« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

JR四国ネタ2つ

四国新聞WEBより
電力不足で特急のディーゼル化検討/JR四国
 

JR四国の泉雅文社長は27日の定例会見で、夏場に懸念される電力不足について「場合によっては、高松―多度津間の一部特急についてディーゼル化するなど独自の節電策を検討したい」と述べた。
 JR西日本などが計画している列車の間引き運転については「考えていない」と言明。当面は、従来から取り組んでいる列車内の空調や照明の調整を徹底するほか、事務部門の節電に努める考えを示した。

おお、かつての気動車王国、健在だ(^^)
Dsc01129
徳島駅の、ディーゼルカー群…う~ん、旧国鉄色もあれば、もっと壮観だろう。

高松~多度津間の電車特急とは、松山と岡山・高松をふすぶ「しおかぜ(岡山行き)」「いしずち(高松行き)」である。通常は瀬戸大橋線が分岐する宇多津で「分割・併合」を行うのであるが、多客期には宇多津もしくは多度津駅で、乗換えを行うことがある。
Dsc01313
写真は、キハ185系…JR化前に経営基盤が弱い四国用に作ったディーゼル特急…朝の伊予大洲駅で間合いに普通列車としてつかわれているもの。

Dsc01317
同じく伊予大洲駅で、普通気動車の分割をしているところ。

まぁ、高徳線で使われている気動車を、予讃線の高松以西の電車区間で使えば「節電」効果も上がるが、車両運用やダイヤ編成で難しいところがあるのだろう。

と、いうことで予讃線でフリーゲージトレインの走行試験が始まった話題
深夜の予讃線で走行試験/フリーゲージトレイン

車輪の幅を変えることで、新幹線と在来線の相互乗り入れができるフリーゲージトレイン(軌間可変電車)の実用化に向け、軽量化された新型台車による走行試験が28日未明、JR予讃線の多度津―坂出間で始まった。旧台車で課題となっていたカーブの走行性能の検証を中心に、2012年度まで走行実験を行う。
 新型台車は、旧台車のカーブ通過性能に問題が生じた実験結果を踏まえ、2007年に完成。台車部分を小型化、軽量化したほか、サスペンションの数を増やしカーブの通過性能を向上させている。3両編成で、目標最高速度は新幹線区間が時速270キロ、在来線区間は同130キロ。九州のJR日豊線を中心とする走行試験を経て、カーブが37カ所あるJR予讃線での走行実験に移行した。
 多度津―坂出間での走行試験は28日からの2週間で、終電後の深夜帯を利用し延べ6日間を予定。28日は午前1時12分に多度津駅を出発、時速30~40キロ程度で走行し十数分後に約11キロ先の坂出駅に到着した。朝までに同区間を4往復し、最高速度を同90キロまで上げた。
 8月下旬から約1カ月間は、多度津―多喜浜(愛媛県)間でカーブの走行性能などを詳しく検証。10月末以降は約1年間かけて、多度津―松山間などの区間で、約10万キロの走行試験を行い車両の耐久性を調べる。

深夜走行の具体的な日やダイヤは、おそらく公表されていないだろう。一部のAFO鉄、AFOにわか鉄が夜中に写真・動画を撮る目的で、駅にしのびこむなど鉄道施設内に入り込んだり、撮影適所でわーわー騒がれるのを防ぐためだ。

私としては、台車の構造が複雑で通常の新幹線電車より重く、新幹線区間で高速を出しにくいフリーゲージトレインの技術はあまりかっていないのだが、まぁとにかく「温かい目」で見守っていこう。


| | コメント (0) | トラックバック (1)

TPP…真の国益とは何か

TPP批判シリーズ…ブルジョワ経済学や「国益」という観点からの批判
真の国益とは何か TPPをめぐる国民的議論を深めるための13の論点(東京大学大学院教授 鈴木宣弘/コーネル大学客員研究員 木下順子
 「国益」や、後に出てくる「アジア圏の強化」という言葉は「革命的左翼」の目指す「革命」からは外れるが、右派・民族派から左派リベラルまでには受け入れられる「革命(変革)」に使えるだろう。
 この論文は「はじめに」を除いて3章、13項目がある。(項目のマル数字は、私が便宜上つけたもの)
1.問題の構図は国益VS農業保護ではない
①FTAの本質
 WTO(世界貿易機関)の「無差別原則」の例外として認められた「差別性」がFTAの本質であり

、「さしあたり、意図的に競争相手を排除できる特質を活かして自国の利益を確保する目的でFTAが利用(p39)」
されている。現にNAFTA(北米自由貿易協定)で米国の乳製品はカナダ、メキシコに対しては競争力が高いので乳製品関税をゼロにしているが、米豪FTAでは主要乳製品を例外扱いとして、世界一競争力が高いとされるオーストラリアの乳製品の輸入増加を防いでいるとのことである。
②「例外なし」が優れたFTAだというのは間違い 
「世界全体(域外国)の経済厚生を悪化させる性質をもつが、域外国の経済厚生の悪化を最小限にとどめるという観点では、実は、高関税の重要(センシティブ)品目も含めてゼロ関税とするFTAよりも、高関税品目を除外したFTAのほうが優れている可能性がある(p40)」
とし、日タイFTA、および日米、日EUのFTAで「例外なし」の場合と、現在高関税である品目を「除外」した場合の、日本の利益の増加と域外国の損失を試算し、「除外」の場合が日本の利益も増え、域外の損失も小さくなることを示している。ただ
「米国やEUのように重要品目の貿易額が大きい国とのFTAの場合、日本が重要品目を除外すると相手国の利益が著しく損ねられる(p41)」
ので、合意を得るのは難しいだろうと指摘している。
③農業だけが“障害”なのではない 
開放が困難なのは農業だけではなく、金融、医療など労働者の移動を含むサービス部門、繊維、皮革、履物などの軽工業製品も重要品目はある。例えばチリとのFTA交渉は銅版が大きな課題となったし、マレーシアやタイとのFTA交渉でも最後まで難航したのは鉄鋼や自動車だった。日韓FTAが中断しているのも、部品・素材産業分野が深刻な障害となっている。海外展開のある企業は2000社に1社程度であるから
、「一部の輸出産業が主張する目先の利益を『国益』と呼び、TPPに乗り急ぐのは間違っている。(中略)つまり、問題の構図は〈国益VS農業保護〉ではなく、〈輸出産業の利益VS中小企業、金融、医療など、労働者の移動を含むサービス分野、繊維、皮革、履物、銅版、米、乳製品などの重要品目、食料生産崩壊による国家安全保障のリスク、水田のダム機能や生物多様性、国土・地域の荒廃などの損失〉となる。(p42、43)」
と結んでいる。
(2章の紹介に続くよ)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

侵略!イカ娘のOPが北斗の拳に侵略されているでゲソ

同僚から教えてもらったネタ…なんと、イカ娘OPが北斗の拳に完全侵略されているではなイカ~sign03

このラオウより真の強者の歴史は はじまるのだ はじまるのだ(大切なことなので2回言いました)
誕生席 うれしくないのか
シン 略 コウ 略 経絡 醒鋭孔!

バックミュージックが「侵略のススメ」なだけで、ほとんど「北斗の拳」ワールドになっています。

おまけ…鉄ネタバージョン
新宿のススメ(動画貼り付け不可)

新宿 新宿 新宿 新宿 新宿 新宿 湘南新宿ライン
すげぇムリな展開train
横浜・神戸(方面と言っている様だが、どうしても神戸に聞こえる)は5番でゲソ~

うわっ、江ノ電スピード出しすぎupwardright

その席を私に譲らなイカ・・・拒否

まぁ、体調が悪いときは、こんなネタものばっかり探して楽しんでますhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

暑くても徹底的に?節電する秘訣

いやぁ~四国でもそうだが、関東ではまたまた暑い夏がやってきたようだ…四国新聞WEBより
猛暑で電力使用率91.6%/東電館内震災後最大

東京電力管内の電力需要は24日、ピークの午後2時台に4389万キロワット(速報)を記録し、前日を約170万キロワット上回った。最大供給力4790万キロワットに対する電力需要の割合(使用率)は91・6%と、需給の厳しさを示す目安となる90%を超えた。
 関東地方で猛暑となった影響で、エアコンなどの使用が増えたため。気温の上昇で、東電管内では電力需要が4日連続で大震災後で最大を更新。電力需給は日増しに逼迫しつつある状況だ。
 24日は、午前10時から4千万キロワットを超えて推移した。ただ使用率はほぼ前日の予想通りだった

埼玉県熊谷市で39.4℃、群馬県館林市で39.3℃、高崎市で39.0℃…うへぇ~こんなの、人間が活動する気温じゃねぇsign03

というより、元々日本の夏は、暑いし、湿度も高い…家は夏向きに建てるべし・・・と言ったのは、鴨長明だったかなcoldsweats01とにかく、寒いのは火つけたり、服や布団を被ったり、酒のんだりしてなんとか我慢することができるが、夏の暑いのはどうしようもない…服を脱ぐのには限度がある。
そーいえば、奈良の母方の実家、少し標高の高いところにあるが、外の畑仕事は暑くても、中は涼しく、扇風機もいらんかった(その代わり、冬は寒いぞ~)

それでも「脱原発に踏み切れず、電力不足キャンペーンを繰り返す電力会社の電気なんか、買いたくねぇ~「私が電力会社を懲らしめる!海を守るためにwave」という方に、様々な節電のためのアイデア(しかし半分くらいはネタ)を提供しようという企画である。
順不同で…
①シエスタの導入…スペインとかでやってるヤツ、暑い昼間はゆっくり食事して、お昼寝sleepyこれを全産業で行う。もちろん、エアコンや照明は控える。これでピーク時の消費電力量は抑えられる。就業時間や会社に拘束される時間は長くなるが、その分の残業代とかはちゃんと払いましょう(払わさせましょう)
スペインとかの例をださなくても、2000年にベトナム旅行をしたときは、11時~1時くらいまでは銀行、商店、博物館なんかも閉まり、昼休みとしていた。熱帯並みに暑いところでは、真昼間に働くなんて、愚の骨頂(でも、スペインやベトナムでも昨今のグローバル経済化の影響で、そんな習慣はどうなっていることやら…)
②スーパークールビズの普及…だいたい夏も気温がそれほど暑くならず、湿度も低い欧州のビジネススタイル(スーツにネクタイ、革靴)でないとアカンという発想が、どうかしている。(ネクタイは外すようになったが)…この「西洋かぶれ」め(いつの時代の言葉じゃsign02)沖縄のかりゆしとか、アロハみたいな軽装でビジネスを行うべし…
外回りには、麦わら帽子も忘れずに(イカ帽子は、不可virgo)もちろん足元は、サンダル。
③とはいえ、工場や工事現場なんかでは(原発作業員もそう)、安全のため軽装というわけにはいかない。で、現場で働く人達のため、様々な熱中症対策グッズが売られている。(普通の人がつかう熱中症対策グッズも、大きなスーパーやホームセンターに置いている)例えば首筋やヘルメットの中の頭を水分の蒸発で冷やすヤツだが、これを家庭やオフィスでドンドン使おうではなイカ!
④打ち水、すだれ、すのこの利用…まぁ暑い夏を少しでも涼しくする文化ですな。なお、すのこについてはこちら方面から、人間も乗れる「メガすのこタン。(仮称)」制作予定ということが、メールマガジンで公表されている。(HPではまだ未発表)1m×1m、二つ並べればその上に寝ることが可能だそうで…しかし、アルミニウムは製造過程で電力を大量消費することはご存知のとおり…ホームセンターで売ってるような木のすのこの上で夕涼みというのもエエかもしれない。そしてなるべく部屋に風が通るようにすること。
⑤冷蔵庫の中身を減らすアイデア…その日のうちに使うもの、飲み物は、クーラーボックスに入れておく。
⑥逆転の発想…熱いお茶とかを少しずつ飲む。水分補給に冷たいものを大量に飲むのもいいが、消化器官をこわし夏バテの元。熱いウーロン茶とかを少しずつ飲んだほうが、エエだろう(特にお年寄りは)なお、熱いのを作るには、ガスを使い、保温はステンレスポットなんかでやること…大量の熱を捨てて作った電気で、またお湯を沸かすなんて、愚の骨頂downまた、ポカリ〇ウェットのようなスポーツドリンクは糖分が大目なので、水で少し薄めたほうがよい…量も増えるし(スポーツとかやってる人には、常識だろう)ちなみに、水だけ大量に飲むのは金はかからないが、塩分も取ることを忘れないよう…「熱中飴」とかがおススメ。
⑦風呂の水は、朝からためておいて日中の気温で水温を上げておく(これはガス代の節約じゃなイカsign02
⑧電車の運転の工夫…節電のための間引き運転が計画されているが、シエスタを導入すれば人の動きが少なくなるので、問題は無い。しかし、さらに節電として・・・ちょっとスピードを落とし、窓を開けて走行しよう。補助的には扇風機もつけて…いやぁ~津軽鉄道で風に打たれながら乗ったときの気持ちよさ…鉄っちゃん以外にもわけてあげたいっすvirgo
⑨ローカル線で無理やり電化したところは、3セク用軽量ディーゼルカーに戻す…もっとも、過去に名鉄サンがやったのだが、電車とディーゼルカーをエリアの限られた民鉄で持つのは難しく、路線の赤字も続いて結局廃止に…
おお、DD51+50系客車復活も、いいでゲソup何、客車が足りない…あるみさんの所属する「東急車輛」で、ステンレス製客車をつくればいいじゃなイカheart
⑩浜岡原発が停止したとき、「九州の電力が危ない!」て言われた。玄海原発が定期検査をやってるからだそうだが、しかいエラく遠いところから持ってきているモンだ…玄海原発の再起動もきわどい所に来ている(まじめな話、今玄海原発再起動を止めれば、脱原発の動きは進むだろうし、再起動されれば向こうの反転攻勢がはじまるだろう…この話題は別途)
と、いうことで、九州のディーゼル化を押し進めるとともに「九州新幹線標準軌SL計画」を提案するでゲソsign03前原クンも、大喜び・・・ストイコビッチも、ヨロコビッチ(分る人にしか、分らんネタ)sign02
SLはとりあえず、中国からセコハン物を買おうではなイカmoneybag

以上…船中八策ならず、「脳内十策」ぜよsun
あっ、モチロンこれにかかる費用は、」これまで内部留保を溜め込んできた企業が負担すべし。内部留保って、課税はできないけど、こーゆー危機のときの蓄えなんでしょ…おとなしく、出しなさいsign03

| | コメント (4) | トラックバック (0)

17.3㎞/ℓでゲソ

車の燃費を公表するコーナー

走行距離 507㎞
給油量  29.30ℓ

燃費   507÷29.3=17.3㎞/ℓ

「四国侵略」の最後に高速で順行したが、その後は通勤とかでしか走っていないので、まぁこんなモンじゃなイカcoldsweats01
Mini_110612_1215

おまけ…スーパー銭湯みたいな「温泉」に車で行き、晩飯ついでにアルコール0%の「ビールテイスト飲料」を飲んでみる。まぁ、最初の一口は「ビール飲んでる」気はするが、しょせん大量に飲めるシロモノではない。
Mini_110619_1738


| | コメント (0) | トラックバック (0)

室戸岬攻略!

もうすぐ7月なのに、まだまだGWネタが残ってるぞ~(^^)/
そんなこんなで、室戸岬
Dsc01493
中岡慎太郎君の像

Dsc01495
室戸一帯は、室戸ジオパークとして日本ジオパーク委員会から認定されている。ということで、様々な地質の不思議が見られます。砂岩と斑レイ岩との境目…

Dsc01496
太平洋の荒波が洗う岩場…

Dsc01497
こんな所にも、花が咲くのだぁ~tulip

Dsc01506
地層が縦になった、ダービダイト層

Dsc01507
スゴイじゃなイカsign03

Dsc01513
「ざっぱぁ~ん」と波をバックに、あるみさんズ記念撮影。

Dsc01505
岩の割れ目に生える、根性草punch

Dsc01522
花崗岩かなんかで作られた、鯨をモチーフにした風向計…ちゃんと吹流しと同じ方向を向いていますhappy01

Dsc01499
しかし、こんなとこにも漂着ゴミなんかが、けっこうある。これでは…

001
イカ娘の侵略が、一向に進まないじゃなイカsign02


| | コメント (0) | トラックバック (0)

TPPは社会的共通資本を破壊する

では、TPP反対の大義の続き
「TPPは社会的共通資本を破壊する」(日本学士院会員・東京大学名誉教授 宇沢弘文)では、まず自由貿易批判として
 

自由貿易の命題は、新古典派経済理論のもっとも基本的な命題の一つである。しかし、この命題が成立するためには、社会的共通資本の存在を全面的に否定した上で、現実には決して存在し得ない制度的、理論的諸条件を前提としなければならない。主なものを挙げれば、生産手段の完全な私有制、生産要素の可塑性、生産活動の瞬時性、そして全ての人間的営為に関わる外部性の不存在などである。(p9)
と述べている。ここで「社会的共通資本」というのがキーワードで、それは
 
社会的共通資本は、一つの国ないし特定の地域に住むすべての人々が、ゆたかな経済生活を営み、すぐれた文化を展開し、人間的に魅力のある社会を持続的、安定的に維持することを可能にするような自然環境や社会的装置を意味する。(p10)
 と定義され、自然環境、社会的インフラストラクチャー、制度資本(教育、金融、司法、行政、出版・ジャーナリズム)の3つの範疇に分けて考えることができるとしている。すなわち、これらの公的なハード・ソフトも含む広い概念である。
 ここで「資本」と言っていることで、「マルクス主義」を学んでいる左翼には違和感がプンプン漂ってしまうのだが(「資本」とは「剰余価値」≒「利潤」を求めて動き回るモノ…現在では大体貨幣形態で計られるが…その所有形態が私的なものである。宇沢の言うインフラ等の資本もその所有形態によって「資本」かそうでないものか考える)、現代社会ではインフラ等を「社会資本」と言って通用するので、「社会的共通資本」もそれを拡大・深化した概念としてとらえればよかろう。(しかし「マルクス主義的左翼」にしっくりくる言葉は、何か無いか?)
 その中で、自然を相手とする「農村の営み」(農業、畜産業、林業、水産業等を含む)に着目し
 
農業という用語法自体、おのずから一つの偏見なり既成概念の枠の中に、私たちの思考が戸坐作r手閉まっていることを示すのかもしれない。(中略)人々が農業に従事するとき、おおむね、各人それぞれの主体的意志に基づいて、生産計画をたて、実行に移すことができる。
 農業のもつ、この基本的性格は、工業部門での生産過程ときわめて対照的なものである。(p12)

 
農業のもつこの特性は、必然的に、効率性基準を適用しようとするとき、工業との関連できわめて不利な条件を生み出す。工業は、市場的効率性という面では、農業とは比較しえないような有効性を持っている。(p13)
 と指摘している。農業的生産と、工業的生産は違いますよ!ということだ。
ま、この「市場的効率性」はマルクス主義(資本主義でもそうだが)でいうところの「生産性の向上」によって拡大したわけであり、オールドマルクス主義(スターリン主義およびその解釈から自由になれない潮流)ではその「市場的効率性」を機械的に農業にあてはめようとしたわけであるが、戦後日本の農政や、さらに言うと「新自由主義」的発想の近々の自公政権・現民主党政権も同じである。ようするにこのような中でTPPなる究極の「市場効率性」を追求すれば、「社会的共通資本」であるところの農業・農村ぶっこわれますよ、ということだ。

 で宇沢は農家への一定額の所得補助(規模や生産量には無関係)を少し「提唱」するとともに(これはBI…ベーシックインカムの思想につながるものであろう)、コモンズとしての農村を生産・経営主体としてとられるべきと主張する。
 

農業部門における生産活動にかんして、独立した生産、経営主体としてとられるべきものは、一戸一戸の農家ではなく、コモンズとしての農村でなければならない。(中略)生産、加工、販売、研究開発など広い意味における農業活動を統合的に、計画的に実行する一つの社会的組織であるとしておこう。(p17)
 また、兼業農家の割合が高いと、工業部門に対し農業部門の市場経済競争でますます不利になるし、昨今の農業経営規模拡大潮流の中で、兼業農家の意味・位置づけは低くなっていると思うが、
兼業農家を、コモンズの主体的構成員と考えるとき、事情は全く異なったものとなる。もともと、伝統的な兼業地帯では、兼業農家もコモンズの担い手としての役割を果たしていたが、1990年代の終わり頃から現在にかけて、定年帰農というかたちでコモンズを担う動きが急速に進展しつつある。定年帰農の人々が、その人生経験を通じて蓄積された知恵をコモンズにもたらすことの意味は大きい。(p17)
と、発想を転換している。
 「コモンズとしての農村」は、土地所有問題、土地の所有と使用の乖離といった矛盾(というかドロドロ)を「止揚」しておかなければならないし、昔の「共同体」をそのまんまの形で復活させる違和感や抵抗は大きいだろう。ここで農業の生産協同組合的運営…しかもかっちり「枠組み」が決まっているものではなく、生産、加工、販売等で分かれながらも、アチコチで連携するアメーバー状のもの…を考えたりもした。
(続くよ)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

同僚との電気に関する会話

金曜日、車の中で私も含め、3人での時事放談(^^)…てきとーに編集してあります。

「いやぁ~今年の夏は去年ほど暑くなりそうじゃなさそうですねぇ~」
「南米沖の『ラニャーニャ』が無くなったそうなので、猛暑じゃなくなると思うよ。」
「節電の夏ですからねぇ~」
「もう、原発は動かせないだろうなぁ。」
「『浜岡』が止まった時、九州で電力不足になると騒がれたが、これは定期検査とかで原発が止まっているから…そのうち他の原発も検査で止めないといけない。このままで『脱原発』ができちゃう」
20110619k0000e040006000p_size8
(毎日jpより、全国の原発の稼働状況)
「まぁ、とりあえず既存の火力や水力で、当面の電気は足りるからね。急に『原発停止』となったから、燃料とかの手配に手間取ってしまうのだが…」

ここからは、代替エネルギーの話
「地熱発電所って、もう少し作れないのだろうか?」
「日本には地熱発電所が6箇所稼動しているのだが、国立公園内とかでこれ以上開発しない(できない)そうだ。ただ、斜めに穴を掘ることで、公園外に発電所を設ける技術がある(穴を掘るなんて、石油掘削と同じ)。もっとも温泉地で地熱発電をやると、既存の温泉が枯れる可能性もあるそうだが…」
「深い穴を掘れば、それなりの熱源は確保できる。東京で温泉掘って、その温泉施設がメタンガスで爆発する事故もあったやん。そうゆうのも利用すればエエ…」
「そういえば、石油を生産する藻なんてのがあるらしい。」
「おお、TVで見たぞ。NTTドコモが提供してるヤツ…孫正義に挑戦かsign02

でもって、太陽電池とオール電化の話へ
同僚A氏「ウチは太陽電池をつけて、四電に25円/kWで売電しているが、電気はあんまり使わん…湯を沸かすのはガスでやってるから、最近、黒字なんよ。」
「ほぉ~エエですね。でも太陽電池って、ホコリとかついて出力落ちたりしません?」
「いや、それは雨が洗い流してくれるから大丈夫。」(おそらく光触媒とか塗ってあるんやろうな)
「で、太陽電池って何年ぐらいでペイするの?」
「設置に200万かかるから、だいたい20年くらい…でも10年後ぐらいにコンデンサーかなんかがやられるので、それを交換いないといけない。それが30万くらい(エッ~)」
「太陽光のパネルそのものは、半永久的に持つらしい。周辺機器がやられるね。あと、真夏の温度が高いときは、出力も落ちる。水を撒かないと…一番良いのは、春と秋だな。」
「ふ~ん…でも太陽電池って、投入した石油エネルギーより取り出すエネルギーのほうが少ないそうですよ。スマートグリッドにしたって、半導体技術だから、レアメタルとかようけ使うんじゃないの。」
「まぁ、売電した電気だって、送電力量のうちのほんの僅かだから、送電線の中で熱に変わってるだろうね。」
「ホント、何をやっているのか分らん…25円/kWの費用は、太陽光発電をいていないユーザーが負担していることになるワケだ。」
同僚B氏「親からもらった家の風呂と台所に手を入れて、エコキュートにしたが、太陽電池200万までは手がでなかった…」
同僚A氏「オール電化するんやったら、太陽電池入れて売電しないと意味がないよ。だいたい月の電気代は?」
「一万5千円ぐらいかな。」「それやったら、普通に使う電気代+ガス代とほぼどっこいどっこいだね。」
「よし、B氏の家をビフォー・アフターで、屋根そのものを太陽電池にしちゃえsign01屋根の構造に入れ込むわけだから、既存の屋根に取り付けるよりも、補強工事とかしなくて良いので経済的なハズ…」
「いやぁ~屋根も代えちゃってるんですよ…雨漏りがするので、少し直しゃエエかと思っていたら、全部直させられた。」
「そんなん、よくあるやん…ところで、白蟻は大丈夫だった?」
「白蟻は、大丈夫」
「津波の影響は、どうなんですか?」
「ハザードマップによれば、大丈夫らしい。」「でも、今回の震災による見直しで、かかるかもしれませんね。」

「そうそう、『エコキュート』で安い深夜電力を使えるのは、原発は出力の調整ができない(これは大規模石炭火力も同じ)から、深夜電力を使ってもらわないといけない…『脱原発』しちゃうと、深夜電力を安くする必要はなくなっちゃうからね…」

どうぞご参考に…ご意見、ご指摘、ツッコミ等はご自由にどうぞcoldsweats01

| | コメント (8) | トラックバック (0)

「TPP反対の大義」は革命の書となるか?

震災と原発事故以降、すっかり影をひそめたTPP(環太平洋経済連携協定)について…
ずいぶん大仰なタイトルをつけたが、「TPP反対の大義」(農文協ブックレット)をよく読んでみると、現代資本主義の矛盾を克服するためのヒントが一杯つまっているように感じたからだ。
001
 TPPに関しては、様々な批判がなされており、記事や書物もでている。当初、シンガポール、ニュージーランド、チリ、ブルネイの「小国連合」で始まった「例外なき関税撤廃FTA(通常FTAは2国間で時間をかけ交渉して決めるので、自国の弱い産業部門を保護する例外規定等を設ける余地がある)」として始まった「TPP」(環太平洋経済連携協定)であるが、そこ米国やベトナムが参加するそこに、新たに日本が参入する経済的・社会的メリットは無い。保守・右系の方からも、日本に有利なルール作りの余地が無く、また新たな参加表明国に日本と産業構造が同じで利害が一致する国も無いことが指摘されている。そんなTPPへの参加の理由は「自由貿易」=「良いこと」「成長の源泉」という「ドグマ」だけなのだが、それが現代資本主義(帝国主義)がグローバリズムに「発展」させると同時に、格差・貧困を広げ、地域や社会を破壊している。だからこれに反対する「大義」の中には、現代資本主義批判と次の社会モデルのエッセンスがつまっていると言えよう。

 何回かに分けて、本書の内容で肝となる箇所を紹介し、感じたことを書いていきたいと思う。その前に本書の構成は
PART1 TPPと農業・農村・日本社会
PART2 TPPをむらと地域から考える
PART3 自治体、協動運動とTPP
の3部から成る。PART1は各分野の研究者による包括的なTPP批判、PART2、3は、農業などの各経済主体、運動主体に近いところからのTPP批判であり、性格上PART1の分量が多い。

PART1 TPPと農業・農村、日本社会
 ここでは11の論文があるが、そのうち
・TPPは社会的共通資本を破壊する 農の営みとコモンズへの思索から(日本学士院会員・東京大学名誉教授 宇沢弘文)
・真の国益とは何か TPPをめぐる国民的議論を深めるための13の論点(東京大学大学院教授 鈴木宣弘/コーネル大学客員研究員 木下順子)
・世界貿易の崩壊と日本の未来 TPP=タイタニックにのりおくれるのは結構なことだ(評論家・思想史家 関 曠野
・北東アジアにおける食料・農業協同の芽を摘み取るTPP 高知大学教授 飯國芳明
の4つを取り上げる。
(思いましたように、つづくよvirgo

| | コメント (11) | トラックバック (2)

政治革命のためのちょっとしたメモ

先日のエントリーもう中央政府には頼れないんだろうにおける、BMさんとROM人さんのコメント応酬…というかROM人さん(まぁこの人の意見や考え方は、私とはかなり相容れないところがあるのは充分承知の上で)からの意見から、ちょっと思いついたメモ書き程度のこと

①独裁制…というか>憲法改正して首相公選制の導入して、国民にリーダーを選んでいるという自覚を持たせることが必要でしょう。について

現在、地方自治体の首長…市長や都道府県知事…はそのようにして選ばれている…が、リーダーを選んでいるという「自覚」は、あまりもってないだろう。まあ、「地方自治体」は権限が小さく、財源も上に握られているからなぁ~
80年代、中曽根康博(日本の原子力「平和利用」の大戦犯)も「首相公選性」を訴えていたと思うが、元首に限りなく近い「天皇」をどう取り扱うかというところもネックになったし、今もなっているだろう。

②地方分権・道州制
と、いうことで大阪府知事の橋下は、将来の道州制…国の予算や権限を大幅に道州に移譲することが前提…を見越して「府庁のWTCへの移転」やら、「関西広域連合」「大阪都構想」なんかを打ち出している。今より小さな単位で日本を分割して、そこの首長に大統領的権限を持たせるということだ。
ただし、道州制の前提に、現在の市町村のさらなる整理・統廃合および行政に関わる公務員の削減、地方議員の削減がある。これもROM人さんが言うように
>直接民主制は理想形だが、効率やコストの面で非現実的
というより、民主制そのものにはコストや時間がかかる。現在の「公的機関」も議会で予算の裏づけがないと動けない…だから公務員より民間を…となるのだが、実は民間であってもそんなにホイホイと仕事をスピーディにやっているわけではない。「何が利益になるか」充分検討した上で事業をやるわけだから、けっこう無駄なプロセスも存在する。また、民間は民間で財務・税務など、実際の業務とは関係ない部門があって、こーゆーところは融通が利かない。
ま、とにかく石原都知事や橋下のような「大統領」の暴走(良い方向へならともかく、悪い方向に行った時)の歯止めを「議会」がするわけであるが、議員の相対的あるいは絶対的人数の減では、それが難しい。

③コミューン・ソビエト・〇〇委員会→プラットフォーム
ここでぐぐっと「左翼」の言葉(最後は自分の「造語」であるが)をだした。これらは「議決し・執行する」行政機関である。近代民主主義の「三権分立」とは大いに異なるが、パリ・コミューンは早くも1871年に成立している。これらの構成員は、議員が公務員を兼ね、いつでも民衆の直接選挙によって交代させることができるもので、スイスで行われている直接民主性よりもより具体的・行動的な民主主義のあり方で、かつ行政の仕事も迅速に進む。
ただし、そうゆうものが有効に働く範囲…広さはそんなに広くない「全世界を把握する」ことなんて不可能なのだ。よって、道州なんかより、かなり狭い範囲で、その能力は発揮される。
だが、小さな単位…旧来の共同体でのみ…で動くと「地域ボス」とか、何か悪意を持った(いや持たなくても)ヤツによる独裁的支配が、より簡単に行われる…だから人々がそれぞれの課題や興味に基づき参加・実行する。これが私の提唱する「プラットフォーム」である。そしてその「境界線」はそれぞれ複雑に絡み合っていることで「相互チェック」を行う。

④とはいえ、経済行動は世界的
交通・通信の発達により、確かにそうなっている。「道州制」なんかが出てくるのも、せいぜい徒歩か馬で人や情報が移動していた時代の市町村、都道府県の区切りを越えて、さらには国境も越えて(ただし人が国境を越えるのは色々難しい)動いている実態から発想されているところがある。
しかし、通信はともかく、交通…物資の移動を世界規模で行うことで、エネルギーの浪費(原子力では商船や航空機は動かせないsign01)や生産(特に農業等の一次産業)での偏りといった、人間生活のための環境を破壊する。これらをもう少し、人々が認識できる範囲内にダウンサイズする必要がある…そのための「プラットフォーム論」でもある。また、「脱原発」というのは、そういったダウンサイジングも含んだ思想潮流であり、自然(再生可能)エネルギーをどのような形で利用するかはともかくとして、そういった方向に進んで行かざるを得ない。

⑤自分のことは、自分で決める…
これが、今の「政治」にとって変わる。「自治」であり、民主主義である。だから民族自決権や、マイノリティーの権利、自由も含む。

⑥自治に参加するためには、「経済」からの自由が必要
ところで、プラットフォームで自治に人が自由に参加するためには、少なくとも現在「食うために最低8時間は、労働」に拘束される社会が改められなければならない。多くの人はもっと長時間、肉体的精神的に「食うため」の時間・労働に束縛される。
これを解決する方法として、マルクスは「ゴータ綱領批判」で展開している「共産主義社会の高次段階」を、プロレタリア革命→賃金労働の廃止→…で提起している。まぁ道のりが長く、しかもやったつもりが「大失敗」しちゃったこともある。プロ革無しに、賃金労働もそのままでそれを解決するのがBI…ベーシックインカム…であろう。資本主義を肯定する側からも、否定する側からも賛否両論ありかつ「魅力的」な考え方であるが、これが実現するときには、既成の労働、社会観は確実に変わるし、変えないと導入できない。単に「財源」を用意して配ればよいというものではいかんようだ。そこにはなんらかの「革命」が存在する。

ま、ざっとこんなモンか…

⑥政治参加

| | コメント (1) | トラックバック (0)

萌え萌えとくしま

徳島の眉山ロープウェイ侵略完乗のため、阿波踊り会館へ(^^)/

Dsc01157
なんか、建物がデカイ…隣に「れもん」とあるが、海の家ではアリマセン

Dsc01158
「何だ、この行列はsign02」と思ったが、ロープウェイに乗車するためでなく、なんかオタク系イベントをやっていたらしい。

Dsc01159
で、こんなんとか…

Dsc01165
山上駅には、こんなんも…

Dsc01166
東方さんも、なんか咬んでるようです。

Dsc01168
何だ、コレはcoldsweats01…隣は、映画「眉山」のポスター

Dsc01179
ロープウェイは、ゴンドラ2つなり…

Dsc01180
券売機のイラストも、それっぽいup

Dsc01181
阿波踊りで、萌えませうheart03

Dsc01177
ではでは…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨日(6・11)はどう過ごしたか?

昨日の「脱原発100万人アクション」に参加された皆様、おつかれさまです。

新宿における「制服向上委員会」の「ダッ!ダッ!脱・原発」の歌

そーゆー私は、どうしてたかというと…午前中…点滴なり
昼に帰って、冷蔵庫とPCのコンセントを抜く…朝から降っていた雨rainも、止んできました。
Dsc01581

まぁ、腐るモンなぞ、入ってないしhappy01
で、ベランダに黄色のボードを出す
Dsc01578

こっちで使ってるヤツの、裏側なんですが…
で、ダラダラと暮らす。

Dsc01577
イカちゃんが、いっぱぁ~いvirgo

Dsc01579
なぜか、「けいおん」

| | コメント (5) | トラックバック (1)

て、点滴だぁ~

水曜日には、みんなで焼肉を食べる予定だったのだが、どうしたことか体調を崩して、会社にも行けず…

夕飯ぐらいは、なんとか食えたが…今日はクリニックへ行って、抗うつ剤入り点滴をうけることにcoldsweats01

お医者さん曰く「明日も来なさい」とのことsign03

明日の6・11脱原発100万人アクション…どないしょsign02

しょ~がないので、「侵略!イカ娘」

001

人間どもは、もっと地球を大事にするべきなのでゲソ!!

002

海で生きられるのなら、海に戻って自給自足の生活をするのが、本当のエコだろう!!

それにしても…オバQ、ドラえもん・・・・・・・・・・・・・・イカ娘等、なぜマンガの世界では、得体の知れない者をホイホイと居候させるのだろーかsign02
食事代とかもかさむと思うのだがvirgo

| | コメント (2) | トラックバック (0)

もう中央政府には頼れないんだろう…

震災から3ヶ月が過ぎようとしている。原発事故の収束はともかく、肝心の被災地復興が進んでおらず、多くの人が避難所生活や、不自由な生活を強いられている。目取真俊さんのブログ「海鳴りの島から」で釜石市へとかを見ても明らかだ。目取真さんは、

地元の消防団の人たちや建設作業員が復旧作業を行っていたが、被害の大きさに比して作業する人の少なさが釜石市でも目についた。マスコミでは「復興」という言葉が盛んに使われるが、それを可能にするだけの人や機械が被災地に投入されていない。

と指摘されている。

四国新聞では、東北4県の経済、「急速に悪化」大震災で1~3月期とある。
 

財務省は6日、全国財務局長会議を開き、東日本大震災による被害が大きかった青森、岩手、宮城、福島の東北4県の2011年1~3月期の経済情勢について「急速に悪化している」とし、厳しい景気判断を示した。大震災による設備損壊や停電で生産活動が「極めて大幅に減少した」のが原因で、茨城、栃木両県も「悪化している」と報告した。
 財務局長会議が開かれるのは震災後初めて。全国総括判断は「大震災の影響により足元で弱い動きとなっている」とし、2期連続で下方修正。自動車などの生産活動が大幅に低下、消費も低迷し、震災の影響が全国的に広がっている現状を示した。

先週まで大騒ぎしていた、「菅下ろし」「内閣不信任」…菅がいつ辞めるか?「大連立」をするのか…もうAFOらしゅうて見てられんpoutとっとと予算と法律作って、被災地に人と機材と金と知恵を回せよ!
そりゃ~菅も枝野も、特に有能な政治家ではないし、小泉や小沢みたく、変に期待されているわけでもない(それにしても「不信任案採決」を欠席した小沢って何sign02こんなヤツに「期待」している人たちがまだおるようだ)それは自民党や公明党の指導部だって、似たり寄ったりだろう。

状況は、第一次大戦時のロシア3月革命後に、似ている…ブルジョワ政権が、全く現実の政治に対応できず、右往左往しているのだ、しかし今の日本に「レーニンの党」は無いし、レーニンがとったように「少数精鋭」の「革命家」達が中央権力をとりあえず握っても、対応できんだろう。
ホンマ「革命的情勢」なのに、それを遂行する政治勢力もないし、誰かが「代行」してくれるわけでもない。例えば孫政義だって、具体的に目に見える何かを今やっているわけではないし、やってもくれない。

地方行政機関も被災によってマヒしているし、金(予算)と法の裏づけがないと何もできないのは仕方がないが、やはり自らで動くことをやっていかないと、ダメだろう。

義捐金の配分も、遅れていると聞く…「中央」を通すより、もう人と人とのネットワークで、今活動しているところに直接、金を送ったりするほうが良い。

そのような「活動」をする組織は、それぞれの目的…ガレキの片付け、住宅・都市の再建、食料供給、エネルギー供給、福祉・医療、教育…ごとに「プラットホーム」があって、それぞれが能力や理念に基づき集まって仕事をする…そこには既存概念の「右」も「左」も無い、個々人が別々の目的をもつ複数かつ理念が違う「プラットホーム」に参加することも可能…ただし非常時とは言え、「民主的」運営が担保されること。

これが既存の共同体や、自治体、会社等の「壁」を乗り越えて運営される。

昨今の「反原発」の動きに、その萌芽を求めたい…まだまだ「既存の団体」の周辺にいろんな人々が集まっている段階ではあるが…「反原発・脱原発」では一緒に行動する。方針、方向性は色々…よほどのトンデモ(「民主的」運営を否定する行動をとること)以外は「排除」しない。「自然エネルギー」志向(私はこれには、まだ?である)、「既存の火力で乗り切る」志向、「脱大量エネルギー」志向…それぞれでやりたい人は、別の「プラットフォーム」を作って、別の機会にやれば良い。

「民主的」や「プラットフォーム」と便宜的に書いた…これをこれまで「革命的左翼」が使っていた「コミューン」だとか「ソビエト」だとか「工場(〇〇)委員会」「〇〇協動組合」とか…手垢のついた言葉で簡単には置き換えたくない。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

どーやってこっそり爆発物を仕掛けるか?

昨日の、うどんを食わないゴルゴ13、第512話へのツッコミ…お仕事関係編です(^^)

中国の「テロリスト」達は、高松で開催される「日・ASEAN交通大臣会議」の情報をキャッチ後、妨害ついでに、米原…おお、だれがモデルかすぐ分る…国土交通大臣暗殺するため、会議場予定箇所、高松空港、そして南備讃瀬戸大橋に時間をかけて小型爆発物ユニットを大量に仕込む「作戦」をとった。

では南備讃瀬戸大橋の下に、どうやって爆発物を仕込んだか?

003

「楊君がうちのアルバイトに来て、もう1ヶ月か…」「若い人にはなかなか続かない仕事だけど、君が来てくれて本当に助かっているよ。」

橋の点検を、年配の技術者と中国人アルバイト2人で行っているシーン…で、このバイトが「君はこっちを宜しく頼むよ…」と、信頼されているので、毎回一人で橋の下に降りて行き、作業用ネットを張った後に小型爆破物を仕掛けていくという設定なんですが…

確かにこの業界、3Kやら公共事業縮小とやらで、なかなか若い人は来たがりません。人手・人材は不足してます。とはいえ仕事の絶対量が少ない…予算をまわしてくれないから…人が来ても「低賃」でしか雇えません。「中国人アルバイト」も居そうですが、ハイ、ツッコミです。

橋梁の点検は、ぽっとやって来たアルバイト一人でできるもんじゃ、ありませんsign03(業界をなめるんじゃねえpout

点検の際はどこを見て、どんなところに注意するのか、技術的な知識が必要なのです。机上の知識だけでなく、先輩技術者について教わりながら仕事を覚えるのがアタリマエ。そして異常があろうとなかろうと、点検結果を報告書に取りまとめる必要がありますので、大体チームを組んで行います。一人で見てきて、ハイおしまいということは有り得ません。

もちろん、「異常」がないかどうか、ざ~ぁっと見ていくだけの、簡易な点検もあります。しかしそんな点検は、同じ所を1ヶ月もかけて延々とやるものではありません。どんどんやる場所を移動して行きます。よって、目的箇所にネットを何日かかけて張り、少しずつ爆発物をセットしていくのは不可能です。確実に怪しまれます。

次、仕掛けた場所が橋の下で見えない、ネットを「仮に見かけたとしても補修作業か何かだと思うでしょうから…」
という点について…
重要航路の上を通る橋にネットをかける作業自体、関係機関と協議しないとできません
作業をする際に、航行する船舶等への安全が保たれる工法なのか、上から物を落っことす危険性はないか、場合によっては、船の航行しない時間帯しか作業しちゃダメとか、いろいろ条件はつきます。

仮に、こっそりネットを張ったとしても、1ヶ月以上そのネットはあるわけですから、海保なんかが見つけて、関係機関やJRもしくはJBに問い合わせ等、するでしょう。これも確実にバレます。

もし瀬戸大橋をぶっこわしたいのであれば、列車に爆発物を仕掛けるか、上の高速道路でタンクローリーを炎上させるか(鉄ものですので、高温には弱い)、オーソドックスな方法をとるべきでしょうbombモチロン、実行者が「自爆」というのが一番確実です。

大臣を暗殺したいのであれば、先にゴルゴを雇えばエエわけですな(金がなかったか、コンタクトに失敗したかcoldsweats01

おまけのツッコミ…テロ情報を受けて、西日本一帯の警察から国際犯罪や爆弾テロの精鋭が高松に集められ、対策会議をやってるときのシーン
001

「上海からの直行便も就航しているんだ!」「街には厖大な数の中国人が居るはずだ!空だけじゃない、海や国内から渡って来るのも考えたらきりがない!」

高松空港へのLCC、春秋航空の就航が4月から予定されていましたが、震災・原発事故の影響で中国の旅行業界が日本への渡航を「自粛」したため、「初便」到着は、6月3日でした。

高松-上海間の定期チャーター便の7月15日運航開始を前に、中国の格安航空会社・春秋航空(上海市)によるプレチャーター便が2日、高松空港に到着した。東日本大震災の影響で就航が延期された同路線の事実上の第1便。上海・浦東国際空港を出発した中国人ツアー客ら約180人が来県し、浜田恵造香川県知事らの熱烈な歓迎を受けた。(以下略)

まあ、漫画の構想は震災前だったのだろうでやむをえないが…直行便が就航したら四国目当ての観光客は来るだろうが「厖大な数」にはならんだろうdown(いやぁむしろ沢山観光客が来てくれて、お金を落としてくれるのはアリガタイmoneybag

もし「中国人テロリスト」を警戒するのであれば、合法的に滞在している中国人…留学生なり研修生…にしぼられます。そしてそうゆう人たちは、確実に「入管」が把握しています。「不法滞在者」を危険視する人たちも居るでしょうが、いつ「入管」に見つかって「収容」されるリスクの多い「不法滞在」は、計画的な「テロリスト」はやりません。

と、いうことで「エンターテイメント」にツッコミを入れるのはここまで…しかし「さいとうたかを」、排外主義あおりすぎ。

【追記】そういえば、「中国人アルバイト」がそこに一人でネットを張って爆発物を仕掛けることができるのなら、少なくともその近くまでは直接、人が行くことができる。で、優秀なとび職人を呼んで、簡易に親綱を渡した上で安全帯等で落下を防ぎ、桁下に行くことは可能だろう。その職人に爆発物のコードを切らせればよいわけだ。1000t列車も、ゴルゴの出番もナシ…巡視艇の中で、一人黙々と讃岐うどんを食すゴルゴのシーンで終わることにhappy01
あと、優秀な職人さんは、こんなときのためにも大切にしておきましょう。待遇が悪いと人が来ないので、とび職なんかの「技術」も継承されません。それはそれで、重大な問題なのです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ゴルゴ、うどんぐらい食え!【ネタバレ注意】

某青年誌で長年連載されている「ゴルゴ13」(さいとう・たかを さいとう・プロ)シリーズ…第512話「日・ASEAN会議」は、なんと香川でゴルゴが活躍…なぜか四国新聞も連載前にネタとして取り上げたので、どんなモンかと思って読んでみた。

ゴルゴは依頼者とどこのうどん屋でコンタクトするのか、ゴルゴは讃岐うどんを食ってから狙撃するのか…わくわくドキドキしながら買ってみたのだが…そんなシーンはありませんでした(^^;;;;

高松で開催される日本とASEAN10カ国の交通大臣を集める会議を、中国のある組織(いちおう、党や国家からの「ハネ上がりモノで構成されているという設定)がテロで妨害するという情報をキャッチした国土交通大臣官房審議官が、ゴルゴとコンタクトするのは日比谷公園…で、ゴルゴは巡視艇に海保SSTの指揮教官として来日した「トウゴウ(米)海軍中佐」として乗り込んでるだけ…せっかく香川に来たんだから、讃岐うどんぐらい、食べなさいsign03

ま、これくらいなら設定はともかく「エンターテイメント」として割り切っておればエエのだが、この後はどーしても突っ込みたくなるんですよねぇhappy01

ゴルゴの「活躍」は、南備讃瀬戸大橋のトラスの下に、びっしり仕掛けられた爆発物のコードを狙撃して、爆発を阻止するというもの。ただし、真横から撃つと起爆装置に当たってしまう…で、どうしたか?

002

「しかし、何だってまた、電気機関車を10両も連結するんだ?」「何でも、国交省の指示らしい、詳しいことは、俺も知らないけど、な…」

機関車10両を繋げた「1000トン列車」を編成し、橋を通過させる…これで橋がたわむので、コードが横から狙撃できるというストーリーなんですが…
ハイ、ここで突っ込み
いくら国交省の官房審議官が「指示」しても、ホイホイとすぐに列車を編成して走らせることはできません。
臨時列車にしろ、あるいはドクターイエローのような保線のための計測列車にしろ、あらかじめ組まれたダイヤ(スジと、鉄道業界では言っております)上でしか、走らせることはできません。災害時に迂回して「緊急」に走らせているような列車でも、あらかじめ「スジ」を引いておかないと、走れないのです。また、構内で入れ替えとかの作業においても、あらかじめ指「スジ」は組まれていますtrain
爆発物が発見されてから2~3時間程度…爆発する時間までに間に合わせないとイケナイ…で、そんなことは天下のJRでも不可能ですcoldsweats01
どうしてもやりたければ、全線を緊急に止めて「工事車両」扱いでやらんとアカンでしょう…そーすると、「秘密」のミッションは、バレバレとなります。

次、高松運転所(作品では高松貨物ターミナル駅」となっている)には、機関車は3両しか配備されていません。しかも、四国全島で3両です。貨物列車が来ていたとしても、プラス2~3両でしょう。と、いうことで機関車10両編成を高松で作ることはできません。

ここで、お勉強
「1000トン列車」というのは、瀬戸大橋開業前に実際に走行したもので、様々な計測装置を積んで、「橋のたわみ」のみならず、設計どおりの橋が出来ているか、あるいは設計に使った理論・前提に誤りがないか検証したものです。
1000トン列車の映像なぜか埋め込みコードが無効になっています。実際は9両連結でした。

なお、「うどんを食わないゴルゴ」への、別の視点のツッコミはまた後ほどvirgo

| | コメント (2) | トラックバック (0)

6・11脱原発アクションに決起せよ!

6月11日、東日本大震災が発生して3ヶ月。福島第一原発が「多重防護」による「安全神話」もむなしくぶっこわれ、未だに放射能を撒き散らして3ヶ月…震災と原発「人災」に、な~んも有効な手を打てず「浜岡原発停止」でお茶をにごすだけで、AFOな自民党「ガッキー」谷垣らに不信任案を突きつけられた菅政権…今こそ、反原発・脱原発に立ち上がり、日本を放射能汚染や電力を強制的に消費させ、格差と貧困をもたらす政治から「洗濯」しようじゃなイカsign03

ということで6・11脱原発100万人行動が呼びかけられているぞ~punch

6月11日は、福島原発震災から3ヶ月。 今なお放射能の放出は続いています。 私たちは、人や自然を傷つける電気はいりません。 全国各地域の人々とともに、 6月11日に脱原発を求める100万人アクションを呼びかけます。 6月11日は、声をあげましょう! 今こそ脱原発へ!!

賛同フォームも、あるぞ~

アクション一覧もあるぞ~

おお、香川でもJR高松前で、やるじゃなイカvirgovirgovirgovirgo

とりあえず、四国では伊方原発の地元でたたかう原発いらないネットワークさんが、サウンドデモをやる予定
転載情報:【拡散】【拡散】【拡散】【拡散】6.11サウンドデモ情報
2011.6.11(SAT)
13:00 堀の内広場集合
13:30 出発
ルート(予定)/西堀端→南堀端→市役所前→県庁前→一番町→勝山通り→千舟町通り→花園町→城山公園広場

大体ですが2~3時間くらいの予定。
雨天…考え中。

思い思いのファッションやプラカード、ジャンベやなんやかやの楽器や鳴り物、マイカフォンで想いを伝えたい人、 賛同してくださる近県にいらっしゃるアーティストさん、コスプレイヤーも大歓迎… な感じです、今のところ★

また詳しいことが決まり次第発表させていただきます。

ずっと安全でおいしいものを食べていたい。
子供たち、そのまた子供たちに残したい。
6.11 福島原発震災から3ヶ月。
もう黒い雨を降らせてはならない。
政治的背景? 
イデオロギー? 
そんなものはないんです。
ただ純粋に
“嫌”
“脱原発”
原発に変わるエネルギーに方向転換を!
音楽やファッションの持つ力を信じて、みんなに呼びかけます!

にぎやかそうじゃなイカsign03

なお、アクション一覧には無いが土佐高知さんらが、脱原発四万十行動というのをやるようだ。

Photo

6・11は、それぞれが、それぞれの場所、それぞれの方法で、決起しようぜsign03

| | コメント (5) | トラックバック (1)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »