« なんやねん | トップページ | 選挙方針とバッテンをつける運動の補足・・・ »

オバマ粉砕!ネタ

オバマ大統領は、プラハで核軍縮に力を入れると演説したそうだが、自国の核大量保有をそのままにして、核軍縮などナンセンスである!。
な~にが、「オバマジョリティー」じゃいsign03
粉砕あるのみpunch

福井県小浜市に行ったら、「I heart OBAMA」せんべいなるものが売っていた。
Pict0003
こんなん・・・
そろそろ賞味期限が切れるので、食うことに(^^)/
Pict0004_2

Pict0005

「ふんさ~い」・・・△◆バリバリぼりぼり・・・・×◎●・・・・・・・・・

まあ、「なんとかサブレ」みたいな感じのお菓子でした。

中の紙には、こんな文言が。

小浜市にオバマ氏から礼状が届きました。

小浜市の皆さんから支援と激励への感謝をお伝えしたいと思います。心温まる贈り物も、ありがとうございました。

小浜市は、豊かな文化と深い伝統、自然美に恵まれたトしだとお聞きしています。私たちの世界がますます相互に緊密になる中、選挙での私たちの議論が遠くはなれた皆さん方へも届いているのは、とてもうれしいことです。
私たちの共通点は、単に同じ名前であることだけではなく、同じ地球において同じ責任を抱えていることだと思います。
私たち両国の友情をこの先も大切にしつつ、より素晴らしいより自由な世界の実現を約束しあおうではありませんか。

皆さん方の友情に満ちた行動に感謝いたしました。皆さんのご多幸をお祈り申し上げます。

あなたの友人  バラク・オバマ  February 21,2008

だと

|

« なんやねん | トップページ | 選挙方針とバッテンをつける運動の補足・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

>自国の核大量保有をそのままにして、核軍縮などナンセンスである!。
同意w

投稿: 核武装論者 | 2009年8月22日 (土) 15時16分

内乱鎮圧に核を使用する帝国主義は、いません!皆殺し兵器の核であるからこそ、口頭では、核軍縮を言い、核の脅威による支配をかんがえるのです。「核武装論者」などと自称して反動的投稿を続けている事自体、帝国主義者の手代として生きていることを表しているんだ!恥ずかし!!!

投稿: | 2009年8月23日 (日) 12時14分

はじめまして、風と申します。
極左のシンパをやっております(笑)

まったく、オバマ演説は偽善ですな。
古くなって捨てたくて仕方がない核を廃棄して、核廃棄のアリバイ一丁あがり。人民をバカにしていると言わざるを得ませんな。。。

投稿: | 2009年8月23日 (日) 21時00分

風さんコメントありがとうございます。
オバマ演説の偽善性・インチキ性はトコトン暴露しなければなりませんね。
それと同時に「オバマジョリティー」に賛同している、「反戦・反核」にまじめに取り組んでいる人たちと粘り強く共闘し、獲得してゆかねばなりません。「体制内だ~、決別だ~」と罵倒を浴びせているだけでは、ダメですね。
ブログも、拝見させてもらいますよ。

投稿: GO@あるみさん | 2009年8月23日 (日) 22時42分

>オバマ演説の偽善性・インチキ性はトコトン暴露しなければなりませんね。
それと同時に「オバマジョリティー」に賛同している、「反戦・反核」にまじめに取り組んでいる人たちと粘り強く共闘し、獲得してゆかねばなりません。「体制内だ~、決別だ~」と罵倒を浴びせているだけでは、ダメですね。

そういうことか?
だけど批判はキチンとどんどんしなければね。それと、どうして、「オバマジョリティー」などとでてきたのだろうか?
核兵器のない世界と言うことを、とにもかくにもオバマは言ったと言うことか?
ブッシュでは、絶対に言わなかったと言うことか?
いずれにしても、核兵器大国が、何を言うか!と、怒るべきでしょうね。

投稿: 田中 | 2009年8月24日 (月) 08時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1094529/31055331

この記事へのトラックバック一覧です: オバマ粉砕!ネタ:

» ケノーベルからリンクのご案内(2009/08/23 10:09) [ケノーベル エージェント]
小浜市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

受信: 2009年8月23日 (日) 10時09分

« なんやねん | トップページ | 選挙方針とバッテンをつける運動の補足・・・ »