« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

無料化された沖縄道で辺野古に行こう!

ご存知のとおり、28日0時から高速道路の一部の区間を無料化する社会実験が始まった。

で、沖縄自動車道も、完全無料だ~happy01
沖縄旅行を企画する人の多くは、「飛行機+(ホテル+)レンタカー」でプランを立て、旅行会社に手配をするのだろうが、この際、無料化された高速道路を使って、名護市・辺野古に行こうrvcar

注意すること
・「無料化」とは言っても、ETCによる通信や料金所での通行券のやり取りは必要です。料金所付近ではスピードを落としませう。
・高速道路の運転になれないドライバーも増えるので、安全運転で。追い越し車線をノロノロ走るのは他のドライバーに迷惑です。また、高速に乗りなれない運転者が「逆走」してくることも念頭においておきませう。
・渋滞も予想沖縄タイムス記事されますので、時間に余裕をもって行動を。なお、那覇~辺野古はだいたい2時間くらい。
・辺野古には辺野古浜通信サイドバーによると
 

沖縄自動車道の「宜野座インター」を出て左、国道329号線を10数分北上、「久志(北)」の交差点を右折、久辺中学の横を通り、坂下の給油所「辺野古(西)」を右折、川沿いに海に向かいます。
 座り込みテントは漁港入り口に向かって右側、防風林の海側、防波堤にあります。なお辺野古漁港内の駐車はご遠慮ください。漁港の入口横の防風林側にみなさん駐めているようです。

とのこと。モチロン、集落内での迷惑駐車はNGですよ。
・高速道路代を払ったと思って、辺野古へのカンパ、もしくは名護市長の「基地にたよらない街づくり」にお金を出しませうmoneybag…できるだけ名護市で、お買い物をvirgo
・日程に余裕があれば、普天間基地、嘉手納基地はもちろん、北部東村高江のヘリパッド建設反対現場にも行きましょう(無理して私のように帯状疱疹なんぞを発症しないようcoldsweats01)普天間に行ったら、佐喜眞美術館もおススメです。
・いうまでもないことですが、現地の自然・文化・たたかいを尊重し、敬意をはらいましょう(発展的な議論は歓迎されると思いますが…)、「聖地」とされているところには、むやみに入らないこと。

それでも、私ゃ公共交通機関原理主義者だsign03といわれる方は、バスもあります。辺野古へは、那覇バスターミナルからも名護からも77系統名護東線時刻表・運賃表はこちら、高江へは名護から73系統川田線時刻表・運賃表はこちらで、1日3本しかありません。朝5時に起きて、出発だ~sun
空港から名護に直行する高速バスもありますが、辺野古は当然、通りませんのでご注意を。那覇バスターミナルは空港からゆいレールに乗って、旭日橋で下車。あっ、完乗すると首里城に行けるからねvirgo

ところでところでところてん…沖縄自動車道は、海からの塩分とかの影響で、かなりぶっ壊れつつあります。2年ほど前には、交通規制して床版の架け替え工事が行われております。「無料化」になるからといって、NEXCO西日本は沖縄道に必要な補修費用をケチらないよう…

それでは皆様、この夏は(夏だけじゃないけど)無料化された高速道路を使って沖縄闘争に決起しませうrock

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出た~帯状疱疹!

三里塚では、集会の翌日、だまし討ち的に団結街道の封鎖が行われたsign03許せん
関実ブログより
団結街道封鎖を弾劾する

今日未明、午前3時半頃、異常な物音に市東さんが気付き、機動隊に守られて団結街道封鎖の工事がこそ泥のように強行されていることを発見した。
直ちに結集した反対同盟と支援は、弾劾行動に決起し、萩原さん、市東さんを先頭に南台の畑に入り、団結街道から抗議と弾劾の闘いを続けた。
そもそもそこに住む住民の同意どころか封鎖の説明すらなく、道路を封鎖することなどまったく違法だ! それを、夜陰に乗じてやるそのやり方に不当、不法がしめされている。
反対同盟は急を聞いて駆けつけた支援とともに、総括集会を開き、市東さんを先頭とする反対同盟が不動であるかぎり、このようなまたふたたびの騙し討ち的手法での攻撃はすでに破綻していることを明らかにし、怒りの弾劾をたたきつけた。
敵・空港会社と国交省は、直ちに第3誘導路の認可と着工に手を染めようとするだろう。今こそ市東さんの農地を守ろうという大運動を、うねりを作り出していこう! 第3誘導路建設を粉砕しよう!
最初の写真は、市東さん宅前の監視台の前と現闘本部前まで封鎖された団結街道。南台の畑からは道路に出れないように杭を打ち、成田ゴルフ前には、馬という車止めを置いて団結街道を完全に封鎖した。

反対同盟ブログではNAAはコソ泥かと、詳しい写真付きで状況が報告されている。

71年の大木よねさんに対する土地強奪、77年の鉄塔破壊など、国はだましうち方式で農民の土地やたたかう拠点を奪ってきた。86年の二期工事着工は秋の全国集会の翌日に強行された…こんなんばっかりやん。許せんpunch

で、肝心の私はどうしているか…sign02
ノミかダニのような「吸血昆虫」に刺されたようなものは、実は帯状疱疹だったんですね。日曜くらいからおなかのところに発赤が始まり、わき腹から背中に広がっていきましたcoldsweats02木曜日ぐらいから神経痛みたいな痛みもありましたしね…今日、皮膚科に行ってきたのですが、一発で診断がつきましたよ。かゆいのいたいの、大変じゃ~spade

帯状疱疹は、子どもの頃にかかった水疱瘡のウイルスが神経に沿って隠れていて、過労や免疫力の低下とともに症状が表れます…精神的には好調なので「過労」している感じはサラサラないのですが、かえってムリをしておったのかもしれませぬ(^^)
かゆみや痛みがガマンできれば仕事ができるのですが、大事をとって1日休養することにcherry

それにしても、抗ウイルス薬は高い、痛み止めの薬は、薬代節約のためジェネリック医薬品を利用することにしました。

ま、アー〇レッドはまだ余っているので、来週もっかい「ノミ・ダニせん滅闘争」には決起します。しかし、ノミ・ダニより劣るNAA・国家権力機動隊も、とっとと退治せねばなりますまいrock


| | コメント (3) | トラックバック (1)

ノミ・ダニをせん滅する闘争

神道革新さんを初めとする、6・27三里塚全国闘争に決起された皆様、三里塚・沖縄を全国で闘う皆様、それぞれの労働現場で課題と取り組み、闘う皆様、闘争おつかれさまです。

今日はこっちは、なぜかいい天気sunですが、どうやら部屋に何らかの吸血昆虫の類が発生したようで、あちこちさされ、かゆ~いcoldsweats01

虫も殺さぬ、あるみさんも、部屋のノミ・ダニせん滅闘争に決起いたしました。virgo
近所のお店で、アー〇レッド、ノンスモーク(6~8畳用)購入

お布団とかも部屋の中に引きずり出し、パソコンなどの精密機械は密封(A4ノートなので、スーパーで貰うビニール袋の中に入ります)。
Pict0004

もし部屋に火災報知機等がついていれば、それも封印しておきましょう(^^)(^^)
窓を閉め、部屋の真ん中にアー〇レッドを置き、足でスイッチを踏むと、おもむろにシューっと音を立てて、薬剤散布・・・部屋から退散run

あとは2時間ばかり三国志タイム

1週間過ぎぐらいにもう一度やると、効果があるそうです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

消費税にウエスタンラリアート!

参議院選挙が公示されたが、私はまだ四国では選挙権がないので、関西の選挙管理委員会から不在者投票等の案内がキター^^///

とりあえず当日、その案内を持って関西に赴くか、関西の選菅に現地の投票所で投票できるよう手続きをする必要がある…用紙を市の選管HPからダウンロードして(パソコン・プリンターを持っている人は便利だが、いわゆるIT弱者は、いちいち郵便等でお願いしないといけない)、必要事項を書き込み、郵送すると投票用紙が送られてくるらしいので、それを現地で期日前投票しろ…というもの。めんどくせ~virgo

でも昔の新左翼と違い、投票行動に決起準備を着々と進行中upwardright

財政赤字を理由に(社会保障のためでなく、企業減税しすぎたからだろ)「消費税率10%」をブチ上げ、日米合意を着実に履行し、辺野古基地建設(もちろんココにも増税された消費税が使われるのだ~)を押しするめる、民主党・菅政権に打撃を与えるとともに、同じような発想しかできない、自民党・みんなの党をフンサイしようsign03

そもそも消費税というのは大衆課税で、逆進性が高く、所得再分配機能はない。取りやすいところから取るので、財政規律もおろそかになりやすく(したがって戦費の調達にはぴったり)、よって戦後のシャウプ勧告で、「直接税を基礎とした税体系」を導入するよう言われたわけでもある。

消費税増税への批判は、いろいろなサイト・ブログでも行われているが、さしあたってはココをリンクしとくね。
非国民通信なぜ菅の語る軽減税率は信用できないのか
村野瀬玲奈の秘書課広報室社会保障のための消費税」という表現に丸め込まれそうなあなたに。 (不定期連載『決まり文句を疑う』)

を、リンクしとくね。
私も過古記事金をかせいだヤツから収奪して社会をうごかす話

では、どうしたら恐慌を防げるか?資本に貨幣形態で還流してきたものを取り上げて、資本として投下されなければよいわけだ。こう考えれば、利潤の上がったところから税金を取るのは、誠に理にかなったことなのである。

 政府・行政がお金をだしてドンドンやる…こうした発想は、「事業仕分け」に見られるように、民主党政権を動かしている主流部分にはないし、それを「打倒」したい自民党にも、もちろんない(だから「小沢問題」で民主党支持が減っても、自民党支持につながらない)これが新自由主義にどっぷりつかった発想しかできないブルジョワ政治・政権の限界である。
財源をどうするか?そんなモン、企業増税に決まってるでしょhappy01金をかせいだヤツから収奪して、世の中を動かそうvirgoとおおいに打ち出そう。

と、いうことで社民党や共産党にはそういうことをバンバン打ち出さないと…福島党首はその点、迫力不足…普天間でギリギリがんばったところは評価するが…志位君もねぇ~
とはいえこの両勢力に票を集中しようではないかいupwardright

かつて「消費税に延髄切り!」をスローガンにかかげたプロレスラーがいた。
しかし、真に強いのは、スタン・ハンセンである(ホンマかい)
Img212

消費税にウエスタンラリアートsign03
スタン反戦・左翼勢力は、大衆収奪を許さず、たたかうぞrock
(写真の画像は画像検索でヒットしたこちらのサイトより

| | コメント (1) | トラックバック (0)

そのまんまじゃねーか

春の定期健康診断の結果が、帰ってきました(^^)
 肝機能 AST  5~40に対し、21
       ALT  5~45に対し、18
     γーGTP 0~79に対し、23

 糖代謝 HbA1c 4.0~5.5に対し、5.1

 脂質  HDLコレステロール 40~80に対し、77
      LDLコレステロール 80~139に対し、124
      中性脂肪      40~149に対し、97

 腹囲  85㎝未満に対し、73㎝
 胸部X線 異常ナシ

 ばっちり「健康」そのもののハズなんだが…血圧…最高 97、最低57、ということで、総合判定は「要注意」
 

低血圧です。朝食を必ずとるなど規則正しい生活を心がけてください。その他の検査には異常を認めません

 「低血圧」って、そのまんまじゃねーかよsign02こっちに来て、朝食は必ず食べるようにしてるぞいcoldsweats01

 血圧を上げるには、どーすりゃエエんじゃup


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6・27三里塚へ結集せよ!

って、行けない、行かない集会のご案内
反対同盟ブログ6・27決戦の三里塚へ

全国の闘う仲間の皆さん。三里塚は文字通り決戦の時を迎えました。
 6月14日、小泉成田市長は成田空港会社のと間で、団結街道(成田市道)の売買契約を結びました。金銭の授受が済めば、空港会社がいつでも閉鎖を策動できる状況です。「第3誘導路」計画は6月下旬にも認可・着工情勢。まさに闘いの時です。
 私たちは、このかん「第3誘導路」のデタラメさと、市道閉鎖の不当性をとことん明らかにしてきました。空港会社には一片の正義もありません。
 反対同盟は意気高く「第3誘導路」計画粉砕・市道閉鎖阻止の決戦に立ち上がります。
 空港会社は追いつめられています。2月25日の天神峰現闘本部裁判で仮執行宣言を取りつけ、現闘本部を破壊・撤去することを見越して、市道の閉鎖を策し、一気呵成に「第3誘導路」計画を進めるつもりだったのです。空港会社が作成した工程表によれば、5月には第3誘導路の工事を始めたかったのです。
 しかし、反対同盟と弁護団、闘う仲間の皆さんの力で、ひとまず仮執行は粉砕し、市東さんの決起をはじめとする闘いで、今日まで市道閉鎖を阻止し続けています。
 空港会社には、もはやこれ以上先延ばしする余裕はありません。どんなにデタラメで違法なことであっても、市道閉鎖・誘導路着工の暴挙に及ぶことは不可避です。
 皆さん、今こそ実力闘争で闘おうではありませんか。

 決戦にむけたビラを新たに作成しました。ぜひ活用して下さい。全国から、6・27決戦の三里塚へ!


ビラはこちらpdf

関実ブログから、集会要項引用

2010年6月1日

       三里塚芝山連合空港反対同盟

集会要項

団結街道閉鎖阻止! 第3誘導路認可・着工粉砕! 不当逮捕・弾圧を怒りを込め粉砕しよう!

6・27全国結集大闘争

日時・6月27日(日)正午

会場・成田市東峰 反対同盟員所有地(会場が、いつもの畑と違います。右図参照)

主催・三里塚芝山連合空港反対同盟

沖縄「慰霊の日」に記す…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

差別を自覚するのはなかなか難しい

この前辺野古・普天間に基地はいらない高松行動として、「すのこにへのこ」をひっ下げ官邸前行動に決起したのであるが、アピール中に基地建設は「沖縄差別」である旨の発言があった。その後、私の後ろのほうで横断幕を持っていた女性たちの中から「沖縄差別なんかじゃないよねぇ~国民が気づいてないだけなのよ~」とか言っているのを聞いた。

いや~やっぱり沖縄ばっかりに基地があるのは、差別じゃねーの?と議論したかったが、気が弱いので(第一、そんなところでイデオロギー論争してもしょうがないのであるが^^;;)そのままにしておいた。

数ヶ月の間、沖縄から多くの人が「もうガマンできない!」と爆発し、14年間、気づかずにいた「本土」の「反戦運動」をやる人々…わざわざ平日の夕方に官邸前に駆けつけるぐらい意識が高い人でも、こうなんだなぁ~とがっかり…

でも私が彼女たちを「間違っているぜい」と非難できるかsign02というと、ホンの1~2年前だったら、彼女たちと同じような考え方だったかも知れない。どちらが「意識が高い」「上から目線」であるからどうのこうのという非難・批判するような資格なぞないのだろう。

なごなぐ雑記さんの記事の中に

感謝などいらないから、踏んでる足をどけてくれないか。

というのがあった。足を踏まれると痛いが、踏んでいるほうは違和感はあっても、痛いわけではない。くつが丈夫ならば、違和感すら感じないかもしれない。

「差別」され「人間扱い」されなかった人たちが、差別を打破して「人間」に戻るのに、ものすごいエネルギーが要る…そのエネルギーは、「暴力」という形をとって、人に自覚があろうがなかろうが、人と社会を傷つけることになる。

足を踏んだら、それをどけて、すなおに誤ればいいのに…

| | コメント (4) | トラックバック (0)

埼玉高速鉄道完乗闘争

日暮里・舎人ライナーは熊野前駅で下車して、都電に乗り換え(^^)
100612_095502
大きな交差点では、路面電車の停留所は交差点を隔ててあっちとこっちにある・・・ということが多いのですが、こちらも少し案内不足

100612_095501
でも、路面電車はいいな(^^)
早稲田方面行きに乗車。

100612_101501
王子駅で下車。東京メトロ南北線から、埼玉高速鉄道に…こちらも新しい鉄道なんですが、地下ばかり走っていること、東川口でJR武蔵野線に接続しているだけで、完乗車後の展開が面白くなさそうなので、今のうちに乗っておくことにしました。

100612_102001
運賃、メチャメチャ高いですupwardright

100612_102101
南北線王子駅も、ホームドアがバッチリあります。

100612_104401
埼玉高速鉄道2000系の車内は、こんなもん。
地下ばかり走るので、つまんねぇなぁ~と思っていると、終点・浦和御園駅前で地上に出ました。

100612_105301
全面の顔だけ、ちょっとゲット。

100612_105501
改札を抜けて・・・埼玉スタジアムが最寄りにありますので、サッカーのレリーフが…

100612_105602
浦和レッズ関係のもの…

100612_105801
周辺は、イオンぐらいしかありませんcoldsweats01こんな所、みんな車で行くんやろなぁ~

100612_110002
集合住宅もチラホラと・・・これからどれだけ「発展」するのでしょうかsign02

100612_110001
ボール蹴ってます。
蹴っ飛ばしていいのは、ボールと、コーアンデカと、キドータイですsoccer(後2者を蹴っ飛ばした場合、逮捕・投獄はその他は自己責任でお願いしますrun


| | コメント (6) | トラックバック (0)

日暮里・舎人ライナー完乗闘争

先週は東京出張ついでに官邸前緊急行動に参加、体を休めるためにサウナに入れる安宿に投宿・・・翌日は日暮里・舎人ライナーに乗りに行きました。

なんとかが「分裂」して東京へ行く集会はほとんど無く、三里塚に行くにはゆっくり東京乗りテツをしているわけにもいきませんで、とりあえず新交通システムの日暮里・舎人ライナーに乗ることにしたわけです。まずは、JR山手線で日暮里へ…。ところが、京成電鉄の乗り換え案内はでっかく出ているのに、日暮里・舎人ライナーの案内は少し分かり難い。
100612_090101
ようやく見つけた、明るくキレイな改札口

100612_090102
新しい鉄道は、安全のためホームドアがばっちり整備されていて、「駅撮り」がほとんど不可能なんですね。

100612_090201
車内は、2人がけと1人かけのクロスシートが並びます。あっロングシート部分もありますよ。

100612_090301
一人がけクロスシートに陣取る。荷物を置くスペースがありまする。

100612_091501
荒川を越える、扇大橋です。

100612_094101
緑がいっぱいの、舎人公園。北足立市場という市場もあります。
で、終点、見沼代親水公園駅に到着・・・

100612_093201
駅の外観は、こんな感じ

100612_093101
駅前のバス停

100612_093301
弥生時代から古墳時代にかけての遺跡があったようですhappy01
さて、帰りましょう。

100612_093601
駅ごとにカラー分けが行われているようです。

100612_095101
また荒川を渡って、ドコへ行くtrain


| | コメント (3) | トラックバック (0)

また飲み会かよ

また飲み会かよ
菅政権打倒!

ちなみに、シメはカレーうどん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鈴木幸司さんの逝去と、たたかいの継承

三里塚反対同盟の鈴木幸司さんがご逝去されました。
反対同盟ブログ鈴木幸司さんの逝去を悼む

6月12日(土)午前1時50分、反対同盟本部役員の鈴木幸司さんが逝去されました。享年86歳でした。
 通夜・告別式は下記の通りとなります。
【御通夜】6月13日(日)18時から
【告別式】6月14日(月)12時15分から
【場所】さくらの宮ホール
 千葉県香取郡多古町多古3572-8
  TEL 0479-76-4187
■お車でお越しの場合
東関東自動車道成田インター~国道296号線より20分
東関東自動車道大栄インター~国道51号線経由で20分
■電車でお越しの場合芝山千代田駅下車、タクシーで20分
京成成田駅、JR成田駅からタクシーで40分
■高速バスでお越しの場合
東関東高速バスで東京駅<八重洲南口>~
多古「道の駅あじさい館」~タクシーにて5分

関実ブログ鈴木幸司さんご逝去

鈴木幸司さんは農家だよりでお馴染みの鈴木加代子さんの義父であり、鈴木健太郎さんとともに中郷で1件残って農業を続けられてきました。

市東さんところもそうですが、市東東市さんが亡くなってすぐ、孝雄さんが跡をついで農業と闘争を続けてきました。萩原進さんのところも、跡継ぎが農業と闘争を続けています。

たたかいは、子から孫へ、年の功を経た世代から新しい世代へ(経験の有無もふくめたもの)引き継がれ、勝利の日まで続くのです。

週刊千里塚第800号のコラム「団結街道」には

こうした中、若き全学連がついに三里塚現地行動へ登場した。5月24日の公聴会粉砕闘争の間、正午から午後4時までのヤグラでの監視行動を坂野陽平委員長代行、洞口朋子副委員長代行らが担当した。坂野君は「監視を行っていると決戦突入の実感が沸いてきますね」と。そして全学連は決戦行動隊の派遣を決めた

とある・・・


沖縄の闘いもそうです。沖縄戦を体験した世代から、米軍の圧政、島ぐるみ闘争、復帰を闘った世代から、新たな基地建設に反対する世代へと引き継がれ、勝利の日まで続きます。

辺野古では14年間、いろんな人がかかわり、闘争から離れた人もいますが、杭1本も打たせていません。

菅政権が何をしようとも、岡田・北添・前原を留任させ、三里塚と沖縄を圧殺しようとも、闘いは勝利の日まで続くのです。これからも、杭1本、打たせません。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

屋島ケーブル含む、屋島の廃墟

屋島のてっぺんで、革命を叫んで、とっとと山を降りてもよかったのですが、屋島ケーブルの廃線跡を見に行きました。

屋島ケーブル(屋島登山鉄道)とは、1929年に開業した、屋島寺参拝のためのケーブルカーである。戦時中は一時「不要不急路線」として線路が撤去されたものの、1950年に復活。ただ、当時の親会社である琴電が、私も通ってきた1963年に「屋島ドライブウェイ」を開業、60年代に年間200万人いた利用者は2003年には5万5千人まで落ち込んだ。しかも元親会社、琴電も経営再建中で、止む無く2004年10月16日に屋島登山口~屋島山上間休止、2005年8月22日にはそのまま廃止となった。ちなみに10月15日には多くの「葬式テツ」も含む人たちが別れを惜しみにやってきたのだが、25年間異常なく動いてきたケーブル巻上げ機にトラブルが発生し、その日はついに終日運休となる悲運にも見舞われている。(それにしても、琴電経営陣ってホンマ、AFOだなぁ~道路作ったらそっちに人が流れるやんか…お遍路道とケーブルカーだけにしとけばよかったのにcoldsweats01

で、山の中をあるいているおじさんに「ケーブルカーの駅の跡はどこですか?」と聞いて、えっちらおっちら歩いてみる。
100606_151801
駅が見えてきました。廃止から5年以上ですが、建物はしっかり残っています。

100606_151803
近くに寄って見る・・・

100606_151802
かつてのにぎわいの跡、手荷物預かり場所とか…なお、反対側にも食堂跡とかの建物があるのですが、人が住んでいるようで、子どもの声がしてきました。

100606_151901
トラロープが張ってあって、立ち入り禁止です。廃線の状況や駅の中の観察は当然、できません。
もっとも、廃線跡そのものは、山の下から一筋、木の無いところが山腹にあるのですぐに分かります。チェーンでもつけて「廃線跡歩き」したい人に解放すればいいのにcoldsweats01

100606_152201
階段に「あるみさんズ」を並べて、記念撮影camera

神道革新さんからいただいたコメントで

古くからの観光地一般に言えることですが、屋島でも廃墟と化したホテル・旅館跡が目立っていたような記憶があります。日本の観光形態も半世紀前と比べて大きく変わっているんだなと改めて実感した思い出があります。

ホンマに、屋島山上は、車で気軽に行ける反面、山上のホテルやみやげ物屋さんが廃墟になっています。
100606_155101
ドライブウェイの駐車場にして、この有様。

100606_154201
ホテルも、廃墟

100606_161401
ふらっと車とかでやってきて、景色眺めるだけ、あるいは地元の人が健康のため、ちょっとしたハイキングをするだけのところになってしまいました。かつては国鉄の「周遊指定地」として全国知名度の観光地であったと思いますが・・・

100606_155601
あっ、ここはちゃんと営業していますよhappy01

TAMO2投手がコメントされた屋島山上水族館は、4年前にリニューアルされたようで、琴電でも車両に広告を出すなど、良く宣伝しているようです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

琴電片原町駅にて

先週の高松行動は、琴電片原町駅からアーケード商店街に入りました。
Pict0006
長尾行きの電車…ってか、屋島行ったりしてるくらいなら、とっとと琴電、完乗しろcoldsweats01


| | コメント (2) | トラックバック (0)

屋島のてっぺんで、革命をさけぶ

精神科のお医者さんが「屋島には行きましたか~歩いていけるし、景色もいいですよ。」とさんざん進められたので、「世界の中心」から、屋島にGO(^^)
お医者さんは、お遍路道を通って歩きなさいという意味でいわれたのでしょうが、ヘタリーマンの私は屋島ドライブウエイcar630円で、山上へ。もっとも、JR屋島駅や琴電屋島駅から山上シャトルバスが片道100円で、出ていますbus公共交通機関、エライ。

100606_144901_2
山上の駐車場と、シャトルバス。エエ天気です。

100606_144301_2
84番札所の、屋島寺…もっとも、お寺参りが目的ではないので、スルー…

100606_145201_2
屋島は源平合戦があった古戦場でもあります。血糊のついた刀を洗い、血の色に染まったといわれている「血の池」があります。

100606_145301_2
むか~しの「前進」には「◇〇を血の海に沈めよ!」とぶっそうなアジテーションがございましたが、鳩山幸夫タンはせいぜいこの「血の池」に沈んで、反省していなさいangry

100606_145701_2
遊歩道を、お散歩…先ほど通ってきた庵治町が見えます。景色はエエんですが、石材が切り出された跡がちょっと痛々しいですね。

100606_151101_2
木がジャマですが、高松市街

100606_153201_2
瀬戸内の多島海も、エエもんです。

100606_160201_2
高松の港を見下ろして、叫ばしてもらいます。

100606_161001_2
み~んなそろって、三里塚・沖縄決戦勝利sign03

100606_160801_2
でも、メットはやっぱり、白でしょvirgo
不安定な、白あるみさんでした。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

市東孝雄さん奪還!たたかいを続けよう!

本日11時に、不当逮捕されていた三里塚反対同盟の市東孝雄さんが奪還されました。
反対同盟ブログ
市東さんの奪還勝ち取る!

本日(6月8日)午前11時15分、ついに市東さんを奪還しました!
 市道閉鎖の不当性、看板立ての違法性が社会的にも明らかになり、なによりも「俺たちは本気だと空港会社にしらしめることができた」という市東さんの渾身の決起の前に、検察は起訴することができなかったのです。ともに不当逮捕された支援の仲間も、奪還することができました。
 市東さんの不当逮捕に対して、全国から怒りの声と、市東さんに対する共感・激励の声が寄せられました。本当にありがとうございます。市東さんが不当に勾留されている間、本当に多くのご支援、ご協力をいただき、急速な連帯と運動の広がりを実感しています。心より御礼申し上げます。
 市東さんを奪い返して、私たちはますます元気一杯、勇気百倍です。さあ、皆さん。市道閉鎖阻止の本番にともに立ち上がりましょう!

残っていた現闘も奪還されたそうです。関実のブログより
全員奪還

残っていた現闘も奪還されました。空港会社と権力は、市東さんの単独決起に震え上がりながら、市東さんを不当に逮捕したことをきっかけに団結街頭閉鎖にこぎつけようと、反対同盟への攻撃に姑息にも出ようとし、萩原富夫さん逮捕の挙にでた。しかし、これらの攻撃は、囚われた3人の黙秘の闘いと現地の反対同盟と我々支援の必死の闘いと営農によってことごとく粉砕された。彼らにはこの弾圧によって得たものは何もない。反対同盟はじめ我々にはこの不当弾圧に怒る広範な拡がりを背景にした勝利に向けた新たな確信が、市東さんの農地を守り第3誘導路を絶対にゆるさない、開拓道路の閉鎖など断じて許さない闘いの勝利の確信としてかちとられた。6・27集会に総決起しよう!

と、いうことで6月27日に現地全国集会があるぞ~(行けないけど^^;;;)
6・27全国結集大闘争へ

団結街道閉鎖阻止! 第3誘導路認可・着工粉砕!
不当逮捕・弾圧を怒りこめ粉砕しよう!
【日時】 6月27日(日)正午
【会場】 成田市東峰 反対同盟員所有畑
【主催】 三里塚芝山連合空港反対同盟
全国の労働者、農民、学生、闘う仲間のみなさん!
 沖縄の基地全面撤去の闘い、国鉄決戦とともに、三里塚闘争は政府権力・空港会社との激突を開始しました。
 5月17日、空港会社は成田市と共謀して、団結街道(成田市道)閉鎖の看板を設置しました。これに対して市東孝雄さんが猛然と抗議。恐れをなした県警・機動隊が市東さんと支援者1名を逮捕する暴挙を行いました。
 24日には、この闘いに応えて公聴会粉砕デモに決起し、不当逮捕をものともせず闘いました。いま、反対同盟は市東孝雄、萩原富夫両同盟員の奪還のために全力で闘いぬいています。
 この6月、成田市は団結街道の底地を空港会社に払い下げる手続きを急ピッチに進めており、現地は街道封鎖との実力攻防の緊迫した状況にあります。
 全国の仲間のみなさん! 反対同盟は臨戦態勢に突入しました。市東さんの渾身の怒りと闘いに応えて、もてる力のすべてを三里塚に結集させて下さい!

闘う人民の総決起、いまこそ!
 闘争史上まれに見る大弾圧をもたらした第3誘導路計画は、この6月中下旬にも認可・着工の構えです。反対同盟は、不当弾圧粉砕・廃道阻止、第3誘導路粉砕を闘う6・27大結集闘争を呼びかけます。
 世界的大不況による航空資本の破たん、成田空港の行きづまりがもたらした「羽田ハブ(基軸空港)」への転換で、空港会社はかつてない危機に追い込まれました。朝鮮半島情勢が緊迫するなか、成田空港の軍事化がますます切迫しています。三里塚闘争は、農地を武器に国策(空港建設)を44年間、阻止しています。三里塚の激突は、これにゆえに必至です。
 闘いのときがきました! 反安保・基地全面撤去を闘う沖縄で、全国、全世界で闘いの火が燃え上がっています。三里塚は反戦・反核・反権力、反差別の広範な市民運動と住民運動の共闘の砦です。資本による労働者・農民に対する収奪と闘います。
 6・27全国結集大闘争を、闘う人民総決起の号砲としよう。全国から大結集されることを、熱烈に呼びかけます。
 2010年6月1日

草加さんの旗旗ブログには、こんなことが書かれていました。

当の本人の警察幹部が「別に逮捕する理由はなかったんだけどね」なんてヘラヘラ言ってる。こんないい加減で「遊び半分」みたいな逮捕が許せるか!絶対に起訴なんてできっこない状況で、警察-検察の権限で勾留できるギリギリまで市東さんを拘束し続けた。まさに「職権濫用」とはこういうことを指すためにあるような言葉です。起訴せずに釈放したのは当然だとしても、そうしておけばどんなに違法不当な逮捕でもまかり通ってしまうと思っているんだこいつらは。個人の生活を滅茶苦茶に破壊しても誰も責任をとらない。こんなことはこれ限りにしていただきたいものです

人を逮捕して、拘留するというのは、その人を生活の場から無理やり引き剥がすことなんですね。1日拘留されるということは、最低1日の生活が破壊されるということ…三里塚で空港を作るために、そこで営農を続けている人の真上にジェット機を低空飛行で飛ばし、ジェットエンジンのうなる轟音や排気ガスで生活を破壊しつづけながら、さらに理由もヘッタクレも無く逮捕して、生活をさらに破壊するなんて許せないpout

それにしても…菅内閣が発足して、マスコミ報道からはあっと言う間に沖縄・普天間・辺野古の問題が消えつつある…人様の興味は「郵政民営化見直し」から「参議院選挙」へと移り変わっていくようだ・・・だが、これまで沖縄の人々の暮らしを破壊しつづけて平気なヤツらが、「基地建設強行」のため、見せしめの逮捕・拘留なんてことをやることも十分ありうることだ。

国家権力のイヤガラセ、挑発にのらず、毅然と沖縄も・三里塚もたたかっていこうrock

| | コメント (2) | トラックバック (1)

マル共連再建から白井朗さんへの追悼と革共同の謝罪

ぶっこわれていたマル共連BBSを復活させるべく活動中のマル共連BBS再建協議委員会(準)より、関西塩川派:白井朗さんへの追悼と謝罪という記事が紹介されている。また、まっぺんさんの四トロ同窓会二次会でも全文が紹介されている。

ほんちゃんは、こちら未来第58号

昨年7月、革共同全国委員会の創設メンバーの一人であり、『前進』編集局長であった白井朗さん(山村克同志)が逝去された。
われわれは、白井さんの死を悼むとともに、革共同が第6回大会(2001年)で白井さんを「反革命」と規定して除名したこと、そしてわれわれもその処分に賛成し、白井さんにたいする組織的なテロルを容認したことを全面的に謝罪する。
また、この謝罪が遅きに失し、白井さんの生あるうちに実現できなかったことと、現時点でこれを革共同全体の謝罪となしえていないことを、かさねておわびする。

「白井問題」の本質はなにか
われわれは、06年3月14日に、党組織を私物化し財政的な腐敗を深めていた関西地方委員会議長を打倒し、翌07年11月に革共同の腐敗と変質の元凶である清水・安田体制と決別した。われわれは革命的共産主義運動の再生を目ざす理論的実践の重要な柱として革共同の歴史的総括を行ってきた。
その総括作業のなかで、80年代をとおして清水議長体制の下で党内民主主義が極限的に圧殺され、党が階級との生きた交通を欠落させ、ついには政治局そのものが崩壊していったことを明らかにした。ソ連崩壊、総評解体・連合結成などの情勢に革共同が党としてまともな対応ができなかったのはその結果であった。この政治局の崩壊過程における最大の組織問題であり路線問題が、いわゆる「白井問題」であった。
われわれが清水・安田体制と決別し、革共同の再建に踏み出していく過程で、白井さんからわれわれにたいして、「3・14決起を支持する」という意志が伝えられた。われわれはこの白井さんの意思表示にたいしてどのように応えていくかを検討し、彼と意見交換を行うことにした。すでにかなり病状が悪化していた白井さんから直接話を聞くことができた。この討論から数カ月後に白井さんは亡くなった。
われわれは、白井さんの話をもとに独自の調査を重ね、われわれ自身の根底的な反省と自己切開を行ってきた。そのことをとおしてわれわれは、清水丈夫議長が「白井問題」なるものをねつ造することによって、白井さんが提起した重大な路線的かつ実践的な批判を圧殺したことが、革共同政治局の変質とその崩壊を象徴する組織問題であることをつかみとることができた。

白井さんの提起
80年代後半から90年代前半にかけて、白井さんが政治局あるいは党組織内部において提起した主要な批判は次の3点であった。
1点目は、1986年の『前進』新年号の政治局アピールに入管問題にかんする記述が欠落していたことを白井さんが指摘したことから始まった。すなわち党内における7・7自己批判、7・7思想の風化にたいする批判である。
2点目は、91年のソ連崩壊にたいする無感動と危機感の欠如にたいする批判である。
清水らのスターリン主義にたいする把握は、社会主義論・共産主義論について深化させることを拒否し、いつまでも革共同第3回大会(66年)の「一国社会主義論」批判のレベルにとどまっていたのである。それは国有化と計画経済があれば、スターリン主義権力のままでも社会主義が可能になるというものであり、こうした理解の枠をこえる理論的・実態的解明を党内で行うことを抑圧していたのである。
3点目は、94年に成立した社会党・村山首班内閣にたいして、『前進』が「社会ファシズム」規定を行ったことにたいする批判である。
白井さんはそこに、1930年代のドイツ共産党が「社会ファシズム」論のもとで、国家権力とたたかわずに、ナチスと組んで社会民主党を主要打撃の対象としたのと同根の誤りを見た。

政治局内の路線対立
政治局内部でこのような深刻な意見の対立が生じたときは、党大会の開催をふくめた全党的な討論に付すべきものだ。
ところが清水は白井さんが執筆した民族問題にかんする論文を自分が書いた革共同第3回大会(66年)の第2報告を否定していると見なして、「これは自分にたいする権力闘争だ」と決めつけ、論文の撤回や書き直しを命じ、さらに公表禁止処分にするなどして、白井さんの意見を封殺しようとした。また白井さんが仲山良介の『資本論の研究』を批判したことにたいしても、清水らは、「同書は党決定である」として、その批判を禁じた。
このようにして清水らは、白井さんが理論的路線的な批判を提起したこと自体について「自己批判」を迫り、彼の意見・思想を放棄させようとしたのである。当時の政治局はその声明の中で「本社での自己批判の作成の環境と待遇は決して悪くなかった。これを強制であったと言うならば、獄中に入れられたらすぐ転向するということではないか」(99年8月)といっている。まさに彼ら自身の口から「本社での自己批判の作成」が、国家権力が監獄でおこなう転向強制と同じものであったことを自己暴露している。

組織的テロルで反対意見を圧殺
権力との攻防によって政治局会議の開催が困難になっていたなかで、白井さんは、政治局内の対立を解決するために党内討論を要求していた。

3千点の物品強奪
これにたいして清水らは、94年3月、白井さんの意見を受け入れて政治局会議を開催するという返答を手紙でおこなった。しかしそれは政治局会議開催を口実にして、彼を非公然アジトからおびきだすための方便であった。そして清水の指示を受けたメンバーは、白井さんの留守中にあらかじめ作製していた合鍵を使ってアジトに侵入し、3千点におよぶ物品を持ち去った。異変を察知した白井さんが帰宅したときには、すでにがらんどうになったアジトの机の上に大型のバールが1本、これみよがしに置かれていたという。
清水らはこうした凶行を合理化するために、「党の機密文書の回収」(『共産主義者』123号)のためにやったとか、「党防衛活動」(同書)のためだったと言い訳をしているが、それはまったくのウソである。清水のねらいは民族問題にかんする白井さんの原稿を奪い取って、彼の言論を圧殺することにあったのだ。

反革命規定とテロル
しかし、白井さんがこのアジト襲撃の事実を暴露して、公然と革共同批判を開始すると清水ら政治局は、「山村(白井さんのこと)反革命を徹底的に粉砕する」(パンフ『白井問題とは何か』2000年4月15日発行)と白井さんにたいして反革命規定を行い、01年の革共同第6回大会で除名を決定したのである。
この決定と前後して、01年1月には白井さんの借家に放火した。このとき着火剤を使用して放火したため、木造の隣家を含めて危く全焼するところであった。
そして02年12月に清水ら政治局は白井さんを肉体的に殲滅することを決定し、それを実行した。このとき襲撃者たちは、宅配便業者を装って白井さんの住居に突入した。彼らは、内からカギをかけて電話線と電源を切断したうえで、白井さんをうつぶせにし、両腕関節を脱臼させ、右手に集中的ダメージを与え、両脚膝のほとんどすべての靱帯を切断する重傷を負わせた。そして白井さんのノートや手帳などを奪って逃走した。
白井さんは、このダメージが終生の「障害」となった。彼は、それをのりこえて、民族問題にかんする第2の著書の刊行に執念を燃やし尽くして斃れたのである。

革共同の堕落・変質
ここに見られるような白井さんを肉体的にも抹殺することを狙いとした一連の党内テロルは、革共同を共産主義の党から堕落、変質させるものとなった。
清水らはこれらの党内テロルに革命軍を使いながら、大部分の党員にたいしてはその事実を隠蔽し続けた。ここで「党内テロルだから公表しない」という言い訳は成り立たない。反対意見の抹殺が目的だから党内にも秘密にしたのである。
革命軍の同志たちは、こうした腐敗した党内テロルの発動に黙って応じることによって、自らを清水ら政治局の私兵へとおとしこめてしまったのである。

デマの流布
さらに清水らは白井さんにたいする「反革命」規定や除名処分をもっともらしく見せかけるために、以下のようなデマを党内外に流布した。
そのひとつは、98年の金沢市内における失火事件で、警察権力に逮捕された白井さんが「革共同からの脱党を権力に誓って釈放された」というものである。
「脱党を権力に誓った」というのは事実無根のデマだ。実際、白井さんは、失火事件以降も革共同の党員として激しい清水批判の党内闘争を継続していた。だから清水らは、このような卑劣なデマを流して白井さんを除名したのだ。
いまひとつは、上記の失火事件で逮捕された白井さんが、「救援連絡センターの弁護士を拒否してブルジョア弁護士に依頼した」というデマだ。
これは事実の歪曲である。真相は、白井さんが獄中にとらわれていることを絶好の機会とばかりに、清水らが自分たちの息のかかった弁護士を送り込んで、弁護士接見を利用して白井さんに屈服を迫ろうとしていたのだ。この見え透いた策謀が白井さんによって拒否されたというだけのことである。権力を利用しようとしていたのは清水らのほうだったのだ。
みっつめは、白井さんが肉体的テロルを受けたときに「警察に被害届を提出した」というデマだ。
これは現在でも安田派周辺で「白井=転向者」「白井=権力のスパイ」論を裏づけるものとして語られている。しかしこのような事実も存在しない。これは実際に調べてみればすぐにわかることだ。だから清水らは、決して公式文書にはのせずに、もっぱら口コミでこのデマを流し続けている。

愚劣な誹謗中傷
また、白井さんにたいする個人攻撃として、彼が非実践的なインテリゲンツィアであるとか、党内で討論すべき内容を党外の出版物にのせたとか、党の組織防衛上重要な秘密を公表した、などという非難がなされている。この点について、われわれがつかんだ限りのことを明らかにしておく。
白井さんは党内闘争の初期の段階で、清水によって意見の公表が禁止されたことに抗して、党大会の開催要求をおこなうとともに、党内で彼の文書を回覧することを要求していた。
そうした要求がすべて拒否され、清水らが暴力に訴えて白井さんに屈服を強制してきたときも、白井さんは危険を冒して複数の政治局員に直接面談して自らの意見を訴え続けていた。
しかしそうした努力が実を結ばなかったために、99年に民族問題にかんする最初の著書『20世紀の民族と革命―世界革命の挫折とレーニンの民族理論』(社会評論社)を刊行した。
そして09年4月には、死の床から民族問題にかんする第二の著書『マルクス主義と民族理論―社会主義の挫折と再生』(社会評論社)を刊行した。
このように、清水体制の抑圧と暴力に抗して、全党を獲得し、プロレタリア階級と人民大衆に訴えるために終生たたかいつづけた白井さんの生きざまをみれば、「非実践的インテリ」であるとか、「党の秘密を暴露した」などというのが愚劣な誹謗中傷に過ぎないことはあきらかだ。

革共同のスターリン主義への転落
90年天皇決戦をたたかった革共同は、戦後世界体制の崩壊という歴史的局面において、労働運動に軸足をおいて、革命に向って新たな本格的な前進を開始するために、5月テーゼによる戦略的転換を図った。
そこで問われていたのは、先制的内戦戦略にもとづく軍事偏重路線によって党と労働者階級人民との生きた交通が失われてきたことと、とくに80年代後半において革命党の生命線である党内民主主義を圧殺する清水の独裁的な指導体制が形成される中で、革命的共産主義運動の腐敗と破産が進行していたことの総括であった。
ところが5月テーゼの提起は、こうした全面的な総括をめぐって真剣な党内討論をまきおこしていくものではなかった。
結局5月テーゼ以降の議論が、破産した清水体制の焼き直しでしかない清水・安田体制を、あたかもそれが「レーニン的オーソドキシー」であるかのように美化することで終わったことに根本的な問題があった。

80年代総括の核心
われわれが90年代の初頭に総括すべき核心問題は次のようなことであった。
第1に、80年代の中曽根反革命にたいしてプロレタリア階級と人民大衆による階級的反撃を組織するのではなく、「革命的武装闘争(ゲリラ・パルチザン戦争)」をもって代行させた革命軍戦略の誤りである。これによって革共同は労働者階級・人民との生きた交通を急速に失っていった。
第2に、党組織の準軍事組織化によって上意下達の官僚主義がまん延し、革命党の生命である党内民主主義、プロレタリア民主主義が圧殺されていったことである。それは革共同の党的力量が運動面でも理論面でも著しく後退していったことと無関係ではない。
第3に、そうした結果として、国内においては、総評解散・連合結成、国際的にはソ連崩壊とグローバリゼーションの急進展という歴史的転換点において、帝国主義の新自由主義攻撃の全面化とたたかいえず、スターリン主義を真に克服する社会主義・共産主義像を示すことができなかったことである。

「白井問題」と一体
以上の問題は、91年5月テーゼによる路線転換の裏面で進行していた「白井問題」の根底的総括と不可分一体のものである。
先に述べた白井さんの3点にわたる批判は、本来であれば革命的共産主義運動の内実をより豊かなものにするはずであった。また白井さんの民族問題にかんする二つの著書はマルクス主義の民族理論に一石を投じたものであり、革命的共産主義運動の再生をめざすものにとっては真剣に向き合わなければならないものである。
そうした一切を閉ざしたのは、清水らによる抑圧的な指導体制の完成にある。反対意見の禁止と排除、分派の実質的禁止、処分としての自己批判による自説の撤回の強制、党の執行機関のメンバーや大会の代議員までのすべてが任命制で決定される。こうして革共同を共産主義者の自発性、創意性を抑圧する機構に変質させたのが、清水・安田体制なのである。
「白井問題」に即していえば、清水・安田らは政治局内部の重大な意見の対立を、全党員とプロレタリア階級と人民大衆から隠蔽し、そのうえで反対意見の持ち主に「自己批判」を強制して意見の放棄を迫り、最後は肉体的テロルによって追放、抹殺を図ったのだ。
このどこに「レーニン主義」や「本多思想」があるのか。これこそスターリン主義への転落そのものではないか。

謝罪と決意
もはや清水体制のもとにある「革命的共産主義者同盟」は死んだ。「白井問題」としてあらわれた革共同の汚点、敗北、腐敗、変質を見すえ、えぐりだし、総括と反省を階級の共同財産とすることこそ、革命的共産主義運動を再生する唯一の道だ。
まずなによりもわれわれ自身が「白井問題」にたいしていかなる態度で臨んでいたのかを自己切開しなければならない。
われわれは当時、白井さんのたたかいを「権力闘争」と規定する清水らのやり方に賛成し、白井さんの主張を「反革共同」としてしかとらえることができなかった。そして清水らによる白井さんへの組織暴力に荷担してしまったのである。
とくに第6回大会においてわれわれは、白井さんへの「反革命」規定と除名決議に賛成し、知らされなかったこととはいえ、その後の白井さんへの凶悪な党内テロルを容認してしまった。そして清水ら政治局の問題性にたいして、当時のわれわれはほとんど無自覚であり無批判であった。われわれは、このことを共産主義者としての痛苦の念をもって全面的に謝罪するものである。
今日的にとらえ返すならば、われわれが06年3・14決起で、関西地方委員会指導部の組織暴力を粉砕してこれを打倒したたたかいは、「白井問題」にあらわれた革共同の腐敗と変質をのりこえるたたかいそのものであった。3・14決起によってわれわれは、1920年代のロシア共産党内におけるスターリンにたいするトロツキー・左翼反対派のたたかいの敗北を乗り越え、白井さんによる清水・安田体制にたいする核心的な批判を継承して、社会主義・共産主義を再生する第一歩を踏み出したのである。

誤った評価や態度
以上の革命的共産主義運動の今日的前進をかちとっていく立場から、われわれは革命的左翼内部における3・14決起や「白井問題」をめぐる誤った評価や態度について、批判をおこなっておく責任がある。
ひとつは、3・14決起にたいして「クーデター」や「非組織的」「反革命」などと批判する革共同からの脱落者グループの主張である。きみたちは、3・14決起について非難する前に、自分たちが「白井問題」が起こったとき、どこにいたのかをまず明らかにすべきではないのか。清水の手先として白井さんへの肉体的テロルを組織したり、政治局員として清水の提灯持ちをやっていたのではないか。
指導部が党内テロルの挙に出た場合は黙認するが、党員が腐敗した指導部の組織暴力に抵抗したら「非組織的」と非難し、そのような指導部を打倒したら「テロルだ」などとわめくようなやり方は、共産主義者がとるべき態度ではない。
いまひとつは、革共同のおぞましい過去にふたをしたいと考える人びとである。きみたちの考えがたとえ善意から出たものだとしても、「死んだ革共同」の腐敗や汚点を隠蔽するところに革命的共産主義運動の再生はない。そうではなく、過去および現在の革共同の誤りを、自らのものとして切開することこそ必要なのだ。

めざすべき党
帝国主義の新自由主義攻撃とソ連スターリン主義崩壊後の現代世界と対峙し、新しい革命的共産主義運動を興そうではないか。
われわれがめざすべき党とは、労働者人民のどのようなたたかいの現場にも存在し、そのたたかいから学び、階級全体の当面の利害と究極的な目標を結合することを瞬時も忘れない、そのような存在である。
そのために自覚した先進的な労働者と被差別・被抑圧人民出身の共産主義者と革命的インテリゲンツィアと革命的農民が、自立した共産主義者として、互いの信頼にもとづいて結集する。
その結集の原理は、共産主義革命の政治目的での一致にもとづく誓約にある。
そのようなものとして、われわれは、階級全体の解放のために、いかなる犠牲もおそれずたたかうことを決意する。そして白井さんへの追悼と謝罪にかけて、その決意を必ず実現することを、固く誓うものである。

つい最近、拙ブログ記事において、ある人の白井朗氏の「民族論」への批判を引用をしたため、ある意味タイミングが…と思ったが、それはそれで…
「白井問題」と言えば「中核派民主化宣言」や「赤パンフ・青パンフ」(模索社なんかで売られていたらしい)なんかが非常に党内で「避難的」にとらえられ、宣伝されていた。私はこれらの文献は当然、読んでいない。もっとも枯れの「民族論」については、いろいろと学ぶことも多いものだそうなので、読んでみたいものだとは思っている。ソ連崩壊の前、80年代に「民族問題」(特にムスリム人民)に取り組むことの重要性に気づいていたことは、大きなことだ。

「権力」との問題となった「失火事件」とは、ホテルを転々としていた際に、疲れによる「寝タバコ」が原因だったと聞おている。そもそも、たった一人で「非公然活動」を行なうことは、とうてい不可能で(75~90年代の「モグラ」達は多くの人が支えることができたのだ)、誰も支援してくれる人のいない「孤独なたたかい」の重圧は想像を絶するものだったのだろう。

白井氏が去年の7月に亡くなったことは、いろいろな筋から聞こえてはきていた。lこの「自己批判」が死後、1年もたって出されたことは、残念なことだと思う。


| | コメント (10) | トラックバック (0)

世界の中心で、革命をさけぶ

もうすぐ梅雨入りしそうですねぇ~rainで、勝手に地元の観光キャンペーン企画?です。
長澤まさみが主演し、大ヒットした映画、「世界の中心で、愛をさけぶ」のロケ地が、高松市庵治町なんですが、そこに車で行ってきました(映画は見ていないけど^^;)ま、ネタづくりです。
100606_141101

ロケ地でしたよ~という看板があるのですが、前に立っていると突然スピーカーから案内が流れてきます。なんじゃこりゃ~sign01・・・なんでも、80年代の地方都市の町並みが良く残っていたから、ロケ地に選ばれたのだとか…

100606_134101
そこに行く前に、うどん店味路でエエ景色を見ながら讃岐うどんを・・・と思っていたのですが、あいにく日曜は定休日。となりの喫茶店でお食事。

100606_140701
看板のあるところの近くの信号を左に曲がって下りると、塩岬公園というのがあります。ちなみに庵治町は石材の町で、実家のために庵治町の墓石を買った友人がおりまする。

100606_134402
船なんかが置いております。

100606_134401
純愛ロードなんだそうですheart02

100606_134501
こ~んな感じで、海に続いています。

100606_134502_2
「鳩山死すとも(勝手に殺すなよ)、友愛は死せず」

100606_134701
なんかわからん、ログハウス風sign02の小屋…映画の中で使われたのでしょうか。

100606_134901
海はキレイです。

100606_135101_2
主人公たちが、島に小旅行するのに使った船着き場・・・のようです。
公園はいちおう「恋人たちの聖地」ということらしいのですが、家族連れがのんびりボール遊びをしていたり、車椅子にのったおばあちゃんが家族といっしょに来ていたり、バーベキューをする人たち(ホントはしたらいかんらしいが)いたり・・・市民の憩いの場となっております。

100606_135301
何か分からん石のモニュメント・・・
では、叫ばしてもらいましょうup

100606_135701
「普天間基地を、撤去しろ!辺野古に基地はつくらせないぞ!」

100606_140001
「団結街道廃道を許さないぞ!市東孝雄さんを釈放しろ!」

100606_140101
「憎しみより愛を!人らしく生きるために、革命に勝利するぞsign03

ALL YOU NEED IS LOVEheart04

| | コメント (0) | トラックバック (1)

扇風機を出して衣替えをする闘争

つい先月まで寒いと思っていたのに、あっという間にこんな季節にsun
関東・東北では荒れ模様の天気だったそうですが、こちらではそろそろ扇風機が必要でございます。
Pict0001

服もだして、ズボンがちゃんと履けるかチェックenter
Pict0002

すべてOK(^^)(^^)(^^)/// 体形変わらずpass

昼メシにさぬきうどんを食し、普天間・辺野古に基地は要らない高松行動にGOvirgo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

沖縄が中国に占領されても、”民衆”のために涙する者がいないだろう

ネトウヨさんがつける題名みたいになりましたが…人様のブログとそこへのコメントで記事を書く企画です。
TAMO2投手のところ
獏たる不安ということ

ある人とメール。小生は、「沖縄のことに心を痛めつつも、日本の本土の人間が結果として沖縄に基地を押し付けているのは、共産主義圏(ってか、中国)への不安感から、抑止力を期待してとのことでしょう」と書いた。これは、周囲との雑談や、あちこちのネット記事(ブログ)からの判断である。
では、忙しい日常を過ごす庶民が、この問題についてじっくり時間を取って考えるには、参考になる資料の見つけ方さえ良く分からない。その根本にあるのは、軍事的な教育を皆目受けていないという現在日本の状況があるのだ。
ドイツのように、徴兵制を敷けとは言わない。そんなのは御免だ。だけど、平和問題と軍事問題は密接にリンクしている。あと、外交も。そういう次第で、平和教育に熱心な学校は、軍事教育も同じくらい熱心にして欲しいものだ。
超左翼おじさんのところ(かもがわ出版)から、軍事教育のイロハ本が出るらしい。期待したい。
あと、こういう格言があるらしい。「爆弾の構造を知らずして、どうやって爆弾を処分すると言うのだ?」

後半の部分には、異論はないのだが、最初の段落について私が入れたコメント
本土で沖縄から基地が無くなったら、中国が攻めてくる、尖閣諸島(釣魚台)や宮古島がとられる…なんて騒いでいる人たちは、イザ中国が沖縄(の一部)を占領し、弾圧・抑圧をはじめても、その「抑圧」にたいして怒るのではなく、「神聖な日本の領土」が侵されたことにのみ憤るのでしょう。
いまの沖縄民衆にかけられている「抑圧」を知らんふりしているような連中ですから。

それに対する投手曰く

あるみ様:
うーん、それじゃあまるで平均的日本人は、ネトウヨと言っているような??

対応して私のコメント

「連中」と書いたのは行き過ぎかもしれません。
しかし、沖縄がアメリカに占領され、苦しみにあえいでいたときに、「左翼」も含め、どのくらいの人たちがその苦しみを共有し、それに抗議していたでしょうか?
別件ですが、そうゆう意味で「左翼」も「在特会」になり得るのです。

その後の投手からのコメントは、少し「在特会」問題に振れつつ

あるみ様:
これは深刻で、結論は同意する――むしろ、在特会の主張は西岡力を参照項にすれば、実に左翼的とも言える――のですが、例えば華青闘の告発に付随した不可能性をも感じざるを得ません。
ヤマトンチューは、どこまで言ってもウチナンチューにはなれません。そのうえで、連帯と共闘を模索するしかないのではないか、と、左翼の歴史を振り返って思います。(以下略)

もう一度歴史を振り返るなら、沖縄が米軍の占領下にあって「銃剣とブルドーザー」で土地を取られ、基地が拡張されていた時に「知らなかった」とはいえどのくらい「本土」の人が声を上げたのか…ということをひきずりながら、もし沖縄(の一部)が中国に「占領」されることはケシカランと言う人が、そこに住む民衆のことを考えていっているのではなく、「国権」としての神聖な領土が侵されることに「観念的な」不安・・・これが漠たる不安の正体ではないだろうか。

前の大戦の時「本土」は徹底的に爆撃されたとはいえ、多民族による軍事支配をうけたことがない(ある意味幸運な…でもドイツだってそんなんじゃないの?)人たち…右翼左翼とわず…が、「被抑圧民族」についてキチンと考えることは、非常に難しいのだろう。だからレーニンもそのことに「警鐘」を鳴らしていたが、多民族に「抑圧」されたことのないロシア人共産主義者たちが、少数民族問題をキチンと解決するのはやはり難しかった。(TAMO2投手が行っている「共産党・共産主義」批判はそういうものを包摂しているのだろう)

松崎五郎氏の「資本主義の終わり論」白井朗『マルクス主義と民理論』を読んでより、引用

だから問題は 民族という概念がいつ生まれ 皆が納得するようになったのかです。歴史事実としては知りませんが 論理的に言えば 資本主義の発生期に生まれたのだと思います。古代的・奴隷制では 鎖につながれた奴隷が 奴隷主(自由民)と同じ家族・部族とは絶対に思わなかったと思います。逆に奴隷主も奴隷と同じだとは思わなかったでしょう。また封建制では 領主と農奴の階級対立があり 領主ごとに領地は分離・独立していて 領主が異なる幾つかが一つの集団・民族としてまとまる必要性はなかったと思います。領主にとって農奴は自分だけに屈服すればよいのですから。なお 領主の支配権を追認したのが ヨーロッパではローマ法王であり日本では天皇です。封建制の中から発生した資本主義が (商品)流通を拡大しようとしたとき 桎梏となる領界(関所)をなくすために 「同一民族だ」が押し出されたのだと思います。つまり封建制を食い破り(分散を統一し)民衆を動員するイデオロギーとして 資本が押しだしたのが民族概念だと思います。だから民族は 上部構造の観念的表現なのです。

ま、要するに資本主義社会を一定発展せるためにできたのが、今の〇〇人という「民族」意識であり、先に発展した「資本主義民族」に対抗するために、被抑圧側も「民族」をかかげて、たたかわざるを得ないということを言っているわけだ。

終わりのほうの、白井朗批判も引用…

本書の最後に 「付論 日本人の民族性について」で白井は 「アイヌ民族と沖縄県民にたいする明治維新いらいの差別と抑圧の歴史をしっかりと学び 彼らが日本人としての民族的共感をいまだ持ち得ていない現状を真摯に改革しなければならない」と述べていますが 前半の「差別と抑圧の歴史をしっかりと学び」はその通りですが 後半は間違っていると思います。アイヌにとって必要なことは 日本人に対して「民族的共感」をもつことではなく まず自らを一つの民族として成立・登場させることだと思います。民族が異なるのに「民族的共感」とは何なのですか。しかも 「日本人としての民族的共感」となると アイヌを捨てて日本人に同化せよと言っているのに等しいと思います。アイヌ民族に対して日本人がすべきことは 北海道の一定の地域をアイヌ民族が日本人に規制されることなく自由に使えるようにすること(独立または自治区)だと思います。つまりアイヌ民族の民族自決権を認めることが絶対的だと思います。
 また白井は 「日本民族が自民族の歴史をしっかりと学び 近現代史の正負を認識し 誇りと自信を回復すべきことが歴史的に大切であることを強く訴えたい。」と述べていますが 「日本民族の誇りと自信」とは何なのですか。日本人にとって近現代の正しい歴史観は右翼が言うところの「自虐史観」であって 侵略主義者を打倒することで初めて、日本が侵略・抑圧してきた人々と「対等」と言えるのです。現実に抑圧・被抑圧の関係の中に存在しているのに 侵略・抑圧している方が「共生」を掲げることは偽瞞だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

沖縄の闘いと、パレスチナの闘い

たたかい、行動を2つ提起…
ひとつは、国会前
辺野古浜通信より

緊急の呼びかけ:国会前に集まろう
新政権発足前に訴える――辺野古に基地はいらない!

とき:6月4日(金)18:30〜20:00
場所:衆議院第二議員会館前
主催:「沖縄には基地はいらない」全国同時アクションTOKYO
共催: JUCON (Japan-US Citizens for Okinawa Network)
連絡先:ピースボートTEL:03-3363-7561

-------------------------------------------------------------

鳩山首相が辞任しました。
私たちは懸念しています。
この後に発足する内閣が普天間基地問題について
どのようなスタンスを取るのかということを。
民主党の代表選挙が行われる4日に国会に集まりましょう。

私たちは、今、日本社会全体で確認しておくことが大切だと思います。
鳩山首相は当初の公約を投げ出して辺野古に基地をつくろうとした結果、
世論の支持を失い、辞任に追い込まれたのだということを。

私たちは新政権発足前に政府に訴える必要があります。
新政権は辺野古に基地をつくってはならないということ
鳩山政権が無理やりアメリカとの間で結んだ合意は、
白紙に戻さなければならないということを。

国会前に集まりましょう。
何とか理由をつけて仕事を早めに切り上げ、
学校から直行して――。

新政権はどちらに向かうのか、まだわかりません。
私たち市民が政府が向かうべき道を提起しましょう!

うわぁ~明日やんか…しかし鳩山打倒後の、一番最初のたたかいが大切…しかし、東京は遠いよ~

もうひとつは、だれでもできますネット署名
「沖縄」で頭と体が(もちろんお仕事も)一杯であったため、このブログでは触れていないが、あのイスラエルがまたトンでもないことを行った。
5月31日の毎日jpより
ガザ支援船:イスラエル軍が攻撃 活動家ら10人死亡

 【エルサレム花岡洋二】パレスチナ自治区ガザ地区への支援物資搬入のため地中海を航行していた貨物船と旅客船計6隻から成る国際支援団体の船団が31日、公海上でイスラエル軍部隊に急襲された。船団にはトルコや欧州の活動家ら約700人が乗船しており、イスラエル軍によると船団側の少なくとも10人が死亡、31人が負傷した。日本人が乗船していたとの情報はない。
 イスラエル軍筋は、死者の多くはトルコ人だとしている。イスラエル軍の広報担当者は「兵士はナイフやこん棒で襲われた」として「責任は船団側にある」と正当防衛を主張しているが、多数の民間人の死傷により、イスラエルへの非難が強まっている。
 船団を組織した国際支援団体「フリー・ガザ・ムーブメント」によると、船団はトルコとギリシャの港を25日以降、順次出港して編成され、北アイルランドのノーベル平和賞受賞者メイリード・マグアイヤ氏ら約40カ国の活動家や政治家が乗船していた。イスラエルによる封鎖が続くガザで不足している建設資材や浄水装置など計1万トンの物資を運んでいたところ、31日未明にガザの西約150キロの公海上で、軍の小型船とヘリコプターに急襲されたという。
 事件を受け、トルコ政府は同日、国連安保理の緊急会合開催を要求し、駐イスラエル大使を本国へ召還した。安保理は同日、緊急会合開催を決めた。
 一方、イスラエル・メディアによると、カナダを訪れているイスラエルのネタニヤフ首相は、閣僚と電話で話し、軍の行動を全面的に支持した。首相は1日に予定されていたワシントンでのオバマ米大統領との会談をキャンセルし帰国する。
 米ホワイトハウスの報道官は「犠牲者が出たことに深い遺憾の意を表明する」と述べた。国連の潘基文(バン・キムン)事務総長はイスラエルに徹底した説明と調査を求めた。
 イタリア、ドイツなど欧州諸国からも事態を憂慮する声が相次ぎ、欧州連合(EU)のアシュトン外交・安全保障政策上級代表は、事件の調査やガザ地区への人道支援物資の無条件搬入をイスラエルに求めた。
 ガザへの物資搬入を国際的に広報していた団体側に対し、イスラエル政府は事前に「ガザのテロ活動を手助けする物資が積まれている可能性があり、船団は阻止する」と宣言。洋上ではここ数日、船団と軍船舶のにらみ合いが続いていた。

で、イスラエルの攻撃に抗議する国際ネット署名が取り組まれている。

みなさま、 京都の岡です。 イスラエルのガザ自由船団に対する攻撃と平和活動家の殺傷に関し、 調査と責任者の説明責任と封鎖解除を求める請願のネット署名が、 集められています。 http://www.avaaz.org/en/gaza_flotilla_1/?vl 署名はいったん20万に達した時点で国連と世界の指導者に送られます。 1日で、126000、集まっています。 そう書いているそばから、刻々と増え続けています。 署名して、友人知人のみなさんにご転送ください。 ネット署名はその簡便さゆえに安直で、どこまで重きが置かれるのか、 分かりませんが、でも、今、できることのすべてをしたいと思います。 100万、200万、1000万、集まったら、無視できない 力になるのではないかと思います。 それとあわせて、日本の中でも、行動を起こしていくことが必要です。

以下、請願の日本語訳です。

//////////////

ガザ:襲撃について調査士、封鎖を終わらせろ

ガザ人道船団に対するイスラエルの殺人的襲撃は世界じゅうの
怒りを招いています。
今回、私たちは、私たちの指導者の口先だけの言葉を
受け容れることはできません。
行動を起こす時です。
この署名は、20万筆に達したところで国連および世界の
指導者たちに送られます。
あなたも署名して、真実と説明責任とガザに正義を求める世界的な
要請に参加してください。

~~~~~~~~~~
請願の内容;
諸政府ならびに国際機関への請願
私たちは、船団に対する攻撃について直ちに独立した調査と、
責任者による十分な説明責任、そしてガザの封鎖解除を求めます。
~~~~~~~~~~

Sign the Petition の欄の空欄に、
名前、メールアドレス、電話番号、国、郵便番号を記入して、
Sign Petition をクリックしてください。

(・・・と言っている間に、もう127000に迫る勢いです)

おか まり

署名へのリンクはこちら

私が署名した段階で、306,766筆であった。

沖縄も、パレスチナも、「無関心」が問題の解決を困難にしていることは、共通している。

また、自衛隊はソマリア沖に出兵し、海兵隊と共同訓練をしようとしている。いつ、イスラエル軍のような、民衆を殺す軍隊にならないとは限らない。

2つの問題が、ここでつながるのだ。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

鳩山打倒

鳩山打倒
逃げやがって、バカヤロ−

追記・・・これは鳩山打倒祝賀会の、飲み会ではありません。
しかし、鳩山は沖縄、米軍基地問題から、逃げたのです。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

電話では名前をちゃんと名乗りましょう!

会社の私のデスクに、外線で電話がかかってきます。
「〇〇会社さんでしょ?」
「はぁsign02(私は、会社の検診でやるオージオ聴力検査では異常はないのだが、どうゆうわけか人がしゃべるのを聞き取りにくい)…あっハイハイそうですけど」
「総務の〇〇さんから電話もらったんですけど…」
ここは総務じゃねぇ~sign02

で、電話を転送するのに、オタオタcoldsweats01、総務に転送すると…
「どちらさんからの電話ですか?」
そんなの知らねぇ~よ!名乗りもせんかったわいbomb

会社に仕事で電話かけてくるヤツの中にも、こーゆー非常識な連中が時々、おりまする。
商品へのお問い合わせとか、苦情ならともかく、名前を名乗りなさ~い

「ちょこざいな小僧め、名を、名を名乗れ!」
赤銅鈴之助だ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »