« 「南京大虐殺」は数ではなく、数である | トップページ | 十和田観光鉄道廃止弾劾! »

TPPに邁進する野田政権を打倒しよう!

東北復興や「反原発」のために多くの民衆の力が注がれている中、野田政権は性懲りもなくTPPを推進しようとしている。
四国新聞WEBより
主そう、TPPで閣僚論議を再開/APEC前の決着目指す

野田佳彦首相が近く経済連携に関する閣僚会合を開き、環太平洋連携協定(TPP)への交渉参加問題をめぐる議論を再開することが分かった。11月に開かれるアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議までに決着を目指す。複数の政府関係者が1日、明らかにした。ただ、焦点の農業問題をめぐり閣僚間の溝は埋まっておらず、意見集約は難航必至とみられている。
 米政府はAPEC首脳会議でTPP推進に向けた関係国の大筋合意を取り付ける考え。想定されるオバマ大統領との再会談で、何らかの対応を迫られることも考慮した。首相は交渉参加に前向きとみられ、鹿野道彦農相の説得が焦点となりそうだ。

日本の貿易は、ほぼ自由化されているのに、何の制限・規制も取っ払ってしまうTPP、そしてそれがもともと「小国連合」だったものが、アメリカ主導で日本への輸出…食糧はともかく、人、金など…を自由化してしまおうというトンでも無いものだ。

昨年の今頃だったか、前菅首相が突然「TPPへの参加」「平成の開国(今まで鎖国してたんかいsign03)」などと言い出して1年…震災と原発事故で一旦議論はとだえたものの、また亡霊のように現れてきたTPP

農業者・漁業者のみならず、医療・介護・保険・労働等の分野での徹底的な弱肉強食を押し進めるTPP…とっくに破綻した新自由主義のみが、さらに生き残りをかけて地域をぶっこわすTPP…農業団体だけに留まらず、左右を問わず批判が行われている。

こんどの10・9三里塚全国総決起集会でも、現地闘争本部破壊、農地取り上げ、沖縄、震災、原発とならんで大きなテーマとして取り上げられるだろう。

私は野田政権を、「それなりに根回し等の実務能力があって、規定の路線であればなんでもやっちゃう内閣」と考えている。民衆が大きな声を上げ「新しい構想・思想を押しつけ」ない限り、東北は形だけの「復興」をとげ、原発はそれなりに稼動し、沖縄、辺野古への基地建設は強行される。市東さんの土地も取り上げられ、TPPで日本の産業・地域は壊滅する。

最近、反原発デモ等で若く経験の少ない「活動家」達が逮捕される事態が相次いでいる。何年かに1度、選択肢の非常に限られた中、自分たちを「支配」する人間を選ばされる「議会制民主主義」において、真の民主主義を貫くためには、自由なデモ、集会は必要不可欠だ。
ということで「デモと広場の自由」のための共同声明というのが立ち上がった。

そうそう、このブログでもTPP批判が止まったままになっているなぁ~イカンイカンcoldsweats01

本や新聞、ネットの真面目な情報、ツイッター等を見て、みんな街頭に出ようsign01そしてTPPを推進する野田政権を打倒しようsign03

|

« 「南京大虐殺」は数ではなく、数である | トップページ | 十和田観光鉄道廃止弾劾! »

たたかいとかくめい」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1094529/42204187

この記事へのトラックバック一覧です: TPPに邁進する野田政権を打倒しよう!:

« 「南京大虐殺」は数ではなく、数である | トップページ | 十和田観光鉄道廃止弾劾! »