« TPP反対の大義(続き編)…世界貿易の崩壊と日本の未来 | トップページ | 「南京大虐殺はなかった教」を粉砕する。 »

脱原発アクションへの決起と、当面の課題について

東日本大震災から半年の9月11日から、9月19日にかけて脱原発アクションウィークとして、全国様々なところで、様々な集会が持たれている。全力を挙げて、決起しようsign02

スローガンは
◇再稼働に反対! 運転中の原発も止めよう! 来春の全原発停止を実現しよう!
◇安全委員会、保安院に安全審査の資格なし! ストレステストはいんちきだ!
◇福島の人々とともに、放射能から子どもたちと労働者を守ろう!
◇電力は足りている! エネルギー浪費をやめて、自然エネルギーへの転換を!

とのこと…

リンク先には、全国の行動予定がびっしり…(なぜか同じ集会が重なって登録されているケースもあるが・・・)我が香川県もその一つ。Photo
9.11脱原発アクションin香川
日時:9月11日13:00~14:30
@香川県高松市中央公園
(主催):脱原発アクションin香川
(問合せ)087-813-0715 Email:ZVF05007あっとnifty.com

誰のいのちをも踏みつけにしない社会、
原発に依存しない平和な社会をつくるために、
私たちができることは何だろう…
いっしょに考えながら歩きませんか?
参加費無料。
プラカードや鳴り物などがあれば持ってきてください。
(こちらでも準備します)

日時:9月11日(日)13:00〜14:30
集合場所:香川県高松市中央公園
商店街をアピール・ウォーク⇒四電本店前へ

(主催)脱原発アクションin香川
(問合せ)tel:087-813-0715
E-mail:ZVF05007(a)nifty.com
(a)を@に変えて下さい。

同じ集会(のハズだろうが)、香川連帯ユニオンとやらが、

9.11脱原発アクション
反戦反核反原発で中央公園に13時集合四国電力本社までデモ行進します。
自由に思い思いのプラカードや鳴りものを持って集まってください!!

てなことを書いている…完全に行動がだぶっているじゃなイカsign02実行委員会を構成するユニオンが先走って「登録」したのか。それにしてもこのユニオン、「労働運動」をやっているような気配が見受けられない。急遽「反原発」のために集まった集団みたいvirgo

ま、当日、行ってみれば分るかhappy01

ここからが、本論…少し長いが、まあ読んでくだされdown

スリーマイルの事故、チェルノブイリの事故を経験して「なんか原発ってヤバイぞ!」と、薄々多くの人々は考えていたと思うが、それは「遠い国」での、自らと関係のない話であった。しかし、3月11日の東日本大震災による、福島第一原子力発電所の事故で、ようやく「やはり原発はアカン」という、反原発・脱原発の「形」が動き出した。各地で反・脱原発運動…4.10東京(不当逮捕者を出す)、4.16関西でデモ、集会。6.11全国でデモ、集会 9.11、全国で集会・デモの予定、その他、福島のお母さん達が「20ミリシーベルト撤回」に立ち上がる、九州電力本社前では、停止している玄海原発の再稼動に反対するため、座り込みテント村が設営されている。
運動の企画主体は、新旧の「活動家」と呼ばれる人たち…新しい「活動家」達は2000年以降、これまでの左翼陣営が取り組めなかったワーキングプア、貧困問題や、マイノリティーの問題に取り組んできた人たちである…が、これまでデモ、集会に参加したことがない層が多数参加(2003年イラク戦争反対以降のムーブメント)これら民衆の力で、政治を「脱原発」に持っていくことが当面の課題となる。原発維持・推進派の巻き返しと格闘しながら、現在定期検査等で泊まっている原発の稼動を許さず、のこりの原発を定期検査で止めてしまえば、自然に「脱原発」となるが…
浜岡原発では、とりえず「反原発」の声に押されて、菅前首相が停止させた。ただし津波対策をやれ
ば再稼動OKというインチキなものだ。佐賀の玄海原発は、地元の粘り強い闘いに加え、「やらせ問題」という敵失で停止中。北海道の泊原発では、調整運転を実稼動させるという名目で、3号機の稼動を北海道知事が認めた。高橋はるみ北海道知事は、電力関係企業から献金を受けている。ただ、現在定期検査中の1号基や、来月から定期検査に入る2号基の再稼動は「慎重に行う」と報道されている(知事もとりあえず日和っているのだろう。ちなみに泊原発は、幌延に高レベル廃棄物の処分場を作るため「北海道も原発の恩恵を受けているでしょ」という理屈づけのために建設されたという話がある。) 
 また、原発を単に停止させるだけでなく、放射性物質による健康被害、地域破壊を無くすための「正しい情報の開示」と、「安全な放射性物質管理」を求める課題がある。菅前首相は、原子力安全保安院が経済産業省の下、原子力安全委員会が内閣府の下でかつ「推進者」が「推進者」をチェックする体制を、環境省の外局「原子力安全省」にすることを打ち出した。しかし政府が「脱原発」宣言をしたわけではないので、これについては厳しい監視が必要となる。(環境省自体、3流官庁だし)また、放射性物質の管理や、安全のための情報は、文部科学省(旧科学技術庁)が持っている。ある意味、こちらのほうが手ごわい相手かも知れない。学校教育で「今の放射線は安全」と宣伝も国費をつかって堂々とできるのだから。

 ただし今の運動は、「反原発なら何でもあり」状態でとりあえず動き出したというのが現状である。デモを弾圧する警察に対し「ありがとう」と言ったり、「民族派右翼」の登壇をめぐってもめたりしている。ただ、それらを「お前等それは間違ってる!」と頭ごなしに批判・非難することに力を注ぐのは、運動がむやみに「分裂」「分解」し、最終的に萎縮してしまう。これは過去の「新左翼運動の誤り」を縮小再生産したものに他ならない。
「敵」は権力も金も持っているし、「頭の良い」人間も多い。「ホントのようなウソ話」をマスメディアで流すことも容易である。間違った「情報」や「情念」をもとに運動を進めていくと、確実に足元をすくわれる。弾圧組織(公安警察)も健在だ…仕事が増えたと喜んでいるかもしれない。
もちろん原則は「原発はいらない!」「たかが電気のために原発なんて(小出先生)」でよい。違いや異論は「民主主義的方法」で粘り強く正していくしかない。そのためのプラットフォームをあちこちに作る…これの核になれるかなれないかが、今行われているそれぞれの運動の分かれ道である。

その上で、左翼として運動に取り組む原則は、「脱原発」(「脱」できなかったら、結局原発に戻る)ではなく、「反原発」である。原発は、差別と抑圧(被爆労働、地域社会の破壊)なしでは成り立たない。また「電気を使った便利な生活」とは、「電気がなければ何もできない生活」である。省エネをして、本当の「エコ」な生活をしようと思えば、結構手間隙、時間がかかる。長時間、低賃金で疲れるまで働かされる…電気を使って…厖大な電力は基本的に資本の増殖のために使われる。労働や生活は「電力」の下にひざまずかされる…こうした世の中が間違っているんだということを、はっきりと打ち出さなければならない。「電気が無ければ病院とか福祉施設で弱者が困りますよ」と、これまで弱者のことなぞ考えたことも無い連中が闊歩する中、では弱者に電力を真っ先に回せ、電力を使わなくても、人の手でできることもある、そのための労働をよこせ!これが、これまでの社会を変革し、人間の労働や尊厳を取り戻す。る「反原発」のスローガンの中身である。これを念頭において、あらゆる差別・抑圧と闘う政治勢力をゆるやかでよいから結集させ、運動の深化を図らねばならない。

 「民族派右翼」が「脱原発」にまじめにとりくんでいたら、いつのまにか左翼になっちゃった…雨宮処凛さんのような人が沢山現れるような、運動の中身が左の側には問われているのだ。

ということで、それぞれの地域で、頑張って参加するでゲソriceball


|

« TPP反対の大義(続き編)…世界貿易の崩壊と日本の未来 | トップページ | 「南京大虐殺はなかった教」を粉砕する。 »

かくめいのための理論」カテゴリの記事

たたかいとかくめい」カテゴリの記事

コメント

各脱原発・反原発団体などとの連携を。

9・11:経産省を人間の鎖で囲もう!1万人アクション | 福島原発事故緊急会議 情報共同デスク
http://2011shinsai.info/node/660
http://2011shinsai.info/

集まれ5万人! 9・19は「さようなら原発集会」へ | さようなら原発1000万人アクション
http://sayonara-nukes.org/2011/09/110919_s-2/
http://sayonara-nukes.org/2011/08/110919_s/

脱原発:「さようなら原発」決断を 大江さんら新政権に要請、声明を発表 - 毎日jp(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20110907ddm012040006000c.html
◇19日に都内で集会

反原発リンク集
http://homepage3.nifty.com/h-harada/nonuke/link/

原発業界御用学者リスト @ ウィキ - 反原発学者リスト
http://www47.atwiki.jp/goyo-gakusha/pages/16.html


DIETMEM.ZIP 2009/10/26版のダウンロード用リンク
★Axfc UpLoader 小物板 -File_56144_zip-
http://www1.axfc.net/uploader/File/so/56144.zip&key=isdpjsure

投稿: isdpjsure | 2011年9月 9日 (金) 19時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1094529/41581680

この記事へのトラックバック一覧です: 脱原発アクションへの決起と、当面の課題について:

« TPP反対の大義(続き編)…世界貿易の崩壊と日本の未来 | トップページ | 「南京大虐殺はなかった教」を粉砕する。 »