« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

歌登のマイクロレールバス

引越し前にNゲージレイアウト惜別闘争で紹介した、歌登町営軌道のレールバスが出てきました(^^)
Pict0004

長野の(有)モデルワーゲンという会社が制作したこの模型
ケースに入っていた解説書より

この度は当社製品をお買い上げ頂き、誠に有り難うございました。 歌登とは北海道の北部にある町で、かつてそこには簡易軌道が走っていました。この自走客車が導入された昭和32年には、すでに大型の自走客車が使われていましたが、輸送コストを削減する目的などから、運輸工業に発注されました。 しかし、いざ使ってみると定員8名というのはあまりに少なすぎ、しかも、いくら北海道北部とはいえ、総ての窓が嵌め殺しというのは乗客・乗務員に不評で、さして活躍もしないうちに倉庫代用となってしまいました。ここいら辺の事情は、国鉄のレールバス・キハ01~03とよく似ており、親方日の丸の典型的な悪例なのではないでしょうか。 実車はこのようなありさまでしたが、我々模型人から見れば”実に可愛い奴”な訳で、きっと皆様の軌道では活躍してくれるものと思います。 12/1999

残念ながら、当”軌道”は廃線・・・解体へcoldsweats01
これが元気に走るのは、いつのことやらtrain

歌登町営軌道は、天北線小頓別から歌登までの歌登線16.2㎞と、歌登から志美宇丹(しびうたん)までの幌別線があり、ともに軌間762㎜、幌別線は1969年に、歌登線は1971年に廃止された。


| | コメント (3) | トラックバック (0)

普天間基地包囲行動

昨日紹介した三里塚現地闘争と同じ日に、普天間基地包囲行動が行われる。
まず、15日から・・・

5・15平和とくらしを守る県民大会
 とき:5月15日(土)午後3時30分~5時
 ところ:宜野湾市海浜公園

5・16普天間基地包囲行動
 とき:5月16日(日)午後1時~2時
 ところ:普天間飛行場外周
 主催:5・15平和行動実行委員会
    普天間基地包囲行動実行委員会
 事務局 沖縄平和運動センター

とのことです。

いや~先日の25日は、私は何もしなかったからなぁ~
今日は大阪で普天間基地をすぐ返せ!新基地建設を許さない大阪集会があるんだけどなぁ~(25日に大きな野外集会が無かったのは、RENTAIFESTA2010がもともと予定されていて、沖縄を取り組む比較的大きな組織が参加できない・・・よって27日heart
25日は、京都の集会で300人集まっているし…
大阪でも25日に別の団体さんが取り組んだ署名行動は、楽しそうです改めて普天間移設ではなく撤去を これは沖縄ではなく日本の問題だ(プレカリアートさんのブログ)
旗旗サイトで紹介された4・25 沖縄連帯東京集会とキャンドルの波でも、1000名以上が参加し、大いに盛り上がっています。
あちこちで、連続で集会やデモなんかがありまする…
四国でも高知で250人集まったそうで我々はこうした・こうする(土佐高知の雑記帳)

5月に向けて、楽しく基地撤去を目指そうsign03


| | コメント (0) | トラックバック (1)

5・16三里塚現地闘争のお知らせ

反対同盟ブログより、5・16現地闘争に結集を
 5・16三里塚現地闘争のお知らせ
 三里塚芝山連合空港反対同盟
 三里塚闘争をともに闘うみなさん!
 成田市は空港会社と示し合わせて、団結街道(成田市道)の廃止を決定し、空港会社への譲渡手続きを進めています。5月20日以降ただちに閉鎖しようとの構えに対して、反対同盟は廃道粉砕・閉鎖阻止の5・16現地闘争を決定しました。
 不屈に闘う市東さんの営農と生活を妨害して移転を迫り、三里塚闘争を解体しようとする、あせりに満ちたこの攻撃は粉砕あるのみです。5・16現地闘争をもって、反対同盟は、第3誘導路計画と現闘本部撤去攻撃を粉砕し、市東さんの農地を守る新たな闘いに入ります。
 この日、沖縄では普天間基地包囲の大闘争が闘われます。5・16三里塚現地闘争は、基地撤去を闘う沖縄県民への連帯集会です。4・25沖縄全県集会への代表派遣を引き継ぐ闘いとして、ともに闘いたいと思います。
 鳩山内閣は危機と混迷を深めつつ、いっそうの基地強化と改憲攻撃、労働者・農民からの収奪に踏み出すことは明らかです。反対同盟は農地を武器に闘います。労農連帯の旗の下、東アジア共同体構想と軍事空港建設に反対し、敢然と立ち上がります。
 団結街道閉鎖阻止! 第3誘導路計画粉砕! 沖縄闘争連帯の5・16三里塚現地闘争に多くのみなさんが結集されるよう呼びかけます。

 2010年4月20日
団結街道閉鎖阻止! 第3誘導路計画粉砕!
基地撤去を闘う沖縄闘争連帯
  5・16三里塚現地闘争
【日時】5月16日(日) 午後1時30分
【会場】成田市東峰 反対同盟員所有地
   主催:三里塚芝山連合空港反対同盟
PDFはこちら

3・28に提起された、4~5月の闘争である…とはいえ、行けそうにないなぁ…

団結街道の廃道を許すな!第3誘導路建設を阻止し、市東さんの農地を守ろうpunch

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高速道路料金が迷走するのはイデオロギーがないからだ

鳩山連立政権の「公約」である高速道路原則無料化…の前段階として、6月から実施される新料金割引制度が揺れている。
旧聞であるが、asahi.comより
高速新料金、見直し撤回 国会審議で修正も

前原誠司国土交通相が公表した6月導入予定の高速道路の新料金について、鳩山内閣は22日、現時点では見直さない方針を決めた。ただし、今後の国会審議を踏まえて、修正を検討する。新料金については、21日の政府・民主党首脳会議で見直しを決めた直後から方針が二転三転し、鳩山政権の統治能力が問われる事態になっている。
 鳩山由紀夫首相と平野博文官房長官が前原氏と22日に会談し、(1)新料金案は、現時点では見直さない(2)料金割引財源を高速道建設に回す法案は速やかな成立を目指す(3)新料金のあり方は国会審議を踏まえ、国交省で総合的に検討する――との方針を決めた。
 高速新料金を巡っては、多くの利用者にとって実質値上げになることから、民主党議員や閣内から批判が続出。前原氏が出席していない21日の政府・民主党首脳会議で、小沢一郎幹事長が見直しを求め、平野官房長官らが再検討することになっていた。
 ただ、担当大臣としての決定を党の求めでひっくり返されたことに、前原氏が強く反発した。このため、見直し方針を撤回する一方で、国会の意見を踏まえて将来修正する形にして、双方の顔を立てたと見られる。
 前原氏は記者団に「新料金のあり方については、国権の最高機関の国会審議を踏まえ、国交省で総合的に検討する」と述べ、国会の意思をくむ形での見直しは容認する姿勢を示した。国会審議の動向によっては6月の新料金移行が遅れる可能性もある。
 鳩山首相は22日朝、記者団に「政府が引き取って、この問題を見直す。(高速道路の)建設と(料金の)割引を、無料化の方向と矛盾しない形で決着していきたい」と述べていたが、夕方には「国会の審議で、見直すかどうか決めてほしい」と発言。わずか半日で軌道修正した。

で、小沢君と前原君が、対立しているらしいhappy01
報道にあるが新料金が「実質値上げ」と言っても、休日上限千円に比較してのことであるし、四国で問題になっている本四連絡橋の料金が高くなることについて、安ければ安いで、フェリーの利用客が減り、会社が撤退するとかで別途問題にしているのに、エエ気なもんだわ。何も分かっていないなぁ~
 この件で迷走する理由は、ただ一つ。公的なものに公的なところから金をだしてものごとを維持するという思想…イデオロギーが民主党政権にも無いし、マスコミ・報道関係者にも全く無いからだ。

このブログの過古記事
金をかせだヤツから収奪して世の中を動かす話

政府・行政がお金をだしてドンドンやる…こうした発想は、「事業仕分け」に見られるように、民主党政権を動かしている主流部分にはないし、それを「打倒」したい自民党にも、もちろんない(だから「小沢問題」で民主党支持が減っても、自民党支持につながらない)これが新自由主義にどっぷりつかった発想しかできないブルジョワ政治・政権の限界である。

高速道路にはそれなりに税金投入をすべきだろう

ところで、日本は民鉄の経営が旨く行く環境にあったせいか、「受益者負担」原則ありきで公共交通や道路整備が行われてきた。しかし本来は、これら基本的に生活に必要なインフラにはなんらかの形で税金が投入されるべきである。なんでもかんでも受益者負担、運賃・料金で採算とれ~の世界だから、鉄道も高速道路も高い・・・作ってみたけど、料金が高くて(新しい路線だと建設費もそれなりにかさむという問題もあるのだが)利用者が増えない・・・赤字がかさんでどうしようもない・・・本四連絡橋なんて、まさにそうでしょ。旧国鉄だって、首都圏の殺人的ラッシュ対策や新幹線建設等をすべて自前、かつ政策的に安い運賃で独立採算でやれーということで、赤字が出ても単年度で税金による補填をせず、借金に借金を重ねて巨額の国民負担を残したわけだ。
この独立採算・受益者負担絶対主義の風土のもと、小泉改革が行われた・・・道路公団や郵便局を「民営化」したことをはじめ、障害者自立支援とは名ばかり、「応能負担」から「応益負担」へ切り替え(障害が重く収入が少なくならざるを得ない人が、より多くの「益」を必要とするのに・・・)社会福祉は切り捨てられ、セイフティーネットは破壊される「新自由主義政策」をより押しすすめ、労働者民衆の生活はより圧迫されている・・・

そういえば、何でもカンでも民営化路線ってのは、80年代・中曽根内閣の臨調・行革路線→国鉄分割民営化に代表される政策だったなぁ~。JR四国なんてもともと経営基盤の弱い中「分割」して自立しろといわれシコシコやって来たのに、株式上場どころか、高速道路無料化で経営が危なくなっている…のに、民間だから公的資金がやってこない。フェリー会社もいっしょ…。

四国新聞社
本四値上げに反対/自民有志の会発足
 

四国と岡山、広島、兵庫県の自民党国会議員が23日、高速道路の上限料金制における本州四国連絡道路の割高な料金に反対する議員の会を立ち上げた。
 所属議員は香川の大野功統氏、平井卓也氏をはじめ、塩崎恭久氏、後藤田正純氏、中谷元氏、逢沢一郎氏、中川秀直氏、鴻池祥肇氏ら7県の衆参両院の25人。
 党本部で行われた会合では、国土交通省に対して、本四道路の料金を全国と同一の設定にすること、影響を受けるフェリー、JRなどの公共交通機関への別途支援を申し入れることを決定。28日にも前原誠司国交相に要望書を提出する。

中曽根行革・小泉改革を推し進めた「自民党」を抜けるなりしてから、やって欲しいものだw
それはそうと・・・自民党をぶっ壊して新しい党を作った連中にはぜひ高速道路政策をどうしたいのか、聞いてみたいところ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

普天間即時閉鎖意見広告

新聞に1回こっきり「意見広告」を出すのがどのくらい効果があるのか分かりませんが…み~んなそろって、お金も知恵もだしましょう!ということで、期限は短いけど宣伝…3月に呼びかけられたものを、今頃になって宣伝するのもどうとは思われますが…m(--)m
普天間即時閉鎖 辺野古(陸・海)やめろ 海兵隊はいらない意見広告運動

わたしたちは、ここに、緊急の沖縄・意見広告を、普天間米軍基地問題をめぐる鳩山政権の動きに深い危機感と憤りをもって、発起しました。
 昨年の衆議院選挙や本年の名護市長選挙の結果、沖縄県議会の全会一致「県外・国外移設」決議、県知事をはじめ県下41市町村長の政治姿勢の一本化、更に3月8日の名護市議会の「シュワブ陸上案反対」決議をもって、沖縄県民の「普天間閉鎖・返還、辺野古新基地建設断念」「県内移設反対」の総意は示されました。
 わたしたちは、自公政権からの政権交代を選択し、新政権に大きな期待を託してきました。とりわけ、鳩山首相の「県内移設」ではない「県外・国外」への強い意思表明に、沖縄の願いの実現に向かって大きな扉が開かれたと希望を抱いてきました。
 ところが、鳩山政府の内部から、「辺野古シュワブ陸上案」など、沖縄県民の民意に逆らう露骨な政治的動きが強まっています。鳩山首相は3月末には政府案を決定すると断言しています。わたしたちは、このまま行けば日米政府の「5月決着」の内容が、沖縄の民意を踏みにじり、普天間米軍基地の「県内移設」という最悪の≪基地のたらい回し≫に集約されるのではと危機感を募らせています。
 民主主義社会にあって、政権が替われば政策に変更が生ずるのは当たり前です。それにもかかわらず、アメリカ政府は鳩山新政権に対し、普天間は辺野古が最善だ、旧自民党政権との間での日米「合意」を守れ、辺野古がなければ普天間返還はないと、まるで占領者意識丸出しに圧力を掛け続けています。
 これは、世界の良識からみても、常軌を逸しております。
 沖縄の人々の人権も、アメリカの人々の人権も、日本本土の人々の人権も全く同じ人権です。人権に上下なく等しく扱われるのが人権宣言や憲法の精神です。いつまでも沖縄の人々の平和に生きる権利を無視し、「基地」が存在することからくる恐怖や苦しみを押し付け続けていいのでしょうか。
 この問題は沖縄だけの問題でなく、日本に暮らすすべての人びとがその苦しみ・痛みをみんなで受けとめ、真剣に考え、解決していくべき問題です。
 普天間即時閉鎖・返還へ、まわりはじめた歴史の歯車を逆に戻してはならないのです。わたしたちは、今こそ、声を挙げていく時です。
1、 普天間米軍基地の即時閉鎖・返還を求め、「県内移設」に反対します。
 住宅密集地の中にあり、米政府自らも認める世界一危険な普天間米軍基地は、1945年、日本の敗戦直前の6月に米軍が本土を攻撃するために建設されたものです。戦後65年もの間、村の役場、田畑や学校のあった暮らしと命を育む土地を強制的に取り上げ、飛行場を造り、使い続け、爆音被害と死の恐怖を与え続けてきたのは、米軍なのです。奪われたものに奪った生活の場を返すのに、返す代わりに代わりの基地をよこせ、というのは「盗人猛々しい」というものです。
 鳩山政権は、「移設先探し」ではなく、まず、普天間基地の即時閉鎖と返還を米政府と真剣に交渉すべきです。
2、 辺野古新基地建設計画(海・陸上)の断念を求めます。
 辺野古新基地建設計画に沖縄県民が反対している理由を、日米両政府と本土に暮らす全ての人びとも知るべきです。
 辺野古の海はジュゴンのすむ豊かなサンゴの海、命を育む海です。旧政権時代の「日米合意」案は、この美しい海を10トントラック525万台の土砂、海砂で埋めるという計画です。今、急浮上している「シュワブ陸上案」は、普天間基地の危険を移し、名護市の大自然を破壊し、基地建設による赤土の流出で生物多様性に富む辺野古の海域を「死の海」へと追いやり、全ての生き物を死滅させ、住民の命と暮らしを破壊するものです。
 米本国では、そのような自然環境の破壊や海洋汚染、生態系の破壊につながる計画は米政府自身が認めておりません。なぜ、自国で認められない無理難題を、米政府は日本政府に、沖縄県に、名護市民に対し押し付けてくるのでしょうか。
 米政府の「日米合意」実施要求の裏には、普天間にはない軍港建設計画があり、弾薬庫があり、オスプレーの配備計画があるのです。日本政府の膨大な国家予算で、米軍の使用する基地のため、陸を削り、海を埋めて、二十一世紀型の最新鋭の巨大基地を夢見ているのです。政府予算は国民の血税であり、主権者たるわたしたちは黙ってそれを認めていいのでしょうか。
 鳩山政権はすでに破綻している辺野古新基地建設計画を白紙に戻すべく、米政府と交渉すべきです。
3、 もう、安保はやめましょう。
 東アジアの一員として平和に生きるために、みんなで海兵隊の存在、日米安保条約を見直し、軍事力によらない平和を構想しましょう。
 鳩山新政権は、その公約で「緊密で対等な日米関係」を築くと明言しました。戦後の日米関係は、米ソ冷戦構造を前提にして作られた「日米安全保障条約」の下に、アメリカに日本を軍事的のみならず経済的にも縛りつけ追従させてきた同盟関係です。同時に、沖縄に当初は外から、後に(沖縄返還によって)内からこの安保体制を支える役割を強制してきました。つまり、安保による日米関係は、この対米追従と構造的な沖縄差別の上に成立しています。これは、憲法前文と九条でしめしている「平和国家」のあり方として、「平和的に生存する権利」、人権などの原理と相反するものです。
 考えてもみてください。他国に「殴りこみ、人を殺すための陸上部隊」である海兵隊は、本当に必要なのでしょうか。わたしたちの安全を守るに、米軍基地や軍隊が必要なのでしょうか。わたしたちは、いらないと考えます。
 安保改定50年。時代は、冷戦思考から脱却し、平和と連帯の東アジア・世界の創造を求めています。普天間基地だけでなく全ての基地の縮小・撤去を目指していくべきです。わたしたちは、地位協定をはじめ日米軍事同盟の根本的見直しを求め、軍事力にたよらない平和の構想を創造し、安保に代わる「日米平和友好条約」の締結に向けた、対話と交渉を始めることを求めます。
 わたしたちは、日本全体の0.6%の面積しかない沖縄に米軍基地の75%を押し付けてきたことを深く反省し、岩国・厚木・佐世保・横須賀など本土各地の基地に苦しむ人びとの痛みも沖縄の人びとと同様であると考え、「移設先」探しでなく「米軍基地はアメリカに持って帰れ」と声を挙げようではありませんか。
 沖縄の人びとの闘いと本土に住む人びとの闘いを結び、世界で平和を求め、軍事基地はいらないと考え行動する人びとの闘いにつなげたいと考えます。沖縄の闘いは、日本を変える闘いだけでなく、世界の人びとの闘いの希望なのです。
 基地ありき、安保ありきのこれまでの「常識」を見直し、これら問題を真剣に考え、公論を起こす時です。そこから、沖縄とともに苦しみも希望も共にする本当の平和への扉を開く一歩が始まると思いませんか。今、そのチャンスです。
 このような思いから、わたしたちは緊急意見広告を発起しました。
 「沖縄の痛みを全国民の痛み」としてみんなで受けとめ、緊急意見広告でわたしたちの意思を表明しましょう。事は急ぎます。力をあわせましょう。

2010年3月7日     沖縄・緊急意見広告運動

賛同はこちらから
賛同金をお送りください。
そして、応募用紙を送信してください。あるいはファックスしてください。
4月28日 必着でお願いします。
賛同金 個人 1口1000円、一口以上
団体 1口5000円、一口以上
送金先 郵便振替 口座名義:「意見広告」
       番号:00920-3-281870

応募用紙のFAXではなく、メールからでも賛同できまする。
 okinawaikenkoukokuあっとberita.jp
賛同人も多彩

ではではhappy01


発起人 (アイウエオ順)
安次富 浩 (名護・ヘリ基地反対協議会共同代表)
上原 成信 (沖縄・一坪反戦地主)
大野 和興 (脱WTO・FTA草の根キャンペーン事務局長、日刊ベリタ代表)
尾形 憲 (法政大学名誉教授)
武 建一 (連帯労組生コン支部委員長、中小企業組合総合研究所代表)
本山 美彦 (京都大学名誉教授、「変革のアソシエ」共同代表)  
山内 徳信 (参議院議員)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

徳之島で反対なら、沖縄ではもっと反対だぜ

普天間基地の「移転先」候補とされた徳之島で大規模な反対集会が開かれ、全国あちこちの新聞とかで報道されている。
読売新聞WEBサイトより
普天間移設反対、徳之島で1万5千人集会

沖縄の米軍普天間飛行場移設問題で、政府が同飛行場のヘリ部隊の移転先として検討している鹿児島県・徳之島で18日、大規模な反対集会が開かれ、移設受け入れ反対を決議した。
 鳩山首相は「沖縄県外移設」の有力案として徳之島案を進めたい考えだが、米側は移設先自治体の合意取り付けを交渉の前提とする立場を崩していない。地元の反対意思が明確となったことで、首相が目指す5月末までの決着が絶望的な状況にあることが改めて浮き彫りとなった。
 集会は同島内の徳之島、伊仙、天城の3町長のほか、約60団体が主催した。島内での反対集会はすでに2回開かれているが、今回は主催者発表で島の人口約2万6000人の半数を超す約1万5000人が参加し、当初目標とした1万人を大きく上回った。
 徳之島町の高岡秀規町長は、米国も徳之島案に否定的なことを踏まえ、「米国もノーと言った案はありえない」と強調。決議文では「基地の移設に断固反対して政府が断念するまで闘う」と、受け入れ拒否の姿勢を鮮明にした。
 集会には自民、共産両党の国会議員も参加。民主党国会議員の参加はなかったが、同党鹿児島県連代表の川内博史衆院議員は18日、首相公邸に首相を訪ね、県連が決めた徳之島案白紙撤回を求める方針を伝えた。
 普天間移設で政府は、沖縄県名護市にまたがる米軍キャンプ・シュワブ陸上部への代替施設建設などに徳之島へのヘリ部隊移転などを組み合わせた案を固めているが、関係自治体に正式に打診していない。
 今後も徳之島案を進めた場合、地元の反発が強まるのは確実で、政府内では「5月末決着」の実現に悲観的な見方がさらに強まっている。
(2010年4月18日21時43分 読売新聞)

うむ、この「普天間移設問題」が毎日のように取り上げられる中での大集会であれば、全国で大々的に報道されるのは当然だろう。普天間「移設」も徳之島には、できないだろう。

で、改めて言うが、沖縄では「県内移設」にもっと反対してきたangry
辺野古への基地建設計画も、14年にわたって止め続けてきたbomb

政府関係者はともかく、マスコミや、沖縄への基地集中・押しつけ政策をず~っと続けてきた自民党も含め、「基地は沖縄・普天間はそのまま使用」なんてことを、平気で言ってくるんだ。
ふざけてはいけない。徳之島で反対・基地建設不可なら、沖縄ではもっと反対・不可なのだsign03

普天間基地をめぐる沖縄闘争は、4・25県民大会から、それ以降の、おそらく、鳩山打倒 → 後継政権にも沖縄に目を向けさせ、「県内移設」を許さないたたかい に向かって上り詰めなければいけない。で、これは日米安保や同盟のあり方も変える・・・民衆の力で、変えるたたかいである。

県民大会に思いをはせる市民有志のブログはこちら。
県民大会のチラシはこちら。

み~んなそろって、闘争勝利happy01

| | コメント (5) | トラックバック (1)

三国志タイム

今度住んでいる寮では、なぜか新聞を定期購読していない。
いくらネットでニュースは分かるご時勢とはいえ、食後の新聞は、サラリーマンの基本だろ~sign02
新聞ちゃんと読まんと、AFOになるぞ、AFOに…「朝・毎・読」三大紙でなくても、県紙でいいんだから、ちゃんと購入しろーup

で、夕食後読んでるのが、「三国志」…もちろん、マンガのほう
潮漫画文庫の、横山光輝「三国志」が、なぜか食堂にある。とはいえ、全巻そろっているわけではない。とりあえず第20巻まで…

ちょっっとずつ読んで…呂布が滅び、「偽帝」袁術(これって、孫賢がたまたま手に入れた「玉璽」を、子の孫策が兵を借りるために渡したのですね)が劉備によって滅ぼされ…やがて曹操が華北をほぼ制圧する「官渡の戦い」に向かうところらへんです。

袁術くんの、最期…
劉備軍に打ち負かされ、落ち武者同然で農民から水を求めようとします。
「どなたかね」
「帝の袁術じゃ み 水を も 持って参れ」
農民・水の入っているカメを倒す
「ううっ こ これは」
「さっきまで水はあったがね今なくなっちまった」
「血ならまだ少しは体に残っているがね それ以外はみんなお前に吸い取られてしまったからな 今どは俺の体を切り刻んで本当の血まで吸い取りなさるのかね」
015
「おおお 俺はもう一人の民も持たぬ国王だったのか」
「水の一杯も恵んでもらえぬ国王だったのか そこまで人の心は離れていたのか」
もののあわれでございまするなぁ~


| | コメント (0) | トラックバック (0)

排外主義を許さない5・30集会の賛同と参加の呼びかけ(リンクを追加しました)

いろいろメールで流れてきましたので、転載いたします。関西での行動呼びかけです。

【転送歓迎・重複ご容赦】
日本における排外主義・外国人差別の横行に危惧を持ち、いわゆる日本人と在日・滞日外国人市民とが、ともに生きる社会を目指すすべての皆さん。「在特会」「主権回復」ら公然と差別言辞をはき、子どもたちの居場所を襲撃したり、抗議する人には集団暴行を加える集団が跳梁跋扈しています。この間、朝鮮学校への襲撃や、日本軍「慰安婦」問題の解決を求める市民運動への襲撃などが行われて問題になっています。これらの動きに対して私たちは座視することはできないと考えて、昨年6月13日京都、同じく10月10日大阪難波と彼らへの直接抗議行動を展開してきました。年が明けて3月28日には朝鮮学校への襲撃を許さないという意思を示すために、1000人近い人々が京都の円山野外音楽堂に集い、集会とデモ行進に取り組みました。

私たちは、彼らの主張・行動は許されないのだということを社会にはっきりと示し、彼らが大手を振って行動できないように社会的な包囲の下に置くことを目指して、大阪で大規模な集会を作ろうと目指しています。皆さんのお気持ちと参加がぜひとも必要です。ご協力をお願いします。
排外主義を許さない5・30関西集会実行委員会
連絡先:〒550-0021 大阪市西区川口 2-4-28「連帯ユニオン内」
FAX 06-6582-6547 TEL 06-6583-5546
メール shukai_530@yahoo.co.jp

会名称
排外主義を許さない5・30関西集会

会場
扇町公園(地下鉄堺筋線扇町駅、JR大阪環状線天満駅下車)

集会終了後デモを行います

皆さんにお願いしたいこと

①集会への参加
多くの参加が排外主義を許さない意志を示すことになります。できればあなた自身が参加していただくとともに、周りの人にも参加を呼びかけてください。

②宣伝への協力
呼びかけのために実行委員会でビラを作成しています。(4月28日刷り上げ予定)ビラまきにご協力ください。必要な部数を連絡いただければ、確保しておきます。なお、財政上、事務上の理由から、ビラは連絡先の連帯ユニオン会館まで取りに来ていただくことを原則としています。申し訳ありませんが、ご協力ください。どうしても送付が必要な場合は、ある程度地域でまとめて、着払いで送りますので連絡ください。

③行動への賛同
行動への賛同を集めています。集まった賛同は公表が可能なものについてはブログで公開しています。こちらもご協力をお願いします。公表の可・不可をはっきりと書いて連絡先メールアドレスshukai_530@yahoo.co.jpまで送ってください。以下賛同呼びかけ。

排外主義を許さない5.30関西集会への賛同呼びかけ
 「在特会」=「在日特権を許さない市民の会」を名乗る排外主義集団による襲撃や暴力行為が横行し、見過ごすことのできないものとなっています。
 埼玉・蕨市では、在留特別許可を得ることができたフィリピン人の中学生の通う学校へとデモをかけ、「外国人を叩き出せ」と叫びました。
 京都では朝鮮学校に押しかけ、学校の校門前で拡声器で「あなたたちはスパイの子だ」「こんなものは学校ではない」と叫びました。
 日本軍「慰安婦」の問題への取り組みに対する襲撃は全国で行われ、西宮「水曜デモ」への襲撃では負傷者を出しています。
 カトリック玉造教会で開かれた「カトリック正義と平和協議会」の集会にたいして攻撃もしています。
 今、日本社会は大きな岐路に立たされていると言えるでしょう。長引く不況と未来に展望が見いだせない閉塞感の中、在日外国人を虐げ、差別することで自らの居場所を確認しようとする人々が、全国的に拡がってきています。
 こうした動きに対し、ここ関西においても多くの人々が対峙し続けています。
 私たちは5月30日に大阪で排外主義に反対する集会・デモを開催する準備を進めています。排外主義の動きを封じ込めるために、多くの、多様な人々と繋がり、社会的な包囲網を関西において形成していきたいと考えています。
 一人でも多くの個人、団体がこの趣旨に賛同し、実行委員会に加わっていただき、その集会をそうした場にしていきたいと思います。
 関西から全国へと繋がる反排外主義運動の大きなうねりを創り出す、その第一歩を共に踏み出しましょう。

主催:排外主義を許さない5・30関西集会実行委員会
連絡先:〒550-0021 大阪市西区川口 2-4-28「連帯ユニオン内」
FAX 06-6582-6547 TEL 06-6583-5546
メール shukai_530@yahoo.co.jp
--------------------------------------------------------------------------------
(以下を実行委員会までお送りください)
排外主義を許さない5・30関西集会・デモに賛同します
・お名前(あれば肩書)

・団体名

・公表の可否

・連絡先

転載ここまで。

と、いうことで、私も賛同いたしました。以下送付文。

排外主義を許さない5・30関西集会に賛同します。

集会のことは、関実・三里塚のブログ記事で知りました。
また、4月7日「水曜デモ」における、門真の戸田ひさよし氏への襲撃や、それに続く11日の戸田事務所への右翼街宣のことも聞き及んでいます。

「在特会」は外国人、特に日本による植民地支配の歴史を告発し、糾弾しつづける存在の在日朝鮮・韓国人に対して、聞くに堪えない差別暴言を吐き、差別・排外主義をあおっています。特に朝鮮学校の子どもたちや、従軍慰安婦問題を解決のためにたたかう女性に対して、警察権力に守られていることをいいことに、暴力的に襲い掛かってくる卑劣な存在だと思います。
しかし、彼らを「卑劣」だと批判・非難しているだけでよしとはいたしません。ある理由…国籍、民族、学歴、職歴、身分等々…をつけて人を差別し、抑圧すること、ましてその「理由」の意味を深く考えないことは、ある意味「ラク」なことでもあります。深く考えないで、差別する、いじめをする、あるいは人を傷つける、これらを絶対にやったことがないという人は、ほとんどいないでしょう。
私たちの問題として、「在日」の問題をどのくらい真剣に考えたことがあるか、従軍慰安婦問題にどのくらい取り組んできたか、それらの不足が「在特会」の存在を許す日常を生み出しているということがあると思います。
このような現実があるかぎり、誰もが「在特会」になり得る…それは左翼であっても変わらない…とも思います。だから、自分の生き方、考え方の反省も含めて、この集会に賛同いたします。

4・18リンクを追加しました。


| | コメント (8) | トラックバック (0)

医者はどこだ!

転勤・引越しをするとやらんといかんこと
住民票移し、免許の住所書き換え、ガス水道…の他に
医者さがしhospital

長~いこと、精神科に通い、お薬をもらっている関係上、必要なことであります。
職場や住んでいるところから通いやすいところを探すなり。
014
有名な、つげ義治「ねじ式」より
「ぼくは必死になって医者を捜しているのです」
「するとお前さまはイシャを捜しているのだね」
「あなたに義侠心というものがあるならぼくを医者へ案内して下さい」
「なるほどきみの言わんとする意味がだいたい見当がつきました」「きみはこう言いたいのでしょう イシャはどこだ!」

ま、今はネットで医者さがしができます。ありがたいことですvirgo
あと、前の医者に紹介状を、書いてもらうのは必定なり。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

ちょっと昔の宇和島から松山方面…

とりあえず、続き
010
高知から、予土線を経て宇和島へ抜ける…

011_2
ちっちゃなお城です。

013_2
伊予大洲あたり・・・かな?

014
駅撮り…もう夕方です。

016
伊予灘に夕日が沈みます。

015
翌日…高松駅か?今は無き寝台特急「瀬戸」


| | コメント (0) | トラックバック (0)

「在特会」の跳梁跋扈を許さない上で考えること

私がネット環境につなげない僅かの間に、関西で「在特会」がトンでもないことを繰り返していた。4月7日水曜日、門真の元市会議員で連帯労組近畿地方本部の戸田ひさよしさんが、従軍慰安婦問題の解決を訴えて毎月大阪駅前の歩道橋上で行われていた「水曜デモ」防衛のために出かけ、帰ろうとしたところ「在特会」が集団で暴言を浴びせた。取り締まったり阻止したりするのに十分な警察官が大勢居るにもかかわらず、集団で暴行を加えようとしたのだ。戸田さんは眼鏡を落とされたにもかかわらず、警察は「早く帰って下さい」と排除するばかりで眼鏡を探すこともままならず、曽根崎諸に被害届を出した。
 参考「旗旗」より投稿】4/7夜、在特会ら30名が警官目前で戸田を執拗に襲撃!ケガはないがメガネ失う被害に!
 戸田さんとこの動画4・7在特会が戸田を襲撃 
 また、昨日11日には、戸田さんの事務所に街宣右翼の抗議行動(という名の超迷惑行為!)があった。7日の騒動の際に「在特会」側が街宣かけたるぞというようなことを言っていたそうなので、これと連動した行為なのだろう。
 戸田さんとこの動画4・11戸田事務所帰宅襲撃:補足解説
 このような右翼「在特会」の跳梁跋扈を許さないが、同時に彼等のこのような行動について、とりとめもない話ではあるがあれこれ考えてみた。

 まず今回のように「警察が絶対手をださない」という前提の下で、やりたい放題のことをやっている「在特会」の弱さについて…というより、弱い個人でも、集団で安全なところに居ると、暴走し、酷いことをしてしまうことの危うさである。右翼・「在特会」批判のエントリーであるが、左翼や普通の人の集団でも同じようなことは起こる。左翼…特に新左翼では…権力の介入を防ぐこともあって、揉め事その他を警察に頼らず「解決」することになっているのだが、それがいわゆる「内ゲバ」というものに発展すると、非常に陰湿で悲惨なものになってしまう。7~80年代の学生戦線ではよくある話で、今日的にも解決された問題ではない。
 普通の人が、酷いことをしてしまうこと、ナチスドイツによるユダヤ人への迫害や、中国における日本軍による残虐行為、さらには中国における文化大革命や現在も続くチベット、ウイグル族をはじめとする少数民族への抑圧行為等、特に差別・抑圧を国家権力が認めて行う時にその恐ろしさを発揮していることが、歴史をちょっと紐解けば分かる。

 二つ目、人をなんかで区別して見下し、差別するというのはラクだということ…国籍・民族・性別・身分・学歴…等々、人を区別する、カテゴライズするための題材はいっぱいある。人間は一人ひとり違って当然なんだが「日本人」じゃ~「韓国人」じゃ~というところで「思考停止」をして、競争し、どっちが優秀かどうかあることないこと引っ張り出して、比べるだけ…そもそもその違いの原因や意味って、何なの?と一歩でも二歩でも進んでラジカルに考えることは、なかなか難しい。

 三つ目、いわゆる従軍慰安婦問題も含めた戦後補償・植民地支配についての認識や反省が、まだまだ弱い、社会で支配的な言論になっていないということだ。最近の「在特会」騒ぎと平行する形で、高校無償化から、朝鮮学校を外すことを許さないたたかいが取り組まれていたのだが、これに十分取り組んでこなかったという自らの反省も含め、そう考える。「在日」とは何か、なんで「朝鮮学校」が日本にあるのか?きちんと考えてきていない。そういった中で「在特会」と左翼がぶつかりあっても普通の人は「どっちもどっち」と考え、やがて声のデカイ方に、逆らっても恐くない、無難な道を選ぶだろう。

 「『在特会』は弱いものいじめをする、卑劣な連中」と批判することはたやすいが、自分だって小中学生の時には、クラスで「いじめ」を見て見ぬふりしたり、「いじめ」に加担していたとしてもしょうがないことをしていたこともある。誰でも「在特会」に生り得ると思う…ゆえに、彼等を例外的な存在として軽く見ることは非常に危ういと考える。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

とりあえず片付きました

ようやく部屋が片付いて、ネットにも接続できる環境となりました。
むすめ達の居場所もOKvirgo
Pict0003

物をとりあえず置く場所は、確保できましたが、引越し闘争の最終的勝利は、まだまだ不明です。
日常的に使ったり愛でたり?するのものは、なるべく手のとどく所に置いておきたいものですが、まだ組み立てていないBトレ、組み立て後に置く場所が無いsign01
けっこう、いらん物があることも判明、ガラクタ類を捨てる闘争に決起せねばなるまい・・・って、結局、次の引越しまでそのままになるのだろうなぁ~。
几帳面に整理整頓したりするのが、苦手です。めんどくさがりやなので、ついつい捨てたり、整理したりということができません。

とにかく・・・快適な生活を続けるためには・・・
1.何か買ったら、何か捨てる
2.物は決まったところにしまう
3.整理ゴミ捨てスケジュール闘争(要するに、日を決めて行うということですね)に決起する
4.やると決めたら、先延ばししないsign03

あ~でも、観光も乗りテツもしたい・・・結局、いつまでこの決意が続くやらcoldsweats01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Nゲージレイアウト惜別闘争

転勤に伴う引越しに先立ち、Nゲージのテーブルレイアウトもどきを、処分いたしました。
Pict0001
こんなんが、狭い部屋にあったのです。

実は、東海地方に居る時にこしらえたもので、転居を3回ほどしています。
ぶっこわれたカラーボックスを改造して作ったもの…移動が便利なように、キャスターがついています。で、透明アクリルボードを乗っけて、テーブルとしても使えたシロモノなんですが…
やはり、置き場所が困る、メンテナンスが大変…その上、通電がおかしくなって、走行ができません。

013
こ~んな感じで走っていたのですがねぇ~
コンセプトは、山中のローカル鉄道です。今はNゲージのレールセットも、あるいはBトレインショーティーとか、その走行モーターとか、簡単に家電量販店で売っています…が、作った当時は、そんなもん無かった…模型屋さんに行って、シコシコと狭いレイアウトにあいそうなもの(かつ、カーブを曲がれるもの)を探してきました。
で、手前の車両は歌登町営軌道のレールバス…10人も乗れなかったものだそうです。(また紹介しますね)
奥のディーゼル機関車・貨物列車は国籍不明sign02の、どこでも使えそうなものを買ってきたものです。

レールも、フレキシブルレールをぐいぐい折り曲げて、狭い中に収めました。
011
Nゲージ初心者のくせに、立体交差も作って、大変な工作・・・ただし、ポイントは手動です。

Pict0005
廃線跡…

Pict0008
とりあえずストラクチャーの建物は、サルベージしておきました…また使ったりして(^^;;;


| | コメント (2) | トラックバック (0)

ちょっと昔の土佐電他

この前の、続き…
004
高知駅前から、路面電車に乗って

005
桟橋まで行く

006
桂浜にて、坂本龍馬タン

007
海はいいなyacht

008
高知城

009
はりまや橋だそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

淡路島上陸

淡路島上陸
淡路島上陸
明石海峡大橋です。
あるみさんズも、記念撮影

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょっと昔の四国編

十数年前の、四国鉄道ネタ
001
高徳線と、鳴門線が分岐する、池谷駅にて

002
阿佐海岸鉄道、甲浦駅

003
多分、徳島駅…特急「剣山」


| | コメント (0) | トラックバック (0)

関西を去るにあたってやり残したこといろいろ

実は、いっぱいあります。
大阪市営地下鉄は、まだ全線完乗していません(^^;;;
端っこのほうも、残っているし、今里筋線オレンジの路線ねは、開業してから全然、一区間も乗っていません…うわ~

和歌山電鉄、貴志川線のねこ駅長にも、お会いしておりませぬ…この前行った時は、お休みでしたvirgo

京阪電鉄の車両…新しい「三井住友銀行」カラーに、そのうち全て塗り替えられてしまいます…が、これまでのハウス練りわさび塗色のヤツ…全然写真を、撮っていません。
そもそも、昨年ロシアに行った時、プリントに出したらサービスでもらったフィルム…全然、消費してませんcamera
交野線で走っている、10000形…京阪には珍しく、ターコイズグリーン1色の塗色でしたが、この前みたら、これも三井住友色に塗り替えられていました…ピンチですsign02

堺市と大阪市を結ぶ路面電車阪堺電軌の、存廃問題や堺市内LRT計画もウォッチしていきたいところ、残念でございます。

鉄道以外では…第七藝術劇場とか、大阪、九条のシネ・ヌーヴォのような、濃い映画館が、四国にあるのでしょうか…ロシア革命アニメーションなんか、また見たいよ~ぅんweep

あっ ぎょーむれんらくです

引越し先での回線工事等の都合により、しばらくインターネットに接続できませぬ…

up

携帯からの投稿や、ココログの投稿時間指定機能の活用により、ブログ更新は時々行います。(エロコメント・アダルトサイトからのTB削除とかはおろそかになると思いますので、ご容赦を)

これからも、「たたかうあるみさんのブログ」を、よろしくお願いしますm(--)m


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »