« 平賀源内邸を侵略! | トップページ | 震災と原発のドサクサにまぎれた辺野古基地建設を許すな! »

とりあえず毒物を作るのを止めなイカ!

手元にある平賀源内記念館のチラシ「平賀源内の年表」には、「1764年(宝暦14年)1月、秩父両神山で石綿を発見する。2月、火浣布創製。」とある。石綿…アスベストは燃えない、安価、便利な耐火材料・建材として広く使われてきたが、空中に漂う繊維を吸い込むと肺に悪影響を及ぼし、ガン・中皮腫の原因となることが分ってきた。EU等では全面的に製造・使用が禁止されている。日本では1975年に吹き付けアスベストは禁止され、2004年に石綿およびアスベストを1%以上含む製品の製造や輸入、使用等が禁止されており、2006年には0.1%以上含む製品まで拡大している(ただし全面禁止ではない)。
科学の力で開発された、便利で有益な物であっても、毒性が強かったり、分解できず、後々まで人体に影響を与えるようなものは禁止されてきた実例は多い。DDTやBHCといった強力な殺虫剤は、第二次大戦後ぐらいから使われ、発疹チフスやマラリア等、昆虫媒介による感染症の抑制に大きく貢献したが、製造・使用が禁止されている。PCB(ポリ塩化ビフェ二ル)も変圧器の絶縁油、熱交換器の熱媒体等、様々な分野で使用されてきたが、毒性が強く、人体に蓄積して様々な症状を発生させる。1968年のカネミ油症事件は良く知られているところだ。また分解・処理が非常に困難であることから、69年にPCBの製造は中止されている。

東日本大震災に伴う福島第一原発の事故で放射性物質がばら撒かれ「原発安全」神話は崩壊し、反原発の動きが急速に高まってきたものの、まだまだ「原発は必要」という世論も多いし、放射線リスクを管理できれば原発は有益であるという意見もある。一方「反原発・脱原発」というのは、大量エネルギー消費によって成り立っている現代社会(それを構成している資本主義社会を含む)の根本的な変革を含む、文明論的な「難しい」「とっつきにくい」テーマも内包しているため、拒否・拒絶観が先走ってしまう…変革の行く末を分りやすく提示できない(そりゃ誰もそんな社会を経験したことが無いから)運動側の感情論的な進め方への拒否もあるのだろうが…もう少し「単純」に考えればよかろう。

処理できない毒物…放射性物質…を作るのは、とりあえず止めようsign03

これでエエやんhappy01

そりゃ~原発を作り出したときには、放射性物質の安全な処分方法は決まっておらず「そのうちなんとかなるだろう」と考えられ、「見切り発車」したわけだが、今日にいたるまで解決はしていない。
また放射性物質の管理が非常に厄介であることから、たかだか「蒸気を沸かして発電する」だけのことに、厖大なプラントを作り、手間隙とエネルギーを投入して「核燃料」を作っている。
100万kWの原発を1年間運転することで、1トンもの放射性廃棄物「死の灰」が生産される。また原発がぶっ壊れたり、無事に廃炉になったとしても、原子炉を構成する金属やコンクリートが放射性廃棄物として残る。

PCBやBHCのように「毒物を作るのを止める」という選択肢を提示し、それを実行することに、何か難しい理屈が必要だろうか、躊躇することが必要だろうかhappy01

もちろんアスベストやPCBのように、放射性物質も一旦作ってしまったものは「管理」を続けなければならない(今回の震災で、被災地では建物に使用されてきたアスベストや、倉庫等に保管されていたPCBが環境中に漏れ出し、深刻な問題となっている)その量は、少なければ少ないほど良いsign03

それでも「原発を続けたい」「撤退するのはイヤだ」というならば、放射性物質は「安全」で「毒性が少ない」「ほぼ完璧な処分が可能」だということを証明する(あるいは強弁する、開き直る)しかない。もしくは「放射能除去装置」を発明するか、イスカンダルまで取りに行って欲しいものだvirgo

硬いことは抜きにして、もう一度言おう、「放射性物質を作るのは、やめなイカsign03

|

« 平賀源内邸を侵略! | トップページ | 震災と原発のドサクサにまぎれた辺野古基地建設を許すな! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

よくよく考えれば、放射性廃棄物は人間が管理できるレベルを超えていますよね。プルサーマルに使うMOX燃料なんかは、500年冷却しないと、そもそも地下に埋めることもできないとか…プルサーマルは即刻廃止すべきです

投稿: ガガーリン | 2011年4月29日 (金) 01時51分

まぁ、時にはそういう危険を犯すべき場合もあるでしょうけど、今はそんな状況ではありませんからね。
自分はリスク分散のために必要だと思いますが、地熱や宇宙太陽光といった次世代エネルギーが軌道に乗りつつありますし、それらにバトンタッチしていくべきだと思います。

で、その毒物を処理しに、70前後のOBの方々がボランティアで行ってくれるとか。
戦前、戦中前後の人はやっぱりすごいです。

一方団塊のクズ共の無能っぷり、いや有害っぷりと言ったら……

投稿: ROM人 | 2011年4月29日 (金) 09時44分

ガガーリンさん、ROM人さんコメントありがとうございます。
左翼的には「全ての原発を即、停止せよ」がスローガンなんですが、落としどころとしては老朽化したヤツ、地震に耐えられそうにないヤツから順次廃止し、「脱原発社会」を目指す。廃棄物は地中に埋めたりせず、地盤の固いところに建物を作って分散して管理していかざるを得ない。その管理の仕事はは原発の恩恵を受けてきた、我々「年寄り連中」からやっていかなければならないと思います。

投稿: あるみさん | 2011年4月30日 (土) 20時13分

wobbly

投稿: | 2011年8月10日 (水) 08時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1094529/39791138

この記事へのトラックバック一覧です: とりあえず毒物を作るのを止めなイカ!:

» 福島廃炉に向けての講演会参加報告 [アフガン・イラク・北朝鮮と日本]
       遅くなりましたが標記の参加報告を簡単にしておきます。当該講演会(正式には学会の研究集会)は、エントロピー学会という所が中心になって、4月23・24日の二日間、京都・同志社大学の新町キャンパスで行われました。私はその二日目の24日(日)に、...... [続きを読む]

受信: 2011年4月28日 (木) 22時59分

« 平賀源内邸を侵略! | トップページ | 震災と原発のドサクサにまぎれた辺野古基地建設を許すな! »