« 医者はどこだ! | トップページ | 三国志タイム »

排外主義を許さない5・30集会の賛同と参加の呼びかけ(リンクを追加しました)

いろいろメールで流れてきましたので、転載いたします。関西での行動呼びかけです。

【転送歓迎・重複ご容赦】
日本における排外主義・外国人差別の横行に危惧を持ち、いわゆる日本人と在日・滞日外国人市民とが、ともに生きる社会を目指すすべての皆さん。「在特会」「主権回復」ら公然と差別言辞をはき、子どもたちの居場所を襲撃したり、抗議する人には集団暴行を加える集団が跳梁跋扈しています。この間、朝鮮学校への襲撃や、日本軍「慰安婦」問題の解決を求める市民運動への襲撃などが行われて問題になっています。これらの動きに対して私たちは座視することはできないと考えて、昨年6月13日京都、同じく10月10日大阪難波と彼らへの直接抗議行動を展開してきました。年が明けて3月28日には朝鮮学校への襲撃を許さないという意思を示すために、1000人近い人々が京都の円山野外音楽堂に集い、集会とデモ行進に取り組みました。

私たちは、彼らの主張・行動は許されないのだということを社会にはっきりと示し、彼らが大手を振って行動できないように社会的な包囲の下に置くことを目指して、大阪で大規模な集会を作ろうと目指しています。皆さんのお気持ちと参加がぜひとも必要です。ご協力をお願いします。
排外主義を許さない5・30関西集会実行委員会
連絡先:〒550-0021 大阪市西区川口 2-4-28「連帯ユニオン内」
FAX 06-6582-6547 TEL 06-6583-5546
メール shukai_530@yahoo.co.jp

会名称
排外主義を許さない5・30関西集会

会場
扇町公園(地下鉄堺筋線扇町駅、JR大阪環状線天満駅下車)

集会終了後デモを行います

皆さんにお願いしたいこと

①集会への参加
多くの参加が排外主義を許さない意志を示すことになります。できればあなた自身が参加していただくとともに、周りの人にも参加を呼びかけてください。

②宣伝への協力
呼びかけのために実行委員会でビラを作成しています。(4月28日刷り上げ予定)ビラまきにご協力ください。必要な部数を連絡いただければ、確保しておきます。なお、財政上、事務上の理由から、ビラは連絡先の連帯ユニオン会館まで取りに来ていただくことを原則としています。申し訳ありませんが、ご協力ください。どうしても送付が必要な場合は、ある程度地域でまとめて、着払いで送りますので連絡ください。

③行動への賛同
行動への賛同を集めています。集まった賛同は公表が可能なものについてはブログで公開しています。こちらもご協力をお願いします。公表の可・不可をはっきりと書いて連絡先メールアドレスshukai_530@yahoo.co.jpまで送ってください。以下賛同呼びかけ。

排外主義を許さない5.30関西集会への賛同呼びかけ
 「在特会」=「在日特権を許さない市民の会」を名乗る排外主義集団による襲撃や暴力行為が横行し、見過ごすことのできないものとなっています。
 埼玉・蕨市では、在留特別許可を得ることができたフィリピン人の中学生の通う学校へとデモをかけ、「外国人を叩き出せ」と叫びました。
 京都では朝鮮学校に押しかけ、学校の校門前で拡声器で「あなたたちはスパイの子だ」「こんなものは学校ではない」と叫びました。
 日本軍「慰安婦」の問題への取り組みに対する襲撃は全国で行われ、西宮「水曜デモ」への襲撃では負傷者を出しています。
 カトリック玉造教会で開かれた「カトリック正義と平和協議会」の集会にたいして攻撃もしています。
 今、日本社会は大きな岐路に立たされていると言えるでしょう。長引く不況と未来に展望が見いだせない閉塞感の中、在日外国人を虐げ、差別することで自らの居場所を確認しようとする人々が、全国的に拡がってきています。
 こうした動きに対し、ここ関西においても多くの人々が対峙し続けています。
 私たちは5月30日に大阪で排外主義に反対する集会・デモを開催する準備を進めています。排外主義の動きを封じ込めるために、多くの、多様な人々と繋がり、社会的な包囲網を関西において形成していきたいと考えています。
 一人でも多くの個人、団体がこの趣旨に賛同し、実行委員会に加わっていただき、その集会をそうした場にしていきたいと思います。
 関西から全国へと繋がる反排外主義運動の大きなうねりを創り出す、その第一歩を共に踏み出しましょう。

主催:排外主義を許さない5・30関西集会実行委員会
連絡先:〒550-0021 大阪市西区川口 2-4-28「連帯ユニオン内」
FAX 06-6582-6547 TEL 06-6583-5546
メール shukai_530@yahoo.co.jp
--------------------------------------------------------------------------------
(以下を実行委員会までお送りください)
排外主義を許さない5・30関西集会・デモに賛同します
・お名前(あれば肩書)

・団体名

・公表の可否

・連絡先

転載ここまで。

と、いうことで、私も賛同いたしました。以下送付文。

排外主義を許さない5・30関西集会に賛同します。

集会のことは、関実・三里塚のブログ記事で知りました。
また、4月7日「水曜デモ」における、門真の戸田ひさよし氏への襲撃や、それに続く11日の戸田事務所への右翼街宣のことも聞き及んでいます。

「在特会」は外国人、特に日本による植民地支配の歴史を告発し、糾弾しつづける存在の在日朝鮮・韓国人に対して、聞くに堪えない差別暴言を吐き、差別・排外主義をあおっています。特に朝鮮学校の子どもたちや、従軍慰安婦問題を解決のためにたたかう女性に対して、警察権力に守られていることをいいことに、暴力的に襲い掛かってくる卑劣な存在だと思います。
しかし、彼らを「卑劣」だと批判・非難しているだけでよしとはいたしません。ある理由…国籍、民族、学歴、職歴、身分等々…をつけて人を差別し、抑圧すること、ましてその「理由」の意味を深く考えないことは、ある意味「ラク」なことでもあります。深く考えないで、差別する、いじめをする、あるいは人を傷つける、これらを絶対にやったことがないという人は、ほとんどいないでしょう。
私たちの問題として、「在日」の問題をどのくらい真剣に考えたことがあるか、従軍慰安婦問題にどのくらい取り組んできたか、それらの不足が「在特会」の存在を許す日常を生み出しているということがあると思います。
このような現実があるかぎり、誰もが「在特会」になり得る…それは左翼であっても変わらない…とも思います。だから、自分の生き方、考え方の反省も含めて、この集会に賛同いたします。

4・18リンクを追加しました。


|

« 医者はどこだ! | トップページ | 三国志タイム »

たたかいとかくめい」カテゴリの記事

コメント

排外主義は良くない…が、戦後直後の「朝鮮進駐軍」等の在日朝鮮人による被害もあるわけで、完全なる被害者面するのもどうかなと思います。
一番良いのは、お互い認めあうことなんでしょうが…

投稿: ガガーリン | 2010年4月18日 (日) 01時47分

>従軍慰安婦問題を解決のために

全て解決済み。
基本条約締結以後の騒動は余禄的な金目当ての浅ましい人間の所業。

投稿: 核武装論者 | 2010年4月18日 (日) 08時42分

ガガーリンさんコメントありがとうございます
今「在特会」から差別されている在日朝鮮・韓国人が「完全なる被害者面」をしているわけではないでしょう。
核武装論者は、まるでオウムだにゃ~同じことのの繰り返し…

投稿: GO@あるみさん | 2010年4月18日 (日) 22時06分

>戦後直後の「朝鮮進駐軍」

“武装集団が三万人も全国主要 都市に出現し暴れまくった。彼らは武装解除された日本軍の武器と軍服を着て武装し「 朝鮮進駐軍」と名乗る在日朝鮮人集団は無差別に多くの日本人市民を殺害した。GHQの記録に残っているだけでも四千人以上の殺害記録が残されている。”

もしこれが事実なら、歴史に埋もれた大虐殺事件なのだが?「朝鮮進駐軍」の項目がWikiから削除されたと騒いでいる連中がいるけど、肝心のGHQの資料も示さず脳内妄想で書かれても、そりゃ消されるだろうね。実際、朝鮮人が暴れたことはあったにせよ、4000人殺害とまで言うからには、それなりの根拠を示さないとね。

投稿: 一日千秋のプロレタリアート | 2010年4月19日 (月) 07時19分

>まるでオウムだにゃ~同じことのの繰り返し…

これ、まさに追軍売春婦とその一派w

投稿: 核武装論者 | 2010年4月19日 (月) 07時45分

>それなりの根拠を示さないとね。

強制連行、従軍慰安婦、南京虐殺もねw

投稿: 核武装論者 | 2010年4月19日 (月) 07時47分

「朝鮮進駐軍」へのツッコミ、ありがとうございます。なるほど「差別」を正当視するためのAFO妄想ですな。

投稿: GO@あるみさん | 2010年4月19日 (月) 22時21分

偽善者

投稿: | 2010年4月25日 (日) 01時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1094529/34271017

この記事へのトラックバック一覧です: 排外主義を許さない5・30集会の賛同と参加の呼びかけ(リンクを追加しました):

« 医者はどこだ! | トップページ | 三国志タイム »