« 3・27三里塚現地闘争報告(その2) | トップページ | 三陸鉄道 存続の危機! »

3・27三里塚現地闘争報告(その3)

続いての報告は、沖縄の三里塚闘争連帯運動から、名護市民の宮城さん。これはあんまりメモっていなくて「安保さえなければキャンプ・シュワブを被災者に解放することができるんですよ。」「6月の集会を成功させる。」とも…
続いて、三里塚決勝利関西実行委員会から、永井満さん、山本善偉さんです。
Dsc00837まず、二週間前の3月9日、市東さん、知花盛康さんを招いた集会の成功が報告されたが、集会の冒頭に「市道を封鎖された市東さんの畑のビデオを見たが、市東さんはそこに種を丁寧にまいていく。この市東さんを守らなければならない。」
そして、阪神大震災の経験に触れ「全国からはげましの声が来た。萩原さんがリュックをかついでやって来た時の感動は忘れられない。顔が見える激励だ。」と、この未曾有の災害の中でも、関実と三里塚の連帯を確認する。
「権力の正体見たり。誰にも分りやすい状況が来た。」「本土の、安保をつぶす闘いから人民の道が開かれてくる。」「世の中が変わらなければならないし、変わる。マスコミ・週刊誌もこの問題の根源をつかない。世の中を変えましょう。共に闘いましょう!」

続いて鈴木憲太郎さんから、TPP絶対反対のアピール。Dsc00838「三里塚から全農民に訴える」「日本の農民は震災、原発、TPPで頭が一杯だ。」「手塩にかけて育てた牛や豚を捨てて逃げなければならない・・・日本の農民はおとなしいわけではない。生きるか死ぬかで立ち上がる。」「彼等の言う『想定外』の闘いを!社会を変えようじゃありませんか!。この中で大きな位置を占めるのが、三里塚の市東さんの闘いです。」
そして、第3誘導路建設、団結街道閉鎖で生活・営農を脅かされながらも、NAAの土地取り上げに対して闘い続ける市東孝雄さんと、「市東sんの農地を守る会」の決意表明。
Dsc00839「汚染があるかどうかはっきりさせることが『産直』の使命なのに、成田市は何もしない。」「国策としての成田空港と闘ってきたが、今、原発が目の前の敵になった。原発反対の声を上げて欲しい。」「3月28日には第3誘導路許可処分取消訴訟の第一回口東弁論があるので結集して欲しい。」「これからもどっしりと構え、野菜を作り続けていく。自然体で農地を守って行きたい。」と決意を述べられた。
「被災地の米農家の田んぼは、塩で真っ白、用水路も破壊されている。」「東北地方で生きるために共に闘って行きたい。」「国を守るとは、国家体制を守ること。今、命がけで頑張っているのは菅ではない。消防隊、自衛隊であると同時に、労働者だ!」「原発は環境問題だけでなく、労働問題だ。」
Dsc00841
弁護団からの報告「どんなに不便であろうとも、浜岡原発を始め、全ての原発を止めるべき。」「管政権は無為無策、打倒されなければならない。」
東日本震災救援対策本部が立ち上げられた報告の後、鈴木加代子さんからのカンパアピール「本当に厳しい時に集まってくれて、本当にありがとう。」「被災者とともに最後まで闘う、三里塚のおっかあからでした。」
カンパは全て、被災地支援に使われるとのこと。

続くよ…

|

« 3・27三里塚現地闘争報告(その2) | トップページ | 三陸鉄道 存続の危機! »

たたかいとかくめい」カテゴリの記事

コメント

主張は大体理解できますが…… 方向性がバラバラすぎる気がします。
言いたいことは分かるし、理解もできます。
今回の原発は人災ですし、労働問題、農業問題が絡むことも分かります。
しかし戦争でも何でもそうですが、全体的に分散してしまって、一番言いたいことがぼやけてるように思えます。
その点が残念です。


それと全員を正社員というのはどうかと。それは結局の所行く付く先が
「新卒カードを失ったら人生終了」
「老人のために若者が血を吸われる」
という今の時代になってるわけですし。

寧ろ派遣社員の給料を正社員以上にし、人材を流動化させて、「職は失いやすいが、新たに得やすい」社会構造へと変えていく方が良いと考えますが。
できればベーシックインカム導入でもすれば一番いいんですけどね。

投稿: ROM人 | 2011年4月 3日 (日) 10時33分

方向がぼやけているのは発言者のせいと言うより、こちらがメモしたことのみつないで書いているからです。ホント、集会のレビューって難しいのです。
>派遣社員の給料を正社員以上にし、人材を流動化させて

これも本当は「正規」と「非正規(派遣)」の対立項目ではなく、「同等の権利を持った労働者」にすることが当面の目標となるので、「非正規を正規に」というスローガンになってしまう。また「正規」社員も人減らしやなんやかんやで、責任だけは背負わされて給料は上がらず、サービス残業をはじめ無権利状態においやられている…これを問わないといけないわけです。

投稿: あるみさん | 2011年4月 3日 (日) 23時12分

左派の人々的にはベーシックインカムってどうなんです?
アレがあれば今の所不公平と言われている
・生活保護の不正受給
・退職をちらつかせた脅迫
は解消できると思うのですが。

それとそもそもその正規非正規の問題というのは行きつく先が「団塊」と「若手」の対立です。
現在会社が社員に金を配れないのは結局、引退した老人に企業年金やらを配る必要がある。
また彼らの福祉関連の金をねん出するために税金を必要とし、その財源は若手から引き出すことになる。
また政治を変えようにも、人数が多いために選挙に行っても負ける。

言うなら今の時代は、6割の老人貴族を養うために、4割の若手が奴隷にされている状況です。
これをどうにかしない限り、日本復活はないでしょう。

投稿: ROM人 | 2011年4月 4日 (月) 22時46分

>左派の人々的にはベーシックインカムってどうなんです?
光文社新書の「ベーシック・インカム入門(山森亮)」を読んでみたのですが、もともと左のほうから出てきた考え方のようでもあります。まあ、左派といってもいろいろですから、ああだこだの議論の一つにはなっているのでしょう。で

>アレがあれば今の所不公平と言われている
・生活保護の不正受給
・退職をちらつかせた脅迫
は解消できると思うのですが。

以上の豊かな思想を含んでいるし、変な使い方をすれば社会が動かなくなるものだと、私は思います。

なお「世代間対立」には組みしませんが、若い人がそこまで追い詰められている「責任」は、左翼にも大いにアリですね。有効な対応を打ち立てることができず、ズルズル退潮していったのですから…

投稿: あるみさん | 2011年4月 5日 (火) 22時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1094529/39463182

この記事へのトラックバック一覧です: 3・27三里塚現地闘争報告(その3):

« 3・27三里塚現地闘争報告(その2) | トップページ | 三陸鉄道 存続の危機! »