« 橋下「維新」八策批判(その1)…新自由主義宣言 | トップページ | 橋下「維新」八策批判(その2)・・・道州制への国家改造 »

さぁて、いよいよ「汚染ガレキ」が来るか

香川にも福島の汚染ガレキがやってきそうだ…
さようなら原発1000万人アクション、2月29日緊急拡散より

民主党玉木雄一郎が香川にガレキ受け入れようとしてます。

先週の土曜日に民主党の玉木雄一郎さんと、脱原発についての意見交換会がありました。
この意見交換会は、松下さんの努力により実現した会で、さよなら原発パレードの実行委員主体で会に臨みました。
2月21日に玉木さんが以下のようなツイートをしていたので、気になって、瓦礫受け入れについて質問しました。

【2月21日の玉木さんのツイート】
代議士会に出席していますが、細野環境大臣から、ガレキの処理について、全国の地方公共団体で引き受けてもらえないか、民主党所属の全衆議院議員に対してお願いがありました。私としても、香川県内の関係首長に働きかけ、広域処理について協力を求めていきたいと思います。
玉木さんのツイッター(https://twitter.com/#!/tamakiyuichiro)

■瓦礫受け入れに関する玉木さんの考え
福島の瓦礫は動かさない。岩手県、宮城県の瓦礫は、しっかり測定した上で、定めた基準値以下なら受け入れて欲しいと、各市町村にお願いしてる。膨大な瓦礫の処理ができなければ復興はない。

■こちらから玉木さんに伝えたこと
もちろん被災地の復興を手伝いたい。しかし汚染された瓦礫の受け入れは絶対反対。
国が定める基準値も信用できない。

■玉木さん
測定値がゼロならいいんですね?それに強制ではないので、各自治体毎に受け入れについて決めてくれたらいい。地方の意見を尊重する。「受け入れない」「○○μSv以下なら受け入れる」「国の基準値以下なので受け入れる」など。

■こちら
瓦礫全てを測定することなんてできないのではないか?

ここからは安全基準値がどこなのかという論点になったので瓦礫受け入れに関する話はここで終わりました。

この件について僕が感じたのは、国は「地方の意見を尊重する」、地方は「国の意見を尊重する」という風に、大事なことなのに国も地方も最終的な結論を出したがらない(責任を持とうとしない)曖昧さがあるということです。

なので、今回の瓦礫受け入れに関しては、国政の玉木さんに反対のメールや電話をすると同時に、各市町村長(県知事、市長、村長、町長)に反対意見を伝えて、明確な回答をもらうことが大事だし、効果的だと思いました。

一方で、岩手、宮城の人たちが、瓦礫による悲惨な状況や不衛生な状態の中、生活してることもしっかり知る必要があると思いました。

瓦礫の汚染状況の検査体制がしっかりとれて、安全基準も納得のできるもので公表される数字が真実であると信じることができれば、また考えが変わってくるのかもしれません。
とにかく今は、この件に関してできるだけアンテナを張り巡らせて、敏感でいてください。「気付いたら自分の町で汚染された瓦礫が処分されてた」ということがないように。そして、まわりの人にこのメールのような状況を伝えてください。

件の「意見交換会」には参加していないが、私は「ガレキ処分」の原則はキチンとした環境基準を守れ!ということ…すなわち「低レベル放射性廃棄物」以上にあたるものは、東電が責任をもって処分すること。それ以外は、うけいれてもかまわない。

で、上記が担保できるのか?というのが一点
それに、私は「少々の放射性物質」の拡散は止むを得ない、許容せざるを得ないとかなり「楽観的(もう年だし)」に考えているのだが、小さな子どもを持つ母親なんかはやはり不安だろう。西日本には東北、関東から「放射性物質」からんがれるために、なんとか避難してきた人たちも居る。ここ香川にも居るのだ。
そうゆう人達の気持ちを無視して「がんばろう日本」「少々の放射線は我慢しよう」とは、とても言えない。(ちなみに福島で行われている「除染」作業も、本質は「移染」であって、「除染」したものをどっかに固めて閉じ込めておかないと、意味が無い。)

もう一つ、放射性廃棄物でないガレキも、できるだけ地元で処分したほうが、現地の雇用も生み出すし、無駄なエネルギーを使わずにすむかもしれないということ。
例えば、陸前高田市では、自らガレキ処分場を儲けようとしたら、県にストップをかけられたとか(ネタ元失念)
復旧が進まないのは、ガレキのせいではなく、都市計画・復興計画の目処が立たず、土地利用が決まらない…例えば低地を埋める、内堤防(防波堤で守られた中に堤防を作り、津波の勢いを少しでも抑えるもの)を作るのに、うまくガレキを使えば良い(逆にガレキを処分してから、埋めるものが足りない…となると、またどっか山を削るなりしないといけない…それはムダである。

あと「放射性廃棄物」にあたるものは、どーすればよいか?
そんなモンの処分地は、はっきり言って「無い」…それこそ超厳重な防護施設を作って、保管するしかない。

もし「がんばろう日本」で、福島の放射性廃棄物を分け分けして「処分」するのなら、それを全国あちこちに作る。地震の影響が少ない頑丈な高台(日本にどれくらいあるのかは分からん)に、頑丈なコンクリート遮蔽物を作って、常にモニタリング…コンクリートが壊れかけたら、すぐに修繕…こーやって何十年~何万年も引き継いでいく…しかない。(地下水を汚染するおそれのある、深層処分など、地盤の複雑な日本ではもっての他、あとでモニタリングできないのもやっかいだ)

これは「脱原発」しようがするまいが、核のゴミはこうやって始末するしかないのだ。

|

« 橋下「維新」八策批判(その1)…新自由主義宣言 | トップページ | 橋下「維新」八策批判(その2)・・・道州制への国家改造 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

RT【拡散希望!脱原発】
仕分け人で一躍有名になったイケメン玉木雄一郎議員が地元香川県(彼の選挙区に寒川処分場がある)にガレキ受入を要請する一方で、今春こっそりと家族と共に処分場から遠距離の高松市内に引越。
子供も高松の学校へ移した。
さすが元小沢チルドレン長城計画組詐欺師。
枝野は震災後すぐに家族をシンガポールに逃がし、小沢は秘書と共に岩手に近寄らず。
民主党は一体何者だ?

投稿: 香川を守る会 | 2012年6月24日 (日) 01時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1094529/44345230

この記事へのトラックバック一覧です: さぁて、いよいよ「汚染ガレキ」が来るか:

« 橋下「維新」八策批判(その1)…新自由主義宣言 | トップページ | 橋下「維新」八策批判(その2)・・・道州制への国家改造 »