« 【転載】「排外テロ」と戦争のプロトコール=頑張れ日本!全国行動委員会(1) | トップページ | 不「幸福実現党」が沖縄県知事選挙に候補を出す »

【転載】「拝外テロ」と戦争のプロトコール=頑張れ日本!全国行動委員会(2)

昨日の続き…
(1)でお約束しました、
チャンネル桜>水島総のページ>「日本国民には国防の義務がある」
http://www.ch-sakura.jp/mizushima/index.html
http://www.ch-sakura.jp/mizushima/1418.html

 長いけどこのさい全文引用してしまいましょう。原文の改行がイイカゲンですから、適当な改行も施しました。
(あるみさん注…やっぱり長いのでキモのとこだけの引用にしときますね)
巻頭エッセイ】「日本国民には国防の義務がある」 日本文化チャンネル桜代表 水島 総 
(中略)
<日本政府が国防の義務を果たさないなら、日本国民が国防の義務を果たそう>
「月刊中国」の編集長鳴霞氏によれば、日本に入国して来る中国人の中には、人民解放軍特殊部隊員やそのOBが多いと言う。中国政府が、七月一日付で在外中国人も含む「国家総動員法」を施行した事と併せ考えると、もし、この計画通り、日中両国が尖閣諸島で深刻な政治的、軍事的緊張関係に入れば、不法滞在を含む百万人以上の在日中国人が、日本社会に対する「戦闘」を開始する。その規模と激しさは、長野市における「北京オリンピック聖火リレー」に全国動員された一万人以上の在日中国人による「長野市占拠」の比では無い。

 属国と化した北朝鮮のプロ工作員も共同行動を起こすだろう。中国共産党の指示は、デモだけではないだろう。彼等は全国各所で破壊活動を実行するだろう。原発は襲われて奪われるか破壊され、放射能汚染が拡がる。各所のインフラはずたずたにされて、飲み水には猛毒が混入され、電気は停電状態となり、放火、略奪等、治安は乱れて最悪になる。

一部の愚かで臆病な日本人たちは、直ぐに中国政府の対日宣伝工作に乗せられ、尖閣を諦めて中国との融和、平和的話し合いを主張するようになるだろう。中国の尖閣占領は、このような戦略的な対日工作の方針の下に着々と推進されている。はっきり言って、敵ながら見事であり、天晴れである。

日本は彼等のやり方を学び、彼等の手法を熟知して対処する必要があるのだ。100隻を超える中国「民間」船舶が尖閣諸島に押し掛けたら、どうなるのか、どうするのか。結局は、政府と政治家の決断と勇気次第である。「尖
閣諸島領海に入った外国船舶は、警告後、全て無条件で撃沈する」あるいは、「もし、中国が民間、政府を問わず、我が国固有の領土尖閣諸島を侵略、占領するようなことを目指すなら、日本は核武装を含むありとあらゆる手段で中国 の侵略行為に対抗する」と宣言し、実行出来るか、どうかである。

 元海上保安大学校校長の三宅教雄氏は「要は政府が、何としてでも阻 止せよと言ってくれたら、海上保安庁は必ずやります」と述べていた。自衛隊 も同様だろう。そして、日本政府と政治家がなにもせず、領土と国民の生命財産を守るべき国防の義務を果たさず、手をこまねいて国を滅ぼす前に、私たち草の根(草莽)国民が起ち上がり、それぞれが誇りある日本国民として、国防の義務を果たすことを決意すべきときが来たのである。

「草莽崛起」の時代が、本当に来てしまったのだ。「草莽崛起」という吉田松陰の言葉だが、生半可な腰抜け政治家やインテリの言説よりも、今や、名も無い草の根日本人に、我が国の運命が委ねられている。私たちの祖国が今、草の根国民に国を守る防人になることを求めているのである。靖国の英霊のほとんども、元々、日本全国の草の根(草莽)の民だった。

 私たちは中国の尖閣諸島への直接侵略の前に、陸上自衛隊の尖閣諸島進駐を政府に要求し、あるいは日本の実効支配を更に強化する方法をとりながら、住民が尖閣諸島に住むような環境を作る事を強く要求する。しかし、政府が何もせず、現状を放置するならば、私たちは日本国民として国防の義務を果たすべく、行動を起こさなければならない。尖閣諸島の実効支配を強化する民間としての行動を様々に起こし、実行していく。私たち草莽一人一人が、尖閣諸島が日本固有の領土であることを身を挺して世界に明らかにするだろう。

特攻隊員の遺句にあった「畔の草 召しいだされて 桜かな」という時代が、悲しいことだが、本当に到来したのである。全国の草の根国民は立ち上がり、それぞれ国防の義務を果たすべく、共に我が国固有の領土尖閣諸島を中国の侵略から守り抜こうではないか。
※ この文章は、「頑張れ日本!全国行動委員会」が国民新聞を通して発行した「号外」の寄稿記事を中心に書き変えたものです。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

以上です。
凄いですねえ、
妄想で描く「日中尖閣戦争」のシナリオ。
・・・・・これがポイント(1)
でぇ、これがアップロードされたのは、2010.09.04 即ち、漁船衝突事件が起きたのが9月7日ですから数日前。
「水島さんの予言どおりだ」と信じる人が意外に多いのかもしれません。
・・・・・これがポイント(2)
これは早くに電子活字にも紙活字にもなっています。中国では「反中活動」の大元として普及しているかもしれません。 とくに、原発、飲み水の部分は。
・・・・・これがポイント(3)

ポイント(3)は、中国の「反日デモ」の引き金を考える際に、重要です。
そして尖閣デモの<政治目標>がきちんと記されていることです。

「もし、中国が民間、政府を問わず、我が国固有の領土尖閣諸島を侵略、占領するようなことを目指すなら、日本は核武装を含むありとあらゆる手段で中国の侵略行為に対抗する」と宣言し・・・・・私たちは中国の尖閣諸島への直接侵略の前に、陸上自衛隊の尖閣諸島進駐を政府要求し、あるいは日本の実効支配を更に強化する方法をとりながら、・・・・・」
・・・・これが、ポイント(4)

繰り返しますが、重要なのはコレ、
「北朝鮮のプロ工作員も共同行動を起こすだろう。中国共産党の指示 は、デモだけではないだろう。彼等は全国各所で破壊活動を実行するだろう。原発は襲われて奪われるか破壊され、放射能汚染が拡がる。各所のインフラはずたずたにされて、飲み水には猛毒が混入され、電気は停電状態となり、放火、略奪等、治安は乱れて最悪になる。」
あおって煽って、在日外国人へのテロの実行を、善良なる「国民に」せまっているのです。
・・・・これが、ポイント(5)

10月17日に秋葉原で、当りかまわず通行人に「シナ人帰れ!」「シナ人死ね!」と毒づいた少数のデモ隊は、水島総のこのプロトコールの忠実なる突撃隊として、排外主義を実践したにすぎません。

以上…MLからの引用終わり…
で、昨日「頑張れ日本!全国行動委員会」なんかが主催して日比谷野音で集会・デモ(奇しくも本日行われる動労千葉・関西生コン・港合同の11月労働者集会と同じ場所、デモコースも同じようなものだろう)を行った。
毎日jp反中デモ:4000人が銀座など行進
 

沖縄・尖閣諸島沖の日本領海内で海上保安庁の巡視船と中国漁船が衝突した事件を巡り、民主党政権や中国政府に抗議する民間団体主催のデモが6日、東京都内であった。主催者によると4000人以上が参加したという。
 デモに先立つ集会では、インターネット上に流れた衝突事件のビデオ映像について「中国漁船がぶつかってきたのは明らか。こんな事実を隠そうとした民主党政権を許すな」などとシュプレヒコール。参加者は日の丸やのぼりを掲げ、中央区銀座などの繁華街を行進したが、目立った混乱はなかった。

 さて、今日の11月労働者集会でどんな発言が成され、右翼との激突があるか、注目しよう。

|

« 【転載】「排外テロ」と戦争のプロトコール=頑張れ日本!全国行動委員会(1) | トップページ | 不「幸福実現党」が沖縄県知事選挙に候補を出す »

たたかいとかくめい」カテゴリの記事

コメント

ビジネスの現場にいたら、こんなことを中共がするとはとても思えないですね。

ま、米倉経団連会長・住友化学会長を売国奴呼ばわりしている連中ですからね。

そんなことより。省と国家の言うことが180度違う仕組みをどないかしてえな>中共

投稿: TAMO2 | 2010年11月 7日 (日) 21時44分

尖閣は日本の領土という点は間違いないのですよね。

ということは、あんなことをされないために我々がはどうしたらいいのでしょうか??

お考えをお聞かせください!

投稿: ginnjiro | 2010年11月 8日 (月) 10時55分

>尖閣は日本の領土という点は間違いないのですよね。
ginnjiro さん、本ブログでは尖閣諸島=釣魚台は確定した日本の領土という認識はありません。

外交的に解決しませうとしか言いようがありません。

投稿: GO@あるみさん | 2010年11月 8日 (月) 20時44分

>尖閣諸島=釣魚台は確定した日本の領土という認識はありません。

えっ!

以前の中国の教科書にも日本の領土とされているのになぜですか!?
少なくとも当時は確定していたのに、今確定していないというのは単純に現在の中国が認めないと言っているからでしょうか。

中国側のこの主張を認めたら、何でもありになってしまいますよ。

投稿: ginjiro | 2010年11月26日 (金) 12時19分

ginjiro さん、日をおいてのコメントありがとうございます。
>中国側のこの主張を認めたら、何でもありになってしまいますよ。
TAMO2投手やキンピーさんからも「国際法的には日本の領土として確定」しておるので、同様のご指摘はされております。しかしながら左翼の一部には「国際法なんか、西欧帝国主義のルールじゃないか、そんなモン、クソ食らえsign02」と考えている人が私も含め、居るわけです。
加えて、不十分ながらも井上清氏の「尖閣」列島--釣魚諸島の史的解明(多くの「日本領ではない左翼はこれによっています)
http://www.mahoroba.ne.jp/~tatsumi/dinoue0.html
しかし、この論文は「国際法」と相容れない論拠もあり、日本領土であるとする人からボロクソに言われているのも事実です。

とはいえ、現実に相手がある以上「領土問題」が存在するわけです。「領土問題なんか無い!」と言うのであれば、ロシアの「北方領土」に対する対応と変わらない。

ということで、>あんなことをされないために我々がはどうしたらいいのでしょうか??
という件に関しては「我が領土だから何がなんでも死守せよ~」でなく、台湾も含めて漁業権・漁業資源保護や「違法操業」の取り締まりをどうするか、外交的に解決するというのが、私の考えです。
>お考えをお聞かせください!
ということに関する考え方は、以上です。

投稿: あるみさん | 2010年11月26日 (金) 20時47分

ginjiro さん、追加で質問しますが…
>>あんなことをされないために我々がはどうしたらいいのでしょうか??
ということで、本エントリーで紹介した、「あおって煽って、在日外国人へのテロの実行を、善良なる『国民に』せまっ」ること、在日中国人や、中国人観光客を相手にする商店に罵声を浴びせるような行為をすることをどのように思いますか?

私はそれを批判し、警戒しているわけです。

投稿: あるみさん | 2010年11月26日 (金) 20時54分

日本の商品を買って下さる場所を提供している商店を襲うって、もう、アホとしか言いようがないですわな。

あ、そうか! 大陸中国で「日貨排斥!」と言って打ちこわしなどをしている連中と、同志だったのか!!

投稿: TAMO2 | 2010年11月27日 (土) 00時07分

あるみさん、お世話になります。

日をおいてになってしまって申し訳ありません。大変失礼いたしました。
毎日見ているわけではないので、今後も間隔が空いてしまったらご容赦ください。
しかし、自分とは違った見方の方のご意見を拝読することはたいへん刺激的で誤解を恐れずに言えば楽しいです。
お時間ができた時にでもお付き合い頂けると幸いです。

>「あおって煽って、在日外国人へのテロの実行を、善良なる『国民に』せまっ」ること、在日中国人や、中国人観光客を相手にする商店に罵声を浴びせるような行為をすることをどのように思いますか?

↑これはとんでもないことです。
非暴力的なデモなどは容認できますが、これはダメです。
中国での反日デモと同じようなことになってしまいますよね。絶対ダメです。

>「国際法なんか、西欧帝国主義のルールじゃないか、そんなモン、クソ食らえ」

これには少し驚きました。
極端に言うと尾崎豊が歌う中高生のような考えですかね。
国際法の全てが絶対正しいとは思いませんが、一応そういうものがあり、国際社会で生きていくのであれば認めざるを得ないのでは?
異議があれば正当な手段で改正を求めていくしかなく、“クソ食らえ”では、なんにも生み出さないと思います。

中国がその他の全ての国際法に関しても認めていないならともかく、そうではないので、自分の都合に合わない部分だけ認めないのはおかしいですね。
それこそ平和的外交手段ですすめて行くしかなく、注意されたから体当たりなんてあきれるしかない。それに(かなり弱腰な)対応をした日本に怒り、国内であんな激しい反日デモを起こすなんて、一体どんな考えなんだろう。それこそ誰があおっているんだと思っているわけです。

領土問題は実際あるからこうなっているんでしょうけど、現在は日本のものということになっています。違うというなら然るべき手段で抗議すべきです。現在実効支配しているのは日本であり、その領土に勝手に入ってきて良いという道理は全く通りません。

>ginjiro さん、追加で質問しますが…
とありますが、一つ目の質問が見当たりません。見逃していたら恐縮です。。。

投稿: ginjiro | 2010年11月29日 (月) 11時19分

ginjiroさん、コメントおよび質問の回答ありがとうございます。
まず>一つ目の質問が見当たりません。の件ですが、本意としては「、「あおって煽って、在日外国人へのテロの実行を、善良なる『国民に』せまっ」ること、在日中国人や、中国人観光客を相手にする商店に罵声を浴びせるような行為をすることをどのように思いますか?」と質問をちゃんとしたかっただけで、その前のコメントはむしろginjiroさんの11月26日付けのコメントに対応した「回答・見解」として書いたつもりです。
紛らわしくなって申し訳けありません。
その上で>↑これはとんでもないことです。ときちんと回答していただけました。一部ネットで排外主義を通り越した「犯罪行為」をあおる非常識人ではないことが分りました。
>>「国際法なんか、西欧帝国主義のルールじゃないか、そんなモン、クソ食らえ」
という書き方は、確かに普通の常識を持った人に対しては「尾崎豊が歌う中高生のよう」な説明の仕方でした。まあ、世界を変革しようとする「左翼・右翼」の一部(私も含め)には、そういった「過激な書き方」をしてしまう傾向があります。
>国際法の全てが絶対正しいとは思いませんが、一応そういうものがあり、国際社会で生きていくのであれば認めざるを得ないのでは?
異議があれば正当な手段で改正を求めていくしかなく、“クソ食らえ”では、なんにも生み出さないと思います。
まさにおっしゃる通りです。「国際法」も含め、様々な法や規範などは、時代情勢によっても変わっていきますし、変える必要もあります。それこそ「外交交渉」とかで平和的に変えていくのが理想です。
>中国がその他の全ての国際法に関しても認めていないならともかく、そうではないので、自分の都合に合わない部分だけ認めないのはおかしいですね。
「尖閣」に関して言えば、「国際法に適合」しているとはいえ、日本帝国主義(普通の人にとってはこれまた「なんじゃこりゃ」という言葉を使わせてもらいますが)が琉球を「沖縄県」とし、朝鮮半島で勢力をのばすため清国と対立→戦争→台湾領有という植民地獲得の過程でドサクサに手に入れた場所…すなわち日本帝国主義の「負の遺産」であるわけです。中国共産党は、日本帝国主義(その他の帝国主義国も含め)を中国から追い出す過程で鍛えられ、政権を確立した歴史的経緯があり、かつ日本はかつての帝国主義の「負の遺産」を精算しきっていない(中国への侵略を堂々と居直り、正当化する政治家や言論がはびこっています)にもかかわらず、「尖閣諸島は我々の領土じゃ~」と声高に主張する…中国の民衆が「反日デモ」をする理由はあります。
なお、南シナ海におけるパラセル(西沙)諸島やスプラトリー(南沙)諸島における周辺国の領有権争いの「(双方の)理屈付け」については、私は不勉強なのでよく分りません。ただ両諸島における中国の軍事力を使った解決方法は、支持しません。
「尖閣」領有問題や解決策については、おそらく
ginjiro さんとはある部分は一致するものの、根本が並行線をたどることになるかと思います。時々でもけっこうですから、拙ブログに遊びにきてくださればありがたいです。クソまじめ?な政治の話だけでなく、しょうもない日常やネタも楽しんでいただければと思います。

投稿: あるみさん | 2010年11月29日 (月) 23時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1094529/37563456

この記事へのトラックバック一覧です: 【転載】「拝外テロ」と戦争のプロトコール=頑張れ日本!全国行動委員会(2):

« 【転載】「排外テロ」と戦争のプロトコール=頑張れ日本!全国行動委員会(1) | トップページ | 不「幸福実現党」が沖縄県知事選挙に候補を出す »