« 四国侵略!車編 | トップページ | 反原発デモ弾圧と、生コンスト弾圧を許すな! »

伊方原発を見る闘争

まあ、土佐電完乗報告とか書きたいのだが、浜岡原発がとりあえず止まるということなので、こっちの伊方原発のお話を(^^)/

四国カルストを降りて、ひたすら国道197号を走り、大洲、八幡浜を経る。八幡浜から佐田岬へ。国道は2車線あるものの、あまり改良されておらず、ウネウネしている。歩道のない狭いトンネルの中を、じいさんが自転車をヨタヨタ漕いでいて危ないじゃなイカsign03国道をそれて伊方の町に…八幡浜もそうだが、伊方の街も「原発万歳!」的なスローガンsign02を掲げた看板とか、垂れ幕とかもない(もちろん「原発反対!」のそれもない)静かなところである。山に囲まれて道路事情は良くない。万一原発がボギャンしたら、逃げるのが大変だというのは実感できる。

写真は撮ってないが、伊方町の役場の建物は、立派だった。

で、国道に戻って、四国電力の広報館へ
Dsc01543
どこでもそうだと思うが、この手の建物に入るのは、基本的にタダmoneybag、伊方きらら館という道の駅の隣にあり、渡り廊下で結ばれている。

Dsc01544
放射線量をモニタリングしておりまする。
中は、おなじみ…原発のしくみ、必要性、安全性の「宣伝」であります。ま、ピカピカ光っている「原子炉(もどき)」に「近づくことができる」AFOらしさが体験できますhappy01

手元のパンフレット「伊方発電所の概要2010」によりますと…
伊方原発は、今回事故った「沸騰水型」ではなく、「加圧水型」であること、1号機、2号機は出力56万6千キロワット、3号機は出力89万キロワット。1号機は1977年9月30日、2号機は1982年3月19日、3号機は1994年12月15日、それぞれ運転開始。3号機は2010年3月からプルサーマル運転を開始したとのこと。
一方、四国電力の電力量構成比率は、2009年で原子力41%、火力50%、水力8%、その他自然エネルギー1%とのこと。原発依存率は高いほうだ。

Dsc01545
エレベーターに登って、展望台へ…原発の屋根が見えます。

硬い話はおいといて…子ども向けパンフレットがこれ
001

ある意味、「原発は湯沸かし器である」という、しごくあたりまえのことが分りやすく解説されていて、好感が持てます。
002
ヤカンですな。(スキャナーに全て入らないので、肝心なところだけ)

003
「また来てね!」って、反対運動にかいvirgo

さて、坂道を下って、原発の玄関まで。
Dsc01555

ここから先は、近づけません。(どこの工場でもそうだろうが)
Dsc01557

門のそばには、ゲストハウスのようなものが…
Dsc01558

道をさらに進んで、原発がよく見えるところまで。
Dsc01549
カラーリングのセンスだけは、少し褒めてあげようdown
土木屋さんの目で見た感じ、地質の良い所を普通に削って埋め立て、建設されているようです。(もし切土面をアンカーで抑えているようならば、地質の悪い所に無理やり建設していることになるので、危険度は増す)

Dsc01554
大電力を都市に送り、かつぶっ壊れたときに原子炉を冷やすための外部電源となる送電線群。

Dsc01550
「エコですよ~」とアリバイ作りsign03のために立っている風車群。おそらく四国電力とは別の経営主体がやっていて、四国電力に売電しているのであろう。

帰り道、写真は撮っていないが原発さよなら四国ネットワークさんとおぼしき団体の「原発はいりません」横看板があった。

原発さよなライオンで、ポポポポーンleo

|

« 四国侵略!車編 | トップページ | 反原発デモ弾圧と、生コンスト弾圧を許すな! »

たたかいとかくめい」カテゴリの記事

コメント

はじめまして
垂れ幕私も見ました。
早く廃炉にしてほしいです。腹立たしい。

投稿: まお | 2011年5月11日 (水) 02時58分

まおさん、コメントありがとうございます。
「原発 さよなら」で検索すると、「原発さよなライン」なんていう言葉がヒットしました。
浜岡原発の停止ニュース以降「やっぱり電力は足りない」「節電・計画停電」キャンペーンが続いてますが「ぽぽぽぽーん(ではすまない)」する前に、全ての原発を停止するべきです。

投稿: あるみさん | 2011年5月11日 (水) 23時40分

東電への支援内容が発表されましたね
・上場維持
・社債保護
・1200億贈呈
・他電力会社にも負担してね☆

テロでもやらないと変われない国というのがよくわかりました。

投稿: ROM人 | 2011年5月13日 (金) 14時51分

別途記事にしましたが、デモやったくらいで逮捕される。テロはどうかと…うむ、「年寄り左翼」が逮捕覚悟で突っ込むのがよいだろうが、堅気の方々にイヤガラセの家宅捜索が入っても困るしなぁ~悩ましいところであります。

投稿: あるみさん | 2011年5月13日 (金) 20時42分

そして東電社員に40万のボーナス支払いが決定されました

投稿: ROM人 | 2011年5月14日 (土) 00時57分

今日 5月15日 午前11時頃
伊方原発近くの鳥津港で釣りをしてました。
すると目前を一隻の漁船が わずか10メートル先をです。案の定 投げていた糸、船のスクリューに絡まり 引きづったまま リールに巻いてあった150メートルの糸を全部引っ張って行きました。
この漁船 なんと四国電力伊方原発電所の職員も同船 超音波を使って海藻を調べてるか…

超音波を使って海藻の何を調査してるんでしょうか?
怪しい行動ではないですか?
明日にでも四国電力に電話して詳しく事情を説明して 納得出来る答えを聞いてみます

投稿: 釣り人 | 2011年5月15日 (日) 17時06分

釣り人さん、情報ありがとうございます。
それにしても、釣り人の目の前10メートルを航行とは…ちょっと危険ですね。

投稿: あるみさん | 2011年5月15日 (日) 20時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1094529/39939923

この記事へのトラックバック一覧です: 伊方原発を見る闘争:

» スマートグリッド情報 [太陽光発電価格]
ITを活用して一般家庭などの電力を効率的に利用するスマートグリッドは、地球温暖化対策の切り札として世界の有力企業が事業化に向けてしのぎを削っている。 電力計など期間技術を握る起業の争奪戦も激化している。... [続きを読む]

受信: 2011年5月16日 (月) 15時20分

« 四国侵略!車編 | トップページ | 反原発デモ弾圧と、生コンスト弾圧を許すな! »