« あるみさんズとイカ娘、北総台地に立つ! | トップページ | 我々で「事業仕分け」しようじゃなイカ! »

3・27三里塚現地闘争報告(その1)

正午前、東北関東大震災の被災地支援の決意をあらたに、黙祷で始まった今回の集会。
まず、被災地からの報告として、東北大学の学生(東北大学学生寮委員長)から、「東北の地で、被災地で闘いぬく。被災地に取り残された人は、逃げ出したくても逃げ出せない。逃げ出さないでこの状況と闘った。団結して生き抜いていく。」と決意表明
同じく被災地から、塩釜市の自治体労働者で宮城連帯ユニオンの方(1985年10・20闘争で逮捕されたことを理由にに解雇されたので、解雇撤回闘争を闘った人だそうな)から「仙台ではガソリンは4時間待ち、3千円分か、多くて5ℓしか入れることができない。」「新自由主義・資本主義で破壊された社会を立て直すのは、労働者の団結だ。」「非正規の労働者は『震災で契約がなさそうだから、九州へ行け』といわれている。しかし、労働者がゴミを集めないと社会が回らないではないか!避難所を運営しているのは自治体労働者、教育労働者だ。」「『団結』が叫ばれているが、これを資本主義のほうに持っていかれるのか、労働者の社会を作るのかが問われている。」と…
そう、震災で無茶苦茶になった社会を動かしているのは、成すべきことをやり、時にはそれ以上のことを黙々とやっている労働者人民である。決して資本などではないんだということが明らかになりつつある。なるほど、金は必要だ。でも今必死で働いている人は、金そのものではなく、生活に必要なものがあればいいのだ。資本家どもは、それを無償で提供し、運ぶべきだろう。
Dsc00825
反対同盟の北原事務局長から、被災者救援の呼びかけと、原発の即時停止を求める反対同盟の声明が読み上げられた。反対同盟声明pdf「核はすべて廃止すべき」であると。
関西実行委員会の森田さんが、開会宣言…「市東さんの土地取り上げのための弾圧が続いているが、私の朝鮮での経験から、弾圧は決して長く続かない。天は弾圧を許さない。」との力強い言葉…

次回は、萩原進さんの基調報告と、動労千葉の田中院長の特別報告です。

Dsc00849_2今日のオマケ…国家権力、コーアンデカども…相も変わらず怪しい風体でメモなんぞ取っています。世の中に不要な仕事はない、職業に貴賎なしといわれておりますが…
こいつらだけは、絶対に必要ねぇ
sign03
と今日ほど強く思いましたね。公安警察を解体し、その金を被災者に回しなさいvirgo公安デカはメモなんか取ってないで、被災地にボランティアにイカんかいsign03

|

« あるみさんズとイカ娘、北総台地に立つ! | トップページ | 我々で「事業仕分け」しようじゃなイカ! »

たたかいとかくめい」カテゴリの記事

コメント

3/27

投稿: 3.27 | 2011年3月30日 (水) 21時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1094529/39413676

この記事へのトラックバック一覧です: 3・27三里塚現地闘争報告(その1):

« あるみさんズとイカ娘、北総台地に立つ! | トップページ | 我々で「事業仕分け」しようじゃなイカ! »