« またまた高江が危ない! | トップページ | 日本最南端駅に行く闘争 »

寝台特急「日本海」廃止弾劾!

またもや寝台特急の廃止である。しかも、ついこの前の東北攻略・三陸鉄道支援闘争に利用した、大阪―青森間の「日本海」だ。
YOMIURI ONLINEより
ブルートレイン・日本海、来春ダイヤ改正で引退

客車が青色の「ブルートレイン」として親しまれてきた寝台特急「日本海」(大阪―青森)が、JRの来春のダイヤ改正を機に廃止されることが決まった。
 利用客減少や車体の老朽化が理由で、旧国鉄時代から続く関西発着のブルートレインは全て姿を消す。
 1968年10月に運行が開始され、88年の青函トンネル開業後は一時、北海道・函館を発着するなど、観光客やビジネス客の人気を集めた。現在は1日1往復しているが、片道約15時間かかることから、新幹線や空路の発達で利用客が減少していた。
 ブルートレインは、2009年に東京駅発着の「はやぶさ」「富士」が相次いで廃止され、「日本海」のほか現在は、上野駅発着の「あけぼの」「北斗星」が残るだけ。
(2011年11月18日 読売新聞)

たしかに前に乗車した時も、車両は古いB寝台ばかりで、ほとんど手が入れられてこなかったことが良く分かった。ジリ品状態だったのだろう。
Dsc01792

それでも大阪(もしくは京都)から乗ってきて、秋田以北で降りる、小さな子どもを連れた家族連れがいた。こうゆう人たちは、飛行機よりも寝台車が楽しいかもしれない。
とはいえ、利用者が少なく、加えて電車・気動車が主体のJR旅客会社にとって、機関車と夜しか使えない客車を維持してゆくのは大変なことなんだろう。「ブルトレ」はドンドン、「安楽死」させられていった。
Dsc01789

大阪から「日本海縦貫線」を夜行で北上する優等列車は、トワイライトエクスプレスと急行「きたぐに」だけになってしまった。これらの列車も、北陸新幹線が開業して、北陸本線の一部がJRから切り離されると、存続が危ういかも知れない。まさか、新幹線(もしくはその連絡特急)に「日本海」や「きたぐに」を復活させるつもりなのかsign02・・・がんばれ、583系train・・・でも、「東京中心」で名称を考えられるだろうから、「北陸」とか「はくと」「能登」系になるんじゃなイカcoldsweats01
Dsc01791

この光景が見られるのも、あと少し…もう少し583系が「改良」されて、昼夜どちらでも使えるモノになっていれば…とも思う。
後は「トワイライトエキスプレス」の活躍に期待するしかないだろう。
Dsc01794

これから「葬式鉄」の出番となるわけだが、準備万端で乗り、撮りに出かけてくだされ。あと、カタギの方のご迷惑にならないよう…
Dsc01796

あと、大阪から青森まで行って、新青森からぐるっと新幹線で帰ってくるヤツもでてくるのだろうな。でも「片道きっぷ」は「日本海」は新青森に停車するから、新青森―青森間は別途運賃を払ってねvirgo


|

« またまた高江が危ない! | トップページ | 日本最南端駅に行く闘争 »

現在のテツネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1094529/43061020

この記事へのトラックバック一覧です: 寝台特急「日本海」廃止弾劾!:

« またまた高江が危ない! | トップページ | 日本最南端駅に行く闘争 »