« 世の中が動き出したぞ~ | トップページ | 何度でも蘇生する話 »

何度でも再生する話

(^^)Photo侵略!イカ娘のウネウネ触手…切られても再生するヤツ…だが、先っぽはこんな形ですね。何かに似ているじゃなイカsign02…作者、安倍真弘さんは何をイメージしたのかsign02
私なら、再生するといえば…これですよ、これ。

Photo_2プラナリア…ですな。2つに切っても再生してしまうという、教科書にも出てくる有名なヤツ。日本ではウズムシと言い、淡水に住む体長2㎝ぐらいの大きさの小さな生物。きれいな川で石をひっくり返すと、その裏にくっついているらしい。肉食性で、イトミミズや水棲昆虫なんかを食している。ちなみに近所の川ぐらいでは、農薬とかが流れ込んでいるので、生息していないだろうdown

まずは画像をごらんあれhappy01
プラナリア再生(TV番組からの動画)
プラナリアお食事編(動画)

なんでこんなものを思い出したかと言うと…大昔、「学習会」とやらで「(ストライキは)革命のヒドラである。」というお言葉が出てきた時…
「ヒドラって何や?」「ホラ、あの切っても切っても再生するヤツ」「それはプラナリアやん。あれカワイイよvirgo
マルクス・レーニンの言葉でいう「ヒドラ」というのは、ギリシャ神話に出てくる怪物で、ヤマタノオロチやキングキドラみたく、頭がいっぱいある。ただしその頭は、切っても切っても再生してくるらしい。ま、ようするに「革命」というか、民衆の運動というのは、弾圧されても弾圧されても立ち上がってくるモンやupと言いたかったわけだろう。

ちなみに「ヒドラ」という動物もちゃんと存在する。クラゲやイソギンチャクに近い刺胞動物(昔は腔腸動物と言っていたきがする)というもので、触手でプランクトンを捕まえ、食べているらしい。ちなみにプラナリアは扁形動物で、「〇〇吸虫」と呼ばれる寄生虫や、大き目の生き物では、コウガイビル(ヒルと名前がついているが、ヒルではない。ヒルはミミズと同じ環形動物)、サナダムシ(これも再生する寄生虫)の仲間である。
ヒドラの捕食シーン(動画)
卵でも増えるが、根元から芽が出てきて増えるので、プラナリアとともに、生物の再生の研究によく使われるらしい。
このプラナリア、「学習会」の同志は「カワイイ」と言ったが、エビや熱帯魚を飼っている人にとっては、時々水槽内で大発生する(おそらく砂利の中に卵が紛れ込んでいるのだろう)「困りモン」らしい。また、キモチ悪いと感じる人も多いようだ。
プラナリアに関するリンクまとめサイト

さて、サナダムシ(条虫)も出てきたこと、プレカリアートさんからエジプト情勢に関するTBをいただいたことから、ちょっと話題を変更。先の「学習会」グループで映画アルジェの戦いを見て、レーニン組織論(非合法・非公然の闘い)を学ぶ企画があった。映画の中で、独立運動を弾圧する当局のヤツが、組織をつぶすには、頭をつぶさないと、サナダムシみたいに再生してくる…というようなことを言っていた。(サナダムシの駆虫は、頭が出てきたことを確認しなければならない。ちなみにイスラム教が豚肉を禁じているのは、アラブには豚肉から感染する、それに寄生されると皮膚がボコボコになる「有鉤条虫」というサナダムシがいるからだそうだ)で、映画では弾圧当局が「裏切り者」の手も借りて、「組織」のトップを暗殺することに成功する…しかし、最後に「民衆蜂起」が起き、アルジェリアは独立を達成するというストーリーだった。学習会では「組織がつぶされても、民衆がいきなり蜂起しているように描かれているが、おそらくどこかにまた『非合法、非公然』の指導部をつくったんだろう、それがポイントだ」という結論であった。しかし「民衆蜂起」というのは、どっかに頭がいるから起きるという「サナダムシ型」ではなく、どこからともなく何度も「再生」する「プラナリア型」ではないだろうか?エジプトで今起こっている民衆蜂起は、突出したリーダーや指導部がいないということだ。(しかしそのへんが独裁者にとって変わる「政治」を生み出しにくくしているところは否めないが…)

春になったら、どっかの山の清流にプラナリア採取に行って、飼ってみようかなぁ~本物を見たことないし…飼うときのエサは、鳥のレバーとかだそうです…そして、プラナリアの「再生能力」に学んで闘おうじゃなイカsign03

|

« 世の中が動き出したぞ~ | トップページ | 何度でも蘇生する話 »

たたかいとかくめい」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

こちらこそ、わざわざTB紹介と追記までしていただき有難うございます。映画「アルジェの戦い」は、私もタイトルだけは知っているものの、実際に観た事はまだありません。是非一度観てみたいものです。
そういえば小説「蟹工船」も、似たような話の展開でしたね。最初のストライキはまだまだ中心メンバーにお任せの闘いだった為に、中心メンバーが一網打尽にされて一旦終息するも、闘いはそこで終わらなかった。労働者は次には、自分たち一人一人こそが中心メンバーなんだとの気概を持って、再び立ち上がりストライキを成功に導く。それを予感させる結末でしたね。私の職場のささやかな人権闘争も、斯くありたいものです。

投稿: プレカリアート@携帯 | 2011年2月 7日 (月) 06時08分

プレカリアートさん、わざわざ携帯からのコメントありがとうございます。
>私の職場のささやかな人権闘争
については興味深く拝見させてもらっています。
お互い、できるところでできることから、がんばりましょう。

投稿: あるみさん | 2011年2月 9日 (水) 20時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1094529/38761531

この記事へのトラックバック一覧です: 何度でも再生する話:

« 世の中が動き出したぞ~ | トップページ | 何度でも蘇生する話 »