« 8・6ヒロシマ大行動のアピールを転載 | トップページ | 四国の中心で »

「東京に原発を!」のもう一つの意味

福島第一原子力発電所事故によって、様々な原発・放射能関連の書籍が売れているようだ。その中に広瀬隆氏の「東京に原発を!」(集英社文庫)がある。
001
原発が安全なら、電力大消費地の東京につくればよいじゃないかというコンセプトの下、新宿に都庁が移転する前に「新宿1号炉」を構想したものであるが、チェルノブイリ原発事故後、大幅に加筆され、原子力災害の恐ろしさを訴えるものになっている。

私は、東京のような沖積層のたまっている地盤の悪いところに、原発みたいな巨大な建造物なんて発想自体無理だろうと考えていたし、東京のように人口の集積しているところは、巨大原発を作るよりももっと有効な使い方をすべきだろう!というブログでの意見も見かけた。

で、とりあえず読んでみると…原発そのものの建物の面積は、以外に狭いということ…広い敷地は安全管理のために設けられている。だから今の出力100万kWクラスのものをボンボン同じ所に作るのではなく、40万kW程度のものを5基、分散してつくるのだそうな。そして出力を5%ぐらい落とせば、温排水が100℃ぐらいになる。だからこれを地域冷暖房に活用すれば、エネルギー効率も上がる。もちろん延々と送電線を引っ張ってくる必要もないから、その分効率も上がるというわけだ。

ほーそういう発想が、あったのかsign03

実は経済界の一部も、似たようなことを考えたことがある。すなわち電源(原発)に近いところに、「安い」電力を利用した「原子力コンビナート」を作ろうというものだ。広瀬本のp80~82ぐらいに、この構想についての記述がある。

一冊の雑誌「工業立地」(1973年8月出版)が手元にある。 そのなかには、十六頁にわたってぎっしりと「原子力コンビナートと地域開発」と題したプランがある。 この雑誌は「工業立地センター」が発行したものだが、そのセンターの理事と評議員には、当時の木川田一隆東京電力会長、前田七之進日本電機工業会会長、岩崎景春同会専務理事(中略)十六頁のレポートの最後に、関西電力が「美浜原子力発電所」の広告を大きく入れていることからわかるように、学会誌のような単なる遊びでなく、原子力に関連する産業界が真剣に取り組んだ工業立地計画の書である。
016と、まあここにその構想図を示す(それにしても、この図では肝心の原発がどこにあるか分からん!真ん中のアルミ工場の近くだろうか・・・そーいえば中学校時代の地理で、北陸地方は(水力発電による)豊富な電力を利用した、金属精錬・加工工場が多いと習ったっけ)

ところが「石油ショック」以後の高度経済成長が鈍り、新規の多くの工業団地計画地で計画は破綻(電力が大事なら、原発の近くのほうがなおエエやろ)…むつ小川原なんぞ、核燃料サイクル施設なんていう、トンデモ迷惑施設がやってきた。

ここで総務省・統計局HPから、日本の統計、第10章 エネルギー・水の中に、面白いデータがあった。10-3発電所数と最大出力(エクセルデータ)をクリックしてみよう。すると…日本の発電所は、圧倒的に小規模のものが多いのだ。で、これを加工して表にした。
Photo
(データは2009年度のもの)
発電所数あたり、大体60万kWなのだが、原発だけが、飛びぬけてデカイ!原子炉基数54で割っても、90万kWである。

なるほど、原発は「湯沸かし器」なのに超複雑で、放射線防護のための設備投資が巨大になるから「規模の経済」が思いっきりはたらくのだろう…しかし、それにダマサレテはいけない。

かつて東大で環境問題について発言を続けて、万年助手(後に沖縄大学、退官後名誉教授となる)でいた宇井純氏は、大規模な流域下水道は金ばかりかかって、それでいて水はちっともキレイにならない(薄めて放流しているだけ)、自分が設計した小規模なシステムで汚水の濃い段階で処理すると、金もエネルギーもかからないと主張していた…溜めておくことのできない「電力」も、規模の経済は成り立たないのではないかsign02まして出力調整のできない原発においてや…

あと、地盤の問題だが、現在原発が立地しているところも、けっこう軟弱な層があったりする(活断層の問題もあるが)同じく広瀬隆氏の「福島原発メルトダウン(朝日新書)」によれば、核燃料再処理工場、東通原発、大間原発のある下北半島も、縄文時代は海底だったそうな…ブルブル

ま、地盤改良の技術はそれなりに進んでいるので「原発は安全」「放射能は恐くない」のであれば、東京なり大阪なり、埋立地に作ればよかろう。現に関西電力が誇る?最大のLNGコンパウンドサイクル発電所(全出力200万kW)も、埋立地にあるぞthunder、東京近郊のネズミさんがいるテーマパークのとこらへんも、ええんじゃないかsign02


|

« 8・6ヒロシマ大行動のアピールを転載 | トップページ | 四国の中心で »

技術屋さんのお話」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

それなんてコッペリオンの世界w

投稿: ROM人 | 2011年8月14日 (日) 12時41分

コッペリオンという漫画は読んだことありませんが、東京の原発がメルトダウンしたという設定なんですね。

投稿: あるみさん | 2011年8月15日 (月) 22時08分

原発事故のせいでアニメ化が中止されました(´・ω・`)

まぁいつの間にかバトルアクションになってたりするけどw

投稿: ROM人 | 2011年8月16日 (火) 21時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1094529/41193963

この記事へのトラックバック一覧です: 「東京に原発を!」のもう一つの意味:

« 8・6ヒロシマ大行動のアピールを転載 | トップページ | 四国の中心で »