« 魚釣台領有権問題と中国覇権主義 | トップページ | 北斗の拳タイム »

お客さんが来たので讃岐うどん店を案内する闘争(その2)

やっと(その2)かよ~
四国村に行ってもよかったのですが、「入場料を取るところはイヤだ」とのケチくさい理由で「世界の中心で愛をさけぶ」ロケ地、庵治町までドライブ、お腹減らしに…金比羅さんや、栗林公園のような「超有名観光地」をとりあえず見る…というのよりは、気がきいているかもしれませんな。景色もエエし・・・。
Dsc00205
ロケに使われた写真館の建物…二階はカフェになっております。

4時ごろまでウロウロして、市内に戻り、地元の方おススメのかすが町市場
Dsc00208

Dsc00209
タヌキの焼き物が、エエ雰囲気を出していますhappy01

Dsc00210
冷やしぶっかけ一玉、280円なり…
ここは細麺で、冷やしぶっかけは「そうめん」のようにあっさり食べられます。つるつるつる…

通に言わせれば、讃岐うどんは「(水を)飲むように食べる」ものだとか…


|

« 魚釣台領有権問題と中国覇権主義 | トップページ | 北斗の拳タイム »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

蕎麦も通に言わせれば「耳食」と言って、勢い良く啜るモノであまり噛んじゃいけないそうです。
私にはまだよくわかりませんが。


ちなみに水沢うどんは、私もまだ喰ったことがないのでよく知らないのですが群馬県伊香保地方の地うどんだそうで、讃岐うどん、稲庭うどんと並んで「日本三大うどん」と呼ばれてるらしいです。

投稿: 正太郎 | 2010年9月25日 (土) 20時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1094529/36834512

この記事へのトラックバック一覧です: お客さんが来たので讃岐うどん店を案内する闘争(その2):

« 魚釣台領有権問題と中国覇権主義 | トップページ | 北斗の拳タイム »