« 酒のみ中で | トップページ | 3・25三里塚全国闘争(デモ編) »

3・25三里塚全国総決起集会(後編)

続いて、闘う障害者から「今、本当に障害者が生きていくことがどれだけ大変なことか。何十万の障害者が騙されてきた歴史がある。これを繰り返さないために、闘う必要があります。」「(原発事故は)今も放射能漏れが続いているのに、冷温停止などと言って、原発は終わったという世論を作り出そうとしている。」「障害者自らがやる闘いをやっていく、三里塚では明日から夜間工事をやるといいます。車椅子を最先頭に闘います。」と発言
Dsc03045

続いて「福日労」から、鈴木謙太郎さんへの追悼文と声明を出したことが報告された。山谷で闘う労働者からは、「鈴木謙太郎さんへの哀悼の意を表するとともに、無念を怒りに変えて闘う決意を表明された。同時に、江東区竪川の公園で起こった野宿者追い出しの代執行に対する闘いの報告がなされ、「生きるためには闘わなければならない。フランス、カナダ等の生きるたたかいに学ぶ。弾圧を団結の武器に変えて闘う」「原発は『使い捨て労働者』を生み出し続ける。反原発の闘いと結びついて、底辺から闘ってゆく」と述べた。

冤罪で「無期懲役」の判決を受け、今も徳島刑務所に収監されている星野文昭さんからのメッセージを、つれあいの星野暁子さんが代読した。「取り戻そう、星野文昭闘争に結集しましょう!」と訴えられた。

さて支援党派の発言、まずは中核派
Dsc03059
新しい全学連委員長の斉藤君だ。
「決意を新たに、謙太郎さんの遺志を受け継いで本当に三里塚闘争を闘う」と宣言、原発いらない福島県民大会の成功を報告するとともに、福島現地で闘う学生、労働者で福島大闘争が始まったこと。また、4・16法大、文部科学省包囲への結集を呼びかけた。

Dsc03060
続いて解放派…「逮捕、投獄も辞さず、鈴木さんとともに闘います。組対法攻撃を粉砕しました」と宣言。「敵がやりたい放題をやっている中、総決起を実現する」と述べた。

Dsc03062
共産同統一委員会…「三里塚闘争の闘いの地平を引き継ぎ、連帯の闘いを継続することを誓う。がっちりと連帯して、断固とした現地闘争を市東さんと共に闘う。三里塚闘争は、福島、郡山と一体のもの」「大飯原発の再稼動を許さない、4・7集会に決起する。「沖縄へのオスプレイの配備に反対!日本をアメリカの前方展開基地にするな!」と訴えた。

Dsc03063
共産同蜂起派・・・今回はちゃんとメモ取れたぞ~ここも3・11郡山での集会の報告から「人災としての原発事故に対する責任が取られていない中、この1年間が変えた悲しみ、怒り、憤りの力として爆発させていく。」「誰も責任を取っていないが、少なくとも業務上過失致死だ。私たちはもっともっと怒るべきです。」「世界では中東、ギリシャ等、怒りをもって立ち上がっている。」「市東さんの農地を守る闘いを、闘い、反TPPを闘う。」と宣言

Dsc03068
集会宣言が読み上げられ、行動提起、デモコース説明の後、鈴木謙太郎さんの遺影に見守られながら、デモに出発~virgo

|

« 酒のみ中で | トップページ | 3・25三里塚全国闘争(デモ編) »

たたかいとかくめい」カテゴリの記事

コメント

投獄、逮捕も辞さないならそのまま東電幹部に特攻すればいいじゃない。
豊田商事の事件みたいにさ。

尖閣デモや花王デモみたいに粛々と、ルールに則った行動もできない。
かと言って実力行使もできない。
強いリーダーに従うわけでもない。
でも口だけで過激な発言をして、自分に酔ってるだけにしか見えないのですが。

反原発は賛同しますが、それに搦めて人権屋とか三里塚の話を入れないでほしいでうす。
反原発は反原発。
労働争議や土地問題は別の所でやってください。
粛々と原発反対している人まで、過激派左翼と同じ目で見られて迷惑です。

投稿: ROM人 | 2012年3月30日 (金) 20時33分

ROM人さんへ、三里塚での国のやりたい放題と、原発での国のやりたい放題は繫がっているのですよ。それと「実力行使」というのは「東電幹部に特攻」とかを一発一揆的にやっても意味がない。「粛々と脱原発運動」をやっているつもりであっても、デモを行うだけで十分な「実力闘争」なのですよ。
「左翼・過激派」と見られる方達は、ホンマ、普通の「闘争」中でも、あるいは「闘争」してなくてもしょうもない理由でデッチあげ「逮捕・投獄」されることがあるのです。以前書いたFさんの例をご覧下さい。「そんな国家の脅しには負けずみ闘う!」という決意を言っているのですよ(まぁ、えらそうなことを普段言っているくせに、すぐに逃げ出すヤツは、どこの世界でもおりましょうが…)

投稿: あるみさん | 2012年3月31日 (土) 22時14分

>三里塚での国のやりたい放題と、原発での国のやりたい放題は繫がっているのですよ。

繋がっているからといって、反原発の集会に持ち込む話題じゃない。
尖閣デモの時、右側の人間が同じ中国問題の歴史問題やチベット問題を持ち出したか?
それはそれ、これはこれです。
繋がっているからといって、自分と言いたいことを言いたいように言いふらすことがデモや講義ではありません。
私には「反原発をダシにして、三里塚運動を盛り上げようとする姑息な手段」にしかみえませんが。


無論それらは抗議すべきことかと思いますが、はっきりと区別をしてほしいです。

投稿: ROM人 | 2012年4月 2日 (月) 11時17分

いや、繫がっていることをきちんと言わないと「三里塚に来る左翼の矜持」としては許されないんですね。

むしろ「尖閣問題」で中国を非難・批判するにあたって、キチンと「チベット」や「歴史問題」をちゃんと訴えればいいのですよ。(まあ、「歴史問題」持ち出すとまともな一般人絶対ににげだすでしょうが…そうゆうのは「配慮」です。現に「反原発」運動の場では、例えば左翼も三里塚とかの自らの課題を声高に主張しませんよ)
逆を言うと、「尖閣問題」しか訴えないと「結集できない。」というのは、自国の領土≒利益しか考えない、狭い了見でしょう。

投稿: あるみさん | 2012年4月 2日 (月) 22時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1094529/44680967

この記事へのトラックバック一覧です: 3・25三里塚全国総決起集会(後編):

« 酒のみ中で | トップページ | 3・25三里塚全国闘争(デモ編) »