« 秋の衣替え闘争 | トップページ | 新「あるみさんのぼり」完成! »

「桜新聞」号外げっと

2日土曜日の午後、ことでん瓦町駅にて、「桜新聞 号外」という右翼新聞を入手
Dsc00244
「尖閣が占領の危機 狙われる国境の島 東シナ海波高し」
「領海、領土防衛、日本の覚悟」
なにやら勇ましい見出しが躍っていますdownwardright

新聞の発行元は「頑張れ日本!全国行動委員会」
〒150-0002 東京都渋谷区1-1-16 若草ビル

となっています。

なんと会長は、前航空幕僚長 田母神俊雄www 一面左下に「東シナ海制覇を目指す中国」「逃げるほど権益は犯される」とインタビュー記事がありまする。
Dsc00246_2
裏面・・・「腰抜け民主党政権」「中国の恫喝に屈服」だそうですが…仮に「自民党政権」であっても、多分同じような経緯をたどったと思いますが、そん時はどー書くんでしょうかsign02
街宣していたオッサンの曰く…「民主党は、もともと社会党で云々…」だって。小沢一郎とか、鳩山幸夫って、いったい何党だったんでしょうねぇ~dog
「街宣」および「号外撒き」は、数人のレベルで瓦町一帯をちらばってやっていたようです。ちなみに普通の格好をしたおじさん、おばさん達でした。街宣や号外撒きそのものは「言論の自由」の範囲なので、これ自体に文句をいう筋合いはありません。

裏面からAFO記事を紹介

さらに中国は、来年の六月十七日、恐るべき計画を発表している。世界各国の華僑や反日組織を動員して、100隻から600隻の民間船を香港、マカオ、台湾に集結させ、民間人を装った中国人民解放軍特殊部隊や中国海軍OB等を動員し、尖閣諸島周辺海域に全方向から侵入し、尖閣諸島各島に上陸、侵攻し、占拠を目指しているのだ。彼等は本気である。

日本の弱小右翼団体にバレルtる、ズサンな軍事計画ですな。100隻から600隻なんてのも、幅大きすぎ…おまけに「台湾」に集結した船にどーやって「人民解放軍特殊部隊」を乗せるのかsign02脳内で来年6月には、中台統一しているらしい。

100隻を越える中国「民間」船舶が尖閣諸島に押しかけたら、どうなるのか、どうするのか。結局は、政府と政治家の決断と勇気次第である。  しかし、方法はいくらでもある。米軍とのレーダーサイトを尖閣諸島に設置するとか(中略)何よりも尖閣魚釣島への陸上自衛隊の進駐である。
どんな武器を携えて米軍や陸上自衛隊が常駐するのか分らんが、狭い島だ…大した人数と大型武器なぞもってこれまい。で、漁船に囲まれ続けたら、補給が大変だぁ~(空から物資をとすことくらいは可能なので、飢えることはないが)そうそう、実戦を経た「中国特殊部隊」に勝つことができるのか。(「〇△聖拳」でみんなやられたりして・・・「ひでぶ~」)

ま、冗談はこのくらいにして…やはり一とおり読み終わっても、「そこで暮らす民衆・漁民」の視点が、全くでてこなかったなぁ~ペテンでもいいから「石垣島民のため」「沖縄県民のため」ぐらい書けよangry

国を滅ぼす前に、誇りある日本国民の「草莽決起」の時が来たのである。「草莽決起」は吉田松陰の言葉である。腰抜け政治家やインテリに頼らず、名も無い草の根日本人に、護国の防人に立ち上がれと求めた言葉である。

吉田松陰の評価は多方面に渡る(朝鮮「侵略」構想ももっていたようだ)が、「草莽決起」というのは、常備軍(当時は藩や幕府の軍隊)があてにならないから作ろうとした「革命の軍隊」じゃぞ。それに「民衆」のことがこれっぽっちも書かれていない連中のアジテーションに誰が「決起」するかsign03

二言目には「領土」「権益」「領土」「権益」・・・そこで暮らす人はどうなるんかvirgo民衆無視して何が「草莽」じゃぁ~spade

領土問題をテコにナショナリズムをあおり、中国・アジアに向けて再び侵略戦争を扇動する「頑張れ日本!全国行動委員会」を許さないぞ~virgovirgovirgovirgo

おまけとして「チャンネル桜」の宣伝ビラがついてくる。
Dsc00248
「日本の危機を知ろう・学ぼう インターネットでチャンネル桜に照準を」
「日本の危機を学び、この危機を克服するべく立ち上がりませよう。その一助として是非ともチャンネル桜を見て下さい。我らの日本を守るために・・・・・・頑張れ日本!全国行動委員会 徳島県支部 設立準備委員会

この間、徳島で日教組の所に追しかけていった連中が起訴されたりしたから、「合法的」に再結集を図ろうとしているのかも知れん。

|

« 秋の衣替え闘争 | トップページ | 新「あるみさんのぼり」完成! »

あるみさんの怒り!」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。右翼は「人より領土、権益」左翼は「人命は地球より重い」。地球が無けりゃ人は生きらんないけど、生きてなければ領土や権益なんてあっても意味ない。今回の尖閣の件の私個人のスタンスはもちろん中国非難ですが…。今の中国に、これからの中国に帝国主義時代の日本を非難する資格は果たしてあるんでしょうか?あなたから見れば、今の日本も帝国主義かもしれませんが(笑)

投稿: ガガーリン | 2010年10月 5日 (火) 00時53分

ガガーリンさんお久しぶりです。
右翼であっても「民衆」の視点を尊重する人であれば、やはりそれなりの人物であろうし、左翼であっても「領土問題」になると「国益」のみ声高に叫ぶ人・団体もあって、そうゆうのは尊敬できませんね。
「日本帝国主義」の犯罪行為については、それについて日本政府および日本人民がきっぱり反省しない限り(談話とかで「謝罪」というのは本当の反省ではありません)、「中国政府」が覇権主義的であっても、中国人民はそれを批判する権利を有します。我々民衆はそれと別個に、中国覇権主義や「チベット問題」等を批判すればいい…というのが左翼の見解でしょう。

テツネタが少なくなっています。そのへんはご容赦を(^^)(^^)

投稿: GO@あるみさん | 2010年10月 5日 (火) 23時05分

市丸利之介少尉〈ルーズベルトに与うる書〉くらいよむべき、と思います。

投稿: | 2010年10月 8日 (金) 10時59分

>どんな武器を携えて米軍や陸上自衛隊が常駐するのか分らんが、狭い島だ…大した人数と大型武器なぞもってこれまい。で、漁船に囲まれ続けたら、補給が大変だぁ~(空から物資をとすことくらいは可能なので、飢えることはないが)そうそう、実戦を経た「中国特殊部隊」に勝つことができるのか。(「〇△聖拳」でみんなやられたりして・・・「ひでぶ~」)

とありますが、あなたの書いていることも「100隻から600隻の民間船」と同じぐらいアバウトですね。ちゃんと調べてます?1940年までは人は住んでいたのである程度の大きさがあります。船と違い「沈まない」島ですよ。防衛する上でかなりの防衛兵器を配備できますし、それを守ることも可能です。与那国島にも自衛隊員が配備することを検討しています。
http://www.47news.jp/CN/201007/CN2010071901000445.html
周囲にも配備計画がありますし、そもそも大型兵器が必要でしょうか?
尖閣諸島も位置的に中国船籍の大規模船団で包囲するにも台湾海軍が黙っていないでしょう。彼らも中国の動きに大変警戒しているので。また、「中国特殊部隊」を動員して仮に自衛隊を蹴散らすとどうなります?アメリカの介入は必至ですし、世界から非難を抑えようとする中国共産党としては得策ではありません。だから彼らは「民間船」として行動するのです。「自衛隊を置く」という行為についてどれほど効果があるかお分かりですか?例は悪いですが、「竹島」の韓国軍が「いる」というだけで、海上保安庁はかなり苦戦しています。
この件について書くならある程度調べてから
>領土問題をテコにナショナリズムをあおり、中国・アジアに向けて再び侵略戦争を扇動する「頑張れ日本!全国行動委員会」を許さないぞ~
と書いてください。
どうも通りすがりで失礼しました。
m(_ _)m
多分もうこのブログもは来ないと思うので参考程度に私の意見を聞いて下さると幸いです。

投稿: 記事を見て気になりました。通りすがりです。 | 2010年11月22日 (月) 16時07分

あんまり、自分の無知さをさらけ出さない方が良いですよ(笑)

インチキAFO左翼さん(笑)

投稿: | 2011年2月27日 (日) 23時50分

あまりにも無知。正しい歴史を勉強された方が良い。

国土なくして、国民の生活は成り立たないと思います。

投稿: | 2012年7月28日 (土) 10時47分

こういうブログ運営者のツラをマジで見てみたい!
どんなチョン顔なのかw

投稿: 日本から出て行ってください | 2012年7月29日 (日) 17時51分

お前が左翼って事だけは分かった。
気持ち悪いんだよ。
アホ。

投稿: | 2012年10月28日 (日) 00時50分

左翼が気持ち悪いのだけ判った!!
ありがとう、AFOブログ主!!

投稿: あ | 2012年11月15日 (木) 21時35分

AFOブログ主には許してもらわんでいいの
うんこブログ

投稿: あ | 2012年11月15日 (木) 21時37分

おっ、反日左翼のサイト発見! 中国推薦ホームページ(笑)

投稿: にほんじん | 2013年9月11日 (水) 11時00分

こんな認識、論破は容易い。
レベルが低過ぎる。
そもそも保守であって右翼じゃない。
向こうの戦略はある程度流出するものだ。
台湾から乗るんじゃなくて、台湾に船で集結するんだよ。
民主主義にナショナリズムが無いとどうなるか想像してみれば良い。
そもそも、ナショナリズム=悪というのは、政治宣伝である。
一定のナショナリズムがあってこそ、民主主義は成り立つ。
必要な分のナショナリズムという考えを持てばよい。
それとも辻本清美ですか?

駐留するのは、人だけじゃない。
船舶も駐留出来るし、技術が発展した兵器の使い方も重要。
何よりも船溜りを作ることが重要。
囲まれ続けたらって、相手の武器はどれくらいだ?
軍艦が来るなら別だし、軍艦が相手ならこっちも軍艦を出してる。

いきなり侵略戦争にまで考えが飛躍するのはすごい。
そこまで民族性が変わるのに、どれだけの期間が必要だろうか。

徳島の件とは無関係。
ちなみに徳島の奴らは詐欺を働いたんだろ?

アホにも程がある。

投稿: | 2013年10月23日 (水) 16時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1094529/37062498

この記事へのトラックバック一覧です: 「桜新聞」号外げっと:

« 秋の衣替え闘争 | トップページ | 新「あるみさんのぼり」完成! »