« 再び「桜新聞」げっと | トップページ | 台風12号で紀伊半島が大変なことに… »

台風通過中でゲソ

台風12号は四国を縦断しております。まだ暴風圏内ですが、雨はそれほど強くありません。

高松では2004年8月30日、台風16号による高潮浸水被害が発生しております。玉藻城(高松城)公園の桜もほとんど枯れ、昨年の花見のときに「やたら桜の木が小さいなぁ~」と思った次第であります…が、午前7時37分に、高潮警報が発令されているではなイカ!
一部の地域に避難準備情報が出ている。
高松市のHPによれば

満潮時刻(午後2時58分)を中心とした時間帯に予想される潮位は、1.17メートルですが、台風によりさらに潮位が高くなることが見込まれるため、高潮に対する警戒が必要です。
(なお、平成16年の台風16号による高潮の際の潮位は、2.46メートルでした。)

とのこと

昨夜、近くの川があふれそうだから、車を高い所に持っていこうかという話が寮生の中ででてきました。何人かは車を避難させたようです。(ちなみに河川氾濫による避難勧告等はでておりません)

琴電・バス・JRは全て運休中…ちなみに私は3階に住んでいるので、少々の浸水でも、食料・水をためこんでいればなんとかなりそう。(すでに準備OKbanana

今のところ、四国で大きな被害は出ていないようだ。
あとは会社からの緊急出動要請があるかどうか、待機…1日まったり暮らすことになりそうです。
ではでは…

|

« 再び「桜新聞」げっと | トップページ | 台風12号で紀伊半島が大変なことに… »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

台風などの自然災害に対しては、一戸建てであっても(鉄筋∨鉄骨)コンクリート造が強靭なのでは。
もっとも、俺的には木造の方が気分が落ち着くんですよね。

昔沖縄に行ったことがありますが、コンクリート造の家屋の周りをコンクリートの塀が取り囲んでいる住居が多いと感じました。
これやっぱり台風の通過コース当たっているからでしょうね。

投稿: BM | 2011年9月 3日 (土) 22時00分

BMさん、次の記事でも書きましたが、やはり河川の氾濫や土石流のほうが恐ろしいと思います。木の家でも、しっかり作っておけば風に対しては持つと思いますが、水が攻めてくるとどうしょうもない…。
少々の土石流では、コンクリート造のほうが絶えられるとは思いますが…。

あと、道路寸断による孤立も、恐ろしいでゲソ!

投稿: あるみさん | 2011年9月 4日 (日) 22時04分

>河川の氾濫や土石流

う~ん、そういう災害が多いことは、日本が水や緑に恵まれていることの別な側面なんでしょうね。

日本の中でも地域によって違いはあるでしょうけどね。

投稿: BM | 2011年9月 4日 (日) 23時01分

一方北海道は東西から台風に挟まれるのであった……


ま、日本は災害に関しては慣れてるから台風もただの大雨とたいして変わらないような気がw

投稿: ROM | 2011年9月 5日 (月) 20時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1094529/41480635

この記事へのトラックバック一覧です: 台風通過中でゲソ:

« 再び「桜新聞」げっと | トップページ | 台風12号で紀伊半島が大変なことに… »