« 3・14三里塚関西集会に決起せよ! | トップページ | 2010とめたいんや戦争!守るんや命!3・7行動 »

動労千葉中野洋氏死去

マル共連がぶっこわれているので、隔離論争掲示板より情報入手、引用はなぜか静岡新聞
中野洋氏死去 動労千葉常任顧問

03/04 19:40
 中野 洋氏(なかの・ひろし=動労千葉常任顧問、前委員長)4日午前10時、胆管がんのため千葉市若葉区の病院で死去、70歳。千葉県出身。葬儀・告別式は8日午前11時から千葉市稲毛区天台2の1の7、セレモ天台穴川ホールで。喪主は妻直子(なおこ)さん。
 JR東日本の合理化計画などに反対する動労千葉(田中康宏(たなか・やすひろ)委員長、約400人)の前委員長として活動した。

朝日とか毎日のWEB版には載ってないんですね。
ガンだというのは、何年か前から言われておったようです。

「戦闘的労働運動」を死守し、80年代の国鉄分割民営化攻撃…これに対する総体としての「敗北」が現在の労働状況・戦線に大きな影響を与えていることは言うまでもないが…に対し、列車をブッ止めるストライキで闘ってきたことは大いに評価し絶賛されるものだが、後退局面でも「動労」のあり方に固守したあまり、結局産別運動から抜け出せなかったこと、されにその体験の「延長線」で労働運動が「甦る」として、労働運動周辺をかきまわした影響は大きい。
動労千葉・関西生コン支部・港合同3労組が主催する「全国労働者総決起集会」も10年以上続いているのだが、関西生コンや港合同がなぜ闘い続けることができているのか、そこから学ぶ必要があったわけだ。

それにしても、中野氏の死去で、革命的ほにゃらら同盟の「分解」がより進行するという見方も、あるのだが…

|

« 3・14三里塚関西集会に決起せよ! | トップページ | 2010とめたいんや戦争!守るんや命!3・7行動 »

たたかいとかくめい」カテゴリの記事

コメント

おいらたちの熱い時代は、もう…もう…

投稿: おいどん | 2010年3月 7日 (日) 15時03分

>追悼 中野 洋 動労千葉常任顧問
 3月4日、動労千葉の前委員長であり現顧問の中野洋さんが亡くなられた。4年を超す胆管がんとの闘いの中、70歳の誕生日を迎えたばかりの逝去であった。
  多くの方が語るように、中野さんは労働者と労働組合にその全生涯をささげて闘い抜き、そして土に帰って行った。
  中野さんが好んで使う言葉に「群れる」があった。「群れる」は「群がる」であり、あまり肯定的には使われない言葉だ。しかし中野さんは、「群れる」その一人ひとりの労働者の中にこそ、この世の中を変革する無限の可能性とパワーを確信して私たちを指導した。
 「動労千葉を支援する会」が2008年8月の定期総会をもってその全国展開を決意したとき、中野さんは一言「そうだよ、それでいいんじゃない」と激励してくれた。
「一人で」旅立っていった中野さんに応える道は、私たちが全国に「動労千葉を支援する会」を立ち上げ群れをなして闘いに立ち上がることだ。

山本宏行 動労千葉を支援する会事務局長


おいどんさんやあるみさんの法が、えらい優しい気持ちの追悼の言葉のようだが。

投稿: 平和 | 2010年3月 9日 (火) 20時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1094529/33655992

この記事へのトラックバック一覧です: 動労千葉中野洋氏死去:

» 動画】これは「事故」ではありません! [ブログ「旗旗」]
カナダ職場安全保険局の公共広告より-日本の経営者だったら、「事故」どころか平気で「自己責任」とか言いかねないよな、これ。その住みやすさの違いは歴然だよね。 ... [続きを読む]

受信: 2010年3月 8日 (月) 23時49分

« 3・14三里塚関西集会に決起せよ! | トップページ | 2010とめたいんや戦争!守るんや命!3・7行動 »