« とりあえず辺野古 | トップページ | 東村ふれあいヒルギ公園(あるいはエビの話) »

高江へ行ってきたら…

とりあえず、案内してくれた人に車で高江まで。N4ゲートには社会大衆党のでっかい車が…
Dsc02367

とりあえず、”宿泊所”に行く…案内の方とはとりあえずここでお別れ…ここは夕方まで「保育所」のような役割をしていて、子どもが沢山いた。高江は若い世帯も多く、未就学の子どもが笑ってくらすところなのだ。

で、一人で買ってきた飯を食おうかと思っていると、いつの間にやら住民や座り込み支援者がやってきて「酒盛り」となる。ちょこっと買ってきたオリオンビール、残ってた泡盛はすぐに無くなり、「山の駅」の売店に電話して追加を購入。
42248474_1395617619_49large
「人が生きるための『福祉』や『公共投資』を基地建設の取引きにするのはおかしい!」「山の中の重症患者を運ぶヘリコプターを維持するお金がなくて、学生、生徒がチャリティーやっている。でも人殺しをするヘリコプターは沢山あるのに…病院のヘリを維持するのに年間1億円…おもいやり予算6000億円、千分の1以下ですよ!」とか言っていた人は、なぜかすぐに寝てしまった。
そのうちギターやらが出てきてフォークがロックがわけのわかんない歌が始まる。周りには人家がないので、少々騒いでも大丈夫music私もミスチルや「金太の大冒険」を歌ったあと、「TPP、TPP、TPP、TPP、TPP、TPP・・・ロクなもんじゃねぇ~sign03」とやる。

42248474_1395778801_132large
寝る前の〆は、なぜか私が持ってきた讃岐うどんである。ゆで方が足りず、固め。

さて、翌日は雨…本日の当番の方といっしょに、車でN4前まで
Dsc02368

雨はドンドン激しくなってきた…かと思うと小康状態に…N1のほうまで行ってみる。共産党系や社民党系の車がゲート前をおさえている。
Dsc02373

バナーのたぐい
Dsc02371
Dsc02374

沖縄ローカルの戦隊物琉神マブヤーだそうです。「命どぅ宝」なので、悪人を殺さず、最後のトドメをささないのだとかvirgo
Dsc02375

雨で何にもすることがないので、本を読んだり、将棋であそんだり…平和です。
Dsc02381

N4の扉は、こんなふう。
Dsc02377

高江の絵地図
Dsc02379

道路の側溝に、すのこ。すのこに辺野古…
Dsc02380

お昼を過ぎて2時前、天気が良くなってきました(天気予報では1日雨のハズだったが、ラッキー)沖縄平和市民連絡会の送迎車で、一旦辺野古に向かい、そこから名護市内まで帰る。Dsc02383

沖縄最後の夜も、十字路のビアガーデンで飲み。時間帯が早いので、「やってるのか?」と思うくらいだれもいない。
42248474_1396829022_119large
タコスとポテトとから揚げ…ずごくジャンクなメニューだが、量がけっこうある。で19時までビール1杯、100円だぁ~beer

|

« とりあえず辺野古 | トップページ | 東村ふれあいヒルギ公園(あるいはエビの話) »

たたかいとかくめい」カテゴリの記事

コメント

思いやり予算とか言わず、老害と生活保護のゴミを削除しちゃえばいいじゃない。
若い人間から搾取してる団塊連中と議員年金やら共済年金を一律月10万くらいにまでしちゃえばいいじゃない。
若い人間に借金作った責任くらいは取ってもらわないと。
安楽死制度を導入して、金も無く生産性も無い老人が発生しないようにしちゃいましょう。
日本の国家予算で米軍が奪っていくのは1%にも満たない額。
それに対して老害が若者から吸い上げる量がどれほどあると思ってる。若い人間の血税を吸っておいて……


いや、本当に老害どもは責任とってくれよ。
何が自民党にお灸を据えるだ。
お灸をしたら、TPPという火事になって家が全焼する勢いじゃないか。
自民党憎しで視野を狭めた結果がこれだよ!
何でこんな連中のために、若い人間が搾取されなきゃいけないんだ。


ちょっと熱くなりすぎたかな……
しかし選挙前で「自民が良いとは言わないが、民主になったら日本が終わる」と良く言っていたものですねぇ。
頭のおめでたい人々は「こいつらネトウヨ!」とか「自民よりはマシ!自エンドバンザイ!とか」とか言っていましたが……
本当、あの頃に戻りたい。。

投稿: ROM人 | 2011年11月11日 (金) 16時22分

そしてTPP可決。
結果はどうであれ、自民党を追放したツケがこうして回ってきたな。
自民党は確かに親米ではあるが、筋を通すところは通した。
完全に独裁できた小泉ですら、郵政は総選挙して国民に決めさせた。
福田に至ってはアメリカからの100兆円という要求を、辞任という自らの身を削るという方法で回避した。

自民党でも同じ、と言う奴は多いが、自民党ならば小泉のように解散総選挙で国民に問うか、福田のように辞任することで緊急回避しただろう。
というか、そもそもTPPに入らざるを得ないのは、鳩が基地移設問題でオバマの面子を丸つぶれにしてしまったという負い目と、管が軽々しくTPPに参加したいと言ってしまったことにあるから、自民党では参加表明云々以前に関わらなかった可能性も高い。

確かに自民は理想的とはいえない。が、そのために民主党を勝たせるのがいかに危険か。
理想ばかり見て現実を理解できない馬鹿のせいで、日本は死ぬってことか。
ま、これも日本人の性かな。戦前同様、焼け野原にならないと理解できないほど無知らしい。

投稿: ROM人 | 2011年11月11日 (金) 21時29分

ああ、TPPは可決してないな。
まだ総理が参加表明しただけか。


本当、批准前に総選挙して自民や共産と言わず反対派で国会を固めるしか手が無い……
もしくはあまりのgdgdぶりに、消極的な米議会が日本参加を拒否…… はしないだろうなぁ。。

投稿: ROM人 | 2011年11月11日 (金) 22時07分

↑まったく、人が鬱転したのをいいことに、書きたい放題書きやがってhappy01(まあエエけど)
2点だけ突っ込んどくと
>選挙前で「自民が良いとは言わないが、民主になったら日本が終わる」と良く言っていたものですねぇ。
頭のおめでたい人々は「こいつらネトウヨ!」とか「自民よりはマシ!自エンドバンザイ!とか」とか言っていましたが……

あの~この「ネトウヨ」とか言う人たちは、民主になったら日本は韓国や中国に支配されるってヨタ吹いてた人なんですが…まさかまさかのアメリカべったり!この人たちの心配する「韓国」や「中国」からの支配は遠のいたわけですが…

>自民党ならば小泉のように解散総選挙で国民に問うか、福田のように辞任することで緊急回避しただろう。
小泉ならば「TPPで開国!」のワンフレーズ選挙で、自民圧勝→TPP参加の道だし、福田は何かの問題を緊急回避したわけではない「サブプライムローン問題」は麻生「選挙管理」内閣の時に起こったのだから。(福田は一体を緊急回避したのか?単に投げ出しただけやん…もっともそれは鳩山や菅と同じなのだが)

投稿: あるみさん | 2011年11月12日 (土) 21時54分

失礼しました。
ちょっとあのバカ総理に対して怒りが収まらなかったので、少々興奮していました。
しかしあのバカISD条項どころか、条約>>>国内法すら知らずに条約に臨むとかもう……


>この人たちの心配する「韓国」や「中国」からの支配は遠のいたわけですが…
ついこの前韓国に5兆円丸投げしてきたじゃないですか。
んで外相は外相で「尖閣諸島は中国に差し上げればいい(キリッ」です。
他にもビザの大幅緩和とか、KDDI株を中国に売る予定だとか。
別に中国韓国に媚びるのを止めたわけじゃなくて、全方位に日本を売り払ってるだけですがな。
ついでに言うと、TPPに参加することになったのは、基地問題でアメリカ側の面子をぶっ潰しちゃったから、それの尻拭いという面でもあるんですよね……


>小泉
そうかもしれません。
ですがその場合は国民自身が選んだことです。
今回だって野田が解散総選挙し、過半数を取得した上でTPPに臨むなら良いんですよ。
手順も踏んでるし、国民がそう望んでいる。
それで潰れるなら国民が愚かであり、反対派には賛成派以上に国民を納得させることができなかった。
つまり国民そのものが愚かだったということで、国民がその責任を負うべきでしょう。
実際子供手当とか高速無料化とかに釣られた国民は、その責任を負わされています。
しかし管や野田は国民の信任を得ていません。
まぁ制度上仕方のないことですが、ここまで独裁をするのは目に余るというものでしょう。

>福田は一体を緊急回避したのか
だからアメリカからの100兆円要求ですよ。
彼があのまま辞任しなかったら、渡辺が「どうぞどうぞ」ってアメリカに100兆円渡してたところだった。(実際あのバカは準備してた)
それが辞任&後任決めのゴタゴタで、タイムアウト。
アメリカは毟り取る先を韓国へと代えざるを得なくなりました。
(まぁそれが韓国の超絶プレイによってリーマンショックにつながったのは皮肉ですが……)

投稿: ROM人 | 2011年11月13日 (日) 10時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1094529/42959149

この記事へのトラックバック一覧です: 高江へ行ってきたら…:

« とりあえず辺野古 | トップページ | 東村ふれあいヒルギ公園(あるいはエビの話) »