« 党内民主主義と分派の自由 | トップページ | 荷物をつくるヒマが、ありません »

「沖縄に基地」をあきらめなさい!

鳩山政権は「普天間移設問題」で、沖縄に再び基地を押し付ける方針で動いているpunch
毎日jp
普天間移設:政府案へ大詰め 関係閣僚が協議

米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題を巡り、鳩山由紀夫首相は23日夜、防衛、外務など5閣僚を首相公邸に集め、関係閣僚会議を開いた。政府は移設先として(1)米軍ホワイトビーチ(同県うるま市)沖合に人工島を建設(2)米軍キャンプ・シュワブ(同県名護市)陸上部に滑走路を建設--の2案を軸に検討。併せて、訓練の一部を徳之島(鹿児島県)などに移すことを含め、政府案の決定に向けた詰めの協議を行った。
 閣僚会議には首相のほか、岡田克也外相、北沢俊美防衛相、前原誠司沖縄担当相、平野博文官房長官が出席。閣僚会議に先立ち、首相は23日夜、首相官邸で記者団に「基本的にはすり合わせの段階。3月一杯までに政府案を作るというプロセスの一つだ」と述べ、政府案の決定にはなお時間がかかるとの見通しを示した。
 政府は月内に与党3党の党首級でつくる基本政策閣僚委員会を開いて、政府案を正式決定し、移設先の地元自治体や米国との交渉に入る方針。首相は23日の参院予算委員会の答弁で、5月中に決着させる考えを重ねて強調したが、現行案の履行を求める米国側に加え、沖縄県も県内移設に反発を強めており、今後の調整は難航が予想される。
 これに関連し、首相は23日の参院予算委で「有事が起こった時に、普天間がなくとも、すべて事が済むのか、あるいはそうでないのかを含めて今、ゼロベースで議論している」と指摘。普天間飛行場の移設後、有事の際には引き続き使用することもあり得るとの認識を明らかにした。【横田愛】

いつの間にやら、長崎県大村じゃ~関西空港じゃ~という「報道」が無くなり、沖縄に移設かよangry
何度も書くが、普天間基地は撤去・返還であって、移設などではない。まして県議会選挙、衆議院選挙そして名護市長選挙で沖縄の人たちは「県外移設」の民意を示している。それなのにまだ沖縄に基地を置き続けようとする。普天間基地の「移設先」として取りざたされた長崎県大村市は2月12日、市議会が反対を決議し、市長も反対を表明た。大村市を「大阪湾」や「関西空港」などに置き換えて考えてみよう。地域住民や自治体は反対を表明し、反対運動が始まるだろう。本土で「反対」があるから「県外移設は」できない?では、なぜ反対し続けている沖縄につくるのか?選挙で選ばれた首長の意思や住民の思いを無視して沖縄に基地を押し付ける、沖縄に基地があるのはやむを得ない、あるいは当たり前だと考える…こんなことを続けていてエエンかsign03

今後の闘いは、政府が結論を出すとされる5月を越えて、沖縄県内移設・基地建設という結論を出させない闘争になる。沖縄では4月25日に読谷村運動広場で県外・国外移設を求める県民大会が開催されるが、辺野古やキャンプ・シュワブゲート前の闘い、東村高江のヘリパッド建設反対の闘いを継続して強化する。その一方で普天間基地撤去の闘いを盛り上げる…今、普天間基地ゲート前でも座り込みが始まっているのだそうだが、この動きを日常的に大きくする…毎日、小集会やデモが行われて、米軍から見てもどーにもならんなぁ~状態を作り出し、普天間基地を閉鎖状態にするのじゃ~。
 沖縄現地の闘いを取り上げたが、「本土」の民衆から日本政府に沖縄の基地をあきらめさせる…これは本土の民衆が沖縄の基地をあきらめることでもある…取り組みが求められている。沖縄の闘いに「連帯」し、1日だけのイベントに参加してこと足れりとするのではなく、また本土内各地の反戦反基地の取り組みの拡大・延長にそれを求めるのではなく、例えば本土のどこそこに基地を移転してみることを「提起」し、そのもたらす問題点…環境破壊や日米の地位協定が問題になってくるハズだ…について継続的に考える学習会を組織するなどのことも考えよう。そうゆうことで、社民党・共産党関係の人たちも含めた活動家の役割は重要だ。
これで、日米安保体制・日米同盟体制の矛盾が見えてきて、ひっくり返せるのではないかと思うぞ。

で、鳩山首相・・・読売オンラインより
「生きるか死ぬかの論争、必ず結論」普天間で首相

前略)一方、首相は23日の参院予算委員会集中審議で同飛行場の移設先に関し、「県外は今の環境ではなかなか難しい。あきらめてはいけないと、様々検討している」と述べた。また、「5月末までに必ず結論を出す。真剣勝負、生きるか死ぬかの論争で、国民、沖縄、米国に理解してもらえるものにしたい」と意欲を示したが、決着できなかった場合の責任の取り方は「想定していない」と明言を避けた。

うむ、ひっくり返すからねbomb


|

« 党内民主主義と分派の自由 | トップページ | 荷物をつくるヒマが、ありません »

あるみさんの怒り!」カテゴリの記事

たたかいとかくめい」カテゴリの記事

コメント

普天間基地を撤去・返還した後の国防に関する代案を出す闘争は?

投稿: 核武装論者 | 2010年3月24日 (水) 18時54分

普天間移設問題で従来は辺野古移設を容認してきた自民党県連も含めて沖縄県議会が全会一致で県外移設を求めて仲井間県知事の出席で10万人以上の県民大会開催を予定しています。
国政野党となった自民党が責任政党の看板を放棄して無責任に豹変するのは勝手ですが政権与党である社民党、民主党県連が野党時代と同じ無責任な主張を繰り返しては問題解決は不可能です。
普天間の県外移設、無条件返還を求めるならば海兵隊の全面撤退を求めるのが筋であり沖縄駐留の理由である基地施設区域の無期限自由使用に歯止めを掛ける日米安保条約、地位協定の包括的な見直しを米国と交渉し沖縄本島北部に集中する訓練施設の全面返還を求めるのが前提条件である。
この様な本質的な問題に踏み込んで実現可能な議論を提起している唯一の存在が国民新党の下地幹郎議員であるが問題の本質を理解出来ない沖縄県民の多くが短絡的に裏切り者と非難中傷している。
鳩山政権の模索する米国との合意と同時に沖縄県民の理解を得られる解決策は現実的に有り得ない。米国との合意を求めるにはSACO合意で辺野古移設を決めた際に米軍の求めた要件、ヘリ部隊と連動するKC-130空中給油機の運用可能な1300m滑走路と港湾施設が必要である。
それは上に挙げた訓練施設、北部訓練場、キャンプシュワーブ、キャンプハンセンへの兵員、物資機材の搬入に現在の那覇軍港、ホワイトビーチ、天願桟橋からの混雑する市街地経由を避ける為に必要な要件である。
現在、政府内で検討されている陸上案、勝連半島沖埋め立て案では米国との合意は望めない。
沖縄県民の理解を得るには近視眼的な目先の解決策では無く本質的な日米関係の包括的な見直しで在沖海兵隊及び陸軍グリーンベレー等の地上部隊を全面撤退させ、沖縄本島周辺の訓練施設を全面返還させる期限交渉を本気で米国と行うと沖縄県民に約束する事である。
下地幹郎議員が連立与党としての責任を果たす為に沖縄県民大多数の反感を買う危険を敢えて冒してまで現実的な解決策を提起している政治家としての覚悟を鳩山政権は共有すべきである。
鳩山政権が普天間問題を5月末までに解決不能な場合は辞職すると迫った下地議員の覚悟こそが政治家としての見事な見識であり迷走を繰り返す鳩山政権への地元沖縄を愛する血の叫びである。
しかし彼の政治家としての信念、見識、覚悟を米軍基地問題の本質を見誤った沖縄県民大多数が理解出来ない現実は悲劇である。

詳しくは私のブログを御参照下さい。
http://isao-pw.mo-blog.jp/isaopw/

投稿: isao-pw大城 勲 | 2010年3月24日 (水) 22時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1094529/33907712

この記事へのトラックバック一覧です: 「沖縄に基地」をあきらめなさい!:

» ★普天間移設、鳩山政権の勘違い! [ようこそイサオプロダクトワールドへisao-pw]
画像はクリックで拡大します。★普天間移設、鳩山政権の勘違い!普天間基地の問題で鳩 [続きを読む]

受信: 2010年3月24日 (水) 23時42分

« 党内民主主義と分派の自由 | トップページ | 荷物をつくるヒマが、ありません »