« 11.9㎞じゃなイカ! | トップページ | 反戦!イカ娘 »

幸徳秋水の「帝国主義」も読んでみよう

長年、四国にいた同僚(いつも出てくるヤツとは別人)が関西に転勤することになって、寮の引越し準備におわれているのだが、まずいらん物を捨てていくという「革命的引越し」作戦を展開していたぞ~happy01

いらん本を括って、廊下に出す…捨てられる本の中にはドストエフスキー大先生の本もbookなんちゅうバチ当たりなことをするんじゃ~sign02

というわけで、送別の飲み会で本人にその話題をしたら…まぁ、のみ会の席ですからcoldsweats01そーいえば話題が変わる…自他とも認める、会社の「四国観光大使」ということもあって、四国の情報はばっちりだ。
「いやぁ~私ね。幸徳秋水の『帝国主義』も読んだんですよ」
おお、すごいじゃなイカsign03
高知で仕事をしていた時に「地元の生んだ人だから」読んでみたということだ。

今年の1月24日は、でっち上げ「大逆事件」によって、日本の社会主義思想の先駆者でもあり、平和主義者だった幸徳秋水が処刑されて100年…う~む、高知は坂本龍馬タンだけではないのだぁ~

本の感想については聞かなかった(会社ののみ会ですからvirgo)が、幸徳秋水「帝国主義」が、ちゃんと岩波文庫から出ている。

よっしゃ~読んでみようじゃなイカup

ちなみにその同僚、レーニンたんの「帝国主義」も読んでみたとのことであるが「全然分りませんでした…」とのことdown

|

« 11.9㎞じゃなイカ! | トップページ | 反戦!イカ娘 »

かくめいのための理論」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1094529/38657873

この記事へのトラックバック一覧です: 幸徳秋水の「帝国主義」も読んでみよう:

« 11.9㎞じゃなイカ! | トップページ | 反戦!イカ娘 »