« 北斗の拳タイム | トップページ | そこに暮らす民衆が出てこない「領土問題」なぞ粉砕の対象だ »

お客さんが来たので讃岐うどん店を案内する闘争(その3)

さて、お客さんが市内のホテルでチェックイン後、夜の街へ…
高松のもう一つの名物、鶏肉をサカナに一杯やってから、シメのうどんは…
手打ちうどん 五右衛門へ…

Dsc00215
繁華街のお店は普通、日曜日は閉まっているケースが多いのですが、今日は翌日も休日ということで、飲み屋さんに出かける→シメでうどん食うヤツがいる…というコンセプトの下、開店しています。

Dsc00217
繁華街の古馬場町というところに2件あるのですが、そのうちの1件。

Dsc00218
飲んだ後は、やっぱりカレーうどんでしょvirgo
1玉650円、でっかいドンブリに少~ししか入っていないので、もの足りないsign02ように見えますが、これもまたススッと食べられるので、エエもんです。

とりあえず、本日の目標3店クリア。おつかれさまでした~coldsweats01


|

« 北斗の拳タイム | トップページ | そこに暮らす民衆が出てこない「領土問題」なぞ粉砕の対象だ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1094529/36834640

この記事へのトラックバック一覧です: お客さんが来たので讃岐うどん店を案内する闘争(その3):

« 北斗の拳タイム | トップページ | そこに暮らす民衆が出てこない「領土問題」なぞ粉砕の対象だ »