« 無条件に「怒り」の無いデモはいかがなものかとの問い | トップページ | 沖縄防衛局は、解体だぁ~ »

「松下政経塾」は「不幸実現党」かw

現在の保守政治家で、「松下政経塾」出身者は少なくない。打倒されるべき野田総理も松下政経塾である。
毎週チェックしている経済コラムマガジン(この筆者は低線量被曝は体に良い、安全な地下原発を推進しようという輩なのだが、経済政策では「参考」になるようなことも書いている。)12/1/30「無税国家への道」で、政界の「松下政経塾化」と、そいつらの「増税へのこだわり」について書かれている。
その中のリンク01/7/23日本を滅ぼす松下政経塾ってのがあったので、ジャンプして見た…一部引用

(前略)松下幸之助氏は、毎年所得番付の第一位であった。しかし松下氏が所得が多いからと言って世間では悪く言う人はいなかった。自分で事業を起こし、松下電器グループを創り、事業の成功者として所得を得ていたからである。今日のような土地や株の譲渡で多額の所得を得たり、事業の株式公開で一時的に巨額の収入を得たと言うのとは違う。また事業の内容も電機機器の製造が中心であり、堅実なものであった。 しかし所得が多いと言うことは、納める税金も多いと言うことである。それも松下幸之助氏の場合、毎年のことである。特に累進課税のカーブのきつい日本では、松下氏の所得税はかなりのものであった。そしてここが重要なポイントである。松下幸之助氏が理想とする日本の姿は、税金のない国である。つまり「松下政経塾」の設立の主旨は、日本をこの理想に一歩でも近付けることであった。決して無闇に政治家を育てると言うことではなかったのである。 実際、松下幸之助氏は経済学者グループに「税金のない国家」の構想を作ることを要請した。この作業の結論が「日本再編計画ー無税国家への道」と言う書籍である。(中略) 松下政経塾イズムの考え方のもう一つの問題点は、収入(税収)と支出(財政支出)をタイトに捉えることである。したがって全ての財政支出に財源の裏付けを求めることになる。これまでは財政を赤字にすることによって、マクロ経済において民間の需要不足を補うことを行ってきた。しかしこれが日本の過剰貯蓄の一つの解消方法であった。松下政経塾イズムは、政府のこの機能を否定しているのである。筆者に言わせれば、松下政経塾イズムは、日本が貧乏だった頃の古い古い考え方である。これが新しい考えと思われていることが大間違いなのである。元々「松下政経塾」は、立派な政治家を育てると言う高邁な理想ではなく、松下幸之助氏が「もうちょっと税金まかりまへんか」と発想して設立されたものと筆者は認識している。

わっはっはっは…昔、三一書房から出た松下幸之助を怒らせる本(1981年 平沢正夫)というのを読んだことがある。世間では「経営の神様」などと持ち上げられていた「松下幸之助」が、いかに自社の利益しか考えない、技術ではなく営業で世間と消費者をだまくらかして儲けてきた、一介の資本家にすぎないことを暴露した痛快な本であった。
(ぶっ壊れるヒートポンプチラー、カラーTV二重価格問題など)
松下幸之助氏が「もうちょっと税金まかりまへんか」と発想して作った塾、バブルもはじけ、古い地縁とかの結びつきが少なくなり、かつ小選挙区制で「旧来の保守(あるいは『革新』)政治家」が凋落し、世間も知らずに「政治家」へと突っ走ってきた「塾生」たちが、政治家としてのしあがってきたわけだ。

幸之助がまけて欲しかったのは当然「所得税」「法人税」だから、「増税=消費税率アップ」となるのは必然であろう。

ちなみに「無税国家」というのは、あの「不幸(幸福)実現党」も掲げているスローガンだhappy01…最も当の大川隆法、最近「金正日」の霊と「交信」してきたらしい…いやぁ~各国首脳や閣僚の「守護霊」と交信が出来て外交が出来るのなら、日本?の国益は安泰だぁsign02

おまけ…橋下をはじめとする「地域政党」グループなんかも最近「〇〇塾」ってのを作り出している。まぁ、吉田松陰の「松下村塾」にあやかろうとしたのだろうが…「松下村塾」はホント、当時の「革命の学校」であり、「過激派養成所」であったのは、幕末史をちょっと見れば明らかである。彼らの思想は「新自由主義」という「過激」なものだが、それで伊藤博文みたいに英国公使館に火をつける程度の「度量」すら、絶対にないニセモノであることは、いうまでもない。

|

« 無条件に「怒り」の無いデモはいかがなものかとの問い | トップページ | 沖縄防衛局は、解体だぁ~ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

そもそも、松下電器って、気持ち悪い会社ですよね。

[佐高信氏の秀逸な指摘]
松下電器では毎朝、職場単位に集会が開かれる。そして最初に巻物を広げて、「七精神」を唱和し、次に所感発表というスピーチをやって、最後に社歌を歌う。まともな人間なら恥ずかしくてとてもやれないことを毎日やっているわけだが、いつか、松下の新入社員に取材したら、一週間くらいは違和感を感ずると言っていた。それを過ぎると何ともなくなる。つまり、ヤクが効いてくるわけである。
(引用ここまで)

松下幸之助だぁ?
経営の神様だぁ?

はぁ? ってゆー話です。。。

投稿: | 2012年2月 3日 (金) 00時19分

風さん、そういえば松下電器もといパナソニック、赤字7000億だそうですね。
http://mainichi.jp/select/biz/news/20120203k0000m020120000c.html
「松下実現党」も「不幸実現党」とおなじく、日本を滅ぼすに違いないでゲソ

投稿: あるみさん | 2012年2月 3日 (金) 21時04分

 幸福実現党側では「橋下の政策は幸福実現党のパクリだ」とでも言いたげです。
http://www.the-liberty.com/article.php?item_id=3811
>大阪維新の会の公約は、なぜ幸福実現党に似る?

2012.02.12

>大阪維新の会が今後、どれだけ幸福実現党の政策を取り入れるかが注目だ。もしパクッているならば、幸福実現党にひと言あってしかるべきだろう。

投稿: 焚火派GALゲー戦線 | 2012年2月13日 (月) 19時52分

焚火派GALゲー戦線さん、情報ありがとうございます。
そのうち大川隆法が「橋下徹の守護霊」やらと「対談」して、彼は日本を北朝鮮や中国に引き渡そうとしている…なんていいだすかも知れません。

投稿: あるみさん | 2012年2月13日 (月) 23時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1094529/43938539

この記事へのトラックバック一覧です: 「松下政経塾」は「不幸実現党」かw:

» 竹中平蔵の「オレの経済学」。。。&、汚染水が漏れ続ける福島第一のことなど。。。 [風の歌が聞こえる街]
 こんばんわ。  東海地方平野部、雪が積もり始めたわ。  降るとは聞いていたが、どうせたいしたことないだろうと思っていた。ま、何十センチも積もる様子ではないが、夕方からの分で15センチく...... [続きを読む]

受信: 2012年2月 3日 (金) 00時10分

» 松下幸之助を怒らせる本。。。&、ガラス固化体製造不能、 [風の歌が聞こえる街]
 こんばんわ。  青森県下北半島の核施設。  放射性廃棄物を地下に埋めるために絶対必要な処理であるガラス固化体の製造が、まったくダメらしい。何回やっても、トラブルに見舞われ、作業がストッ...... [続きを読む]

受信: 2012年2月23日 (木) 06時41分

« 無条件に「怒り」の無いデモはいかがなものかとの問い | トップページ | 沖縄防衛局は、解体だぁ~ »