« 和田岬線旧客 | トップページ | 八木沢まいchanに赤旗を持たせてみる »

名護市長選挙結果をうけて、鳩山政権は辺野古基地建設を撤回せよ!

辺野古選挙さんからもコメントをいただきましたが、沖縄、名護市の市長選挙で、辺野古基地建設に反対している稲嶺氏が当選した。
YOMIURI ONLINEより
名護市長選、移設反対の稲嶺氏が当選

沖縄県の米軍普天間飛行場(宜野湾市)の移設受け入れの是非が最大の争点となった同県名護市長選は24日投開票され、受け入れに反対する新人で前市教育長・稲嶺進氏(64)(無=民主、共産、社民、国民推薦)が、容認派で自民、公明両党の支援を受けた現職・島袋吉和氏(63)(無)を破って初当選した。
 鳩山首相は選挙結果を普天間移設先決定の判断材料にすると明言しており、受け入れ反対派の稲嶺氏が勝利したことで、名護市辺野古に移設するとした2006年の日米合意の実現は極めて困難となった。市長選の結果は、在日米軍基地の再編計画全体の行方にも影響を与えそうだ。
 当選後、稲嶺氏は「辺野古の海に基地を造らせないと皆さんに約束した。信念を貫く」と決意を語った。
 稲嶺氏は選挙戦で、普天間の新たな移設先について、「沖縄県内でのたらい回しは沖縄の基地整理・縮小の流れに反するので、あってはならない」とし、「県外・国外移設」を求める考えも訴えた。
 普天間移設問題をめぐり、鳩山政権は昨年12月、名護市辺野古沖の米軍キャンプ・シュワブ沿岸部への移設計画を白紙化し、移設先を新たに選定する方針を決定。鳩山首相は今年5月末までに結論を得るとし、その際には、現行案の移設先である名護市長選の結果を判断材料とする意向を表明したため、米政府も高い関心を寄せてきた。
 名護市は、日米両政府が1996年に普天間飛行場の全面返還に正式合意後、移設先として浮上したが、地元の賛否は受け入れをめぐって激しく割れた。97年には賛否を問う市民投票が行われ、反対票が過半数を超えたが、98年以降に行われた3回の市長選では移設容認派の候補が勝利した。今回は、民主党が昨年9月に政権交代を果たした結果、「県外、国外移設」に期待する県民世論が再燃した中での選挙戦となった。
 稲嶺氏は名護市への移設反対を前面に出したほか、陣営が政権交代による鳩山政権とのパイプの太さを強調。「基地とリンクしない振興策」を訴えて、景気低迷に苦しむ市民に浸透した。
 島袋氏は、移設問題については「過去3回の選挙で決着済み」だとして選挙戦で積極的に触れず、これまでの地域振興策の実績を訴えたが、及ばなかった。
 投票率は76・96%で、06年の前回選挙(74・98%)を上回った。
(2010年1月24日22時39分 読売新聞)

民意は完全に明らかでしょ。13年間、反対が続いて「移設」できないんでしょ、工事もな~んも、進んでないんでしょ。
今こそ、鳩山政権は、辺野古への移設計画を白紙撤回すべきrock

5月までの「結論」の前に、「もう辺野古は無理、あきらめました」って、言えばいいのだ。「オバマさん、ごめ~んcoldsweats02」ってw

16日の普天間基地即時閉鎖 緊急集会で服部良一、社民党衆議院議員が報告していたように、アメリカは普天間移設問題なんぞ、ほとんど問題にされていない。日米同盟が大切だから、辺野古への建設は変えられないという報道は、針小棒大なハナシもエエとこ。
「保守」や「反動」、リベラルその他も含め「同盟が大切、基地が必要」と考えるならば、「本土」で引き受ける…そして、徹底的に議論すればよいのだ。

|

« 和田岬線旧客 | トップページ | 八木沢まいchanに赤旗を持たせてみる »

たたかいとかくめい」カテゴリの記事

コメント

もう、辺野古は絶対にアリエナイですね。もし、これで辺野古ということになれば、民主主義の根幹を壊すことになるでしょう。

さて、降りかかるであろう日本国へのデメリットを(多分、貿易関連でアメさんは攻めてくるでしょう)どのようにして押し返すか、あるいは負担するかが次の問題ですね。

その上で。アメさんが一番怒っているのは、日本の政府が態度を何時までも示さないところにあると思いますが、一部メディア(S経ですが)はそこのところ摩り替えて報道していると思います。

投稿: TAMO2 | 2010年1月25日 (月) 21時45分

コメントありがとうございます。
>もし、これで辺野古ということになれば、民主主義の根幹を壊すことになるでしょう。
鳩山は「いや~選挙で同意得られないんですよ~、ゴメン」って言えばいいんですね「民主主義」をアメリカが公然と踏みにじることはタテマエ上できますまい。(最も、過去の歴史では平気でやってきましたが)5月の「結論」前に、少なくとも辺野古撤回を表明すべきです。
>降りかかるであろう日本国へのデメリットを(多分、貿易関連でアメさんは攻めてくるでしょう)どのようにして押し返すか、あるいは負担するかが次の問題ですね。
現実の政治を預かる側としては、そうですね。ただ、その過程で両「帝国」も衰退していくのではないか、その始まりに8・30の選挙と今回の選挙結果…これらは現在の経済と民衆の意思です…があって、安保や日米同盟も変わっていくのでは、と思います。

投稿: GO@あるみさん | 2010年1月26日 (火) 21時53分

>「民主主義」をアメリカが公然と踏みにじることはタテマエ上できますまい
>(最も、過去の歴史では平気でやってきましたが

何たる論理破綻。秒殺自爆。
なんか前にも書いた事ある気がするw

投稿: 核武装論者 | 2010年1月27日 (水) 09時13分

>アメさんが一番怒っているのは

アメさんの一番怒っているのは、沖縄反基地とグアム反基地とが一体になったら困るじゃないかと言うこと。
アメさんは、オバマもアメさんだけど、グアムもアメさん。支配階級と被支配階級人民があるの。アメさんの地元で、反基地が火を噴いている。その人連帯しよう。

投稿: 辺野古選挙 | 2010年1月27日 (水) 10時01分

http://www3.nhk.or.jp/news/k10015235911000.html

“普天間移設計画 実現困難”

1月27日 4時45分
沖縄のアメリカ軍普天間基地の移設問題について、政府高官は26日夜、記者団に対し、名護市長選挙の結果にかかわらず、さきの日米合意に基づく移設計画は地元の反対が根強く、実現は困難だという認識を示しました。
この中で政府高官は、今回の沖縄県名護市の市長選挙の結果について、「民意は民意として認めるが、それをしん酌すると、あちこちで反対が起き、移設先の選定作業すらできなくなる」と述べました。そのうえで政府高官は、さきの日米合意に基づく普天間基地の名護市辺野古のキャンプシュワブ沿岸への移設計画について、「絶対にできない。地元が了承していたとしても、反対運動が起きてできないわけで、それでも政府がやろうとしたら、かつての成田闘争のようになってしまう」と述べ、名護市長選挙の結果にかかわらず、実現は困難だという認識を示しました。
ご意見・お問い合わせ
NHK における個人情報保護について
NHK 著作権保護
NHK オンライン利用上の注意
・・・・・・・・・・・・・
辺野古の話が、成田の話になっていた。

投稿: 懐かしく | 2010年1月27日 (水) 14時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1094529/33113615

この記事へのトラックバック一覧です: 名護市長選挙結果をうけて、鳩山政権は辺野古基地建設を撤回せよ!:

» 追い風を逆風にしてしまった鳩山政権 [アフガン・イラク・北朝鮮と日本]
 普天間基地問題 −完全版−  [parts:eNozsDJkhAMmJhMjUyZjU2NGJgszSyPTNEsLv8TiwKIqs6o0s2QmGDA2xS4P1czEhKQSAO4hEAA=]  仕事の多忙、パソコンの不調、荒らしの闖入などで、記事更新が今日になってしまいましたが。良かったですね、1月24日投開票の沖縄県名護市長選挙で、辺野古・新基地建設反対の新人・稲嶺進候補が、建設推進派の現職・島袋吉和候補に競り勝つ事が出来て。票差こそ僅か1600余の接戦でしたが、道義的には反対派の圧勝... [続きを読む]

受信: 2010年1月27日 (水) 20時26分

« 和田岬線旧客 | トップページ | 八木沢まいchanに赤旗を持たせてみる »