« ひたちなか海浜鉄道完全乗車闘争 | トップページ | 塚原卜伝タンと記念写真 »

鹿島臨海鉄道完全乗車闘争

勝田からお隣の水戸駅へ、フレッシュひたち、黄色バージョン
Dsc02103

駅中のロッテリアで昼食後、改札へ向かう。
Dsc02104

何だ、この売店はcoldsweats01
Dsc02105

最近、よくある車両を模した売店…フレッシュひたち赤バージョン
Dsc02106

さて、列車がやって来ました。赤白ツートンは、ローカル私鉄にしてはちょっと派手かな。
Dsc02108

アクアワールド大洗水族館の広告
Dsc02109

中は、ボックスシートもあるでゲソhappy01
Dsc02110

さて、高架を上がって、田園地帯へGOupwardright
Dsc02114

派手派手列車と、交換
Dsc02117

この辺は、霞ヶ浦に続く北浦等の湖沼が広がる、水郷地帯でもあります。
Dsc02121

三里塚・北総台地に続く台地で畑作も盛んなようです。
Dsc02123

またまた、派手派手列車と交換
Dsc02122

鉾田の街が見えてきました。実は鹿島臨海鉄道には、鹿島鉄道が廃止される2007年の春に、鹿島神宮から新鉾田駅までは乗車済み・・・従って新鉾田まで行けば、完乗闘争勝利となる!記念撮影
Dsc02125
(うへっ、フラッシュ焚けばよかった)

Dsc02126
鉾田の街を眺めやり。

Dsc02128
北浦を望む…

Dsc02129
ひらがなで書くと、日本一長い駅名の一つ「長者ヶ浜潮騒はまなす公園前」(ちょうじゃがはましおさいはまなすこうえんまえ)駅(22字)…ちなみにもう一つは九州の三セク、南阿蘇鉄道の「南阿蘇水の生まれる里白水高原」(みなみあそみずのうまれるさとはくすいこうげん)駅でゲソ。

なんやかんやで、列車の動きがのろくなると、鹿島臨海鉄道とJR鹿島線の境界駅である「鹿島スタジアム」駅をなんとなく通過…この駅には、サッカーの試合がある時にしか列車は止まりません。
ということで、JR鹿島神宮駅に到着…記念撮影
Dsc02130


|

« ひたちなか海浜鉄道完全乗車闘争 | トップページ | 塚原卜伝タンと記念写真 »

現在のテツネタ」カテゴリの記事

コメント

神奈川の故郷に「うらしま太郎」帰還してから2年半以上経ちますが、県外に出ることが滅多になくて…。
ディーゼルカーに乗る機会すらない。

うちの田舎も昔は非電化線地域で、国鉄ディーゼルは子どもの頃よく乗りました。

あるみさん、うらやましい。

投稿: Bob Petty | 2011年10月28日 (金) 14時19分

Bob Petty さん、コメントありがとうございます。そういえば相模線が最後までがんばって「非電化」でいてくれましたが、それから20年も立つわけですね。今はこじゃれた205系ですか…電化されてから乗車したことがあります。
首都圏でJRのDCに乗ろうとしたら、八高線か久留里線しかありませんね。神奈川でしたら、ちょっとがんばって八高線でぶらりというのはどうでしょうか?

投稿: あるみさん | 2011年10月28日 (金) 21時33分

相模線は「がんばって「非電化」」というより、あきらかな極赤字で、ローカル線でした。幼き日の思い出として残る、田畑を走るDCです。(もっとも北関東などに比べると、相模川流域の平野部ですから広大な農地ではありません)。
鮮烈な記憶としてあるのは、DC機関車に牽引された8両編成か10両編成の相鉄車両が走る光景ですね。写真を撮っておけばよかった。

極赤字でも残存できたのは、首都圏郊外再西端で東海道本線と中央本線をつないでいるからでしょうね。(ウィキペディアでは妙な言いがかりの叙述がありますけども)。

電化されたときは「???」という思いがしましたよ。

神奈川県でも相模線より西は交通僻地です。内陸部でなんとか小田急小田原線がつないでいます。(ギャップがすごいんです、山村農村を突っ走るロマンスカーって。)

八高線も今では高麗川駅で川越線へ逸れて川越まで行っちゃいます。うかうかしているうちに川越到着で、えっ?みたいな(間抜けです)。高麗川~高崎は未乗車です。
今度行ってきます。wink

投稿: Bob Petty | 2011年10月30日 (日) 00時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1094529/42639315

この記事へのトラックバック一覧です: 鹿島臨海鉄道完全乗車闘争:

« ひたちなか海浜鉄道完全乗車闘争 | トップページ | 塚原卜伝タンと記念写真 »