« 市東孝雄さん奪還!たたかいを続けよう! | トップページ | 琴電片原町駅にて »

屋島のてっぺんで、革命をさけぶ

精神科のお医者さんが「屋島には行きましたか~歩いていけるし、景色もいいですよ。」とさんざん進められたので、「世界の中心」から、屋島にGO(^^)
お医者さんは、お遍路道を通って歩きなさいという意味でいわれたのでしょうが、ヘタリーマンの私は屋島ドライブウエイcar630円で、山上へ。もっとも、JR屋島駅や琴電屋島駅から山上シャトルバスが片道100円で、出ていますbus公共交通機関、エライ。

100606_144901_2
山上の駐車場と、シャトルバス。エエ天気です。

100606_144301_2
84番札所の、屋島寺…もっとも、お寺参りが目的ではないので、スルー…

100606_145201_2
屋島は源平合戦があった古戦場でもあります。血糊のついた刀を洗い、血の色に染まったといわれている「血の池」があります。

100606_145301_2
むか~しの「前進」には「◇〇を血の海に沈めよ!」とぶっそうなアジテーションがございましたが、鳩山幸夫タンはせいぜいこの「血の池」に沈んで、反省していなさいangry

100606_145701_2
遊歩道を、お散歩…先ほど通ってきた庵治町が見えます。景色はエエんですが、石材が切り出された跡がちょっと痛々しいですね。

100606_151101_2
木がジャマですが、高松市街

100606_153201_2
瀬戸内の多島海も、エエもんです。

100606_160201_2
高松の港を見下ろして、叫ばしてもらいます。

100606_161001_2
み~んなそろって、三里塚・沖縄決戦勝利sign03

100606_160801_2
でも、メットはやっぱり、白でしょvirgo
不安定な、白あるみさんでした。

|

« 市東孝雄さん奪還!たたかいを続けよう! | トップページ | 琴電片原町駅にて »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

小生も5~6年前屋島を再訪しました。勿論ケーブルと琴電乗車が主目的だったのですが、山上の水族館でイルカショーを見物したり高松市内で讃岐うどんを食べたり楽しく過ごしました。初めて訪問したのは中学生かひょっとして小学生のときですので四五十年前です。古くからの観光地一般に言えることですが、屋島でも廃墟と化したホテル・旅館跡が目立っていたような記憶があります。日本の観光形態も半世紀前と比べて大きく変わっているんだなと改めて実感した思い出があります。

投稿: 神道革新 | 2010年6月10日 (木) 20時37分

屋島と言えば、水族館と麓の一鶴です。
あと、琴電の向こう側に、物凄くおいしいパン屋がありますが、店名を忘れてしまいました。

ちょっとべたですいません。

投稿: TAMO2 | 2010年6月10日 (木) 23時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1094529/35150092

この記事へのトラックバック一覧です: 屋島のてっぺんで、革命をさけぶ:

» はじけよ団塊世代!「老人文化」をつくっておいてくれ [ブログ「旗旗」]
たまにはブログにも軽いめの話題もいいかと思い、こちらに掲載してみるテストでおます。さて、ご自身の意向でまもなく「水戸黄門」を降板する由美かおるさんの後継は、雛形あきこさんだそうです。先月末頃に決まったようですが、テレビや芸能ニュースを見ない私は全然知り... [続きを読む]

受信: 2010年6月11日 (金) 13時54分

» 他にもっとやる事があるだろう! [アフガン・イラク・北朝鮮と日本]
 職場の何気ない風景からも、その会社の気風や「仕事観」「人間観」が、図らずも偲ばれる場合がよくある。そして、それは取りも直さず、日本社会全体の縮図でもあったりする。    トイレのスリッパに番号付けるより、他にもっとやる事が一杯あるだろう。人間よりトイレのスリッパの方が大事なのか。  要するに「中身」よりも「見てくれ」が全てなのだ。幾らトヨタのリコールが大問題となり、中国ホンダやフィリピン・トヨタの工場で労働者ストが頻発し、日本国内でも、「派遣切り」で労働者が解雇され、不払い残業・偽装請負・産地偽... [続きを読む]

受信: 2010年6月18日 (金) 04時11分

« 市東孝雄さん奪還!たたかいを続けよう! | トップページ | 琴電片原町駅にて »