« 鳩山は打倒し、次の「政権」に対米交渉させるのだ | トップページ | 18,6㎞/ℓで »

ジプチへの自衛隊基地建設弾劾!

沖縄の基地問題で「抑止力」という言葉を鳩山が使ったが、すでに日本自衛隊は世界有数の装備と予算を誇る軍隊であり、沖縄・島嶼防衛も自衛隊が行うよう、ちゃんと部隊編成ができている。そんな自衛隊はイラクやインド洋等海外に派兵され、今もソマリア沖に派兵されているのだ。
で、ML等でこんな情報が流れてきた。出展はなぜか、The Voice of Russia
ジブチに建設される海上自衛隊基地をめぐって

ソマリア沖の海賊問題を受け、紅海沿岸のジブチ共和国で、日本の海上自衛隊基地建設が近日中に着工される。日本国外に建設される初の日本の、また史上初のアフリカ大陸の日本基地となる。
 北川敬三海上自衛官は現地で、今年の初夏には基地建設が開始し、その約半年後に終了すると述べた。APF通信が伝えた。日本にとって、このような海上自衛隊基地建設は前代未聞。日本は第二次世界大戦後に憲法を採択してから、国際問題解決の手段として武力を行使することを永遠に放棄すると宣言している。これに関連して2009年、日本政府は、日本の駆逐艦2隻をソマリア沖での海賊対策に参加させるため、新たな法律を採択した。その後1年が経過したが、その間ソマリア沖での事態は悪化する一方だ。日本の船舶の所有者は警鐘を鳴らしている。日本は危険地域からほぼすべての原油を入手しており、日本向け輸出に最重要な航路のひとつがこの地域を通っているため、航路の変更は不可能である。結論として、日本は自国の船舶を護衛するため、第二次世界大戦後初の海外での海上自衛隊基地を創設するという、少し前には考えもつかなかった行動に出る用意を進めている。問題となっているのは日本の軍事ドクトリン全体の見直しだが、なぜソマリア沖の海賊が、日本という遠い国の法律を変えてしまうほど影響力をもつのだろうか。
 モスクワ東洋学研究基金のセルゲイ・ルジャニン教授は、海賊による脅威は実際に深刻なものだが、実際より誇張として、次のように語った―
「肝心なのは、西側主要先進国が当初、報道も軍の諜報機関も、海賊行為とは、貧困にあえぐ人々が生活の糧を手にするため犯罪に及んだものだとする、間違った解釈をしていたことにある。しかし実際はそうではない。この海賊行為が、自前の教育・訓練養成システム、諜報機関や最新の通信機器、巨大な資本を有した、強力な国際機構であることに、いまや疑いの余地はない。またこの国際機構は、過去にいずれかの国で諜報機関に関係していた専門家を利用していると考えるに十分な根拠がある。これは新たな形の国際テロリズムであり、政治に大きな影響を与える。また海賊の正体を正しく評価できないこと等により、戦いは非常に困難なものとなる」
  実際、この西側諸国の基地が密集する地域の目と鼻の先で、いかにしてソマリア沖の海賊がすばやく略奪を成功させているのか、理解に苦しむところだ。ジブチには最大規模のフランス在外海軍基地があり、また2003年にはそれを上回る規模のアメリカ海軍基地が建設された。日本はこの地で第3の海上自衛隊基地を建設することになる。すでに明らかなように、この地のアメリカやフランスの基地には海賊への抑止力はない。アメリカやNATO軍のなしえなかったことに日本が成功し、この地域の海賊行為に決定的な打撃を与えることができればいいが、その望みは薄いだろう。実際のところ、西側諸国の基地や強力な装備にもかかわらず、海賊は常に活動を続けている。今のところ、海賊らは一歩先を行っている。そしてこの問題は、この海域全体が西側列強のまさに軍事的利益ゾーンと今にも宣言されるような規模に発展しそうな雰囲気だ。
 ちなみにこの地域の歴史には、そうしたことがかつてあった。面白いことに当時も、まさに海賊対策がその口実とされたのである。


ロシアの立場からの論評なので「西側」がソマリア沖を勢力下に置くことを憂慮するような内容なのだが、問題はこんな大切なことが全然日本では報道されていない。アフリカに、日本の権益を守るために、日本軍の基地が建設されるのだbomb
かつての「大日本帝国」では、いちおう国権の拡大を宣伝するためにも海外に軍事基地を置くといったことは肯定的に「報道」されるが、「報道」もされず知らん間にやってしまうというのは、「前の戦争」の時以下の話ではないかpout

で、外務省のサイトにジプチ共和国における日本国の自衛隊等の地位に関する日本国政府とジブチ共和国政府との間の交換公文についてというのがあって

平成21年4月3日、中曽根外務大臣とユスフ・ジブチ外務・国際協力大臣は、「ジブチ共和国における日本国の自衛隊等の地位に関する日本国政府とジブチ共和国政府との間の書簡」の署名及び交換を行いました。
 この交換公文は、海賊対処に従事する自衛隊等が円滑に活動を行うことができるよう、自衛隊の基本的な活動拠点となるジブチとの間で、ジブチにおける自衛隊や自衛隊員等の法的地位を適切な形で確保することを目的とするものです。
 我が国としては、ソマリア沖海賊の根絶に向け、引き続き、ジブチを始めとする周辺諸国と緊密に協力していく考えです。

そのあとに「ジブチ共和国における日本国の自衛隊等の地位に関する日本国政府とジブチ共和国政府との間の交換公文」PDFがあり、そこには
4 部隊、海上保安庁及び連絡事務所は、ジブチ共和国政府によって次の特権及び免除を与えられる。
(a)施設並びに部隊、海上保安庁又は連絡事務所が使用する船舶及び航空機は、不可侵とする。ただし、ジブチ共和国政府の官吏は、日本国政府の権限のある代表者の同意を得てそれらに立ち入ることを許される。
(b)部隊、海上保安庁及び連絡事務所並びにこれらの財産及び資産(所在地及び占有者のいかんを問わない。)は、あらゆる形式の訴訟手続からの免除を享有する。
(c)施設、施設内にある用具類その他の資産及び部隊、海上保安庁又は連絡事務所の輸送手段は、捜索、徴発、差押え又は強制執行を免除される。
(d)部隊、海上保安庁及び連絡事務所の公文書及び書類は、いずれの時及びいずれの場所においても不可侵とする。
(e)部隊、海上保安庁及び連絡事務所の公用通信は、不可侵とする。

というふうになっている。

沖縄で米軍が勝手し放題にできる地位協定を見直すと鳩山が言わない、それどころか沖縄への米軍基地押しつけを続ける理由の一つとして、ジプチ共和国との協定を見直したくねーというのが、あるわけだ。

それにしても、幕末に列強から「不平等条約」を結ばされた日本が、朝鮮を武力挑発して1875年に日朝修好条約という「不平等条約」を結び、朝鮮侵略への道を歩み始めたことを思い起こす。琉球藩を廃止し、沖縄県とした琉球処分は日朝修好条約と前後するが、1879年である。

人様の足を踏み続けて、生き残りを図る日帝を打倒しよう…って言うより、憲法9条がどうだと言う前に、人の足を踏み続けて生きることは止めたい、止めよう…言いたい。

この問題を取り上げているブログをリンク
マスコミに載らない海外記事
日本軍、アフリカの角で、アメリカとNATOに合流

村野瀬玲奈の秘書課広報室
ジブチへの日本の「軍事進出」にみる日本政府の法意識の崩壊

情報流通促進計画byヤメ記者弁護士(ヤメ蚊)
自民党の最後っ屁は、辺野古基地建設だけでなく、ジプチ自衛隊基地建設も~特権を行使する立場としての日本

|

« 鳩山は打倒し、次の「政権」に対米交渉させるのだ | トップページ | 18,6㎞/ℓで »

あるみさんの怒り!」カテゴリの記事

コメント

弾劾だannoy打倒だangry糾弾だsign03とアレやコレやについて勇ましいですが、何一つ、何一つ成就してませんなhappy01

投稿: 核武装論者 | 2010年5月 9日 (日) 09時14分

要するにあんたが情報弱者で、防衛省がずっと前から公表してた事を知らなかったって話ね。

投稿: ぶんぶん | 2010年5月 9日 (日) 11時58分

私も寡聞にしてそんな話は知りませんでした。大変なことですね。
 それにしても「核武装論者」とかいうのはうっとしいやつですね。
 あっ失礼。はじめてお便りします。私 好きな色も以前の趣味も同じくするものとして貴サイトは毎度愛読しております。なれない四国の地で大変でしょうが頑張ってください。

投稿: 神道革新 | 2010年5月 9日 (日) 13時33分

私も恥ずかしながら、知りませんでした。
兵器級の高純度プルトニウムを生産するだけの特殊原子炉『もんじゅ』が再稼動された事と考え合わせると、ちょっと空恐ろしく感じられます。

また、報道されない事実として以下の様な事もあります。
http://www.shugiin.go.jp/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/b168182.htm
イラクに派遣された自衛官で在職中の死亡が35人、内自殺が16人、不明が12人。イラク特措法による自衛官派遣は、確実に彼らの心を蝕んでいると思われます。それにしても「不明」とされた12人が気にかかる。
ジャーナリズムが「生きて」いるのなら、是非こういう問題を突き詰めていって貰いたいものです。

投稿: 正太郎 | 2010年5月 9日 (日) 20時27分

何一つ成就していないというのは、悲しいところでもありますが…
ぶんぶんさん、「情報」は玉石あふれており、それなりに目的意識を持ってアンテナを伸ばしていないとキャッチできない、また「情報」はそれを血肉とすることが大切で、それをするためにはアンテナ(問題意識とか…)が大切です。
神道革新さん、ご愛読ありがとうございます。アンテナを伸ばしていないといつの間にやら知らんことが起こるのは、軍事も鉄道も一緒です。そのうち四国の鉄道ネタも掲載します。
正太郎さん、ジプチの基地建設について、左翼側もほとんど注視してこなかったですが、ジャーナリズムの問題も大きいです。沖縄海兵隊の「抑止力」について、どれだけまともに報道してきたか?ただ「国内問題」ではないだけに、もっと深刻であるとも思います。紹介されたイラク派兵された自衛官の「自殺」や心の病の問題も突っ込んで検証してもらいたいものです。そういえば質問は沖縄選出の照屋寛徳議員のものですね。

投稿: GO@あるみさん | 2010年5月 9日 (日) 22時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1094529/34594378

この記事へのトラックバック一覧です: ジプチへの自衛隊基地建設弾劾!:

» 大西洋共同体(NATO)に日本を組み込む ブレジンスキー [マスコミに載らない海外記事]
『オバマ危険な正体』(ウェブスター・タープレイ著)にはブレジンスキーの著書『セカンド・チャンス』の話がでてくる。 同書、185ページから引用しよう。 ブレジンスキーは、オバマの外交政策を担当しているだけではない。オバマのイメージ戦略を、あらゆる意味で創り上げた人物でもある。イメージの出どころは、ブレジンスキーの著書『セ... [続きを読む]

受信: 2010年5月 9日 (日) 19時09分

« 鳩山は打倒し、次の「政権」に対米交渉させるのだ | トップページ | 18,6㎞/ℓで »