« 【緊急】全ての原発を直ちに停止せよ! | トップページ | 14.3㎞/ℓでゲソ… »

やっぱり原発はダメでしょ&チェーンメールへの【注意喚起】(14日追記あり)

福島第一原発の3号炉も炉心溶融か・・・四国新聞WEBより
福島第1原発3号も炉心一部溶融/水素発生、爆発の恐れ

東京電力は13日、福島第1原発3号機の原子炉の冷却機能が失われたとして、法に基づく「緊急事態」を国などに通報した。一時的に水位が低下して燃料が露出したとみられ、経済産業省の西山英彦大臣官房審議官は「燃料棒損傷は免れていない」と述べ、燃料の一部が溶ける「炉心溶融」が起きているとの見方を示した。
 東京電力の清水正孝社長は同日夜、記者会見し「放射性物質の漏えいにより、広く社会に大変なご心配とご迷惑をお掛けし、心よりおわび申し上げます」と謝罪した。
 3号機は燃料の露出により水素が発生し、原子力建屋の上部にたまった恐れがあり、1号機と同様の爆発の可能性が出てきた。枝野幸男官房長官は「(炉心全体が溶け落ちる)メルトダウンの状況にはない。万一爆発しても、周辺の皆さんに影響を及ぼす状況は生じない」と強調した。
 東電は原子炉の蒸気を外部に放出して圧力を下げ、真水、さらに海水を順次注入したが、水位計が示す水位の上昇が止まったため原因を調べている。海水が入った原子炉を再び動かすのは困難で、3号機は廃炉となる可能性が高まった。
 同原発周辺では13日午前に放射線量が基準値の毎時500マイクロシーベルトを超えて上昇。午後2時前にはこれまでで最も高い1557・5マイクロシーベルトを検知したが、その後低下した。これは、40分ほど滞在すると一般人の年間被ばく線量限度を超える数値。
 東北電力によると、宮城県の女川原発の敷地で21マイクロシーベルトを検出した。南に約120キロ離れた福島の原発から放出された放射性物質の影響とみている。
 福島県は、福島第1原発の3キロ圏内から避難した19人の被ばくを新たに確認、12日の3人と合わせ22人になったと発表した。総務省消防庁によると、同原発の半径10キロ圏内で入院患者ら15人と救急車が放射性物質で汚染された。ただ、枝野官房長官は「健康に害を及ぼす被ばくが生じている可能性は低い」と述べた。
 経済産業省原子力安全・保安院によると、福島第1の3号機では自動停止の後、給水装置で炉心を冷却していたが13日朝、給水が自動停止。海水に切り替えて給水を再開したものの、一時ポンプが不安定になるなどして燃料の上部が最大で3メートル弱、水面上に露出した。
 3号機ではプルトニウム・ウラン混合酸化物(MOX)燃料によるプルサーマル発電を実施している。東電は「通常燃料と異なる現象は確認されていない」としている。

今度はプルトニウムかよ!
しかし、原発の「安全神話」はこれでトドメが刺された。何十もの防護をし、「絶対安全」と宣伝されてきた原発も、ドミノ倒し的に「安全のための措置」が働かなくなり、大事故になる(スリーマイルもチェルノブイリも、そうだった)
地震に対する安全性…耐震性…ということで言えば「建物」そのものを頑丈に(あるいは地震の揺れに追従して壊れなくする)ことは可能であっても、付属系統がダメージを受けてしまうことは避けられない(大体の構造物は、そーゆーふうに設計されていると考えてもらってよい)。加えて普通の「建物」は電気系統その他がぶっこわれても、壊れなければ中にいる人はとりあえず無事だ(「病院」とかでは困るが)が、原発では炉心を冷却するための
冷却水系統、およびそれを制御する系統がぶっこわれれば、たちまち今回のような危険に陥る。
早い話…電気を作る原発で電気を止めても、予備のディーゼル発電機等で冷却水をまわしてやらないといけない。それが動かなかったようだ。電気を作っているところが、電気を作るのをやめて、外部から電気をもらわないと「破滅」してしまう…喜劇というか、悲劇というか…

廃炉やむなし…ということで海水を注入して最悪の事態を防ぐことになる。
電力量が足りなくなるので、輪番停電というのをやるらしい
東電の計画停電、14日以降検討/原発停止で検討は続行

東日本大震災で電力の大幅な供給不足に陥った東京電力は12日、地域ごとに計画的な停電を実施する「輪番停電」を、週明けの14日以降に実施する可能性があることを明らかにした。福島県の原発が停止し、他の電力会社からも十分に電力を融通してもらうめどが立たないためだ。
 輪番停電が長期化すれば家庭に大きな負担を強いるだけでなく、企業の生産減少などで景気にも悪影響を及ぼすことが懸念される。東電は管内をいくつかの地域に分け、3時間ごとに順番に停電を実施する方法などを検討している。標準家庭で毎回300万世帯程度の停電を想定している。(中略)

経済や生活に与える影響は深刻だが、原発による電気エネルギーを中心とした社会や生産のあり方を見直すチャンスでもある。また、電力業界も、本当はコストがかかってお荷物の原発から脱却し、まともな企業に戻る機会でもある。太陽光発電や風力発電で大規模エネルギーを賄う、電気自動車でCO2を減らす「ニセエコ政策」にもメスをいれてほしいな。菅君よ!
中国電力へ、明日から間違っても田ノ浦で工事強行なんかするなよsign03

ところで、MLでこんなモノがまわってきた…
>関西電力に勤務している友人から送られてきました。
>ご協力頂ける方はよろしくお願い致します。
>以下が内容です。
>-
>
>関西地区にお住まいのみなさん。東北三陸沖大地震に伴い、関西電力が東北電力への電力提供を始めました。
>
>少しの節電でも立派な支援になります。電子レンジや炊飯器など、普段さしっぱなしのコンセントを今日だけでも抜き、一人一人が出来る節電のご協力をお願い致します。
>
>このメールをできる限り広め、節電による送電の支援が出来ればと思いますのでご協力よろしくお願い致します。」

上の四国新聞の記事は最後に

しかし今回の地震では東北電力も大被害を受けた。東電の場合、中部電力など関東以西からの受電は周波数が異なり、最大100万キロワット程度しか応援を受けられず、まさに「最悪の事態」(東電幹部)だという。輪番停電が混乱回避には必要との見方が、東電内部で強まっている。

一応、西日本の電力を東日本に送電する系統はあるのだが、静岡県あたりで周波数返還をしなければならず、大量に電力を送るのは無理…
参考サイトのリンク【みんカラ】善意を装ったチェーンメールは無視すべし!

(前略)さて、自称”関西電力勤務の者”からのチェーンメールが回ってきた。
「関西地区にお住まいのみなさん(中略) 関西電力から東北電力への電力提供を始めました。(中略)少しの節電でも立派な支援になります。(後略)」←「要約すると節電の呼びかけを拡散しろ!」
<おかしな点が多い>
・本当の話なら個人ではなく代表者がマスメディアやHPで協力をお願いするはず。
無責任な”自称一勤務者のたわごと”を携帯メールでだす意味は、イタズラだろう。
・周波数が静岡の西60Hzと静岡の東50Hzで異なるので、周波数変換が必要。
 静岡の佐久間周波数変換所の能力は最大30万キロワット
 新信濃変電所の変換能力が60万キロワット
 東清水変電所はまだ10万キロワットらしい。
 →合計で100万キロワットしか融通できない。(以下略)

ま、少しの節電…どころか原発経営を危うくするくらいの大節電なら大いに協力しようじゃなイカvirgo…脱原発の道を掃き清めるために(^^)(^^)(^^)

草加さんから頂いたTB地震】無事です。無事ですか?
の最後にもあるのですが

ネット上では流言蜚語が飛び交っているようです。ネット上で流通している情報はすべて疑ってかかること。「拡散希望」などと書かれているものを安易に流さないこと。それが正しいものか、あるいは(たとえ善意でも)個人の見解や推測にすぎないのか、さらに悪質なデマなのかもわかりません。また、仮にちゃんとした出所からの本当の情報だとしても、事態は刻々と変わっているのですから、古い(場合によってはほんの数時間前の)情報はデマに転化しかねません。

と、あります。情報はクロスチェックが大切です。「マスコミ」報道は「大本営発表」かもしれませんが、ネットで流れる怪しい情報に飛びつくことも危険です。

関東大震災時に、デマがもとで朝鮮人や中国人への虐殺が、「一般人の手」で行われたことを忘れないで下さい。

14日追記…中国電力は本日、田ノ浦で工事強行しようとしたそうです。
虹のカヤック隊

2011年03月14日(月)
福島原発が危機的状況の最中、上関原発の工事強行

【転送・転載歓迎】伝えてください!

驚くべきことに、中国電力は今日も工事をしようとしました。
今朝、取水口の陸地造成工事のため、下請け作業員が岩を砕く作業を行おうとしていました。
祝島の漁師さん他数人で「原発の大事故の回避を日本中が固唾を飲んで願っている時に、工事を進めるのはおかしい」と抗議をしました。その結果、とりあえず今日の工事は中止すると宣言しました。

原発震災で多くの人の命が危険にさらされている局面に置いても作業を強行しようとする姿勢には、怒りを覚えるというよりも悲しみを感じます。

中国電力に電話をした人によると、中国電力は「今は陸地の工事をしている」とのこと。「今回の事故で、工事を見直したり中断したりするということはないですか?」という問いに対して、 「今回の事故と、上関は全く違う」と回答したそうです。

全く、地域独占と国家による庇護にあぐらをかいている企業の意識と行為にゃ、口あんぐりですわ。


|

« 【緊急】全ての原発を直ちに停止せよ! | トップページ | 14.3㎞/ℓでゲソ… »

あるみさんの怒り!」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

輪番停電について。
昨日14日、夕方の約1時間だけ茨城県静岡県の一部のみで停電が行われました。
茨城県では海沿いの鹿行(ろっこう)地区で行われましたが、ここは立派な被災地です。茨城では未だに約二万三千人の避難所生活を強いられている人達が居ます(14日現在)。ライフラインも寸断され、私が生活している地区も水道が止まったままです。
電気を作るのも消すのも田舎に押し付けるのかよ! と、昨日は腹が立って仕方がありませんでした。
さすがに「被災地の明かりを消すのか!」という非難の声に、今日からは茨城は輪番停電のエリアから外れましたが、当たり前だと思います。


現在、私たち脱原発派が懸念していた「最悪の事態」が進行しつつあり、個人的には事態を見守るしかなく、無力感と焦燥とやり場のない怒りに苛まれています。JCO臨界事故をリアルに体験し、二度と同じ思いをしたくないし誰にもさせたくない、と思っていたのに‥‥。
悔しくて仕方がありません。
何をどう頑張れば良いのか、今は何も考えられませんが、とにかく諦めずにやっていきたいと思います。

ごめんなさい、愚痴ですね‥‥。

投稿: 正太郎 | 2011年3月15日 (火) 20時06分

正太郎さん、ご無事で何よりです(愚痴でもなんでもいいです。たまったものは吐き出さないと体に悪いです)
被災地・避難所への輪番停電については、朝のNHKニュースでやってました。何も考えず東電が機械的に線引きしたのでしょうか。
輪番停電は計画停電と当初、呼ばれていました。計画的にあらかじめ周知徹底して行うことで、あらかじめ備えて混乱を防ぐことができるのに、東電は意地でも電力供給をしようとしている…この期におよんで少しでも電気を売りつけたいのでしょうか?中国電力の行動といい、あきれてものが言えません。
輪番停電について「やっぱり電気は必要、原発は必要ですよ!」と思わせるためにやっているという話も聞きますが、私たちはこれを逆手にとって、「困った時は融通しあう」ことができる社会と「余計な電気を売りつけるのをやめれば原発なんかいらない。」といこうではありませんか。
あと、また寒くなっていくようなので、お体には充分お気をつけ下さい。

投稿: あるみさん | 2011年3月15日 (火) 22時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1094529/39217323

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱり原発はダメでしょ&チェーンメールへの【注意喚起】(14日追記あり):

» 太陽光発電価格 [太陽光発電価格]
匿名、無料で複数に見積り一括請求できる。今なら国や市町郡が日本の二酸化炭素を減らす為に補助金を出しているので今がチャンスです。 [続きを読む]

受信: 2011年3月25日 (金) 22時05分

« 【緊急】全ての原発を直ちに停止せよ! | トップページ | 14.3㎞/ℓでゲソ… »