局長 国賀 祥司

泉州の言い分もわからいでもないが・・・昨年の7・13の「ヤジ」はひどかったsign02と聞いておるが、「どちらが、どの程度ひどかったのか、非難される・・・怒鳴られる・・・べきはどちらなのか、今のところ私にはわかりましぇ~ん(^^)(^^)//
でも、話し合い不足の中(この責任は、関実側にもあると思うが)、あくまでも「泉州の主催」をごり押しするのは「分裂」「分断」ではないのか、「団結」はどこに行ったのかsign02sign02

で、三里塚芝山連合反対同盟から、全国に当てて声明が出ている。

三里塚芝山連合空港反対同盟声明
三里塚闘争は暫定滑走路北延伸攻撃、市東さんの農地強奪と闘う決戦に入りました。反対同盟は空港絶対反対、一切の話し合い拒否、農地死守、実力闘争を断固として掲げ軍事空港建設を、阻止する決意を新たにしています。
この戦いは労農学と沖縄、北富士、日本原などの反戦反基地闘争反差別、反権力の戦いなどとの共闘によって作られてきたのであり新たに迎える決戦も、幅広い労働者、市民との連帯なくしてありえません。この時に、泉州住民の会が関西実行委員会「湾岸住民共闘」から離脱する動きが表ざたになりました。
7月関空闘争はこれまで湾岸住民4団体が主催し反対同盟が協賛して続けられてきました。永井代表を始め全ての役員の説得を聞き入れられず泉州単独開催を押し切ろうとする姿勢は、闘いに亀裂を生み出すもので、あると受け止めざるをえません。
反対同盟は動労千葉と「車の両輪」を誓ってきましたが、これと同じように関西実行委員会とも東西の両輪として深い共闘関係を結んできました。その関西実行委員会の内部に亀裂を生む今回の事態は反対同盟の問題でもあると受け止めます。
事実泉佐野単独主催の闘争にも、反対同盟は協賛を求められています。
反対同盟の態度表明が避けられないと考え、事務局協議の結果、以下の事を確認したので明らかにします。
1}反対同盟は6月5日付けの関西実行委員会の声明を支持する。
2}湾岸4団体が主催してきた7月集会を泉州単独で開催するなら反対同盟は協賛できない。
3}泉州住民のみなさんが関西実行委員会「湾岸共闘」に復帰することを反対同盟は心から要請する。
4}泉州住民の会がこれを受け入れないのであれば、反対同盟は共闘関係を続ける事ができない。
5}三里塚闘争に亀裂をもたらす行為は断じて認められない
 2009年 6月 18日

兵庫と泉州がきちんと話し合って、湾岸共闘を復活させ、新たに関空闘争、三里塚闘争を盛り上げていかなければならないのだ~up


|

« 関西発ムーンライト全廃を弾劾する! | トップページ | 阪堺電軌、起死回生の浜寺―天王寺直通か »

たたかいとかくめい」カテゴリの記事

コメント

鈴木加世子さんのブログ「農家便り」6月27日付け「農家も苦しい」も、参考になります!
φ(._.)

投稿: α | 2009年6月24日 (水) 07時44分

>これまで集会の準備、宣伝、動員、などなど全部泉州住民の会でやってきたことであるし、兵庫側は当日に参加するだけで、実質的に泉州住民の会が主催してやってきたからです。

大岡裁きみたいな、たちばはいややな。こんなん可笑しいと思わないかい。
最初から自分たちがやっていたなら、最初から主催だろうに。また、国賀の話には、三里塚の話は、全く無しだ。
まあ、もう三里塚は関係ないよと言う立場のようだから。それもさもありなんだな。

投稿: 考えて | 2009年6月25日 (木) 11時08分

国賀氏は、第一回目の選挙の時、寝屋川の同志会の仲間が、解同本部派に拉致・監禁・テロられながら、それを乗り越えオルグに入ってくれた事を忘れてしまったのでしょうか?!自らを支えてくれた人達、自らの議席の意味を、もう一度再考すべきではないでしょうか?!

投稿: α | 2009年6月26日 (金) 00時28分

怒鳴られたから、怒鳴る。やくざの話だ。
一体、なぜ怒鳴られたか?考えない。
注意されたりしたら、理由があるだろうに、その事は書かない。
こんな理不尽を国賀はやっているんだ。
もう何でもありだ。

投稿: 考えて | 2009年6月26日 (金) 10時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1094529/30247212

この記事へのトラックバック一覧です: 7・5三里塚現地闘争の前に、えらいことになっている:

« 関西発ムーンライト全廃を弾劾する! | トップページ | 阪堺電軌、起死回生の浜寺―天王寺直通か »