« モスクワ川クルージング | トップページ | 内科はなんもありませんでした »

次はどこか?

トロツキーの「次はなにか」ではありません。
海外に行く金とヒマがあれば、どこへ行こうか・・・というお話。

人間の欲望は限りないもので(^^)/行きたい所、乗りたい鉄道はアレコレある。
台湾の新幹線、韓国KTX、中国も鉄道大国だし、高速鉄道も続々開通している。
シベリア鉄道も完乗したいし、そのときは旧満鉄跡をたどって、中国経由で行きたいものだ。バム鉄道なんてものも、あるぞtrain
モスクワから欧州縦断して、ポルトガルまで行くとか、ユーレイルパスも使ってみたい。おお、英仏海峡も渡らねば・・・

モスクワやサンクトペテルブルクも、まだ見足りんsign03、モスクワでトラム乗るぞ~メトロ完乗するぞrock
もちろん、アエロエクスプレスにも乗るぞ~ピーテルでは、ちゃんと空港リムジンバス乗るぞbus
北の果てではないが、アルハンゲリスクに行ったりして(^^)(^^)

なぜか、インドや東南アジアが無い・・・それは過去にベトナムに行って、腹こわしてきたから(^^;;;
ホーチミン~ハノイ間の統一鉄道に乗るべく出かけたのだが、2日目の昼ごろから腹具合がおかしくなり、何か食ったら出るdownwardrightという始末・・・おかげでフランスと中国という東西料理大国の影響下に発展した、ベトナム料理をほとんど堪能することが出来なかった(^^;;;;まあ、統一鉄道は乗ったし、ホーチミンたんにも会ってきましたが。
帰って空港で検疫、腹こわしていると正直に申告し、検便・・・トイレに行き、自分で肛門に綿棒を突っ込んで検体を採取し、提出・・・「赤痢とコレラだったら、1両日中に連絡行きますからね~。あと他の食中毒かなんかだったら連絡は行きません、結果が知りたければ、電話してください。」とのこと。
とりあえず実家に帰ることに。おかんに「やばい病気かも知れんから、消毒薬と逆性石鹸買っといてくれ~」と電話しておく。ところが帰ったら、あっと言う間に下痢は止まり、普通のお通じに戻った。
まあ、「旅行者下痢」というところか。やっぱ暑かったからなぁベトナム・・・と、いうことで、暑いところはパスsun
大日本帝国が「北進」か「南進」かで意見が分かれていた時代に、帝国主義者として生きていたら「北進」を主張しただろうなぁ~snow

しかし「リベンジ・ベトナム」というのも捨てがたい。これも中国から国境越えをやるとか、ベトナム人民がフランス帝国主義を破った、ディエンビェンフーに行ってみるとか、いろいろ考えられる。

おお、朝鮮半島に真の平和と統一が訪れたら、やはり釜山~新義州の「統一鉄道」に乗ってみたいぞ(朝鮮半島経由、ウラジオストックでもいいが~~)

平和に鉄道旅行を楽しむため、帝国主義を打倒し、朝鮮半島の革命的統一を成しとげようrock

|

« モスクワ川クルージング | トップページ | 内科はなんもありませんでした »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1094529/30419829

この記事へのトラックバック一覧です: 次はどこか?:

» 『いつかモイカ河の橋の上で』 中野吉宏 著 (第三書館) [エルミタージュ図書館]
 副題は「会社を休んで59日間 地球一周」とある。  大学を出てフリーターをしながらお金を貯め小さな会社をつくった30代後半の男。一生懸命働くものの不景気も手伝い気持ちは空回り。ちょっとした出来事がきっかけとなり、突然、仕事を放り出し、大学時代以来2回目の海外旅行に出る。出発は大阪港からフェリーで上海へ。そこから鉄路シベリアを経由しロンドン。さらにアメリカも東海岸から西海岸まで大陸横断鉄道で移動し、成田へ。仕上げは「ムーンライトながら」だ。  道程も、日々、仕事に追われるサラリーマンにとっては魅... [続きを読む]

受信: 2009年7月 8日 (水) 00時07分

« モスクワ川クルージング | トップページ | 内科はなんもありませんでした »