« メシを食うのは大切なことです | トップページ | 路面電車を守った労働組合(続き) »

朝鮮学校への攻撃を許さない!12・22緊急集会

メールで流れてきたのを転載です。

###転送・転載大歓迎!!### 12月4日、「在特会」と称する排外主義者の一団が行なった、京都朝鮮第一初級学校への攻撃に抗議し、こうした攻撃を許してしまった日本社会の排外主義を問う集会を、12月22日(火)の夕方に開催します。多くのみなさまの参加を呼びかけます。 ※下段には朝鮮学校の子どもたちへの激励の呼びかけを載せてあります。

  -----≪朝鮮学校への攻撃を許さない!12・22緊急集会≫-----
            ―日本社会の排外主義を問う―

【開催趣旨】
◆一団のおこない◆
12月4日、現在各地で排外主義を煽るデモや情宣を行ない、市民運動などの集会を妨害してまわる「在特会」が、京都朝鮮第一初級学校への襲撃を行ないました。「公園を不法占拠している」という言いがかりをつけ、拡声器で聞くに堪えない差別的な言葉をはき、子どもたちを脅迫するという許しがたい行為です。
この日初級学校では、京都第一、第二、第三、そして滋賀の初級学校の子どもたちが集まって交流会を行なっていました。子どもたちは大音量で自分たちを侮辱する言葉を浴びせられ、不安をつのらせ、泣き出す子どもまでいて、交流会場はパニック状態になってしまいました。これに対して、警備要請を受けて出動した警察官は、在特会を何ら規制しようとはせず、好き放題にさせました。私たちは在特会のこのような行ないを決して許しません。

◆日本社会全体の問題◆
同時に私たちは、この問題が一部の排外主義者の集団だけの問題ではなく、それを許してしまった日本社会全体の問題であると考えます。今回の事件は、間違いなく現在の日本社会の排外主義的な土壌の上で起こったものです。
 「いまこそ“日本社会の良識”を問うべきだ」
事件に遭遇された保護者の方のこの言葉を、特に日本人は痛烈な反省をもって受け止めなければなりません。

◆集会へご参加を!◆
そこで私たちは、今回の事件に抗議し、日本社会の排外主義を問うため、以下の要項で緊急の集会を開催することにしました。在特会は、1月や2月にも、再び朝鮮学校を攻撃すると予告しています。この集会を通して、在特会に抗議する声を大きくおし広げていき、生徒たちを激励し、朝鮮学校jへの攻撃を二度と許さないたたかいをともに推進していきたいと思います。平日の開催ではありますが、できるだけ多くの方の参加を呼びかけます!!

----------------------------要項----------------------------

日時:12月22日(火) 19:00~21:00(開場:18:30)

場所:京都会館 会議場
  http://www.kyoto-ongeibun.jp/kyotokaikan/map.php
  住所:京都市左京区岡崎最勝寺町13番地
  TEL:075-771-6051(代)

【電車・バスでお越しの場合】
地下鉄東西線「東山」駅 下車 2号出入口より北へ徒歩約8分
京都市バス 5・32・46系統 「京都会館・美術館前」 下車すぐ
京都市バス 31・201・202・203・206系統 「東山二条」下車 東へ徒歩約3分

【車でお越しの場合】
京都会館には駐車場はございませんので,岡崎公園市営地下駐車場か、みやこめっせ駐車場をご利用ください。
(有料:乗用車1時間以内500円,以後30分ごとに200円)
岡崎公園市営地下駐車場(乗用車506台・バス28台)平日上限駐車料金1,300円
TEL:075-761-9617 ((財)京都市駐車場公社)
みやこめっせ地下駐車場(乗用車163台)平日上限駐車料金1,300円
TEL:075-762-2630 ((株)京都産業振興センター)

参加費:無料(会場カンパを要請します)

内容(予定):
朝鮮人側からのアピール
日本人側からのアピール
襲撃の様子を撮影した映像の上映
など

主催:朝鮮学校を支える会・京滋
問い合わせ:江原
075―752-1055(FAX)
mhsuemotoあっとmrg.biglobe.ne.jp(メール)


※襲撃の様子を撮影した映像です。
http://corea-k.net/date/000.wmv
----------------------------以上--------


|

« メシを食うのは大切なことです | トップページ | 路面電車を守った労働組合(続き) »

たたかいとかくめい」カテゴリの記事

コメント

>「公園を不法占拠している」

自分達が日本を不法占拠してる事はどっかへ行っちゃうのかな。

投稿: 核武装論者 | 2009年12月15日 (火) 20時23分

最近左翼は劣勢

これからの日本は右化することはあっても左化することは無いな
あきらめろ朝鮮人

投稿: | 2009年12月16日 (水) 01時10分

不法占拠ではありません。あんな狭い児童公園をグランドに使わせてきたのは、戦争と植民地主義を反省して、賠償してこなかった日本政府の責任です。誠に申し訳ない。
京都市では、門川市長などの下、小学校、中学校の格差、差別が広がっています。京都市役所近くの小学校を見てください。ホテルのようです。ところが、京都市の「田舎」の学校は、全く別物です。こういう差別も広がっています。
また、大体、子供達に対して、また、学校に対して、やくざ言葉で、怒鳴りつける。これが、正当化など、絶対に出来ません。全国のPTAの皆さん、小さな力も、みんなが集まれば大きくなります。児童虐待の在特会とそれを支える「核武装論者」たちに、大いなる批判と非難の声を、お願いします。まさに、児童虐待ですぞ。
勧進橋のねきには、伏見工業高校があります。あのラグビー高校日本一になったところです。一昔前は、染色などの会社が建ち並んでいた場所です。また、警察学校、龍谷大学があります。昔は、京都の軍事本部が置かれていたところです。
みなさん、一度、見に来てください。狭い児童公園を見てください。宜しく。

投稿: 京都市民 | 2009年12月16日 (水) 10時26分

>賠償してこなかった日本政府の責任です。

40年以上前に全て解決しています。
何故祖国に帰国せずに日本に不法滞在するのでしょう。

投稿: 核武装論者 | 2009年12月16日 (水) 13時41分

投稿: 京都市民 | 2009年12月16日 (水) 10時26分へ

不法占拠ではないというのであれば、京都市名義の覚書などの書類があるということだよな?

第三者を黙らすにはそれを出さないと駄目だよ。

投稿: 不法占拠ではないと言うなら京都市名義の覚書を提示しろ | 2009年12月16日 (水) 16時26分

慰安婦関係調査結果発表に関する
河野内閣官房長官談話
平成5年8月4日
 いわゆる従軍慰安婦問題については、政府は、一昨年12月より、調査を進めて来たが、今般その結果がまとまったので発表することとした。
 今次調査の結果、長期に、かつ広範な地域にわたって慰安所が設置され、数多くの慰安婦が存在したことが認められた。慰安所は、当時の軍当局の要請により設営されたものであり、慰安所の設置、管理及び慰安婦の移送については、旧日本軍が直接あるいは間接にこれに関与した。慰安婦の募集については、軍の要請を受けた業者が主としてこれに当たったが、その場合も、甘言、強圧による等、本人たちの意思に反して集められた事例が数多くあり、更に、官憲等が直接これに加担したこともあったことが明らかになった。また、慰安所における生活は、強制的な状況の下での痛ましいものであった。
 なお、戦地に移送された慰安婦の出身地については、日本を別とすれば、朝鮮半島が大きな比重を占めていたが、当時の朝鮮半島は我が国の統治下にあり、その募集、移送、管理等も、甘言、強圧による等、総じて本人たちの意思に反して行われた。
 いずれにしても、本件は、当時の軍の関与の下に、多数の女性の名誉と尊厳を深く傷つけた問題である。政府は、この機会に、改めて、その出身地のいかんを問わず、いわゆる従軍慰安婦として数多の苦痛を経験され、心身にわたり癒しがたい傷を負われたすべての方々に対し心からお詫びと反省の気持ちを申し上げる。また、そのような気持ちを我が国としてどのように表すかということについては、有識者のご意見なども徴しつつ、今後とも真剣に検討すべきものと考える。
 われわれはこのような歴史の真実を回避することなく、むしろこれを歴史の教訓として直視していきたい。われわれは、歴史研究、歴史教育を通じて、このような問題を永く記憶にとどめ、同じ過ちを決して繰り返さないという固い決意を改めて表明する。
 なお、本問題については、本邦において訴訟が提起されており、また、国際的にも関心が寄せられており、政府としても、今後とも、民間の研究を含め、十分に関心を払って参りたい。

/////////////////
まず良く読んでください。その上で、河野は、責任者の処罰、実行行為者の処罰、賠償など一切行っていません。責任者には、当然天皇も含まれます。ここをまずキチンとしましょう。

投稿: 京都市民 | 2009年12月16日 (水) 20時16分

「核武装論者」へ
 最低限の話
「在日」は合法的に滞在しておるのですよ。
「不法滞在」というのなら、何の法に違反しているのか、条文等を示して明らかにせよ。

 これは警告である(^^)

投稿: GO@あるみさん | 2009年12月16日 (水) 21時44分


> 京都における在特会の件について、下記のような意見をネット
> 上で目にしました。
>
> >問題化の発端は、どうも朝鮮学校のほうが他の児童が入れな
> いように「占有」したことにあるようです。こりゃあ、言い逃
> れできない犯罪ですよね
>
> これまでの投稿はレイシズム批判という観点からのものが大半
> で、前提となる事実関係から論じたものがあまりなかったよう
> に思われるのですが、公園を利用することは自体は問題ないが
> 、完全に占有してしまっているとなると若干分が悪いようにも
> みえます。たとえば前田先生あたり、法的な面からはどう論じ
> られるのでしょうか。

朝鮮学校や、その支える会の人たちに
事実関係を概要ですが確認してみました。
詳しい経過や事実関係は、
集会当日にまとめて報告されることになっていますが、
私が聞いた範囲では、
(完全に正確に私が理解したかはちょっと不安ですが)
基本的には公園は朝鮮学校が占有などしておらず、
朝鮮学校が教育のために公園を利用するということを、
京都市も町内も了解していて、
ほかの児童や町内会なども好きなときに使える状態だったそうです。
この京都第一朝鮮初級学校は1960年ごろからあるそうなんですが、
基本的には当時から京都市や公園周辺の自治会と、
どのように使用していくかをいろいろと話し合ってきて、
いままで大きなトラブルもなく、地域と共存してきたようです。
ただ、この間で高速道路が通る関係で公園が使えなくなるので、
京都市は2月までに公園にある朝鮮学校のものを移動してほしいと
言ってきたということだそうです。
これに対して、今年の夏に、京都の在特会のメンバーが
「不法占拠」だとして、(まあ、いわゆるいいがかりだと思いますが)
例の動画のような暴挙に出てきたというのが、
基本的な経緯だと思います。

詳細は、また集会で報告を聞いてからになりますが、
どちらにせよ、朝鮮学校は地域や京都市と話し合いながら
「学校教育のために公園を利用していた」のであって、
「完全に占有」していたわけではないということです。

日本はこれまで朝鮮半島との政治的な関係から
朝鮮学校を各種学校扱いしてきていて、
国の補助金はないので、グラウンドのない学校も多いようです。
日本が民族教育をどう保障していくかは、大きな問題ですね。
http://www.3to/agenda/

・・・・・・・・・・・参考にしてください。

投稿: 京都市民 | 2009年12月17日 (木) 12時58分

京都市民さん情報ありがとうございます。
>この間で高速道路が通る関係で公園が使えなくなるので
「在特会」が暴れている後方で、なるほど高速道路工事が行われていますね。

投稿: GO@あるみさん | 2009年12月17日 (木) 23時18分

京都朝鮮第一初級学校の勧進橋公園使用に関する要望
 京都市議会議長 田中セツ子 様

常日頃私たちの民族教育発展のために深いご理解とご支援を賜り、心からの敬意と謝意を表します。
 さてご存知のように国際化が進み、多文化共生の重要性が謳われる今日、日本社会における朝鮮学校が果たす役割はますます大きくなつています。
 私たちは京都市内に開校六十年を迎えます京都朝鮮第一初級学校をはじめ、四校の民族学校において、子どもたちに民族性を育み、国際理解を深めるための教育を行ってまいりました。
 しかし、朝鮮学校に対する様々な社会的.行政的差別はいまだに解消されず、その為に子どもたちと保護者は多大な被害を被っているのが現状です。
 そのような中、二〇〇〇年四月、学校法人京都朝鮮学園に対し阪神高速道路公団から京都高速道路(油小路準事業に関する説明があり、学校に隣接する勧進橋公園の一部を通る高速道路が建設されるということでした。またその後の説明によりますと、高速道路は平成十九年に売成する予定で、そのために今すぐにでもボーリング工事を始めたいとの意向でありました。
 勧進橋公園は、代々の京都市長のリーダーシップのもとで公園を管理されている建設局と国際化推進室のご支援をはじめ、学校周辺の地域の皆様方の深いご理解を得て、京都第一初級学校が五十余年間、体育の授業をはじめクラブ活動など、毎日、教育の場として使わせて頂いてまいりました。
 しかしながら道路建設工事が始まりますと公園の一角に資材置き場を設置し、工事用車両が頻繁に出入りするなど、公園で事実上体育授業等ができなくなり、学校生活に大きな支障が生じるものと予測され、学校および保護者全員が不安に思っているところです。
 当校では五年前に、下校中の園児が学校に隣接しています運送会社の車両に轢かれ死亡するという痛ましい事故もあり、現在も保護考学校関係者たちは交通安全対策を独自で講じてきておりますが、当校の教育環境については、一層の強化充実を望んでおります。
 私たちは去る七月、京都市長にこの間題に対し、対策を請じてくださるよう要望いたしました。
 つきましては、貴京都市会におかれましても、民族教育擁護の立場から私たちの実情を深くご理解、ご考慮下さり、京都市関係局と阪神道路公団が連携して、体育授業の場所が暫定的にも確保できるようご努力頂くなど、直面する問題の解決のために具体的な対策を講じてくださいますよう切に要望いたします。
2004年 11月 17日
在日本朝鮮人総聯合会京都府本部常任委員会 委員長 金成洛
学校法人京都朝鮮学園           理事長 諸葛檀
京都朝鮮第一初級学校           校 長 高柄棋同趣旨の要望は2004年7月に京都市長あてにも出されている。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
この要望支持運動を進めよう。

投稿: 京都市民 | 2009年12月18日 (金) 10時30分

朝鮮学校の公園使用を「不法占拠」 京都で〝保守〟団体抗議/東京新聞2009年12月18日
外国人いじめ 不満はけ口 言い掛かり? 不況で民族差別の傾向も

 今月四日、在日コリアンの子どもたちが学ぶ京都朝鮮第一初級学校(京都市南区)の裏門
前で〝騒動〟が起きた。拡声器を持ったグループが押しかけ、同校が隣接する公園を校庭
代わりに使っていることを「不法占拠」と騒いだ。子どもたちはおびえていたという。

 朝鮮学校は在日コリアンの子どもたちに民族の言葉や文化を伝えようと設立され現在、全
国に約七十校ある。日本では各種学校扱いで朝鮮籍だけでなく、韓国籍や日本籍の子らも
通っている。
 
 騒ぎがあった四日は、同校で京都市内と滋賀県内の初級学校計四校の四~六年生約百
三十人が交流会を開いていた。同校によると、低学年の子たちは昼食を終えて歯磨き中。
マイクの大音響に数人の子どもたちが怖がって泣きだしたという。騒ぎの間、児童らは講堂
や校舎にこもったままで下校できなかった。

この行動を主催したのは〝行動する保守〟を掲げる「在日特権を許さない市民の会」と「主
権回復を目指す会」の関西支部所属メンバー。主権回復を目指す会・関西支部の新巻靖彦
事務局長は「公園が学校に不法占拠されて困っていると住民からメールがあった。調べたら
朝礼台や拡声器、サッカーゴールを公園に勝手に置いていた。市が動かないのでわれわれ
が行動した」と説明した。

 ネット上で公開されている動画を見ると、裏門に男性十人ほどが押しかけ、「開けんかい」
「なめとったらあかんど」「キムチくさいでぇ」などと怒声を浴びせた。学校から公園に向けた
拡声器の電線が切られ、公園にあった朝礼台も学校の門の前に投げ出された。

 同校は資金難から運動場がなく、道を挟んで隣接する市の公園を一九六〇年代から使っ
ている。同校の高炳棋(コピョンギ)校長は「公園使用は京都市や地元の町内会と協議して
了解を得た結果。不法占拠ではない」と説明する。

 京都市の担当者は「公園は住民も学校も使うので、他の住民に不便がないようにと学校
に何度か指導はしているが、使用をやめるように言ったことはない」と話す。

 日本の大学で教員を務める保護者の一人(四二)は「いくら表現の自由があっても、学校
に来て『スパイの子どもたち』『朝鮮学校を日本からたたき出せ』と拡声器で怒鳴り散らすの
は政治活動のルール違反だ」と憤る。

 今回の行動について、「市民の会」はホームページ上で「行動する保守運動の領域に朝鮮
総連(在日本朝鮮人総連合会)を引きずり降ろした」と成果を〝誇示〟。一方京都や東京で
は近く、市民団体などが行動を非難する集会を開く。

 一橋大の鵜飼哲教授(仏文学・社会思想)は「公園使用への抗議というのは言い掛かりだ
ろう。日本の民族運動を提唱する人々のようだが、もはや単なる外国人嫌いにしかみえない」
と語る。

 「十年来の不況で、社会の中で民族差別に走る傾向が出てきている。欧州では先に起き
ている。女子学生のチマ・チョゴリ切り裂き事件は個人単位だったが、今回は組織された人
々が公然と授業中の学校に押しかけており、危険な兆候だ」

 折りしも鳩山政権は外国人の地方参政権導入に前向きだ。鵜飼教授は「参政権より先に
差別を禁じる国内法を整備し、公的な歯止めをかける必要がある」と指摘した。


朝鮮学校で「スパイの子」 在特会らの“抗議行動”を告訴へ/東京新聞
京都朝鮮第一初級学校(京都市南区)で今月4日、「在日特権を許さない市民の会」(在特会)の旗を持った男性約10人が抗議行動と称して校門に押しかけ、拡声器を使って「スパイの子ども」などと騒いでいたことが18日、分かった。

 校内には近隣の朝鮮学校も含めた児童約170人がいた。学校側は、偏見や差別感情が理由の「憎悪犯罪(ヘイトクライム)」だと反発。週明けにも威力業務妨害などの容疑で京都府警に告訴する。

 集まったのは在特会関西支部メンバーら。校門前にある京都市管理の公園に学校がサッカーゴールや朝礼台などを置いていたため、在特会の桜井誠会長は「不法占拠したことへの抗議」と説明している。

 学校が撮影した映像では、数人が朝礼台を正門まで運び「門を開けろ」と要求。学校関係者が「ここは学校です」と制止すると「こんなものは学校ではない」「朝鮮学校を日本からたたき出せ」などと拡声器で叫んだ。


学校関係者によると、学校には校庭がなく、体育などで公園を利用、京都市も認識していた。

 ただ、最近は周辺に住宅が増え、京都市緑地管理課が「利用ルールを作ることが必要」と学校側に要請。学校は来年1月中に備品を移動し、住民と協議の場を持つ予定だった。(共同)
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2009121801001139.html
・・・・・・・・・・・・・・東京新聞、がんばれと言いたいが。

投稿: 京都市民 | 2009年12月20日 (日) 14時40分

皆さんのいろんな協力をお願いします。

> 在特会が彼らのHPで、1月14日14時20分から前回襲撃した京都朝鮮第一初級学校に隣接する勧進橋児童公園に集合し、15時からデモを行なうと宣言しました。この再度の朝鮮学校襲撃に対して、断固として彼らと対峙し、大衆的に圧倒していきたいと思います。まもなく朝鮮学校を支える会の方から、あらためて事態の報告と呼びかけが発信されるかと思いますが、とりあえずお知らせしておきます。
>
> 1・14朝鮮学校による侵略を許さないぞ!京都デモ
>
> 子供を盾に犯罪行為を正当化する不逞鮮人を許さないぞ!
> 朝鮮人犯罪を助長する犯罪左翼・メディアを日本から叩きだせ!
>
> 平成21年12月4日、主権回復を目指す会・関西支部との合作である、「勧進橋児童公園奪還作戦」はその後、メディアも取り上げる事件として問題提起することが出来た。しかし、メディアの取り上げ方は案の定、「社会の不満分子が少数民族の子供たちが通う学校へ集団暴行、民族差別」である。これでは三国人の宣伝省ではないか。差別者として放映された一民間人の人権と言うものは全く置き去りである。このような連中に人権を語らせては断じていけない。そして自分達の悪業を棚に上げ、ひたすら涙、涙の被害者面で事実を捻じ曲げようとするあたりは、不逞鮮人の伝統芸能である。我々は受身になるつもりは一切無い。道理を楯に徹底的に邁進します。約50年にわたり児童公園から日本の子供たちの笑い声を奪った、卑劣、凶悪民族から公園を取り戻す為に行動を起こします。
>
> 【日時】
> 平成22年1月14日(木)14:20集合 15:00出発

投稿: 京都市民 | 2010年1月 9日 (土) 09時36分

インビクタス/負けざる者たち
リンクするには


(C)2009 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.1994年、南アフリカ共和国初の黒人大統領に就任したネルソン・マンデラだが、新生国家の船出には多くの問題があった。ある日、ラグビー南ア代表の試合を観戦したマンデラの頭の中で何かが閃いた。南アではラグビーは白人が愛好するスポーツで、黒人にとってはアパルトヘイトの象徴。しかし、1年後に南アで開催されるラグビーのワールドカップで南アのチームが勝てば、それが人種間の和解につながるかもしれない…と。

注目ですぞ。この映画。

投稿: 京都市民 | 2010年2月 6日 (土) 08時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1094529/32621030

この記事へのトラックバック一覧です: 朝鮮学校への攻撃を許さない!12・22緊急集会:

» 糞をよけるのは怖いからでなく汚いからだ−「在特会」の小学生襲撃事件について考える [ブログ「旗旗」]
冷静に考えてもみようではありませんか。在日朝鮮人は、戦前に自分の意思によらず日本人とされ、本土に移住して生活の基盤を築いたとたん、今度は自分の意思によらず一片の通知で突然に国籍を剥奪された人々とその子孫です。彼らは「特権を付与された外国人」ではありませ... [続きを読む]

受信: 2009年12月16日 (水) 23時02分

» やっぱり許せないレイシズム [つぶやき手帳]
ひさびさに酔っ払っての勢い投稿です。どんな理屈をつけても小学生のいる校舎に向かって野卑な言葉を投げつけるのは許せないのであります。 自分たち(在特会)でアップしたyoutubeが削除されたようなので、塀の内側から撮った映像を↑「議論をしに来たのではない」とキッパリと言い切るというのは、つまり恫喝と嫌がらせということです。せっかく弁護士のおじさんが出ていって「抗議したいことがあるなら、ちゃんと文書にして提出しなさい」と言っているのに、猛々しく「講釈はいいんだ!」とつっぱねる・・・。アホじゃないで... [続きを読む]

受信: 2009年12月18日 (金) 22時09分

« メシを食うのは大切なことです | トップページ | 路面電車を守った労働組合(続き) »