« 白黒論争(その2) | トップページ | 橋下「維新」八策批判(その1)…新自由主義宣言 »

大阪、ミナミにLRTが走るぞ~

毎日jpより、こんな記事を見つけてびっくり(^^)(^^)(^^)//
路面電車:ミナミに 大阪府、46年ぶり復活検討 阿部野橋-難波、15年にも

大阪府が大阪市中心部で路面電車の復活を検討していることが分かった。近鉄大阪阿部野橋から南海難波までLRT(次世代型路面電車)を走らせ、買い物客や観光客の利便性向上を狙う。市と調整し、3月末にまとめる都市構造の見直し案「グランドデザイン・大阪」の骨子案に盛り込み、民間から事業者を募る方針。早ければ道頓堀開削400年の節目に当たる15年中の開通を目指すとしており、構想がかなうと46年ぶりの復活となる。【佐藤慶、高山祐】
 大阪市内では1903年に市電が開通し、最盛期には市街を縦横に結んでいた。しかし、地下鉄網の整備などに伴い69年3月に全廃。現在は阿倍野区や住吉区などを走る阪堺電気軌道の上町線と阪堺線の一部に路面電車の区間が残っている。
 府の構想では、大阪阿部野橋からJR天王寺駅西側を北上し、天王寺公園(天王寺動物園含む)を北西方向に横断。通天閣の北側を抜けて堺筋の日本橋付近を北進し、難波駅に至る約3キロのコースを取る。阿部野橋以南については、住吉方面へ延びる阪堺上町線への乗り入れも想定。料金は区間内均一で100円程度とする。
 府は今年に入って「グランドデザイン・プロジェクトチーム」を作り、大阪市街地の大規模な見直しを検討。難波や日本橋と天王寺、阿倍野の各エリアをひと続きの商業地として更に発展させると共に観光客の足としても売り出したい考えだ。
 府は40年後をめどに御堂筋の緑地化も目指しており、将来的には難波から梅田まで延伸して緑地の中を走らせることも検討。府関係者は「大阪の魅力を存分に楽しむための身近な交通機関になってくれれば」と期待する。
 阪堺電気軌道に対しては、3月の骨子案がまとまった後に乗り入れが可能か打診する方針。

橋下「維新」って、こんな公約してたっけsign02ま、「道頓堀プール」よりは確実に実現可能だろう。「堺筋の日本橋付近を北上」コースで、すっかりアキバにお株を奪われた「電気(+オタク)の街」の活性化に役立つだろう。
 しかし、経営主体が全く決まっておらず「民間から事業者を募る」ところが、なんか怪しい。また、市内を走らせるのだから、ホントは大阪市が構想を出すのでは…謎が一杯down

府のHPを見ても、今のところ何も見つからない…毎日の「飛ばし」なのかcoldsweats01

|

« 白黒論争(その2) | トップページ | 橋下「維新」八策批判(その1)…新自由主義宣言 »

現在のテツネタ」カテゴリの記事

コメント

嘘から出た誠にしたいですね、と言えば、失礼かな。

投稿: TAMO2 | 2012年2月29日 (水) 23時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1094529/44301840

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪、ミナミにLRTが走るぞ~:

« 白黒論争(その2) | トップページ | 橋下「維新」八策批判(その1)…新自由主義宣言 »