« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

今年最後の琴電レトロ

12月25日、今年最後の琴電レトロ電車の動画撮影…

高松築港ー片原町間

120系+300系

では良いお年をvirgo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これが実力闘争だ!

沖縄で辺野古基地建設をめぐり、ついに決定的な実力闘争が闘いぬかれた(^^)(^^)/
沖縄タイムスより
評価書の搬入を阻止 宅配車引き返す
 

米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設に向けた環境影響評価(アセスメント)手続きで27日正午前、沖縄防衛局が委託した宅配業者がアセス最終手続きとなる評価書を県庁内に搬入しようとしたが、移設に反対する市民団体が入り口付近で車両を取り囲み、40分近く引き返すように説得した。
 県の上原徹管財課長は「このままでは、けが人が出る不測の事態となる」と電話で沖縄防衛局の担当者に状況を説明し、業者の車両はいったん、引き返した。
 移設に反対する市民団体は早朝から抗議集会や警戒活動を実施。約200人が「評価書提出は認められない」「引き返せ」などと阻止行動を行った。

琉球新報より
アセス評価書摘んだ車両引換えす 市民らが阻止
 

防衛省が米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設に向けた環境影響評価書を県へ提出しようとする動きに対し、郵送や直接の搬送を阻止しようと、平和団体や市民団体のメンバーら約300人が27日午前、県庁前に集結した。午前11時15分ごろ、評価書が入った段ボール箱10数個を乗せた運送業者の車両が県庁に到着したが、メンバー数十人が取り囲んだため、車両は県庁を後にした。その後、車両は再び戻ってきたが、メンバーらが取り囲み膠着状態が続いた。
 県管財課は業者に対し、「メンバーの抵抗が強いので県庁内に入れることは困難」としていったん、防衛局に持ち帰るよう求めた。午後零時20分ごろ、車両は再び県庁を後にした。【琉球新報電子版】

Asahi.comより
辺野古アセス提出阻まれる 市民団体抗議で引き返し
 

米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設に向けて防衛省が発送した環境影響評価(アセスメント)の評価書は27日、沖縄県庁前で抗議を続ける市民団体などが運送業者の車を阻み、県に届けられなかった。政府は、沖縄防衛局の職員が直接運ぶなど再提出の方法を検討している。
 県庁入り口ではこの日、市民団体のメンバーらが荷物の宛先を一つ一つ確かめたため、一時騒然となった。白いワゴン車が県庁の搬入口に来たのは午前11時過ぎ。「提出阻止」のプラカードやのぼりを持った約50人が車を囲み、車内に積まれた10箱ほどの段ボール箱を見つけて中身を問うと、運送業者は「評価書だ」と答えた。
 県に渡さないよう詰め寄る市民団体と1時間ほど押し問答の末、業者は正午過ぎに立ち去った。県によると、混乱でけが人が出かねないことから、車を引き返させるよう防衛省に求めたという。

おお、三里塚のような実力闘争が、沖縄の人たち主体で闘われている!
これに感動せずして、これに心震わさずして、いかように生くべきかsign03

沖縄の民衆に続こう!本土の運動はまだまだ立ち遅れている!辺野古基地建設阻止!普天間無条件撤去!のうねりを上げよう。原発再稼動を阻止し、消費税増税と社会保障解体を企む、野田政権や橋下「維新」を打倒しようsign03

久しぶりに、気持ちのいい出来事だ…これから大変だけれど…

| | コメント (5) | トラックバック (0)

ミニイカ娘到着でゲショ…

タイトーさんの「ミニイカ娘」5点セットが来た(^^)/
Dsc02604

でゲショゲショ…
Dsc02605

Dsc02606
ちょっと困り顔でゲソ…

Dsc02607
スキップでゲッソゲソ~heart03

Dsc02608
イカスミ…ピュ-ッsign02

Dsc02609
ちなみに、横からはこんな感じ…

Dsc02610
おとなしくお座りしていなイカ?

Dsc02611
ゲソ~(ロシアでУраと叫んでる感じで見てください)sign03

Dsc02612
5人?そろうと、可愛さもひとしおvirgo

Dsc02614
「お主たち、地上侵略で野田政権を打倒しようじゃなイカsign03

Dsc02617
しかし、「鉄道むすめ」達によって、イカ娘ズの置き場所が無い…

Dsc02618
部屋の端で、鎮座ましますことになったのでゲソ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「従軍慰安婦問題」へのコメントへの捕捉

最初に先のエントリーでは、私は1965年の「日韓基本条約」で「双方の請求権」消滅問題(ただし「個人が国家に対する請求権を完全に否定したものではないという解釈があり、むしろ人権尊重の点から近年はそういう解釈をすべきというのが世界の趨勢である)があったとしても「事実の解明」「責任の明確化」「歴史教育」というのは「国家の責任」でできるわけです。だからここで「(個人の)請求権問題)について出してくる人はアウトです。tatsu99さんの言うよう「国家と国家」の賠償≒金のやり取り、損得勘定で考えるのも、間違いです。「右」の人には「従軍慰安婦制度の国家関与を認める」談話を撤回せよという動きが、なおあるわけですが、その理由の一つが「数人の慰安婦から話をきいただけ」なんだそうですから、談話撤回の前に、徹底調査をやればエエわけでしょ。

その上で、90年代の初め「慰安婦問題」が「センセーショナル」に取り上げられていた時、教育現場も含め、怪しい「証言」「調査」結果が流布した時期があったのも事実である。例えば吉田清二氏の「私の戦争犯罪」の中で「軍の動員命令により済州島で205名の女性を捕まえ『女性挺身隊』の名目で輸送した」と記述されており、これをそのまま「教材」として使った例もあるようだ。この本については秦郁彦氏が独自に調査を行い、吉田氏の証言に疑問が多いことが判明、吉田氏もこの件については反論しておらず、吉見義明氏のような「まじめな」研究者は早くからこのような資料を研究材料として採用していない。

吉見氏その他の研究者や、国連の研究者の報告を見ると、総じて「強制連行」が問題であったのではなく、「慰安婦制度」そのものが「国家政策」であり、植民地人民に対する抑圧、女性に対する差別であると認識されている。
そしてキンピーさんの指摘するよう、日本軍は都合の悪い資料は、敗戦時に多くを焼却・隠滅している…しかしその中で残された(厖大な記録があるから、どうしても残るものは残る)ものを探し出し、研究が続けられてきたのである。

さて、本題に移そう…ここで拙ブログをTBさせていただいた「村野瀬玲奈の秘書課広報室」では、「慰安婦とされたハルモ二の声を聞いて下さい」というものだ。要するに「被害者の声を真摯に聞こう!」ということ…戦争犯罪だろうが、普通の犯罪だろうが「被害者の声をまず聞く」ことから始めないといけない。DVやストーカー被害に合っている女性の声を、ろくに警察が聞かないで大きな事件に発展したという例は、いくらだってあるでしょ。

そのうえで、例えば「戦争犯罪」について、「東京大空襲」「ヒロシマ・ナガサキ」で肉親を無くし、自らも心と体に傷を持った人、「ニューギニア」「ラバウル」あるいは「シベリア抑留」等で、飢えと病気で生死の境をさまよった人、「特攻隊」で狩り出され、明日は出撃というところで「終戦」を迎えた人…と「従軍慰安婦」として狩り出され、体と心を傷つけられた人と、何がどう違うのか!?(もちろん、植民地支配・被支配の問題という大きな壁は存在する)

私たちは、そういった「証言」の重さを背負いながら、「戦争」や「暴力」について考えていかねばならないのではないか?

こういうことは「国家間の損得勘定」じゃないのだ、野田政権!

参考リンク、Afternoon Cafeさんの日本政府の「元慰安婦への賠償は日韓条約で解決済み」論は破たんしていることを示す論文のご紹介

| | コメント (11) | トラックバック (0)

クリスマス粉砕闘争2011in引きこもり部屋

恒例のクリスマス粉砕闘争…今日は商店街街宣の後、人と合って外でささやかに鶏肉でもつつきながらやるつもりではあったが…
医者行って、昼寝してそのままダウン…
相手の方にも非礼をお詫びして(来年「革命的新年会をやろうって言ってくださったけど)、そのまま寝入る。

起きたら6時、コンビ二でちょっとしたものを買う
Dsc02677

こんな形で、今日も終了…

そうそう、高松では初雪が降ったそうでゲソ…
「妖怪人間べム」最終回を見てから、おとなしく寝るかsleepy


| | コメント (0) | トラックバック (0)

【業務連絡】力が出ません…

4日間会社行っただけで、力を使い果たしたでゲソ…
明日の「クリスマス粉砕闘争」の用意はできたが、ブログ記事の新規作成およびコメントへの返答をする気力がわかないでゲソ…
もう少し待ってくれなイカsign02

Dsc02495


| | コメント (4) | トラックバック (0)

「慰安婦問題」でやれることは一杯あるハズだ

本当は「やらんとアカンこと…」なんだが、毎日jpより
韓国大統領:慰安婦「優先的解決」求める 野田首相と会談

野田佳彦首相は18日午前、韓国の李明博大統領と京都迎賓館(京都市)で会談した。冒頭、大統領は元従軍慰安婦の問題について「優先的な解決」を求め、日本側に強く対応を迫った。首相は賠償や謝罪について解決済みとの認識を表明する一方で人道的見地から努力する考えを示した。両国首脳は中断している経済連携協定(EPA)締結交渉の早期再開方針や北朝鮮核問題をめぐる連携も協議した。
 大統領は「両国関係の障害となっている慰安婦問題を優先的に解決する誠実な勇気を持つ必要がある」と述べた。これに対し、首相は「これからも人道的立場で知恵を絞ろう」と答えた。(共同)

この問題をだすとすぐ「1965年日韓基本条約でお互いの請求権は解決済み」とか、「河野官房長官談話」村山内閣での「アジア女性平和基金」での解決努力をした…と言い出す輩が、もう一杯出てくる。しかし…

「慰安婦問題」の本当の解決は、実態の調査と責任の追及(最も、責任者の多くは中曽根みたいなヤツを除いて故人となっているだろうが)、日本の責任を認め、謝罪すること(「談話」では「謝罪」にならない。「閣議決定」や「国会決議」が正式な謝罪である。)…これが「慰安婦」とされたハルモ二達の「名誉回復」に繫がる。…そして、「歴史教育」だ。

こんなことは「日韓基本条約」の請求権(これは「個人」の請求権を完全に放棄したものとは、必ずしも言えない)条項にかかわらず、政治的決断でいかようにもできることではないのか?
「補償」に関しては、別途条約等を結べばよい。

ところが、日本の保守勢力の大半が、この「国家による犯罪行為」を絶対に見つめようとはせず、「慰安婦は売春婦」「公娼制があったから、合法的な行為(実際は「公娼制」とは別個につくられた制度だったのだが)、頑なに「なかったこと。解決済みのこと」にしようとしている。

元「慰安婦」とされた人々が求めてきた「歴史教育」の中で、教科書に「慰安婦問題」に関して触れることが始まりつつあった90年代前半…この問題は「戦争と性暴力」という、当時ユーゴスラビア解体戦争で問題となっていた「民族浄化」という名のレイプにも通じていたし、ひいては「性暴力」一般について考えるための「非常に良質な教材」とも成り得たものだ。ところが90年代半ばから、これを「自虐史観だぁ~」とわめきながら、「新しい教科書をつくる会」なる「歴史修正主義者」どもが、保守政治家と結託し、「教科書攻撃」をはじめた…こいつ等はホント、たちの悪い連中で声がデカイもんだから、教科書の記述内容も後退…そして21世紀には、街頭で公然と「差別排外主義」の汚らしい言葉で差別を扇動する「在特会」なるものの存在を許すところまで「後退」した。「在特会」的な「慰安婦」への認識・偏見しかもっていない議院なぞ、国・地方レベルでいっぱいいる。

とにかく「国家による真相究明」や「学校教育」は、条約もへったくれもなく、すぐにやるべきではないのか?

それが「人道的立場」の第一歩ではないかね?のう、野田君よ(まあ、できんだろうけど…)

| | コメント (9) | トラックバック (3)

昨日、高松で山本太郎さんらが脱原発集会

日韓首脳会談で李明博大統領が「慰安婦」問題の解決を強く日本政府に迫った…かと思うと、お昼にGooglニュースをひらいたら、金正日が死んで北朝鮮情勢が流動化してきた…書かねばならないことが一杯あるのだが…なぜか地元の話題。
四国新聞WEB
「脱原発」訴え山本さんら行進/高松で街宣活動
 

脱原発社会の実現を呼び掛ける「12・18 さようなら原発 街頭アピール行動」が18日、香川県高松市内であり、「脱原発」の活動を続ける俳優の山本太郎さん(37)が「このままでは未来がない。力を合わせて国を変えませんか」などと力強く訴えた。
 社民党県連や県平和労組会議などでつくる実行委が主催。憲法講座の講師として山本さんを招き、約250人が参加した。
 講座の後、参加者は横断幕やのぼりなどを手に商店街を行進。街宣活動で山本さんは「原発を止めるだけでなく、高汚染地に住まわされている子どもたちに手を差し伸べなければいけない」とした上で、「市民が立つしかない」などと呼び掛けた。
 同様の行動としては、「県母親大会連絡会」が8日に県内16カ所で、市民団体「脱原発アクションin香川実行委員会」が11日に高松市内で、それぞれ核兵器廃絶や脱原発などを訴えた。

ま~ったく、社民党・平和フォーラム系って、情報発信が少ないんだから…せっかく「山本太郎」を余分だから…知ってたら昨日「けいおん!」なんか観にいかずに、そっちに行ったのに、残念でゲソcoldsweats01

ま、何がなんでも「統一行動」でいく必要はないんだけどね。

あっ「けいおん」はスゴイ人気…劇場はすぐ満席になっていたじゃなイカsign03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

急行「きたぐに」にまで手をつけたJR西日本弾劾!&【速報】

来春のダイヤ改正概要が報道されたが、「日本海」だけではなく、急行「きたぐに」も廃止されようとしている。
毎日jpより
ブルートレイン:悲しき、青い流れ星 「日本海」と「きたぐに」廃止、来春ダイヤ改正--JR西

 

JR西日本は16日、来春のダイヤ改正を発表した。「ブルートレイン」として親しまれてきた寝台特急「日本海」(大阪-青森)と、夜行急行「きたぐに」(大阪-新潟)は運転を取りやめる。これで大阪始発の夜行列車は、札幌行きの「トワイライトエクスプレス」だけとなる。
 日本海は1950年に急行として運転を開始。68年に寝台特急化され、きたぐにも大阪-青森間で運転を始めた。近年は乗客が減少。いずれも来春以降は臨時列車として運行される。
 山陽・九州新幹線は、「みずほ」を1往復増やして1日5往復、「さくら」を7往復増やし18往復にする。九州直通は、新大阪発の午前6時台が1時間に3本、7~9時台が2本になり、みずほの新大阪-鹿児島中央間は最速3時間42分と、3分短縮される。また、岡山駅と首都圏を結ぶ「のぞみ」を1時間3本以上にする。京都・大阪方面と南紀を結ぶ特急列車は名前を「くろしお」に統一する。【亀田早苗】

たしかに「きたぐに」の老朽化した583系を入れ替えてリニューアルするより、関西ー新潟方面は夜行バスというのが現実的かもしれない。
しかし、北陸地区において「きたぐに」は時に最終電車、もしくは始発電車の役割も果たしていた。

昼夜行で使える581、583系はデビュー時は「月光」「金星」などで使用され、昼間の特急運用にも使われた。しかし、夜ー昼のチェンジは「人力」に頼らざるを得ず、国鉄の人員削減方針から、「使い勝手の悪い電車」となってしまった。
そのなかで唯一、夜行でがんばってきたのが(もともと特急車両だけれど)急行「きたぐに」だ。

これまで何度となく、お世話になったか…

日本海縦貫線で、東北あるいは北海道に行くとき、「きたぐに」で新潟まで行き(しかも寝台ではなく、座席車)、新潟から鈍行乗り継ぎで青森まで行く…メシ食うヒマさえ惜しんで、酒田での1時間待ちも苦にせず、この列車を使って、北に行った…

583は使い勝手は悪いかもしれない。常磐本線や北陸本線、九州等で普通列車に「改造」され「食パン」とあだ名されながらも、けなげに走ってきた。
まだまだつかいこなせるハズだsign03

B寝台の下段のみ引き出し、サンライズみたく「ゴロンとシート」みたいに使えば、いいじゃなイカpout料金格安で・・・(急行料金ぐらいは、とってもいいよ)

それにしても・・・なんか京都・大阪ー松山間ぐらいで、夜行急行としてまだまだ使えそうな気がする…何とかならなイカsign02

おまけの【速報】…
 本日、18きっぷの消化のため、香川県東西侵略旅行をしたのだが、帰りに多度津駅で、試験中のフリーゲージトレインが留置されているのを発見sign03
Dsc02675

時刻は、17時前…駅裏の駐車場から、”撮り放題”の位置に留置されていたでゲソ・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

復旧鉄ネタ2件他1件…

まずはasahi.comの、被災線路をバス専用道に気仙沼線、JR・国が復興案
 

東日本大震災の津波で不通となった宮城県のJR気仙沼線について、JR東日本と国土交通省は、鉄道から軌道を撤去してバス専用道路を設ける「バス高速輸送システム(BRT)」の導入を地元自治体に提案する方針を固めた。鉄道を再建するより費用は半額以下で復旧も早い。実現すれば、被災地の公共交通の復興モデルとなりそうだ。
 大震災による津波で、JR東日本と、第三セクター「三陸鉄道」の計9路線、約390キロが不通となっている。復旧費用は1千億円以上と見込まれ、現在、沿線自治体、東北運輸局などは各路線の復興調整会議をつくり、線路の内陸移設などが話し合われている。
 被災区間は、現在、代行バスが走るが、渋滞も多く、地元からは不便との声も出ている。鉄道の早期復旧が望まれるが、もともと赤字の路線が多く、全線で復旧させる費用に対して、その効果を疑問視する声もある。
 BRTの対象区間になるのは宮城県の気仙沼市、南三陸町、登米市などを走る気仙沼線で、線路が流された柳津(登米市)―気仙沼の約55キロの区間。
 JR東などは被災した線路をバス専用レーンとして整備。津波で線路がなくなった区間は一般道を通り、再利用できるトンネルなどはそのまま使う。コストを下げ、復旧スピードを早めることもできる。運行本数を増やし、市街地で停車駅を増やせば、利便性を高めることも可能だ。BRTでは、バスの車両費や駅舎の建設費などに国から一部補助を受けられる。
 地元には鉄道のほうが速くて時間に正確との声が根強い。だが、気仙沼市は、復興計画で「市街地で新交通システムの導入検討を目指す」と明記している。地元自治体の意向によっては一時的にBRTにし、鉄道に戻すことも検討する。
 12~1月にも開かれる気仙沼線復興調整会議に提案。鉄道の復旧やBRTにする場合の費用、復旧時期なども示す。実行については、沿線自治体の意見を聞きながら、判断する。(南日慶子)

 (BRT) Bus Rapid Transit(バス高速輸送)の略。バス専用道を走ることで、鉄道に匹敵する利便性を兼ねそなえた新しい交通システム。国内には、名古屋市に高架の専用軌道を走って所要時間を短縮した例や、茨城県石岡・小美玉市で鉄道の廃線をバス専用道にした例がある。

 被災した鉄道の復旧にLRTを…という構想はあったのだが、そうか、単にバスを走らせればいいんだ。
鉄道の復旧で大変なのは、「線路をちゃんと敷く」ことだ。既存の路盤を利用した道路であれば少々崩れても、砕石や土砂をぶち込めば、とりあえず走ることができる。
 交換施設を廃止した駅でも敷地が残っていれば、再度交換可能になるため、柔軟なダイヤ作成、本数増も可能だ。LRTのような「低床車」をつかわなくとも、バスの車高に合わせてホームを削れば(あるいは路盤を上げれば)バリヤフリーにもなる。
 例に出てきた名古屋の「ガイドウェイバス」システムは、専用軌道を高架にしたため建設費がかかり、スピードアップの割には割高なようだ(私は未乗)が、既存路盤の復旧であればそんなに金もかからないだろう。

 しかし、この案がうまく行けば、JR北海道が開発しているDMVなんて、どうなるんだろう。また、ローカル路線のBRT化も進むかもしれない。テツにとっては、痛し痒しか…

 次は毎日jpJR八戸線 来年3月に全線再開 
 

JR東日本盛岡支社は16日、東日本大震災で一部区間の運転を見合わせている八戸線(青森県・八戸駅-岩手県・久慈駅間、64.9キロ)について、来年3月17日のダイヤ改正に合わせて全線で運転を再開すると発表した。被災した在来線7線区(八戸、山田、大船渡、気仙沼、石巻、仙石、常磐)で、全線再開は初めて。
 八戸線は階上-久慈駅間(37.4キロ)で、橋桁が津波に流されるなど約60カ所で被害があった。8月上旬から階上-種市駅間が再開。種市-久慈駅間で復旧工事が進められている。

 3月に三陸鉄道北リアス線に繫がるわけだ…在京および東北の同志は、復旧支援乗車闘争に決起しようsign03

おまけネタ…四国新聞日中の予讃線で走行試験/フリーゲージトレイン
 

実用化に向けた走行試験をJR予讃線で行っているフリーゲージトレイン(軌間可変電車)の新型台車の耐久走行試験が15日朝始まり、多度津(香川県多度津町)―伊予三島(愛媛県四国中央市)間を3両編成の車両が走った。これまでは深夜帯の試験だったが、今後は日中を中心に行い、来年12月までに計10万キロを走行する。車両の十分な耐久性が確認されれば、実用化に向け一歩前進となりそうだ。
 フリーゲージトレインは車輪の幅を変えることで、新幹線と在来線の相互乗り入れができるのが特徴。実用化を目指し、鉄道建設・運輸施設整備支援機構が軽量化した新台車を開発。6月から予讃線での試験に取り組んでいる。
 これまでの走行試験では、急カーブでも特急並みの時速約100キロを達成。予讃線での実験としては、今回の耐久テストが最終関門となる。
 15日の試験では夜明け前の午前5時ごろに多度津駅を出発し、伊予三島駅に向かった。折り返し後、停車した観音寺駅を同8時すぎに出発、青色の車体が朝日を浴びながら走り抜け、同10時半までに計約121キロを走行した。
 年内は20日まで同区間で走行試験を行い、来年以降は距離を順次延長、最終的には松山駅まで拡大する。同機構によると、実用化の最終判断は2013年度までに行われるという。

 使いモンになるかはともかく、昼間の走行試験だそうです。今年は20日まで…ということは、土日の朝から沿線に張り付いていないと、撮れないじゃなイカcamera
 どっかで情報を仕入れて、撮影にいければエエなと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

復興Cafe という二次会?

学習会の後「復興Cafe」という軽いイベントをやるというので参加した。これは南三陸町を中心に復興支援活動をしているユナイテッドアースというグループがやっている催しで、毎月11日に集まって「何かしよう!」というもの。それがなんで「復興」に繫がるのか?

実は「忘れられる」ことの怖さ…震災から9ヶ月が経ち、ニュースは日常の「事件」を取り上げる、「放射線量」や「何々から放射性物質が検出された」というニュースも、もはや日常になりつつある中、被災者のことを忘れないようにしよう!ということだ。なお、やり方は各地で自由…香川では某Cafeに食料を持ち寄って食べる「茶話会」方式をとることにした。

で、この日は「鍋happy01」…とは言っても、主催者(関東から香川の実家に非難してきた)の畑で取れた野菜と、冷凍ギョーザがメイン…アルコールは基本的に無し、ただし持ち込み可…ということなので、私は近所のスーパーで肉と発泡酒500㎜を購入、あと心づけでお金を徴収するということなので、ちょっと出す。

一応19:00からということなのだが、大体来るであろう人が集まってきたので、ちょっと前に開始。まず絆レインボーフラッグというイベントのビデオをPCで見る。その後、自己紹介と「3・11の時、何をして、どう感じたか?」を語り合う。私の場合「職場でゆれがあって、地震の情報が入ってきたから、職場のTVをみんなで見て、『津波は恐ろしい』と思った。また原発が爆発した時は『多分3日ぐらいで収束して、放射能はたいしたことありませんってなるんだろう』と楽観視していたことを話す。

他の人は、家族と連絡を取り合った、TVがないから夕方まで何が起こったのか知らなかったとか、「ジャンベ」を学ぶためギニアに居たとか(すげぇ~…ちなみにその方「電気の無い生活を送っていました」とのこと)

後は適当に「ゆんたく」だ…と言ってもメインテーマは今日の脱原発行動をどう広めていくか?ということに…あと、それを支える「考え方の転換」をどう提示するか…だ。主催者さんはミュージシャンでもあるので、月に1度くらいは「サウンドデモ」をやりたいということ。

そのうち、集会の主催者さんも遅れて参加…今年の統一地方選挙で、いわゆる「市民派」で立候補した人たちが軒並み落ちている。脱原発や被災者支援のためにも、議会改革が必要なのに…政治不信が酷いと嘆かれたのdが…私は
「2つ方法があります。議会改革といっても、市民が簡単に傍聴なんかできない。平日に議会をやってるからでもあるが、労働者が忙しいのが問題だ。よって労働時間を減らす、具体的には4時間程度で十分必要なものは生産できる。もう一つは、議会が頼りないのなら『オレが法律じゃ~』と言って、勝手に自分たちでやる。」
「地域通貨を使って、独立するか・・・でも今は酒を勝手に醸造しても犯罪になるしなぁ~」
「いや、それは『酒』ではなくて『勝手に発酵したんだ』と言い張ろう^^;;」
「とにかく『お金』の介在しない生き方って、できないかな」とワイワイ盛り上がる。

そこである人から「資本主義じゃなくなって『お金のいらない社会』って、何主義になるのかな?」
そこで私は「ああ、それは『本当の共産主義』なんですよ…」ということで説明開始…
「まず資本主義でなくなると、賃金の換わりに『労働証明書…あなたはこれだけの時間働いたから、これだけの物やサービスを社会から引出せるというもの』が発行される。それは「お金」では無いから、溜めることができても、増やすことはできない。生産物が余ったら『資本主義』では不良在庫になるが、共産主義ではとっておけば良い…『計画経済』とやらでぴったりに作ろうとするから、ソ連みたいになる。…なお『ベーシックインカム』とは、共産主義の高次段階というヤツで、生産力が増えたら、人々は能力に応じて働き、必要に応じて受け取る、その『必要』の最低限がBIとなる…云々」
こういう話をしても、誰も引く人がいなかったのがオモシロいvirgo

「でも競争がなくなったら、社会は停滞するんじゃない?」「皆どんぐりの背比べのようなレベルであるからこそ、競争が成り立つ(あまりに遠い目標を見ると、競走する前から大抵の人はあきらめてしまうから)。技術開発のインセンティブはお金ではなくて、名誉だとか『人の役に立ちたい』という気持ちが大半だろう」ということで、説明終わり…参加者がまた増え、郡山の酒も入るなり…あの「除染ボランティア」に行って来た人も参加。

その後「脱原発」のイベントをやるにあたって、映画・DVDの上映とかをやる案も出た…お金を介在させたくないから、参加費を払う方式にはしたくない…という意見と、責任の所在や、チケットを買ってもらう時に話をすることができるから、有料のほうがいいんじゃないか?という意見でわいわいやる。

結構夜遅く、23時ごろまでやっていた。なかなか楽しかった…

とにかく私の結論…全てのオールタナティブは、共産主義に通じる

| | コメント (2) | トラックバック (0)

12・11脱原発アクション…学習会偏

昨日のエントリーの続き…
その前に、11に撒いたりしたチラシをアップ
001

002

学習会でお話されたのは、「子どもたちの未来を放射能から守る愛媛の会(代表 宮内仁子)」(以下、「愛媛の会」と略す)の土居立子さんと、野中玲子さん。
土居さんは、13年ほど前に三重県から松山の隣、砥部町に引っ越してきた。家族で佐多岬のほうに遊びにいったついでに、伊方原発のビジターハウスに寄ったら、それまで遠くにあるものだと考えていた伊方原発は、松山市から50㎞しか離れていないことを知って驚いたのだそうな。「何かがしたい」と原発反対市民ネットワークに関わるようになった。
中央構造線は2000年周期で動いていて、いつ地震が起きてもおかしくない。伊方原発の耐震基準は、500ガルから800ガルに引き上げられたが、建物も補強せず何もかわっていないのに「安全だ」と言われる。そのうち1000ガルに上げられても「大丈夫です」となるのではないか…などと話し出された。また「通販生活」2011秋冬号の、原発がなくても電力は足りているという資料も出してくれた。

愛媛の会では、12月県議会に向けて、「伊方原発の廃炉を求める請願」を12月2日に提出している。また、6月28日には
「雨の中で子どもたちの教育活動を自粛してください」
「放射能汚染のない学校給食を求める請願」
「子どもたちに伊方原発見学をさせないことを求める請願」
と、3本もの議会請願を出している。(なお「請願」は紹介議員が1人いれば、だれでも出せる簡単な方法であり、議会はそれに対して審議する義務がある。国会への請願も同じ)始めの2者は、子どもを直接被曝から守るという趣旨のものであるが、最後の1つはそれに加えて見学中に地震、事故が起こったらどうするのか?という意味もある。
この請願を出すのに、紹介議員になってくれたのはいわゆる市民派の阿部悦子議員と、共産党の議員の2名しか紹介議員になってくれなかったそうだ。(社民党の議員は、「よく分らないから」と言って紹介議員にはなってくれなかった。)これぐらい、四国での「放射能汚染」「脱原発」の関心は低い…請願を討議する委員会傍聴席も、わずかしかないという政治のオソマツさも語ってくれた。
資料として、自民党議員の「請願を不採択にすることの賛成討論」が出てきた。結論的には、
 

これらの請願に共通しているのは、放射能汚染や原発に対する不安や不信をことさらに強調するものであり、国・県等が今、福島での事故を教訓に慎重な対策を進めている中、あまり過敏な対応は却って風評被害や事故地域への偏見を助長するとともに、県民の生活や経済活動に大きな影響を与えるものであります。
 私も県民の皆様に国の安全基準が不明確で不安感・不信感が高まっていること、将来の方向性としては脱原発を追い求めていくべきであろうことは十分認識しておりますが、今なすべきは、県民の不安や不信をいたずらにあおるのではなく、国・県等に対し、正確な事実に基づく十分必要な対応を求めていくことではないでしょうか。

ということなんだそうな…じゃぁどのくらい「正確な事実に基づく十分な対応を求めてきたのだろうか、この自民党議員はsign02 中にはこのような請願が出てきて恥ずかしい…などという討論も出てきたとか。完全に議員が県民ではなく、県や国を向いているような状況だ。
土居さんは「事故がなかたら良いとは考えていない。原発は普段から放射能を垂れ流している。」と言ってから、話を終えられた。
続いて、野中玲子さん…この方は先ほどの阿部悦子議員の娘さんである…から
家族が反原発運動を続けてきた。伊方の出力調整運転反対の時は、わけもわからず親についていったこともあって、原発があって、それが恐いものであるという認識はあったが「大人がなくしてくれるもの」だと思っていた。しかし自分の子どもが大きくなって、子どもを守る立場になった…と愛媛の会を立ち上げる心境について語った。できる人ができる時にできることをモットーに活動を始めた。東京で子どもたちを放射能から守る全国ネットワークが7月12日に立ち上がった時は、なんとか交通費カンパで12万円集まったので行って来たとのこと。
あとは請願についての話や、集会の企画、内容等についての話で、なんとなく「質疑応答」というか「自由討論」の時間になった。もう、「香川で運動が盛り上がらない」ことに対する問題提起で、いろんな意見が出る。

次回の集会は3月11日ということであるが、3ヶ月に1回は少ないのではないか…もっとやりたいが、持続してできる力量があるのか、だんだん尻すぼみになっていかないか心配である。
本日の「サウンドデモ」的なやり方はよかった。月に一回はやりたい!
情報交換できる場、情報が欲しい人はたくさん居る、なかなか「最初の一歩」を踏み出せない
大学生の動きは?(香川大学の学生がいた)…いや就活とかで忙しいみたいで、なかなか声に出すことができない。…今の若い世代は「原発は安全」という教育をモロに受けてきた世代ではないか?
とにかく今回の事故で出た放射能の恐さに対する認識が甘い、「福島の人を逃がせ」と運動することもかなり難しい。
福島のことを人事とは思わない人をたくさん作る…じゃあ伊方はどうなんだという「反原発運動」をつくる必要がある…等々…
会場は5時で閉まるので、つづきは二次会sign02もどきへ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12・11脱原発アクション・・・高松の場合

12・10~11日は、日本大震災・福島原発事故から9ヶ月ということもあり、全国で様々な集会・デモが行われた。我が高松市でも、脱原発アクションin香川 実行委員会が主催する集会・デモ・学習会があったので参加してきた。
12時半ごろ、県庁前に集合…
Dsc02536

すべての原発いますぐなくそう!全国会議(NAZEN)ののぼり
Dsc02537

「伊方が漏れたら誰もが他界」80年代に作られた読み人知らずの回文だそうな。
Dsc02540

なぜかクマさんの着ぐるみ…子どもに人気?
Dsc02542

集会開始…っても、30人ぐらいしか居ない。簡単な主催者あいさつの後、すぐにデモ出発。鳴り物が配られたりする。
Dsc02543

これは「ジャンベ」という、ギニアなど西アフリカの楽器
Dsc02544

菊池寛通りを、東進…警察もやってこない平和なデモですな。
Dsc02545

コールは「原発いらない!」「原発止めろ!」「伊方が危ない!」「放射能いらない!」「いのちが大事!」「子どもを守ろう!」という、いたってシンプルなもの…ただ、若いんだから、リズム良くもっと大きな声を出してねvirgoあと、香川連帯ユニオンの方が「アジ」というか、ハンドマイクで具体的な呼びかけをしていたが、これは全く聞こえず、全体的にはサウンドデモの感じで歩いていた。

いつものアーケード商店街へ…前の緑メットとビニールの合羽の方は、このかっこうで「除染」ボランティアに言ってきたとのこと。
Dsc02548

またまたいつもどおり、丸亀町の交差点ではイベント中なので、コール・音楽抜きで歩く。
Dsc02549

RNC(西日本放送)の建物…香川では「家政婦のミタ」「妖怪人間べム」はここから放送。対面が四電のビル
Dsc02550

四電への申し入れ行動…「広報」の責任者と、前回ビデオ撮影していた担当者がお相手…後ろにもう一人、ビデオ撮影しているのがいた。
Dsc02552

今回は実行委員会で作った申し入れ書の他、マイクで短い時間だが思い思いのことを伝えることができた。「今、東電の社員も大変だと思うんです。あなたたちも(事故が起こったら、起こるかもしれないと考えたら)本当は大変だと思います…」こうゆう呼びかけはいいなと思った。
もちろん、事故が収束せず、被曝が続いている中での怒りの声もあった。とにかく伊方原発は止めて欲しい、再稼動しないで欲しいという我々の訴えに対し、「ご意見として伺いながら、安全に運転させていただく。」の一点張り…「自然エネルギーシフト」に対しては、「佐多岬のところで風力発電もやっている。そんだけやっても1%…太陽光発電は甲子園の面積の…」「屋根の上にパネル載せれば、甲子園なんかいらないぞ」とヤジ(まぁ風力や太陽光発電の有効性については、置いておこう)

まあ、無事に終わって、一旦解散
Dsc02554

14:30から、片原町の高松市障害学習センター「まなびCAN」で学習会…と言っても、誰かエライ人を呼んで難しい話を聞くのではなく、愛媛で運動をはじめた普通の人からお話を聞くという、手作り感いっぱいのもの…デモ参加から継続で参加する人も居れば、学習会から参加する人も居て、だいたいこれも30名程度…ちなみに参加費500円

主催者から配られたチラシ(デモ中にも沿道に撒いた)には、文部科学省の地震ハザードステーションから読み取った原発敷地内で起こる地震の大きさと、経済産業省が設定している原発ごとの耐震設計基準とを同じ軸のグラフで重ねたものからみて、一番危険な原発は浜岡原発だが、今は止まっているので、次に危ない伊方原発が、今日本で動いている原発の中で一番危険だということが書かれていた。原発の沖合い6キロに中央構造線に関わる断層帯があり、それが連動して動くとモーメントマグニチュードとして7.8~8.2ぐらいになる。瀬戸内海の活断層による津波は、タライをゆすったような状態になるため、外洋で起こった津波よりも高い津波がおきるという説もある…と書いてあった。
 瀬戸内海にある唯一の原発が伊方で、そこで事故が起き放射性物質で汚染されると水の入れ替わりも少ないため、瀬戸内海が死の海になってしまうこと、伊方原発を作るときに地質調査を行った広島大学名誉教授によれば、周辺の岩盤は緑色片岩で薄く剥がれ、すべりやすいため、原発の立地には不適切であると結論づけたこと…ちなみにその石の現物も見せてもらう。なるほど硬い岩石で上からの荷重には充分耐えられるようだが、地震時にぶっ壊れるような岩石ではいかんともしがたい…というような説明の後、本題へ・・・(この後、続く)


| | コメント (1) | トラックバック (0)

眼医者に行って医療を考える

 月曜日、朝起きて目がかゆかったのでこすったら、1日中目尻が痛かった。場所が場所なので市販の塗り薬でゴマカス訳にもいかず、翌日ネットで眼科を探して診療に出かけた。自転車で10分ぐらいの所。

 すぐに診てもらい、目尻のところに黴菌が入って炎症を起こしているとのこと。目に麻酔(目薬)をかけて、針のようなもので切開し膿を出して終了。
 投薬は、抗生物質・消炎鎮痛剤・および整腸剤(抗生物質の副作用を防ぐ)と、目薬2種類…目薬は1日6回(3時間おきsign03)おまけに1つの目薬をさしたら、5分以上間隔をあけてもう一つの目薬をさすように・・・とのこと。めんどくせ~coldsweats01

 しかし欠勤中であるとはいえ、簡単に医療が受けられる「国民皆保険制度」というのは、本当にありがたいものだ。
 とはいえ、ここ何年もの「構造改革」「新自由主義政策」で、大量の「ワーキングプアー」が日本に存在する。そういった人たちは国民健康保険の保険金が払えなかったり、払っていたとしてもお金が無くて、病気のかるいうちに気軽に医者にかかることもできない。(ちなみに今回の私の治療でも、初診料含め3000円以上かかった。軽い飲み会1回分、600円の定食なら5回分、300円に食費を切り詰めている人なら10回分である)
 また、非正規・不安定雇用の場合、医者に行くための休みも撮りにくい・・・というか、取れないケースも多い。

 これが、つい昨年までGDP第2位の日本の現状である。金が無くて医者にかかれないなんて「江戸時代」と同じじゃないかsign01
 「国民皆保険」を守ることはもちろん、誰でも医療を安く受けられる社会を作らなければならない。

 TPPに参加すると、日本の「国民皆保険制度」がアメリカにとっての「非関税障壁」として骨抜きになるかも知れない。「薬九層倍」という言葉が日本にはあるが、アメリカでも医者が処方する薬が途方もなく高く、診療はうけたものの、薬代がなくて薬をもらわず帰ってくるケースもあるという。
 らばQという、世界中から「面白い」ネタを集めているサイトにTPP参加で日本もやばい?「アメリカの保険システムがどれだけ最低なのか」恐怖の現状というのがあったので、参考までに…

アメリカで深刻化している格差問題ですが、中でも大きく取り上げられているのが医療問題です。
アメリカ人の多くは、ケガや病気をしてしまうと保険料を支払っていても高額の医療費を強いられるため、ろくに治療を受けられないという怖い状況にあります。
TPP参加によって、日本の医療もアメリカ化するのではと危惧されているだけに、アメリカが今どうなっているのかを、もう少し知っておく必要があるかと思います。
海外サイトの大きなトピックとなっていた、現状の保険制度を嘆くアメリカ人の投稿をご紹介します。(中略:以下、投稿内容)
現在、我が国の健康保険システムが、単なる巨大な金儲けのための陰謀にしか見えなくなっています。
僕は2週間に一度、89ドル(約7000円)の保険料を支払っています。勤め先の会社が50%支払ってくれるので、会社からも89ドルが保険料に支払われてい ることになります。これを計算すると僕個人の保険料は年間2314ドル(約18万円)支払われていることになり、すでに勤めている6年でだいたい13000ド ル(約100万円)ほど支払ったことになります。
自分は32歳で割りと若く健康で、医者の世話になることもそうありません。過去6年間に医者に行ったのは3回くらいだと思います。ところが昨日発疹があって、医者に行きました。40ドル(約3000円)の支払いをしたあと、4分ほどの診察で医師は僕に酒皶(しゆさ)性痤瘡"rosacea”という診断を下し、メトロジェルという抗菌薬を処方しました。
薬をもらいに薬局に行くと、その100mgのクリームは270ドル(約2万円)で、僕の保険会社は250ドルの控除額を設定していて、何の理由かよくわからないが最終的に支払う額は$199.84(約1.6万円)だと言いました。その親切な女性に、そのチューブ薬に払える200ドルを持っていないと説明して、手を震わせながらその場を去りました。
その後、話を短くすると…、家に帰り、きちんとした合法のネットの薬局をカナダで見つけました。そこで買ったのは2倍のサイズで送料を入れても70ドルでした。
 保険のシステムクソ食らえだ。さらに我々の尊い国会の人々は、外国から薬剤を購入することを違法とする法律を制定しようとしているところです。そして驚くことでもないが、保険会社と薬会社がそれを推進しています。

お、恐ろしいでゲソ…というか、アメリカって「自由貿易」を是とする国じゃないのかsign02(とゆーか、日本の経済界や政治家が勝手にそう信じ込んで「自由貿易万歳!」と宣伝しているのかもしれない。

TPPは「自由貿易協定」などではない。そんなことを「前提」に賛成論をふりまいている輩は、アメリカに行って病気になればエエのだ…なぁ野田君

| | コメント (5) | トラックバック (0)

日米開戦と、タイ国

今日は日米開戦70年ということで、いろんな記事が書かれているようだ。
ただ、あの戦争の本質は、中国市場の開放を求める米英の先進的帝国主義国家と、その中国を支配下に置き市場独占を図る、後発帝国主義日本との「縄張り争い」である。真珠湾攻撃なんぞ、アメリカ側がうまく誘導して日本から先に攻撃されるようにしくんだものだろう。
そんなことよりも、「太平洋戦争」は真珠湾攻撃より先に、マレー半島(英領)への攻略で始まった。、その時日本軍はタイ国領を通過しなければならなかったのだが、「天皇の戦争責任」(井上清著 同時代ライブラリー 1991年1月第1刷)によれば

真珠湾攻撃とは質的にちがう、日本の国際法違反は、12月8日未明、日本が軍隊をタイ国の同意なしに同国領に進駐させ、同国南部を占領して、そこからマレー半島に南下していったことである。またそれとは別に、日本は8日正午にはタイ国政府を軍事的に脅迫して、日本軍のタイ国通過を認めさせたが、これほど明白な純然たる侵略がまたとあろうか。タイ国はこれまでどんな小さな対日挑発もしなかったし、日本の敵国とも同盟していなかった。そのタイ国に日本は不意打ちをかけ、さらに12月21日には日泰軍事同盟を強制した。天皇と軍部は、本節の前でのべたように大義名分をすて、国際法もふみにじり、奇襲の成功を選んだ。p180

001
この日タイ軍事衝突を舞台にした映画がある。邦題は「少年義勇兵」、監督はユッタナー・ムクダーサニット監督で、日本では2001年に公開されている。

1939年第二次大戦が勃発、タイ国は中立を宣言したが、日本が仏印に進駐し米英との緊張が高まる中、どちらの側からも攻められる危機にあった。ビブン・ソンクラーム首相は侵略に備えるため、少年義勇兵局の設立を決定し、タイ南部(マレー半島に繫がるところ)のチュンポーンの高校で義勇兵が集められ、志願した少年たちの厳しい訓練が始まった。

とは言ってもこの映画は「反戦」だとか「反日帝」を表に打ち出したものではなく、「戦争が始まる」という緊迫感の中での「青春物語」である。厳しい訓練の中「愛国心」を燃やしながら、またイザ戦争になったら、日本と英国のどっちについたらいいか激論しながら、あるいは女の子に恋心を抱きながら、主人公たちの青春が輝く。主人公マールットは、姉が日本人と結婚しているという設定であり、同じ義勇兵のプラユットから日本のスパイ呼ばわりされる。実際義兄は日本軍の特務であることを隠して結婚しており、釣をしながら海の深さをこっそり計ったりしていた。マールットが好意を寄せた女学生チッチョンに合いに行き、お互いの将来の夢を語り合った翌日、日本海軍が攻めてきた。義兄は正体を明かし、「言えなかった。すまん」と言うが、マールットは義兄に唾を吐きかける。

しかし、戦争は始まったのだ。日本軍と闘わなくてはならない。指揮官の下、少年義勇兵はトラックに乗って国のために一緒に死ぬことを誓う。日本軍との銃撃戦が始まり、隊長も軍曹も戦死した後、「停戦」を告げるトラックがやってくる。と、まあこんなあらすじなのだが、日本兵の軍服の色が、ちょっと残念だったこと意外は、「青春映画」として充分楽しめるものであった(もちろんそこに、「戦争の影」を見出さなければならないが)

日本軍が攻略したのはチュンポーンの他、ソンクラーやパッタニー(うへっ、どこにあるか分からん!)もあるのだが、「少年義勇兵」が参戦したのはチュンポーンのみ。そこには少年義勇兵を祈念する像が起っている(ただし、少年義勇兵の戦死者は0)。また、タイ国は日本と同盟を結んだため、止む無く連合国側に宣戦布告をするが、日本の半占領状態から真の独立を得るため、「自由タイ」という地下組織が結成され、連合国側に協力した。(そのためタイ国は戦後、敗戦国扱いとはされなかった)

「日米戦争」は決して「ABCD包囲網」のようなアメリカの圧力をはね返す「自存自衛」の戦争ではない。日帝のアジア侵略の延長として行われたものなのだ。そういう日として、12月8日というものは記憶されなければならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12・11脱原発アクション 

香川連帯ユニオンからの情報、高松での脱原発アクション…

12・11脱原発アクションのお知らせ

12.11脱原発アクションの香川での行動が決まりました。
12月11日(日)
 12:30   香川県庁集合!!
         ミニ集会
13:00    デモ出発
         商店街を通って四国電力へ要請行動
 14:00~   高松市生涯学習センター「まなびCAN」で学習会
詳細や変更はまたアップしますのでご覧ください。

主催 : 脱原発アクションin香川 実行委員会

なお、集会集合時刻は12:30→12:45に
学習会も14:30からということになったそうな。

前回の9・11の時は、「香川連帯ユニオン」が主催であったが、今回は別の実行委員会が主催するとのこと。

行けるかどうか分らんが、「散歩」がてらデモも、エエかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

欠勤と「散歩の日々」

あんまり朝起きられない(無理して会社に行っても仕事にならない)ので、金曜日に診断書もらって上司に欠勤のお願いをしてきた。(去年の11月と同じである)

で、本日、同僚が昼に「欠勤届け」を持ってやってきたが、差し入れが「けいおん」関連お菓子のみ…最も彼も「コンビ二買い物」でストレス解消して、自分が食べきれないものを人に上げるというのが楽しみの人だから…ま、「けいおん」だし良イカ sign02
Dsc02520

とりあえず15日まで「欠勤」ということで上げているのだが(1ヶ月だと年末年始をはさむので、もし期間を伸ばす必要がある場合、診断書を書いてもらうのが難しいから・・・
 鬱といっても寝ているばかりではイカんので、昼間はなるべく起きておく。天気が良ければ、お散歩だ 体動かしておかないと、夜眠れない→朝起きられないの「悪循環」を繰り返してしまうから。

それでも歩きはじめは、ぼーっとしている。幸い、車のほとんど来ないコースを歩いているので大丈夫だが。

Dsc02521
まだ紅葉もきれいだし…

そういえば、「つげ義治」の80年代の作品に「散歩の日々」というのがあった。売れないマンガ家の日常で、午前中の水泳の後、ポケットに300円だけいれて散歩に出かけるというもの。300円あれば途中でコーヒーでも飲めるし(今、ジャスト300円でコーヒー飲める喫茶店なんてほとんど無いだろう)、電車で1駅ぐらいは遠くに行ける・・・でも主人公は使わない。というお話。

作品を収録した本を持っていたのだが、会社で取り組んだ「本返しプロジェクト(いらない本をブックオフなどに売って、そのお金を東日本大震災の義捐金に当てるというもの」で、手放してしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

早明浦ダム湖畔追撃!

紅葉や新緑は、光を通して撮るのがセオリーだcamera
Dsc02468

さめうら湖に沿って、県道17号を行く…途中、吊橋あり。
Dsc02469

途中「諸霊鎮魂親水の碑」なるものがある。
Dsc02471

早明浦ダム竣工は1975年、大川村167世帯と村役場が湖底に沈んだそうな。なぜか1994年10月14日、米海軍機が厚木から岩国に訓練飛行中、この湖水に墜落し、米兵2人が死んでいることも書いてある。(当時の「北朝鮮危機」で、米軍航空機が日本列島を朝鮮半島に見立てて訓練を続けていた時代である。なお、時期は別だが、沖縄北部の水源地に演習中の着色弾が落ちるという事故も起こっている。これも辺野古や高江の軍事基地に反対する理由の一つである)

そこから見た、キラキラ光る湖面
Dsc02472

小金滝という滝を見つけたので、よってみる。
Dsc02474

いやぁ~キレイな水だ
Dsc02478

紅葉もキレイ
Dsc02476

滝の水は、こんな高い所から出てきているsign03
Dsc02475

当然、流れ出す水も澄んでいる。「あまり清きは、魚棲まず」とも言うが…
Dsc02477

とにかく、清水を侵略したでゲソ
Dsc02479

その後、川幅は狭くなっていくのだが、このような山奥でもあたりまえだが人が住んでいる。ダムで湖底に沈んだ集落の代替地もあるだろうし、昔からある山村集落でもあるのだろう。
ということで、国道194号に合流…道の駅「木の香」にて一休み
Dsc02481

温泉施設や、宿泊施設もあるじゃなイカsign01
Dsc02484

ここは吉野川の支流、桑瀬川となる。水も澄んでいて、夏から秋にかけ、釣堀りもやっているとのこと(しかしこんな清らかな水に澄む魚を釣るってのも、どうなのか?)
Dsc02486

とりあえず高知の塩アイスクリームを購入…疲れた頭にゃ、甘いモン
Dsc02488

この道の駅、立派な施設もあれば、ちょっとした屋台的なものもあって良い。
Dsc02491

国道194号はこの後、5㎞以上ある県境の寒風山トンネルをぬけて、愛媛県西条市へ・・・西条から高速乗って、入野PAのミニストップでイカ娘フィギュアが当たったのは、前に報告したとおりでゲソ。
Dsc02492

しかし、この大侵略行の翌日から、鬱がでてきて大変なことに…ではでは。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

早明浦ダム侵略でゲソ

日曜日、天気も良いので紅葉見がてらドライブにcar目的は、四国の水がめ、早明浦ダム。
四国新聞では、WEBサイトにも、紙面一面にも、貯水量情報が載っている。水源地をおさえるのは、侵略者の鉄則でゲソaquarius
大豊ICを下りて30分ぐらい山の中へ…集落がひろがってくると、突然ダムの堤体が見えたのにはびっくりsign01
Dsc02442

これより土佐町の市街地をとおり、道の駅土佐さめうらで米粉ラーメン…まあ、ちょっと「米粉」って感じ(べトナムのフォーみたいな味)もするけど、普通のラーメン
Dsc02444

ばっちり紅葉
Dsc02446

なぜかコインシャワーがある。夏のライダー用か?
Dsc02447

また市街地に戻って左折…堤体に近づく
Dsc02449

ダム下は、テニスコートのような感じで整備されている。それにしても、市街地が近いね。これまで九頭竜、御母衣、佐久間、一庫ダムとかに行ったことがあるが、こんなに集落が近いのは初めて見る。
Dsc02454

さて、これから堤体の上を歩いてみようじゃなイカ。
Dsc02450

風もないので、湖面は鏡のよう…
Dsc02452

Dsc02457
水門、でけぇ~sign03

Dsc02458
放水口は、こんな感じ。

Dsc02459
早明浦ダムを、侵略したでゲソhappy01

Dsc02461
「四国のいのち」の碑

Dsc02462
案内看板によれば・・・

Dsc02463
香川用水経由で、香川に来る新規利水は約3割…半分は吉野川流域の徳島県のものだ。大塚のポカリ〇ウエットは、この水で作られているのだろう。あっ、ちなみにダムの建設・管理主体は独立行政法人・水資源機構(旧水資源公団)

Dsc02464
高知にも水が送られている。高知分水の説明図。
階段を上ってちょっと高いところに、公園があるので、えっちらおっちら上ってみる。

Dsc02465
絶景ではなイカcamera

Dsc02466
相変わらず、山も湖も美しい…

Dsc02467
公園のところで、侵略宣言写真…これ撮っていると、子供連れのおばさんから「あら、それ何?ダム建設反対?」(あの~完成したダムの建設反対って何よ)」と言われる・・・「いえいえ、ネタでやってますんで。自分が来た記念にこれを写真に撮って、ブログにのっけてるんですよ。」と説明・・・納得いただけたでしょうかねぇcoldsweats01

なお、ダム湖遡上編につづくよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »