« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

酒を買う

酒を買う
実家の掃除が大体終わったので、正月用の酒を買いぬ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

蒸気機関車館訪問闘争

Pict0018
24日に実は、足を手術した病院に来るよう言われていたので、ついでにお休みにしたんですね。で、午前中の早い時間に終わったものですから、梅小路蒸気機関車館に行って来ました(^^)/
関西に居るにもかかわらず、来たことがなかったのですね。
Pict0002
京都駅からバスに乗って、梅小路公園前で下車。少し歩いて山陰本線の高架橋をくぐると、旧二条駅の木造駅舎が迎えてくれます。

Pict0003
動輪でございます。

Pict0004
注意書き・・・保存されている蒸気機関車に触ると、手や服がよごれるのだそうです。実際、油とかついております。
入館料400円を払って、中へ。窓口の人が、サンタの服を着ておりました。
駅舎の中にもいろいろ展示されておりましたが
Pict0006
投炭練習機・・・だそうです。ボイラーの火室に均等に石炭をくべる訓練を、この装置で行ったとか。

Pict0005
C11実物のカットモデル。汽笛を鳴らすことができますup
その他、梅小路機関区のジオラマなんかもあります。

Pict0007
駅舎の中のものを見たら、いよいよ保存蒸機のある、扇形車庫へ。炭水車の後ろがズラ~っと並んでおります。

Pict0012
前へまわると、こんなん…C53です…前の飾りは、余計sign01

Pict0011
やっぱ、間近で見ると、でかいですねぇ~happy01

Pict0008
運転台に上がることもできます。

Pict0013
C59

Pict0020
壮観ですなぁ~

Pict0026
上のほうから眺めることもできます。

Pict0028
なるほど、こうやって排煙していたのですね。

Pict0015
動輪が2軸の、B20形と50形客車
50形客車は休憩所として使われているのですが、いかんせん保存状態は良くないので塗料があいこちはげています。

Pict0037
つばめマーク

Pict0038
クリスマス気分満載

Pict0030
中に飾られているNゲージも、クリスマス気分

Pict0016
多分、C57-1と…

Pict0046
D51-200と、スハ43客車・・・客車はボロボロです。

Pict0047
今日の動態運転イベント「SLスチーム号」は、8620形です。ちなみにSLスチーム号の運転は、11時、13時半、15時半の3回、別途200円が必要です。

Pict0052
ばい煙のしぶきが散るので、注意とのことcoldsweats01

Pict0056
蒸気を上げています。蒸気機関車は、釜に石炭をくべて、お湯が沸騰して蒸気にならないと動かない・・・4時間はかかるそうで、電車や気動車のように、スイッチ一つで発車というわけにはいかないんですね。

Pict0024
疲れたので、50形客車休憩所へ・・・なつかしのボックスシートと扇風機の列でありますが、無粋なエアコンが並んでいて、ちょっと残念ですな。

Pict0055
人が少ない時のボックスシートの座り方は、こうでしょclub


| | コメント (1) | トラックバック (0)

09クリスマス粉砕闘争

酒飲む気も、あんまり起こりませんbar
Pict0096


| | コメント (2) | トラックバック (0)

富山で路面電車路線復活!

本日、富山市内を走る富山地方鉄道の路面電車が、復活train
毎日jpより
路面電車:環状運転が復活、コンパクトなまち目指し 富山

「車の要らないコンパクトなまちづくり」を目指す富山市で23日、路面電車の環状運転が37年ぶりに復活した。高度成長期、路面電車は全国で廃止が相次いだが、路線の復活は極めて珍しいという。
 市の中心部に約940メートルの線路を新設し、既存の路面電車と接続。市役所や商店街などを囲むように、低床型のLRT(次世代型路面電車)を10分おきに走らせる。新設部分は市が線路を敷き、民間会社の富山地方鉄道が線路を借りて電車を運行する「上下分離方式」を採用した。
 同市では72年まで路面電車が環状運転していたが、市が中心市街地活性化や高齢化対策の一環で復活に取り組んだ。【小林祥晃】

おめでたいことである(^^)(^^)(^^)///
ちなみに愛称は「セントラム」だそうで・・・「せんとくん」かよsign01

富山では、JRが切り捨てた富山港線をLRT化して、「富山ライトレール」LRTとして復活させた所。
北陸新幹線開業のため、富山駅は高架化の予定があり、そのときに駅の北側にあるライトレールと、富山地方鉄道の路面電車を直通させ、ネットワークを充実させようという構想もあります。

な~んで、大阪の堺市では、できんのかいsign02

とはいえ、富山市も「平成の大合併」で、思いっきり市域が広がっています。
高山線における、JR西日本とJR東海の境界・猪谷まで富山市です。猪谷駅からは、かつて神岡鉱山まで神岡鉄道が伸びておりました・・・そんなところまで・・・
で、asahi.comの紹介記事には

(前略)富山県は現在、1世帯あたりの自動車保有台数が1.72台と、全国2位のマイカー王国だ。一方、人口は郊外に広がり、市街地の人口密度は30年で3分の2に減っている。  市は将来の高齢化を見越し、「脱自動車」に向けた施策に乗り出した。2006年から市北部で全国に先駆けて次世代型路面電車を運行。衰退した中心市街地で住宅を購入する人に50万円を補助する。来春には今回の環状線と連携して、パリを手本とした自由に乗り降りできる自転車レンタル事業を始める。これで、路面電車の電停から離れた場所でも自転車に乗り継いで出かけられ、公共交通で日常の用を足せるようになる。  森雅志市長は、開業する路面電車をコンパクトな街づくりの象徴と位置づける。「郊外に造ってきた施設も、路面電車の周辺に集約する必要がある」と話す。(久保田一道)

「コンパクトな街づくり」が出来るのか・・・あと、富山って冬、雪が多いんですな。自転車レンタル事業ってどうなんだろう。
路面電車の終点は、大学前。全学連拠点大学sign02の富山大学のスグ前です。
全国の鉄ヲタ共産趣味者は注目し、観察しませうhappy01


| | コメント (0) | トラックバック (3)

山形スクリーム

年末年始、見たい映画は、特にナシ・・・
ということで、今年見たいちば~ん面白かった映画、竹中直人監督「山形スクリーム」(去年が「光州5・18」で、今年がこれかよsign02

002
「バカバカしい映画を作りたいっ!」と始まった、竹中監督6作目・・・バカバカしくて面白すぎ~
都立紅女子高歴史研究会の女子高生、岡垣内美香代…おかがいとみかよ…(成海瑠子)ら4人と引率の先生が、落ち武者の里として知られる?山形県御釈迦部村にやってきた。村おこしのため、落ち武者の眠る祠を倒すイベントの真っ最中…祠を倒して新しい「スーパー祠」を建立するのだと…祠を代々守ってきた与藻須賀三太郎…よもすがさんたろう…(AKIRA…EXAILEのパフォーマーって、何sign02)は体を張って反対するも、却下!いっしょに暮らしている祖母の与藻須賀トメコ(由紀さおり)が重機で倒されそうになるのを美香代が助けるも、あえなく祠は倒されてしまいます。
 で、そんなことをしたら…落ち武者が甦ってくるわけですね(^^)/ 平家の侍頭、葛貫忠経…つづらぬきただつね…(沢村一樹)と山崎田内左衛門…やまざきでんないざえもん(竹中直人)ら4人の家来達が。村人達が斬殺されます。「ものすご~く痛い!」しかも殺生が嫌いな家来、夏彦(デビット伊藤)が、死んだ村人に息を吹きかけ、ゾンビとして甦らせたからたまらない。ゾンビも「ぎょい、ぎょい」と襲ってきます。落ち武者たちは、一行の泊まっているホテルにもやって来て、葛貫は生前の恋人にそっくりな美香代をさらっていきました。どうなるのか!
三太郎と女子高生3人と、落ち武者・ゾンビとのバトルが始まるわけですね。
主役の成海瑠子や、落ち武者相手にチェーンソー振り回す波来前胸恵…はらいぜんむなえ…(ってなんちゅー名前じゃ、ちなみに役は波瑠、何だこりゃ)もいいんですが、注目はこの娘
003
だっさいけれども、ちょっとメガネ萌え~virgo
彼女の名前は、敏酒圭…びんしゅけい(これまた、なんちゅー名前じゃい!)…改造大好き!で、ケイタイを改造した光線銃で、ゾンビと対決(でもゾンビって、基本的に死なないんですね)ビーン
誰が演じているのかと思ったら、紗綾とかいうグラビアアイドル。なんでも12歳のときからグラビア出演、スーパー小学生(これまた何じゃい)と呼ばれたそうな。髪はストレートロング、瞳はパチ…えっそうなの?全然違うやんか。竹中監督、すごいキャスティングっ、変身というか、参りました。

結局、この紹介かよ~coldsweats01
落ち武者、ゾンビバトルは、トメコの唄う歌がキーとなって、全面解決up
001
その他、竹中監督がちりばめた、大ネタ、コネタ多数あり。
(写真はパンフよりスキャンしたもの)


| | コメント (1) | トラックバック (0)

ダグラス・ラミスさんが語る基地のこと普天間の移設と沖縄の負担

集会のお知らせ

ダグラス・ラミスさんが語る基地のこと普天間の移設と沖縄の負担

 と き  2009年12月22日(火) 午後6時半開場、7時開会
 ところ 平尾沖縄会館
      JR大正駅または地下鉄大正駅下車。
     市バス5番4番のりばより乗車の上「平尾」で下車
 講 師 ダグラス・ラミスさん(沖縄在住)
 1936年、サンフランシスコ生まれ。カリフォルニア大学で政治思想史を学び、1960年に海兵隊隊員として沖縄に駐留、翌年除隊。政治学者。80年から2000年まで津田塾大学教授。現在、沖縄国際大非常勤講師。著書に『憲法と戦争』(晶文社)『経済成長が無ければ私たちは豊かになれないのだろうか』『憲法は政府に対する命令である』(以上平凡社)『普通の国になりましょう』(大月書店)他多数
 
 参加費 1000円
 共 催 沖縄に基地を押しつけない市民の会
      辺野古に基地を絶対つくらせない大阪行動

【連絡先】 関西沖縄文庫
 〒551-0011 大阪市大正区小林東3丁目13-20
 Tel/Fax (06)6552-6709

朝鮮学校への攻撃を許さない!12・22緊急集会
と重なります・・・うむ

22日は出先から帰ってくるのが遅くなりそうなので、参加ができませぬsad

| | コメント (0) | トラックバック (1)

路面電車を守った労働組合のその後

路面電車を守った労働組合
路面電車を守った労働組合(続き)
の、続きです(^^)
 1980年に広電支部の組織率が第二組合を上回り多数派となった。第二組合の併合も目標に上がってきたわけだが、小原は「裸統一」…すなわち両組合が上部組織(広電支部は当時の総評、第二組合は同盟傘下である)を脱退して企業内で統一すること…は全く考えていなかった。広電支部で労働者を組織できるのだから、第二組合には遠慮はいらないということだ。だがこの闘いの勝利を見ることなく、1990年3月31日に小原は定年退職となり、組合活動からも隠退した。(どこぞやの組合の長が、「顧問」と称して院政を敷くのとはエライ違いでもあるが…^^)
 1989年総評解散・連合結成の流れから、広電支部と第二組合も93年に「統一」することになるが、それは両組合の幹部が話し合いを繰り返した後、一旦両組合が上部団体を脱退し、統一後に一定期間おいてから連合傘下の私鉄総連・私鉄中国地方労働組合に加入する「裸統一」であった。
 90年代の規制緩和攻撃が激しくなる中、後継者が若くして病で亡くなったこともあり、広電支部は長時間過密労働を許す「変形労働時間制」を許してしまう。これは週休2日制にする変わりに、これまで1日単位で計算されていた労働時間を、1ヶ月単位で通算することで、会社側がダイヤや勤務の組み方の自由度が高まり、労働者にとっては勤務日の拘束時間が長くなってしまうというものだ。1日の労働時間は7時間半と決められているので、「中間解放時間」という、低額の手当てと引換えに労働者を拘束する時間を設けたことが、過密労働と減収を招いた。変形労働時間制の中で、ダイヤの組み方を乗務員にとって働きやすいものに変えていく闘いが取り組まれ「現場協議」が繰り返された。
 バス部門の赤字が続き、団塊世代の定年退職により人員が不足するも会社が新規採用をしぶり労働強化が続く中で2001年、会社側は人員補充策に「契約社員制度」導入を提案してきた。ここで特筆されるのは、苦渋の選択で広電支部がこれを認めるにあたり、契約社員を「正社員への登用」を条件としたことである。全契約社員を組合に加入させ、組合員としての権利・義務をほぼ平等にし、毎年の春闘で契約社員の賃上げにも取り組んだ。契約社員導入翌年の2002年には「契約社員の正社員化」を要求してストライキを構え、「採用後3年を経た契約社員を正社員化する」という労使協定が締結される。
この段階でも正社員登用はするがあくまでも「正社員Ⅱ」という扱いで、差別は残ったが、広電支部は「完全正社員化」をめざして交渉を続けることになる。2006年度にバス部門が黒字に転化したこともあり、2006年秋闘において「正社員と契約社員の賃金体系と労働条件の統一をめざす」ことで労使が合意した。そして2009年春闘で、全契約社員を正社員とし、賃金体系と労働条件を統一する、契約社員制度を廃止するという会社提案が出された。正社員の一部(50歳代後半)の一部に現状よりも賃金が下がるというデメリットもあったが、調整給の支給や定年延長を要求し「契約社員の完全正社員化」が勝ち取られたのである。

 大きな組織(総評・連合)がバックにあること、「損益分岐点」…会社が黒字になることを考えるということなど、今求められている労働運動に全て適用できるわけではないが、学ぶことも多い広電支部の闘いを「組織者 小原保行」を通して紹介する本のレビュー(みたいなもん)は、これで終了happy01

そーいえば
広島電鉄鷹野みゆきタンも、私鉄広電支部の組合員なんだろーかvirgo
Pict0006

| | コメント (1) | トラックバック (0)

基地建設反対闘争の今後

旧聞でございますが、毎日jpより
普天間移設:先送り決定・・・社民反対で「来年5月」合意せず

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題で、政府は15日午前、首相官邸で与党党首級による基本政策閣僚委員会を開き、移設先は当面決めずに先送りし、与党3党で協議機関を作って検討する方針を決めた。キャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市)に移設する現行計画に沿った移設先とする可能性も残している。
 結論を出す時期については平野博文官房長官が「来年5月まで」との案を示したが、社民党の福島瑞穂党首が議論に十分時間を尽くすよう求め、一致しなかった。ただ福島氏は終了後、記者団に「ある程度期限はあるというのが了解事項だ」と述べており、一定程度の期限を設定することは合意された形だ。(以下略)

辺野古への基地建設という「日米合意」を見直す意向があるようなので(多分水面下でいろいろ交渉したりするのだろう)、あるみさんズの「鳩山打倒宣言」は今年中には出さずに済みそうだが・・・

「普天間移設」関係の報道は少なくなっていき、人々の関心が薄れていくことになるだろうが、ここでもう一度原点に返り、辺野古に基地をつくらせない、普天間基地は無条件撤去という闘いを押し進めよう。

その上で・・・こちらのエントリーにも書いたように、あるいはこのブログにリンク貼り付けている神浦元彰さんのHPなんかを見ていると、米軍は前方展開戦略を見直し、軍事力そのものはグアムやなんかに大規模に撤退していくのだろう(ま、海兵隊はグアムでは演習も駐留も狭すぎる、辺野古にでっかい基地を作ってもらえればラッキーというところか)。そのことをふまえた「日米同盟」がどうなるのか。
 沖縄も含め、自衛隊の基地や民間空港・港湾を「有事」に米軍が使用することができるようにする。また、米軍とともに自衛隊がともに世界中(もうすでにイラクやインド洋で行われており、ソマリア沖まで自衛艦は出かけていっている)で参戦する体制が、益々強められるということだ。
 で、巷で話題になり、我らが橋下知事も言及している「関西空港米軍活用論」が、具体的な形となって表れるであろう。鳩山政権の「日米合意」見直し・・・より良い同盟関係をつくる(かつ沖縄の負担軽減という大義名分もかかげながら)ために、関西空港で米軍演習、さらには日米合同演習から、関西の3空港や大阪港・境泉北港なんかを使用した演習が行われるようになる(演習を本州で行うからと言って、沖縄に米軍基地があれば、そこから関西に飛び立つのも演習のうちだから、騒音なんかの被害は少なくならない。)

沖縄・辺野古への基地建設反対闘争を推し進めながら、多くの人々と交わり、大阪・関西の海と空を、軍事に使わせない闘いの取り組みが求められるのだ~sign03

がむばりましょうhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

路面電車を守った労働組合(続き)

路面電車を守った労働組合の続き

 私鉄総連中執の任期は3年、広島に帰郷した小原と広電支部の、労働条件を獲得し、大幅賃上げを勝ち取るための闘いは続く。会社側がストを打たせないため、バスをどこかにこっそり分散して配置する、それに対抗してストを打ち、ピケを張る。第二組合員がスト破りするのを止めるよう説得活動を行なう、職場内でも徹底的に議論する等を通じて、少数派ではあっても広電支部は運動の主導権を握り、1967年以降は大手私鉄並みの賃上げができるようになった。
 一方モータリゼーションの進展とともに、路面電車は定時運行が難しくなり、会社でも邪魔者扱いされる。路面電車の運転間隔を空ける、終電時刻を繰り上げる、新規採用を行わないなど、会社は路面電車撤去の布石を打ってくる。はじめは会社の提案が労働時間短縮となるため、人員不足に悩む職場労働者から歓迎されるようなものでもあったのだが、「終便時刻の切り上げも、運転間隔を開けることも、そのようにして客離れをひきおこして、路面電車の幕引きをねらっているということだ」(p192)だが支部としてこれらの会社提案に反対しようと機関で意思統一しても、職場労働者の間で大変な議論となった。だが雇用確保そして利用者の足を守るため、広電支部は「電車の機能を高める闘い」を「交通政策闘争」と位置づけ、取り組んだのだ。
 この闘いは「対企業闘争、対自治体闘争、内部運動」の3本立てで行われた。このうち「対企業闘争」は会社側に対して利用者を増やすためいろいろ提案し、実施すること…例えば広島駅前の乗降ホームに電車を二両配備すること、交差点に「観応信号」を設置することなど…「対自治体闘争」とは県や市に協力を求めて公共交通の利便性を高めるよう要請すること。広電支部が重視したのがマイカーの軌道敷内の乗り入れを禁止する県の公安条例の実現や、バス優先の右折専用レーンの設置である。「内部運動」というのは、会社の終電繰上げ、運転間隔拡張などの「労働時間短縮」合理化案を振り切り、従来どおり終電時刻午後11時を堅持することや、従来の運転時間を守ることを提案して「働き度を高める運動」を展開したことである。
 1971年12月1日に道路交通法が改正されてバス専用レーンの設置が認められると同時に、県公安委員会がマイカーの軌道敷内侵入禁止を施行し、路面電車のスピードが徐々に回復し、利用者が戻ってきた。そうすると路面電車部門が黒字になって、会社が路面電車を残すことに懸命になってきたのだ。
 「会社というのは損益分岐点を境にして、モノの考え方がコロッと変わるんです」と小原は言う。「『損益分岐点』が労使交渉の天王山だ、労働者が知恵をふりしぼって、会社側よりももっと上手に経営をやってみせる、そして、黒字経営を実現してみせる。そのことによって職場と雇用と労働条件を守るのだ。」(p199)という発想である。
 「損益分岐点」の考え方や「働き度を高める運動」について、市場競争に労働者を巻き込むことに繋がり、また必ずしも利用者が増え、黒字になる企業・業種ばかりでもないから、公共企業を守る運動や、労働運動にそのまま当てはめることは出来ない。特に労働運動について、現在問題となっている派遣切りのような非正規雇用に対する首切りや組織化については「会社の黒字化sign02何を言うてんのだangry」ということになる。ここは「労働者が経営を行う」ことを考えるのが大切だ…ということにしておこう。

 路面電車を守る闘いは15年ほどかかっているのだが、これが進むうちに、路面電車部門で少数派だった広電支部が多数派に変わってきた。
つづくよ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝鮮学校への攻撃を許さない!12・22緊急集会

メールで流れてきたのを転載です。

###転送・転載大歓迎!!### 12月4日、「在特会」と称する排外主義者の一団が行なった、京都朝鮮第一初級学校への攻撃に抗議し、こうした攻撃を許してしまった日本社会の排外主義を問う集会を、12月22日(火)の夕方に開催します。多くのみなさまの参加を呼びかけます。 ※下段には朝鮮学校の子どもたちへの激励の呼びかけを載せてあります。

  -----≪朝鮮学校への攻撃を許さない!12・22緊急集会≫-----
            ―日本社会の排外主義を問う―

【開催趣旨】
◆一団のおこない◆
12月4日、現在各地で排外主義を煽るデモや情宣を行ない、市民運動などの集会を妨害してまわる「在特会」が、京都朝鮮第一初級学校への襲撃を行ないました。「公園を不法占拠している」という言いがかりをつけ、拡声器で聞くに堪えない差別的な言葉をはき、子どもたちを脅迫するという許しがたい行為です。
この日初級学校では、京都第一、第二、第三、そして滋賀の初級学校の子どもたちが集まって交流会を行なっていました。子どもたちは大音量で自分たちを侮辱する言葉を浴びせられ、不安をつのらせ、泣き出す子どもまでいて、交流会場はパニック状態になってしまいました。これに対して、警備要請を受けて出動した警察官は、在特会を何ら規制しようとはせず、好き放題にさせました。私たちは在特会のこのような行ないを決して許しません。

◆日本社会全体の問題◆
同時に私たちは、この問題が一部の排外主義者の集団だけの問題ではなく、それを許してしまった日本社会全体の問題であると考えます。今回の事件は、間違いなく現在の日本社会の排外主義的な土壌の上で起こったものです。
 「いまこそ“日本社会の良識”を問うべきだ」
事件に遭遇された保護者の方のこの言葉を、特に日本人は痛烈な反省をもって受け止めなければなりません。

◆集会へご参加を!◆
そこで私たちは、今回の事件に抗議し、日本社会の排外主義を問うため、以下の要項で緊急の集会を開催することにしました。在特会は、1月や2月にも、再び朝鮮学校を攻撃すると予告しています。この集会を通して、在特会に抗議する声を大きくおし広げていき、生徒たちを激励し、朝鮮学校jへの攻撃を二度と許さないたたかいをともに推進していきたいと思います。平日の開催ではありますが、できるだけ多くの方の参加を呼びかけます!!

----------------------------要項----------------------------

日時:12月22日(火) 19:00~21:00(開場:18:30)

場所:京都会館 会議場
  http://www.kyoto-ongeibun.jp/kyotokaikan/map.php
  住所:京都市左京区岡崎最勝寺町13番地
  TEL:075-771-6051(代)

【電車・バスでお越しの場合】
地下鉄東西線「東山」駅 下車 2号出入口より北へ徒歩約8分
京都市バス 5・32・46系統 「京都会館・美術館前」 下車すぐ
京都市バス 31・201・202・203・206系統 「東山二条」下車 東へ徒歩約3分

【車でお越しの場合】
京都会館には駐車場はございませんので,岡崎公園市営地下駐車場か、みやこめっせ駐車場をご利用ください。
(有料:乗用車1時間以内500円,以後30分ごとに200円)
岡崎公園市営地下駐車場(乗用車506台・バス28台)平日上限駐車料金1,300円
TEL:075-761-9617 ((財)京都市駐車場公社)
みやこめっせ地下駐車場(乗用車163台)平日上限駐車料金1,300円
TEL:075-762-2630 ((株)京都産業振興センター)

参加費:無料(会場カンパを要請します)

内容(予定):
朝鮮人側からのアピール
日本人側からのアピール
襲撃の様子を撮影した映像の上映
など

主催:朝鮮学校を支える会・京滋
問い合わせ:江原
075―752-1055(FAX)
mhsuemotoあっとmrg.biglobe.ne.jp(メール)


※襲撃の様子を撮影した映像です。
http://corea-k.net/date/000.wmv
----------------------------以上--------


| | コメント (13) | トラックバック (2)

メシを食うのは大切なことです

土日はほとんど食欲ナシ(^^)(^^)・・・

夕方に、パンやバナナ、おにぎりなんぞを細々と食っておりました。
メシ食いに行く、元気もね~よcoldsweats01

で、メシを食わない → 気力が出ない → メシを食わない の悪循環にtyphoon

やっと朝起きて、病院に行って来ました。

血液検査(またかよsign01)の結果、内科的な問題はナシ・・・ということ
頭もぼぉ~っとするのですが、薬もナシね、当然。

で、久しぶりに食った、「お好み定食(お好み焼き+小ゴハン+みそ汁+漬物+サラダ)」600円也
おお、エネルギーが充填される・・・

ということで、ようやく部屋の掃除やら、洗濯やらができるようになりましたhappy01

某方面の某病気を持った人たちの間では、糖質制限食が話題になっているようです(酒も糖質だそうです^^)//
が・・・ゴハンはしっかり食べましょうriceball

おお、血液検査結果は、悪玉コレステロールが基準値を超えているとのことupwardright

| | コメント (0) | トラックバック (0)

精神がかなりひどい

週なかより、抑うつ状態がひどくなってきた(^^)
水曜日は飲んだのだが・・・昨日の会社の忘年会beerは、欠席

昼すぎまで寝ていたのだが、買い物にでるのも面倒だ・・・

困ったモンですdespair

| | コメント (0) | トラックバック (0)

路面電車を守った労働組合

001
「路面電車を守った労働組合 私鉄広電支部・小原保行と労働者群像」(河西宏祐 平原社)を読み終えた(やっとかよ^^) 組合分裂下、いったん少数派に転落したものの、懸命に闘い多数派を取り戻し、また広島の路面電車を守った私鉄中国地方労働組合広島電鉄支部(以下「広電支部」)の委員長を16年務めた、小原保行の話である。
 小原が労働運動で活躍しはじめたのは、レッドパージ前後ぐらいから。1950年代前半より、私鉄中国傘下の組合に資本攻勢、分裂攻撃がしかけられ、広電支部も1954年に分裂…第二組合が結成される。広電支部の組織率は減り続け、16%台まで落ち込んだ。
 組合役員のなり手がいないため、若干24歳で広電支部の書記長に選出された小原は「30年後には必ず多数派になってみせる。」が口癖だったそうだ。組織者としての活躍が始まる。職場に不満を持つものを秘密に組織し、労働者の権利についての学習会を続け「学習をとおして、職場のなかには労働基準法違反や不当労働行為がいっぱいあることに、みんなが気づいていった」(p72)のだ。
 苦しい時期にも、広電支部は特別時間外手当を求める闘争や、有給・生理休暇取得闘争、さらには女性の結婚退職に反対する闘争に取り組む。また当時、バスは運転手に割り当てられており、新車がもらえるのは会社にとって成績がよい人だということであった。これは第二組合の組合員には新車や比較的新しい中古車を、広電支部の組合員にはボロ車を割り当てる差別待遇に、さらには運転手や車掌を休憩時間や勤務時間外にバスをきれいに洗車する、果てしないタダ働き競争に駆り立てるものとなっていた。広電支部では「タダ働き」を最初は拒否していたが、第二組合に行った労働者の気持ちをつかむため、組合活動家で討論の末、一緒に「タダ働き」を行い、一緒に車を磨きながら話をして共闘の可能性を探る…その上で「タダ働き」の時間を賃金に換算し、不払い賃金として会社に支給を要求する、この過程で市内バスの運転手が70~80名加入してきた。そして配車差別…新車はそれほどたくさんあるわけではないから、第二組合の中にも配車差別がある…を撤廃させるための「配車基準闘争」をストライキも構えて、会社側の恣意の入らない配車協定を締結したのだ。
 と、簡単に紹介してみたが、いろいろと学ぶことは多いぞ。
 少数者が、自分たちだけの権利にとどまらず、いかに大衆とむすびついていくのか?
 組織をつくるための方法(学習会なんか、いいだろうな)とか

 小原はこの後、1963年に私鉄総連中央執行委員として中央に派遣され、私鉄総連からの派遣オルグとして争議を指導する。60年安保闘争の余波もあり、全国的に中小私鉄の争議が高揚した時代で、経営側がそれに対抗して組合分裂に打って出て、労働争議が頻発していたそうだ。「小原の広電における豊富な経験が必要とされた時代だった。」(p139)
つづくよ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ついでに関駅跡に行く闘争

美濃駅を後にして、2005年に廃止になった関駅へ
Pict0021

単なるタクシー待ち合わせ場となってしまいました(^^)(^^)
過古写真は、こちら
003

駅構内には、まだ砂利が残されています。ただ、近くでは撤去工事が進められているようです。
Pict0023

廃止前は、こんなでした。
001
600形電車train

関~美濃間が廃止になってから、長良川鉄道の関駅まで名鉄電車が乗り入れていたんですね。当時の写真
002

線路が無くなって、道路がずいぶん広くなっておりました。ただ、古くからの商店街はさびれたまんまです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

名鉄の美濃駅を見る闘争

先週の岐阜方面のみ会にて、ついでなので1999年に廃止された名鉄美濃町線の美濃駅に行ってみました。
Pict0003
駅舎が残されていて・・・

Pict0006
電車が保存されているんですね(^^)(^^)//

Pict0004
駅舎の中には、いろいろとグッズが展示されております。

Pict0005
こんなんもあります。

Pict0007
逆光ではございますが、モ600形(細長いヤツ)と、モ510形

Pict0012
巡光方向・・・左端のモ870形(札幌市交通局から購入した連結台車を持つヤツ)は、前だけカットして置いてある。

Pict0013
モ590形は、旧塗色にて保存。

Pict0016
台車は、モ570形の発生品のようです。

Pict0008
電車の保存状態はいいのですが、いろんなものが打捨てられたおもちゃ箱のように雑然とあります。
ふらりと観光客が寄ってくるような施設なのですが、管理人がいて料金を取るわけでもないので、運営は大変そうです。おととしと昨年、寄付を集めて○○万円、集まりましたと報告するビラが張ってありました。

Pict0014
ホームには、これまた打ち捨てられたプラレール・・・子どもが遊んでいました。
ラジオ放送が、かけっぱなし。風鈴のようなものがチリンチリンと鳴っていて、天気はいいのに、すご~くもの悲しい雰囲気ですcoldsweats01

Pict0018
こんなのも、いいです。

Pict0019
駅の時刻表。ずいぶん綺麗です。

Pict0001
石碑でございます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

普天間撤去を忘れてはなりませぬ

ブログ「旗旗」より普天間は「移設」ではなく「閉鎖」せよ!「鳩山首相への緊急提案」に連名を!というTBをいただきました。「辺野古浜通信」にも掲載されております。
で、転載。

◎転載、転送歓迎します◎
今必要なのは、普天間基地の「移設」ではなく「閉鎖」です。
マニフェストの「対等な日米関係」を実現するには、「移設」先を探ることではなく、普天間基地の「閉鎖」を求めて米国と交渉することです。
普天間基地の沖縄県内への「移設」が鳩山政権で決定されそうな今、鳩山首相に以下のような「緊急提案」を致します。
この提案に名を連ねていただける人を募っています。
できるだけ多くの名を連ねて、鳩山首相に「提案」したいと思います。
ぜひこの提案に賛同いただき連名をお願いします。

●連名連絡先E-mail:hananpojitsuあっとjca.apc.org
●第一次集約締切:12月6日(日)正午
●12月8日(時間未定)に、鳩山首相への提出行動と記者会見を行います。
(連名者には確定次第、時間と集合場所をご連絡します)。

[連名者へのご注意]
*鳩山首相への提出以外に、連名者をネットや印刷物で公表する場合があります。その際に匿名をご希望の方はあらかじめその旨をお知らせください。
*今後も関連情報を発信することがございます。不要な方はあらかじめお知らせください。
***********************************
[鳩山首相への緊急提案]
「移設」方式を放棄し、普天間基地の閉鎖のための対米交渉を私たちは、日本政府が、沖縄での米軍普天間基地の無条件閉鎖と辺野古における新基地建設プロジェクトの放棄をアメリカ合衆国政府に正式に求め、そのための外交交渉に入るよう強く要請いたします。沖縄住民はしかるべき仕方でこの交渉に参加すべきです。

私たちは、この問題への日本政府の姿勢が、すでに破綻した論理に導かれており、それゆえ袋小路に落ち込むか、最悪の結果を沖縄住民に押し付けるかにしかならないことを恐れるものです。その論理とは「移設の論理」、すなわち普天間基地を閉鎖させるためにはその「移設」先を日本政府が準備しなければならぬとする論理です。
1995年米軍兵士による沖縄の少女強姦事件に抗議して沖縄に巻き起こった反基地運動の高揚に直面して、日米両国政府は、沖縄への負担軽減という美名の下で、1996年SACO合意を行い、老朽化し「世界で一番危険な基地」となった普天間基地を閉鎖する代償として、米国が1960年代から欲しがっていたと信じられる新鋭基地を辺野古に建設するという取引を、当事者の沖縄住民の頭越しに行いました。それは宜野湾市の市民を人質にとり、身代金として、辺野古の住民と自然環境を要求するに等しい行為でした。これによって基地閉鎖問題は基地移設問題にすり替えられ、今日に至っています。

この「移設」方式は、道徳的に非難に値するばかりでなく、現実的に破綻しました。SACO合意から13年、辺野古基地建設は沖縄住民の粘り強い抵抗、環境運動など国際世論の圧力などによって、袋小路に入っています。沖縄の住民は「県内移設」を断固として拒否しています。だが基地をどこに「移設」しても、住民や自治体や市民運動の強い抵抗にであうのは不可避です。すなわち「移設」方式では、普天間基地の閉鎖はいつまでたっても実現のめどがつかないのです。「検討してみたが県外は不可能」として、沖縄に舞い戻るなどという不誠実は、鳩山政権に許されるはずはないと私たちは理解いたします。

日本政府はこの移設のワナから抜け出さなければなりません。すなわち「移設先」の設定を条件とする解決方式をきっぱり放棄することが肝心です。

SACO合意など国家間合意の存在ももはやこの方式の継続を支える根拠にはなりません。13年という時間は「移設」方式の破産と無効を証明するに十分な長さです。方式の再検討は不可避です。日本政府はそれを認め、普天間の無条件閉鎖の対米要求とならんで、ただちに辺野古での基地建設の手続きと工事を凍結するよう要請します。そしてこの方式の破綻を米国政府にも認めさせ、SACO合意の根本的見直しへ向かうことが必要です。私たちはそれが連立政権三党合意の線に沿って、1996年の日米安保共同宣言から2007年の「米軍再編」にいたる自民党政権の悪しき対米関係の抜本的見直しへ進む一歩となるだろうと考えます。私たちは、日本政府がこれらの問題についていまだに対米交渉の申し入れさえ行っていないことに強い懸念を表明するとともに、対等な対米関係へ向けての政府の交渉努力については、それを強く支持するであろうことを申し添えます。(以上)

内閣総理大臣 鳩山由紀夫殿

[提案呼びかけ人]
飯島 信(日本キリスト教協議会総幹事)/岡田武夫(カトリック司教)/勝方=稲福恵子(早稲田大学琉球・沖縄研究所)/川平朝清(東京沖縄県人会会長)/鎌田慧(ルポライター)/斎藤貴男(ジャーナリスト)/中原道子(VAWW-NETジャパン)/丹羽雅代(アジア女性資料センター)/広河隆一(フォト・ジャーナリスト)/武者小路公秀(大阪経済法科大学アジア太平洋研究センター)/武藤一羊(ピープルズ・プラン研究所)/屋嘉宗彦(法政大学沖縄文化研究所所長)/吉川勇一(市民の意見30の会・東京)
*********************************************
[事務局/連絡先]
東京都文京区関口1-44-3 信生堂ビル2F
ピープルズ・プラン研究所気付
2010安保連絡会「鳩山首相への緊急提案」プロジェクト
TEL:03-6424-5748/FAX:03-6424-5749

リンクピープルズ・プラン研究所

ま、鳩山政権への「お願い」運動も、今年いっぱいぐらいかな~。
「米軍様」も出て行くと言っているのだから、普天間閉鎖もわけないでしょ。
社民党も連立政権離脱も 福島・社民党首が表明(asahi.com)だそうな。

社民党の福島瑞穂党首(消費者・少子化担当相)は3日午前の党常任幹事会で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題について、鳩山内閣が2006年の日米合意通り同県名護市辺野古に移設することを決めれば、社民党として連立政権からの離脱も辞さない考えを示した。
 福島氏は「辺野古の沿岸部に海上基地をつくる決定を内閣が行ったら、社民党としても私としても、重大な決意をせねばならない」と述べた。(以下略)

四の五の言っていると、新年早々から「打倒」するからねvirgo

普天間基地なんぞ、本当は民衆の力で包囲して、解放しなければなるまい。
み~んなで取り囲んで、フェンスをぶちぶち切って、入り込む・・・
いや、正門から堂々と入り込んで、座り込む・・・云々heart04

| | コメント (1) | トラックバック (1)

左翼もびっくり!グアム移転って司令部だけじゃないんだ

 11月26日に伊波洋一・宜野湾市長は、衆議院第二議員会館で与党国会議員に対してこんなびっくらする内容の話をしたそうな。宜野湾市のHPから
「普天間基地のグァム移転の可能性について」_平成21年11月26日

平成21年11月26日、衆議院第二議員会館において、与党国会議員に対して宜野湾市長による下記の内容の説明を行いましたので、その内容を掲載します。 2009/11/26
「 普天間基地のグアム移転の可能性について」伊波洋一(宜野湾市長)
1.海兵隊のグアム移転が司令部中心というのは間違い。沖縄海兵隊の主要な部隊が一体的にグアムへ移転する。普天間飛行場の海兵隊ヘリ部隊も含まれる。
(中略)
● この「グアム統合軍事開発計画」について、宜野湾市としては普天間基地の海兵隊ヘリ部隊がグアムに移転する計画であるとしてきたが、前メア米国沖縄総領事は、紙切れにすぎないと言い、司令部機能だけがグアムに行くのだと主張した。しかし、この三年間この計画に沿ってすべてが進行しており、先週11月20日に、同計画に沿った「沖縄からグアムおよび北マリアナ・テニアンへの海兵隊移転の環境影響評価/海外環境影響評価書ドラフト」が公開された。ドラフトは、9巻からなり、約8100ページに及ぶが,概要版(Executive Summary)、及び第二巻「グアムへの海兵隊移転」と第三巻「テニアンへの海兵隊訓練移転」において、沖縄からの海兵隊移転の詳細が記述されている。海兵隊ヘリ部隊だけでなく、地上戦闘部隊や迫撃砲部隊、補給部隊までグアムに行くことになっている。

「米軍再編」による沖縄基地負担軽減のウソの中に、グアム移転はあくまでも司令部のみで、戦闘部隊は残る。そのための基地が、辺野古の新基地なんだと、み~んな「理解」していた。
これは基地建設に反対する「左翼」もそうで、例えば「前身」やら「コミューン(今は改め「国際労働運動」)なんかもそーゆーふーに書いてあった。

ところがところがところてん・・・「米軍様」は戦闘部隊も含め、ほぼ全面、グアムへの移転を考えていたのだと。
なんでか?

2.なぜ、司令部だけがグアムに行くとされてきたのか。
理由は、1996年のSACO合意だった海兵隊ヘリ部隊の辺野古移転のイメージを基にした国会審議での答弁や、米国政府関係者の意図的な「発言」だけが報道され、2006年5月の「再編実施のための日米ロードマップ」合意に基づいて太平洋米軍司令部が策定した「グアム統合軍事開発計画」と実行されている同計画に基づく環境影響評価などの「事実」は報道もされず、検証もされなかったことによる。
日本政府は、意図的に同計画について米国に照会することをせず、日米両政府は「グアム統合軍事開発計画」について「正式な決定ではない」として詳細は未定と押し通してきた。その結果、国会での答弁や日米政府関係者の発言は、「グアム統合軍事開発計画」について踏み込まず、2005年10月の「日米同盟:未来のための変革と再編」の合意の時点に固定されたままになった。結果的に、「発言や答弁」の報道に終始するマスコミの報道も同様となり、現在進行している「事実」は、国会議員にも政府関係者にも、国民にも共有されていない。

党派の情報収集能力なんぞ、たかが知れているから、「報道」から分析をせざるを得ないところがあるのはやむをえないんだが・・・ともかく、右も左も真ん中もみ~んな「ダマされていた。」わけなんですな(^^;;;,
で、結論的に、こうなる・・・。

2005年10月の「日米同盟:未来のための変革と再編」では、第三機動展開部隊司令部だけがグアムに移り、残りの沖縄海兵隊部隊は海兵機動展開旅団(MEB)となる予定だったが、全体がグアムに移転するので旅団規模にはならずより小規模となる。2014年以降は、沖縄はグアムからの演習先として位置づけられるのではないか。
 (沖縄に残るとされる海兵隊員定数は、今のところ空(から)定数であり、実働部隊ではない)

よって

鳩山新政権は、辺野古代替施設建設が必要とされる前提が、2005年10月の「日米同盟:未来のための変革と再編」のまま、住民地域の飛行を避けるためのV字型案の選択と沖合いへの50~100メートルの移動の議論に終始してきたことを見直し、2006年5月の「再編実施のための日米ロードマップ」合意を、沖縄の海兵隊がグアムへ移転する実像から検証して、普天間飛行場代替施設としての辺野古新基地建設を見直し、建設を中止すべきである。

よーするに、辺野古新基地はいらないし、普天間基地も撤去できるということだ。

これで鳩山政権が、辺野古基地建設を認めたりするならば、もう「国辱」もんですなheart02
右翼の方々は、11月集会に出かけていって「チューゥ・カク・ハッ!チューゥ・カク・ハッ!」って、イチャモンつけているヒマがあったら・・・とっとと首相官邸かアメリカ大使館にでも、つっこみなさ~いhappy01

それはそれとして・・・橋下知事の、米軍基地を誘致してリニアの金をもらい、関空を救済しようとする案・・・も撃沈sign01
ただ、橋下発言は沖縄でも報道され、話題になっている。
沖縄タイムスより
「県内ありき」に一石 橋下知事/住民 歓迎も心境複雑

米軍普天間飛行場移設に伴う訓練の一部受け入れについて、大阪府の橋下徹知事が「議論は拒否しない」と述べたことを受け、県内では波紋が広がっている。沖縄以外の場所への訓練移転について県外の首長が前向きな発言をするのは珍しく、「県内ありき」の議論に一石を投じるものとして歓迎する声がある一方、実現性や真意をめぐって首をひねる向きもある。
 ヘリ基地反対協議会の安次富浩代表委員は「県外の首長が受け入れに前向きな姿勢を示した意味は大きい。新政権は発言を重く受け止め、県外移設の可能性がないかどうか、もう一度仕切り直して検討すべきだ」と指摘し、“県内ありきのシナリオ”を強くけん制した。その上で、橋下知事には「関西や大阪の住民の意向もきちんと確認すべきだ」と注文を付けた。
 普天間爆音訴訟団の島田善次団長も「沖縄から普天間飛行場が出て行くのは大賛成」と評価しつつ、「米国はよしとしないだろう。普天間周辺住民と同じ苦しみを本土に移すのも心が痛い」と複雑な心境をのぞかせる。
 一方、辺野古区の有志らでつくる代替施設推進協議会の宮城安秀代表は「実現の可能性がどれだけあるのか分からない。米軍が認めるかどうかが問題だと思う」と言葉少な。宜野湾市の伊波洋一市長も秘書を通して「議論を見守りたい」と論評を避けた。
 「沖縄にとっては明るい兆しだが、現実的には多くの壁がある」と話すのは、航空評論家の青木謙知氏。「武器弾薬の保管庫や兵舎などの設備はもちろん、管理人員も必要になるだろう。自衛隊施設ならまだしも、民間空港に軍用機を受け入れるのは難しい。米国がすんなり了解するとも思えない」と課題を挙げた。
 仲井真弘多知事は同日、記者団に「そういう意識を持っている知事さんがおられ、それなりに関心を持っているんだなと思う」と歓迎の意向を示した。さらに、日米両政府が設置したワーキング・グループ(WG)を挙げ「(県内で)かなりの人が県外という強い盛り上がりを見せており、総理もご存じで理解している。それを踏まえてWGの結論が出る」と期待した。

続きはまた、今度・・・

| | コメント (7) | トラックバック (2)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »