« よっしゃ~神前みーこゲット!祝・ブログ開設2周年 | トップページ | 映画「CATERRPLLAR」追記 »

9・19三里塚と沖縄を結ぶ関西集会

三里塚決戦勝利関西実行委員会からのチラシより、

9・19三里塚と沖縄を結ぶ関西集会の参加のお願い
 「日米合意」による基地押しつけ攻撃に対して、この夏から秋、沖縄は名護市議選(9月12日投票)、沖縄知事選(11月28日投票)を軸に決戦に入っています。名護へり基地反対協の安次富浩共同代表をお招きし、「沖縄・辺野古と安保体制」(仮題)をめぐる講演をしていただきます。今こそ、私たちヤマトの人間は、この沖縄の皆さんの基地撤去にかけた闘いに応え、「日米安保体制はいらない」との国民的議論をわき起こし、その一翼を私たちも担いたいと思います。
 三里塚では、今年前半、2・25天神峰現闘争本部か痛いを叫ぶ反動判決にはじまり、6・28団結街道封鎖、第3誘導路建設へと2014年30万回飛行、ハブ空港化実現に向けた、市東孝雄さんの叩き出しに一切をかけた攻撃が吹き荒れました。しかし、反対同盟の実力決起を軸とした闘いは、この追い詰められた空港会社NAA、国家権力の「コソ泥」的な卑劣な攻撃をはね返して前進しています。「三里塚からの訴え」として、三里塚反対同盟事務局次長萩原進さんから、この三里塚の決戦に入った闘いの報告と10・10三里塚現地への総決起の訴えとともに、沖縄からの提起を踏まえた「今こそ三里塚と一緒に闘おう」「大衆的統一戦線を実現しよう」という訴えをお聞きします。
 すべての皆さんの9・19集会への賛同と参加をお願いします。

集会要綱
9・19三里塚と沖縄を結ぶ関西集会
―第3誘導路建設絶対阻止/市東さんの農地を守ろう/10・10三里塚現地へ総結集しよう―
【日時】2010年9月19日(日)午後1時開場 2時開会
【会場】大阪市立中央会館ホール
【内容】講演 安次富 浩さん
    三里塚からの訴え 萩原 進さん
    開会前1時半より、現地情勢の写真上映による報告
    集会後、ナンバまでデモ
【当日参加費カンパ】 1000円(資料代)
【主催】三里塚決戦勝利関西実行委員会/三里塚芝山連合空港反対同盟
 連絡先 〒656-2401 兵庫県淡路市岩屋599-11
     ℡・FAX 0799-72-5242 E-mail kanjitsu-mailあっとyahoo.co.jp(あっとは@に返還)

【賛同金】集会の成功のために広範な皆さんのご賛同をお願いします。
     賛同金は、個人、団体を問わず、1口500円(複数口歓迎 また集会参加費は別にさせていただきます)
 送り先/郵便振替「00980-1-63353 三里塚決戦勝利関西実行委員会」

てなわけで、集会参加はできませんが、賛同金を振り込んでまいりました(^^)//
なお、いつもの大阪市立中央会館はこちら

|

« よっしゃ~神前みーこゲット!祝・ブログ開設2周年 | トップページ | 映画「CATERRPLLAR」追記 »

たたかいとかくめい」カテゴリの記事

コメント

http://www.okinawatimes.co.jp/article/2010-09-16_10259/
仲井真知事 再選出馬表明 基地負担の軽減推進
政治
2010年9月16日 09時36分




(24分前に更新)
 仲井真弘多知事(71)は15日、那覇市内で開かれた後援会主催の激励会で、11月28日投開票の県知事選について「きょう集まっていただいた多くの皆さんが『前へ進め』とのことなので、前へ進む。よろしくお願いします」などと述べ、2期目に向け立候補を表明した。自民党県連、公明党県本、経済界の各代表など出席者の出馬要請や支援表明を受けたもので、今月中に選挙母体となる組織を発足させる。
 仲井真氏は、米軍普天間飛行場の移設問題に関し「県民の思いに沿う方向で、解決の道をなるべく早く見つけ出す」と強調したが、具体的な言及は避けた。普天間以外の基地負担の軽減は「目に見える形で前へ進める必要がある」と積極的に取り組む姿勢を示した。10月上旬までに政策を固めて発表する方針。
 沖縄振興特別措置法が2011年度末で期限切れとなることにも触れ、振興策を政府と話し合う政策協議会の再開を挙げ「時代に合った中身のあるものにしていきたい」と語った。
 自民党県連の新垣哲司会長、公明党県本の糸洲朝則代表、翁長雄志那覇市長、県経済団体会議の知念榮治議長、島尻安伊子参院議員らが支援を表明した。
 県知事選には普天飛行場の県内移設に反対し、在沖米海兵隊の撤退を基本姿勢に掲げる社民党県連、共産党県委、社大党が推す宜野湾市長の伊波洋一氏(58)が出馬表明しており、両氏の一騎打ちの構図がほぼ固まった。民主党県連や浦添市の儀間光男市長らが独自候補を模索する動きもある。
・・・・・・・・・・・・・・・・・次から次へと息継ぐ暇がない沖縄。俺たちは、???

投稿: 沖縄知事選 | 2010年9月16日 (木) 10時03分

http://chousayoku.blog100.fc2.com/blog-entry-564.html

JCPは組織としてダメダメなのですが、これはかなりの力になると思いますよ。
ま、私は防衛省関係者の本の方を春から楽しみにしていたのですが。

投稿: キンピー | 2010年9月16日 (木) 10時43分

JCIも革〇同も、沖縄のこと(共同体論や連帯論も含めて)を真面目に考えることで、自らの「誤り」や「足りないところ」を知り、変わることができるのかもしれません。
晩期マルクスたんが、「アイルランド問題」で指摘したことのように…日本「本土」の社会や運動を変えるのは、沖縄かも知れませんね。

投稿: GO@あるみさん | 2010年9月17日 (金) 00時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1094529/36531988

この記事へのトラックバック一覧です: 9・19三里塚と沖縄を結ぶ関西集会:

« よっしゃ~神前みーこゲット!祝・ブログ開設2周年 | トップページ | 映画「CATERRPLLAR」追記 »